駐車場を3つの種類別に紹介|経営方法・管理方法・設置形式ごとに徹底解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地活用の方法として注目されているのが駐車場経営です。初期投資として多額な準備金が必要なわけでもなく、手軽に始めやすいということで注目が集まっています。

この記事では、駐車場経営をするために、必要な駐車場に関する知識を解説し、失敗しない駐車場経営のためのポイントも説明いたします。

駐車場経営をするためにこの記事をご覧になっている方は、まずこの記事で駐車場経営について詳しく知ってみるとよいでしょう。

駐車場の種類①:2つの駐車場経営方法とは

駐車場には月極駐車場とコインパーキングを代表とする時間貸しの2種類があります。それぞれの特徴や向いている土地などを理解し、自分が所有している土地にはどちらの駐車場を経営していくのが最適なのかを探ってみましょう。

経営方法①月極駐車場とは

月極駐車場とは、文字通りひと月ごとに契約を更新していく方法です。月極駐車場を経営していくには、どのような場所が適しているのでしょうか。メリット・デメリットと合わせて確認しておきましょう。

月極駐車場の特徴

月極駐車場は、月単位の契約で1カ月ごとに賃料をもらう仕組みになっています。コンクリートを敷いてしっかりと整地して行うことも可能ですが、砂利敷きでロープなどで区画割するだけでも成り立ちます。

そのため、所有している土地を駐車場として活用したい場合、初期費用をほとんどかけないこともできるため、手軽に始められるのも特徴の一つです。

月極のメリットとデメリット

きれいに整地しなくても、駐車スペースが分かるように区画割をするだけでも駐車場として成立します。契約者が分かりやすいよう、杭を立てて番号を表示したり、車止めを設置したりする準備はしておくと良いでしょう。

収益性は安定しているものの、収入面は高くはないことを理解しておく必要があります。空き駐車スペースがあれば、その分の収入は見込めません。

長期にわたる契約が見込めたり、絶えず契約希望者がいるような場所であれば、時間貸しの駐車場と比較検討して決めることがおすすめです。

違法駐車や車の不法投棄には注意が必要です。契約者がいない駐車スペースに、無断で駐車するようなケースを見かけた場合、新たな契約者を逃してしまうことにもつながるため、早期に対応する必要があります。

向いている土地

月極駐車場が向いている土地は、住宅街やオフィス街、アパートやマンションの近くです。自宅駐車場で足りていない人や通勤で使用する車の駐車場としての利用が見込めます。

都心部であれば、アパートやマンションに駐車場が完備されていない物件もあります。また、家族層の多い物件の近くであれば、車を複数台所有する可能性が高いので自宅駐車場だけでは足りなくなってくることも予想がつきます。

そのような場所では、長期にわたり駐車場を確保したいというニーズが高いため、月極駐車場でも十分な収益が見込めるでしょう。

経営方法②時間貸しとは

時間貸しの駐車場で代表的なものがコインパーキングです。駐車していた時間に応じて設定されている料金を支払うシステムです。

時間貸しの特徴

時間ごとに駐車スペースの貸し出しを行います。アスファルトやコンクリートで舗装されているのが一般的で、精算をするための機器やゲート、パークロック(車止め)を設置する必要があります。

よく見かけるコインパーキングですが、どんな場所でも成功するわけではありません。自分の所有している土地にコインパーキングを設置しても成功できるかどうかをきちんと見極めることが大切です。

