不動産売却の契約・手続き

【抵当権抹消登記の登録免許税と手続き】登記の基礎や売却のコツもご紹介

不動産の中でも分譲マンションは、投資目的またはライフスタイルの変化に応じて住み替えるなど、将来的な売却を視野に入れて購入する人が多いことかと思います。

登記事項証明書と登記簿謄本の違いは?「登記」の解説と不動産売却のコツ

不動産を売るとき、「登記簿謄本」「全部事項証明書」「登記簿抄本」などを聞くことがあります。登記の目的や証明書の違いを理解して、スムーズに不動産を売却しましょう!

登記事項証明書を取得するには?確定申告で住宅ローン控除を申請する方法

住宅を購入した方は、「住宅ローン控除」制度を活用すると課税額を減らせるか可能性があります。この制度を活用するためには、税務署で確定申告を行わなければなりません。

不動産売却の必要書類を事前に揃えて円滑に手続きを進めよう

不動産売却を円滑に進めるためには、必要書類を事前に揃えておくことが大切です。しかし、どのような書類が必要なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。ここでは不動産売却のために必要な書類について詳しく解説していきます。

不動産売買契約は「解除」できる?おさえておくべき違約金の相場・上限や解除時のリスクも解説

ここでは、不動産売買契約の流れや不動産売買契約書の記載内容と注意点、契約締結後のキャンセルの取り扱いについて解説します。

不動産売却時の引越しのタイミングと引っ越し費用って何が掛かるの?

自宅など不動産売却を頻繁に行っているという方は少数派でしょうから、一連の手続きの流れや時期・タイミングについて迷わずにスムーズにできるという方は稀でしょう。そこでそのような方の参考になるように以下にご紹介していきます。

不動産売却の決済と引き渡しに関する注意点~最終段階で失敗しないための知識~

「引き渡しまでに準備しておくことは?」「決済が延期になることはある?」「買い主が売買契約後に亡くなったらどうすべき?」「売却後に引き渡しを遅らせて済むことは可能?」「書類の引き渡しはいつ?」など、気になる点をチェックしておきましょう。

災害援護資金の貸し付け制度について

災害援護資金とは、災害救助法が適用された災害が発生した時に、一定の所得制限の下で、世帯主が負傷した世帯や住居、家財に被害を受けた世帯に対して生活の立て直しの為に、350万円を限度に災害援護資金の貸し付けを行う制度です。

登記事項証明書交付申請書を請求して不動産の売却を進めよう

登記事項証明書交付申請書は、登記事項証明書を請求するための申請書です。登記事項証明書は、不動産売買の幅広いシーンで必要なため、取得する機会も多いです。取得方法や活用方法を知り、不動産売買を滞りなくスムーズに行いましょう。

建築確認通知書の保管は大丈夫?|再発行不可の重要書類を知る

土地を売却する際、重要となるのが様々な書類たちです。手続きのために十数枚にも上ることがあり、1日や2日ではそろわないこともしばしばです。あなたは建築確認通知書の保管は大丈夫ですか。失くした場合の対処法も含め、詳しく解説します。

土地の所有権を知ることでスムーズな不動産売買を

新しく住居を建てようと考えている方なら一度は目にしたことがある所有権という言葉。借地権との違いや所有権を持つメリットなど詳しいことは分からないという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな所有権について徹底解説していきます。

【登記事項証明書の必要書類】取得するためのポイントを把握する

不動産の取得を検討するときに、必要になるのが登記事項証明書です。不動産の状態を把握するための必要となる書類です。取得するのが、始めてという人も多いはずです。そこで、登記事項証明書を取得する方法、取得の際に必要となる書類を解説します。

譲渡所得の特別控除とは?適用されるための条件を把握しておこう

空き家対策として、譲渡所得税の特別控除が適用される物件があります。家や土地を相続した場合が対象となりますが、相続した時期や売却価格など、特別控除を受けるにはさまざまな条件があります。不動産売却で損をしないためにも、知識を深めておきましょう。

不動産売買に必要な所有権移転登記とは?費用について徹底解説!

