あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

不動産の基礎知識

土地売却のポイント

仲介と買取はどちらの方法を選べばいい?

土地売却をする方法には、買い手を不動産業者に探してもらう仲介と、不動産業者に買ってもらう買取があります。仲介は土地などの不動産を不動産業者が買い取るのはなく、買い手との間に入って話をスムーズにまとめること。買取は不動産業者が土地を買い取って、価値を高めて再販売する方法です。この2つのメリット・デメリットにはどういったことがあるでしょうか?また、どちらの方法を選べばよいのでしょうか?

仲介・買取のメリット

仲介のメリットは時間をかけてゆっくり探すことができ、市場相場価格で売却することができるので、高い金額で土地売却ができる可能性が高いことです。土地の売却の専門家に相談しながら、自分の納得のいく売却ができるでしょう。時間がかかっても高く売却したい場合にお勧めの方法です。

買取のメリットは確実に売却できること。手数料などもありませんし、時間もかからないのもメリットです。引越しなどがあり早く売却したいなど、時間をかけずに換金したい、など早く売却したい場合は、買取の方がいいでしょう。

仲介・買取のデメリット

仲介のデメリットは時間がかかるということです。買い手が見つかっても、金額などの面において希望に合わなければ売却することができず、売れ残るという可能性もあります。さらに仲介手数料などもかかります。

買取の場合、売却金額は低くなることが多いです。買取の場合は、市場相場価格がどれくらいかを自分で調べておく方がいいでしょう。

あなた土地の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