時間貸しのメリットとデメリット

狭い土地や変な地形の土地でもコインパーキングとして経営できる点はメリットの1つです。ただし、そのような土地でも成功させるには、立地が良くないと難しいでしょう。

コインパーキングは、駐車場機器の設置が必要です。設備の設置や舗装などに初期費用がかかることは覚えておかなければなりません。

時間で区切って利用者がどんどん変わるため、駐車場内で当て逃げや未払いなどのトラブルがあっても、当事者を見つけるのは至難の業と言えるでしょう。

そのようなトラブルを放置しておくと、悪評により利用者が減ることにつながってしまう可能性があるため、早期の対応が必要です。

向いている土地

時間貸し駐車場には、駅や商業施設、オフィス街など、一時利用者が見込めそうな場所で経営するのが適しています。

駅やオフィス街などは、来訪者が多い割に駐車場が少ない状況が多いので、そのような土地であれば時間貸しの駐車場は大いに利用されるでしょう。

ただし、すでに多くの駐車場が存在しており、供給過多の場合はよほどの好条件でない限り、利用者増は見込めないので、事前のリサーチがとても重要になってきます

交通量の大きな道路に面していることもポイントです。利用の有無に関わらず、多くのドライバーの目にとまることは、駐車場の認識が高まり需要につながるので大切です。

駐車場の種類②:3つの駐車場管理方法とは

駐車場を経営するには、所有している土地を一括して借り上げてもらって運営する「一括借り上げ方式」、自分で管理を行う部分も残しながら業者に一部を依頼する「管理委託方式」、全て自分で管理運営していく「自営方式」の3種類に分類されます。

それぞれの仕組みを理解しておきましょう。

管理方法①全てを任せる一括借り上げ方式

一括借り上げ方式は、オーナーと契約した専門業者が管理運営を全て行ってくれるので、オーナーの労力がいらないという点が大きな特徴です。

所有している土地を専門業者に貸し、賃料を一定額オーナーに支払うという仕組みです。オーナーとしては、駐車場運営に必要な管理などに手間がかからず、一定額の収入を得ることができます

駐車場の利用状況に関わらず賃料は一定額支払われることが多いので、空きスペースがある場合でも安定した収入につながります。ただし、売上がアップしても得られる収入は変わらないという点も注意しなければなりません。

駐車場経営が初めての場合や、駐車場管理に時間を割けない場合、安定した駐車場収入を得たい場合におすすめの方法で、現在では多くのオーナーが採用している方法でもあります。

駐車場に必要な機器の設置や舗装といった初期費用に関しても、業者が支払ってくれるところもあるので、契約前にしっかりと確認しておけば、土地活用を始める費用を抑えることにもつながります。

管理方法②管理委託方式

管理委託方式は、運営に関してはオーナー自ら行い、管理に関しては専門業者が行うといったように、仕事内容によって分業する仕組みになっています。

駐車場経営に必要な機器類の点検などのメンテナンスでは専門的な知識を必要とする部分もあるため、専門業者に依頼するオーナーも少なくありません。

また、日常的な業務として手間のかかりやすい清掃やクレーム対応といった管理業務を依頼するケースも多いです。

本業を別に持っており駐車場経営にあまり時間が割けない場合や、自分でできることはやり、専門的な部分だけはプロにお任せしたいといった場合におすすめの方法です。

オーナーは、依頼する業者に賃料収入の中から手数料を支払うという仕組みになっています。手数料の相場は5~10%と言われていますが、広さや立地、管理業務の量などによって変動するため、しっかりと話し合いを行っておくことがおすすめです。

管理方法③全てを自分で行う自営方式

駐車場経営に関わる管理運営の全ての業務をオーナー自ら行う自営方式は、手間はかかりますが、賃料で得た収入が全て自分のものになる方法です。

専門知識を必要とする駐車場機器のメンテンナンスや点検といった分野も自分で行うことになるため、駐車場経営の経験がある場合や、熟知している場合にはおすすめです。

駐車場の賃料が全て自分のものになるということは、売上が高いときは良いですが、募集しても利用者が増えず、収益悪化になることも想定しておかなければなりません。

駐車場の種類③:2つの駐車場の設置形式とは

駐車場には、平面駐車場と立体駐車場の2種類があります。それぞれの特徴をみてみましょう。個人が所有している土地を駐車場にする場合は、平面駐車場として経営するのが一般的です。

形式①地上にある平面駐車場

地上に平面利用している駐車場が平面駐車場です。一台ごとに区切られており、低コストで始めることができる特徴があります。

屋根が付いているタイプと屋根が付いていないタイプの2種類があります。どちらも、維持費もそこまでかからずに経営していくことができる形式です。

月極駐車場として活用するのであれば、入り口に設置するゲートなども必要なく、区画毎に区切るだけで経営できます

時間貸し駐車場として活用するのであれば、精算機の設置が必要です。また入り口のゲートや各区画にパークロックを設置する必要があります。

形式②商業施設などに多い立体駐車場

ショッピングセンターなどの商業施設で多く見かける駐車場は立体駐車場です。駐車場だけでも複数回建てになっているものがほとんどです。

立体駐車場には機械式と自走式の2種類があります。ショッピングセンターなどで見かける多くの立体駐車場は自走式が一般的で、ドライバーが駐車場の中に、空きスペースを見つけ、自分の運転で駐車するというシステムです。