不動産を売買または相続、贈与する際には必ず法務局で「所有権移転登記」を行わなくてはなりません。「所有権移転登記にかかる費用はどのくらい?」「手続きはむずかしいの?」と思う人は多いでしょう。

抵当権抹消登記申請書の書き方と手続きに必要な書類

不動産を売却するには抵当権が抹消されている必要があります。抵当権の抹消登記に関しては、やり方を確認しながら進めればそう難しいものでもありません。今回は、抵当権抹消登記申請書の書き方と手続きに必要な書類についてお伝えします。

確定測量図とは?不動産屋や隣地とトラブルにならないために

不動産を売るときに「土地」が含まれると、その土地の「境界問題」が出てきます。今回は、確定測量図を中心に、そのほかの測量図について解説します。

登記事項証明書の申請書は法務局で!取得方法と書き方を解説

登記事項証明書の取得は、決して難しいことではありません。今回は、登記事項証明書を取得するための申請書を入手する場所や、申請書の記入に関するルール、地番や家屋番号の調べ方、申請に必要な時間についてご紹介します。

不動産登記事項証明書の交付申請書の書き方を解説!

「登記事項証明書を手に入れるのは難しそう」という苦手意識を持つ方もいると思いますが、一度手続きと書き方さえ覚えてしまえば、決して難しいものではないことがお分かりいただけるでしょう。

抵当権抹消登記にはいくらかかる? 登記費用と手順について

売却する際には抵当権抹消登記は避けて取れない道ではあり、公的な手続きを踏むことになるため、書類の準備や申請書への記入内容などは一切の不備も認められない厳格なものになります。

いざという時に必要な罹災証明書発行はどこで発行されるのか

地震や台風などの自然災害が増えています。いざというときに困らないように罹災証明書はどこで発行されるのか調べてみました。

被災者生活再建支援制度について詳しく解説|正しく理解しよう

いつ何時大災害が起こり、被災者になるか分からない昨今。ただ不安に思いながら日々過ごすのではなく、万が一に備えて対策することも大切です。いざという時のために「被災者生活再建支援制度」について、正しく理解しておくことも一つではないでしょうか。

不動産の短期譲渡所得についてわかりやすく解説します

この記事では、短期譲渡所得と長期譲渡所得の違いや、なぜ短期と長期に分かれているのかといった素朴な疑問まで譲渡所得に関する情報をまとめています。不動産売却時にまつわる税金と控除について知りたい方はぜひ参考にしてください。

登記事項証明書の取得方法|証明書の種類や利用方法を知ろう

登記事項証明書は、不動産取引で使用される大切な書類です。取得の方法は複数あるため、自分に合った方法を利用しましょう。また、取得時には注意点もあります。登記事項証明書をスムーズに取得し、煩雑な不動産取引も素早く完了させましょう。

物件概要書を活用して不動産の売却をスムーズにおこなう

不動産売却をスムーズに行うには、事前に物件概要書を作成することが大切です。物件概要書は不動産会社が作成するものですが、自身で簡易的に作成することも可能です。物件概要書作成のポイントや活用方法を知り、不動産の売却をスムーズに行いましょう。

不動産売買での買付証明書とは?提出したら契約になるのか

不動産会社との物件選びの時に提出する買取証明書は、どんな書類なのでしょうか。買付証明書を提出したら契約になってしまうのでしょうか。キャンセルはもうできないのかなどの疑問点をまとめました。買付証明書の書き方も丁寧に解説していきます。

不動産売買に必要な書類とその注意点。円滑に進める方法は?

現在住んでいる土地や建物などを売りたい、または新しく買いたい場合、不動産業者に仲介してもらいますが、さまざまな書類が必要になります。やらなければいけない事もたくさんあります。準備が必要な書類や注意点を把握しておきましょう。

チェックリストで確認。不動産売却に必要書類は揃っているか調べよう

不動産売買契約には多くの必要書類があります。不動産売却はどのような流れで行われ、どのような必要書類があるのか気になりますよね。慌ててしまわないように予め用意しておきましょう。不動産売却に必要な書類をチェックリストで紹介していきます。

共有名義の不動産【土地・物件】売却に関する疑問や不安を徹底解消!

ここでは、共有名義の不動産を売却しようと考えている方に向けて、その売却方法や共有名義を解消する方法、必要となる書類、売却の際の注意点など、細かいところまでわかりやすくお伝えします。

抵当権抹消登記に使う委任状とは|正しい記入方法やルールを知ろう

抵当権抹消登記を行うには、債権者に委任状を作成してもらわなければなりません。自分で手続きを行う場合でも、委任状は必須です。また、別途委任状が必要になる場合もあります。抹消登記時の委任状の必要性を理解し、手続きをスムーズに進めましょう。

住宅ローン完済時に行う抵当権抹消登記の必要書類や費用について

住宅ローンを返済することで、金融機関に担保として付せられていた「抵当権」も同時に消滅します。しかし抵当権を正当に抹消するためには、抵当権抹消登記を行う必要があります。ここでは抵当権抹消登記の際に必要となる書類や、手続き方法を解説します。

被災者生活再建支援制度の加算支援金について

東日本大震災や平成30年の豪雨などの自然災害によって、自宅などが全壊もしくは大規模半壊判定を受けたとき、支援金の適用条件や支援金の支給方法や手続方法を解説。被災者生活再建支援制度の加算支援金について知っておくことで上手に資産管理をしよう。

不動産の名義を変更する際に必要な書類や費用と手順について

親族の死去や生前贈与など、土地や家屋といった不動産はなんらかの変更があると必ず手続きをしなければなりません。変更手続きを怠ると後々手続きが面倒になります。一方、手続きをすることで不動産控除が適用され、市民税などが減額される場合もあります。

財産分与は調停で請求できる|申し立ての手順や必要なものとは

離婚後でも、財産分与は調停で請求できます。財産分与の手続きをスムーズに進めるためには、いきなり申し立てをするのではなく、申し立ての手順や流れ、必要書類や費用についてなどを知っておくことが大切です。調停を有利に進めるためのコツも学びましょう。

短期譲渡所得について詳しく解説|長期譲渡所得との違いとは

マンションなどの不動産を売却する際に、「譲渡所得」が発生します。この譲渡所得には、「短期譲渡所得」と「長期譲渡所得」の2種類に分類されています。ここでは、短期譲渡について、長期譲渡所得との違いを交えながら順に解説していきます。

不動産の見積もり|事前の情報収集で納得のいく進め方をする

自分の所有する土地や建物の価値がどのくらいなのか。不動産の売却を考え始めたときから、査定額の数字に一喜一憂することになると思います。信頼できる不動産業者に、納得して自分の財産を任せられるよう、事前の情報収集でしっかり準備しましょう。

不動産売却の確定申告を税理士に頼む際の費用・相場とは

給与所得以外に不動産売却をして所得を得た際には、譲渡所得という所得が個人に発生します。譲渡所得とは、不動産売却をしたときに得た金額全てではなく、不動産売却をした金額から不動産購入した際の金額と不動産売却時にかかった費用を引いた金額になります

不動産売却する時に測る実測面積と清算金について解説します

よく分からずに契約したことで、思わぬ損をしてしまったり、買主とトラブルになり裁判に発展してしまう可能性もあります。今回はそんな土地をめぐるトラブルを防止するために、不動産売却時に測る実績面積と清算金について徹底解説していきます。

不動産売却をした時の確定申告は必要?申告の流れは?

不動産売却する時は税金の仕組みや確定申告の流れ、必要書類などについて事前によく確認しておくようにしましょう。

徹底解説!不動産売却時の確定申告の必要書類について

こちらの記事を読めば、今までハードルが高いと敬遠しがちだった確定申告がぐんと身近に感じられることでしょう。

読めば解決!抵当権抹消手続きを自分でおこなうときに必要な書類と流れ

住宅ローンを完済した際には抵当権抹消登記する必要がありますが、抵当権抹消登記は司法書士に依頼せず、自分で手続きすることができます。

【不動産売却】3000万円控除ってどういう制度?手続き方法は?

居住用財産(マイホームなど)を高値で売却して利益を出すには、最高値で売却できる不動産会社に仲介や買取りを依頼することが大切ですが、節税対策をすることも重要になってきます。

不動産登記簿謄本(登記事項証明書)の見方を初心者にもやさしく徹底解説!