自走式のタイプには1つ1つの駐車スペースにフラップと呼ばれる板が貼り付けられており、精算しないと出庫できないものと、ゲートにて入出庫を行い場内は自由に動き回れるというものがあります。

ゲートで入出庫するタイプは、1つ1つの駐車スペースに精算する機器などが設置されていないため、駐車が苦手な人でも停めやすいという特徴があります。

機械式の立体駐車場は、入り口に車を停めてドライバーは降車し、係員に任せるというシステムになっています。

機械式の立体駐車場は、狭いスペースでもたくさんの車を駐車できるメリットがあり、駐車スペースは台車に乗せられた車が縦に配置されています。

シャッターなどで駐車スペースには人が入れないようになっていることも多いため、車高や車幅などが限定されている駐車場も少なくありません。

駐車場の種類を選ぶ際の注意点

土地活用の方法として、手軽に始められる駐車場経営ですが、誰がどのように経営しても成功するわけではありません。注意点を抑えて、成功するように準備をしましょう。

税金が上がることがある

駐車場にする土地には固定資産税がかかります。場所によって、都市計画で指定されている市街化区域内の場所であれば都市計画税も発生し、支払わなければなりません。

駐車場は基本的に更地として申請しており、非住宅用地、商業地等に分類されています。そのため、住宅用地を駐車場にした場合は、本来の用途とは異なる使い方をすることになるので、税金が上がる可能性があります。

住宅用地の場合、住宅を建てるための土地ということになるため、住宅用地の軽減措置が適用され、固定資産税が安く抑えられています。住宅用地を駐車場に使用した場合は、軽減措置の適用外となり、税金が上がるという仕組みになっています。

周辺のリサーチを行う

駐車場経営を始める前には、周辺環境のリサーチがとても重要です。近隣に駐車場があるか、料金設定はいくらかなど、チェックしなければならない項目がたくさんあります。

誰もが始めやすい土地活用方法のため、空き地ができるとすぐに駐車場として運営し始めることも少なくありません。これは、競合ができやすいということを意味しているため、経営開始前だけでなく、定期的に周辺のチェックをすることがおすすめです。

駐車場を利用する人は、立地と料金をメインにチェックしていると考えましょう。そのため、少しでも安い駐車場ができれば、簡単に利用者を取られてしまう可能性があるので、周辺の価格と揃えて提供することも大切です。

信頼できる業者を探す

駐車場の運営管理を専門業者に依頼する場合は、どの業者に依頼するかも大切です。信頼できる業者を選ばなければ、思っていたような収入が得られず、経営がうまくいかなくなってしまうこともあります。

そのため、一社だけに相談して判断するのではなく、複数社に相談をし、比較検討して選ぶのがおすすめです。そんな時、イエカレを利用すると便利です。

複数の業者に一括無料相談ができるので、より親切で信頼できる業者を見つけることができるでしょう。

駐車場の種類は土地に合った方法を選ぼう

土地活用の方法として一番最初に検討されやすいのが駐車場経営です。大きな初期投資も必要なく、手軽に始めやすい点が選ばれている理由でしょう。

駐車場経営をする場合、まずは周辺環境をリサーチし、どのような種類の駐車場にするのかを決めなければなりません。

種類を決めたら、形式を決めるなど、事前の準備は素人が進めるには大変なものばかりです。自分で管理運営していくことも可能ですが、自信がない場合は、信頼できる業者に依頼するのもおすすめです。

イエカレを活用して、自分にぴったりの業者を見つけたら、安心して管理を任せられます。親切で迅速に対応してくれる業者を見つけ、大切な土地を駐車場として成功させましょう。

土地の管理が面倒? 駐車場経営で手軽に活用