不動産を売買する場合、売り主も買い主も登記簿謄本(登記事項証明書)を見て権利関係などを確認します。しかし、一般の人にとって登記簿謄本は普段から目にするようなものではありません。ここでは不動産登記簿謄本の見方についてくわしく解説していきます。

不動産における登記事項証明書の種類と申請・取得方法

不動産を購入する際に必要になるのが、登記事項証明書です。不動産の売却や購入を日ごろから扱っている専門家であればなんの不安もない当たり前の書類かもしれませんが、馴染みのない人にとっては、なにに使う書類なのかよくわからないのではないでしょうか?

抵当権抹消登記とは?初心者でもわかる手続き方法・費用・日数

普段から登記手続きを自分でおこなっているような人は非常に稀でしょう。いざ抵当権抹消登記しなければならない際には、どうすれば良いかわからない方がほとんどでしょう。司法書士に依頼して登記手続きを代行してもらえば、簡単に手続きを済ませられます。

用途地域を一覧で解説|特色や調べ方を知って不動産売買に活用

不動産売買には、住環境の下見が必須。しかし繰り返し各地の下見をするのは非常に大変、そんな時に役立つのが「用途地域」に関する知識です。不動産会社に相談することも大切ですが、自分でも調べられるようにしておくと、不動産売買の幅が広がります。

登記事項証明書の読み方の見本|不動産購入前にはチェックして

不動産を購入する前に、登記事項証明書をチェックしてはいかがでしょうか?登記事項証明書は不動産の情報が色々と詰まっています。読み方さえわかれば、頼りになる書類です。これから、登記事項証明書の読み方をなるべく簡単に紹介したいと思います。

抵当権抹消登記は住宅ローン完済後忘れずに速やかに手続きを

念願のマイホームを建てる際に、ほとんどの人が利用するのが住宅ローンです。そして、無事に住宅ローンの支払いが終わって忘れずにしなければいけないのが抵当権抹消登記の手続きです。この手続きを忘れてしまったり、先に延ばすると良くありません。

売却への1ステップ!売り主が受け取る「買い付け申込書」の意味と留意点

ここでは、買い付け申込書について解説するとともに、申込書を受け取った際に売り主が確認すべき項目、買い付けから契約までの流れのおさらい、価格交渉における留意点、契約前に売り主が提出する告知書や売買契約締結におけるポイントなどをお伝えします。

不動産売却の注意点「委任の仕組み」や「委任状の書き方」の解説で不安を解消!

今回は、不動産売却における「委任の仕組み」と「委任状の書き方」について、初心者でもわかるように解説していきます。

初めて家を売る人必見!不動産売却手続きの流れと注意点5つ

不動産の売却というのは、人生の中であまり頻繁に発生する事柄ではありません。 そのため、手続きに関して不安を覚える人も多いものです。 そこで、不動産を売却する場合の流れや、売却に際して注意したいポイントを紹介します

不動産売却に必要書類とは|時系列別一覧と取得方法を分かりやすく紹介

ここでは、不動産売却に必要な書類について、時系列別に整理し、取得方法と合わせて分かりやすくご紹介します。

不動産売却の流れ【決済~物件を引き渡して取引完了】までを一挙解説!

ここでは、決済と物件引き渡しの一連の流れに加え、決済日までに準備することから取引完了後に売り主がやるべきことまで解説します。

不動産の売買契約後におこなわれる決済から引き渡しまでを詳しく解説

不動産の売買契約が交わされたら、次に決済から引き渡しが行われますが、売買において一番大切なプロセスになるので、ミスは避けたいところですよね。取り返しがつかないことになる前に、全体像から細かいしきたりや法律まで解説します。

不動産売却に不可欠な法律知識を身につけておけば取引は万全!

不動産を売却するときに、もっとも注意したいのが「瑕疵(かし)」 についてです。 瑕疵とは欠陥や故障などの不具合のことを指します。 不動産を購入した人が、購入前には聞かされていなかった不具合をあとになって発見した場合、どうなるでしょうか?

売却活動の手引き!不動産売買をスムーズにするための手順・方法とは?

能力のある不動産会社を自分の目で見極められれば、査定額・評価額の多寡に惑わされることなく、自分にとって理想的な業者を正しい判断で選ぶことができるでしょう。

不動産売却における登記とは?表示登記費用の相場と計算方法

しかし、そもそも登記とはどういったものなのでしょうか? 普段何気なく使っている登記という言葉や制度について、実はよく知らないという人も大勢いると思います。 そこでこの記事では、不動産登記について紹介していきます。

放置は危険!?不動産売却の確定申告をしなかったらどうなるの?

通常、一般のサラリーマンは確定申告をすることはありませんので、不動産売却をしたときに、確定申告を行う煩わしさを感じる人は多いでしょう。不動産売却を行なって確定申告をしなかったらどうなるかについて説明していきます。

特定居住用財産(マイホーム)の買換えで売却損をした際の特例

マイホームを買換える時、今まで住んでいた家は古いから、思ったほど高く売れないのでは…と、心配している方は多いはず。そんなあなたに、今なら使えるお得な「税金の特例」をご紹介します。

不動産検索ができるレインズ(不動産流通機構)の仕組みとメリットについて

ここではレインズの仕組みやメリットを解説するとともに、レインズをどうすれば有効活用できるのか?有効活用してくれる不動産会社を探すにはどうすれば良いのか?についてお伝えします。

徹底解説!不動産売却時の確定申告の必要書類について

こちらの記事を読めば、今までハードルが高いと敬遠しがちだった確定申告がぐんと身近に感じられることでしょう。

媒介契約(専任・専属・一般)の選び方で不動産売却の成功率が変わる?

ここでは、媒介契約のあらましや仲介手数料などの基本的な内容をお伝えしたあと、3つの媒介契約の概要とそれぞれのメリット・デメリットをお伝えし、おすすめの媒介契約をご紹介していきます。

特定居住用財産を売却する際に損失が出た際の特例

ここ数年上昇傾向にあった不動産価格が近い将来下降に転じることを案じる意見が増えてきています。 今の住宅を売って老人ホームに移ることを考えている、賃貸に住み替えたい など、いずれ住宅の売却をしようと考えているなら、なるべく高く売りたいもの。

特定居住用財産(マイホーム)買換えの特例で賢く不動産を売却しよう

譲渡所得税とは、不動産を売却して出た利益に対して課税される税金ですので、逆に不動産を売却しても利益が出なければ課税されることはありません。 譲渡所得と譲渡所得税は次の計算式で求められます。

媒介契約の選び方で不動産売却の成功率が変わる。専任契約や専属契約か。

不動産を売ることを検討している方が疑問に思うことの多い、媒介契約の種類について解説します。 契約方法を覚えて、最適な契約を不動産会社と結びましょう!

不動産売却後の「譲渡所得の申告」とは?〜期限・申告方法・計算式〜

不動産を売却して利益が出ている人は確定申告をしなければなりません。知らずに行っていなくても、税務署からお尋ねが来てペナルティーを取られる可能性もあるのです。今回は、不動産売却後に行う譲渡所得の確定申告について徹底的に解説します。

離婚をするときの財産分与に退職金は含まれる? 財産分与の仕組みを解説

財産分与の仕組みから退職金が財産分与の対象となるのかどうか、そして不動産の財産分与の割合まで、離婚に伴う財産分与に関する情報をお伝えします。具体的な数値や仕組みを知ることで、不安が軽減され、具体的な行動に移しやすくなるでしょう。

不動産売却時に締結する媒介契約とは|初心者でも分かるように解説

不動産売却の際に重要な媒介契約。媒介契約にはどういった種類があるのか、仲介契約との違いについて。また実際に売却をする際にどうやって不動産会社を選んだら良いのかわからない人に向けて、不動産売却の際の疑問点を分かりやすく解説しています。

火災の被害に遭ったら|火災保険の思わぬ落とし穴とは

火災の被害に遭った際、気になるのは家屋や家財の保証先。自分の家から出火したのならばもちろん自身で入っている火災保険を頼るしかありませんが、では隣の家からのもらい火だった場合は?もし火事になってしまった場合の保障について解明していきます。

災害援護資金の詳細と償還免除について

近年多発する自然災害。地震や台風、洪水など甚大な被害となるケースも多くみられる様になりました。そんな時、国や自治体から「災害援護資金」という特別な貸付制度を利用できる事をご存じでしょうか?ここではその内容の詳細と償還免除について解説します。

「災害援護資金が返せない」が起こる理由

災害はいつどこで自分自身に起こるかは分かりません。そんな時に多くの人たちが利用できる公的貸付制度が「災害援護資金」です。しかし今、その災害援護資金が返せないという状況が起こっています。それがどんな状況で何が理由なのかを考えてみます。

災害援護資金における返済免除の現状

災害時における公的支援のひとつに災害援助資金という貸付制度があります。被災者の生活を立て直すための支援制度で、大きな財産を奪われた被災者にとっては心強いものとなっています。ここではその内容と返済および返済免除について詳しくお話していきます。

借地権ってなに? 借地権にまつわる総合情報まとめ

借地権にまつわるトラブルはいろいろなものがあります。借地権付きの土地で家を建てようとしている方のために、借地権とはどういった権利であるのか、どんな問題が潜んでいるのか、上手な活用法はあるのかをお伝えします。

住宅購入にかかる登記費用や諸費用について

人生の大きな買い物である憧れの住宅の購入を検討している人。住宅の価格ばかりに目が行ってしまいがちですが、実際はそれ以外にもさまざまな費用が必要になります。実際に住宅を購入するときに慌てないように、登記費用や諸費用について確認しましょう。

5分でわかる!不動産相続の登記費用&司法書士の報酬

この記事では、相続登記にかかる費用の内訳や相場は?相続登記を司法書士に依頼した場合の報酬や実費はいくらかかるの?相続登記は自分でできるのか? といった登記費用や司法書士の報酬について、初めて相続登記をされる方でもわかりやすく紹介します。

実は意外に簡単!すぐに手に入る不動産登記簿謄本の取得方法と費用

不動産を売却する場合、一般的には仲介不動産会社が登記簿謄本を手配しますが、売り主としても登記簿謄本を見て権利関係などを確認しておく必要があります。

【家の査定から売却まで不動産相続マニュアル】関係する税金や諸費用

相続した家に住むことが出来ない場合、売却することも考えましょう。不動産を売却するには、まず評価を査定してもらわなければなりません。また物件の売却には税金などの諸費用もかかってきます。不動産相続売却までの流れ知って円滑に進めていきましょう。

登記事項証明書の取得方法と種類について

不動産の購入・売却を行う際には、登記事項証明書(登記簿謄本とも)を入手する必要があります。難しい書類というイメージがあるかもしれませんが、取得までの流れを知れば、「意外と簡単」に感じられるはず。

競売を避けて不動産を賢く売却するには?「任意売却」の流れ・注意点を徹底解説!

会社の倒産やリストラ、離婚などさまざまな原因により住宅ローンの返済が滞っている。 その状況をそのまま放置すればやがて競売となり家や財産を失うだけでなく、借金も丸々残ってしまいます。 こうした最悪の事態をなんとか避ける方法はあるのでしょうか。

不動産売却に必須!?REINS(レインズ)の仕組みと登録方法

不動産の売却を検討している人であれば「レインズ」という単語を聞いたことがあるでしょう。

任意売却とは最終手手段|仕組みを理解して残債を少なくする

日々の生活の出費の中で、住宅ローンで苦しんでいませんか?ローンが残っている場合には次の家の家賃と2重苦になるのでなかなか踏み出せないという時に任意売却という手立てがあります。仕組みを理解して残債を減らせる方法を知っておきましょう。

火災にあったら罹災証明を申請|受けられる支援と再建への道

火事の被害を受けた後、支援を受けるために必要なのが罹災証明書です。しかし発行してもらった後でも、住まいを再建するにはどんな支援が受けられるか分かりにくいですよね。この記事では、そんな受けられる支援と再建への道について解説します。

台風の被害を受けたときに適応になる保険がある事を知り見直しを

地球温暖化の影響か猛烈な勢力の台風の本州上陸も現実のものとなっています。あなたは台風の被害を受けた際、火災保険が適応になる事を知っていましたか?不安や疑問を感じたら火災保険の確認時で、それには信頼できる不動産業者との付き合いが大事です。

災害援護資金の貸付を受けるためには?もしもの時に役立つ情報

自然災害はいつ、どこで起こるのか分かりません。災害援護資金の貸付は、自分の住居が災害によって被害を受けた際に役立つ制度です。もしもの時のためにも、災害援護資金の貸付のことを学んでおき、スムーズに物事が進められるようにしておきましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1800社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