【マンションを高く売る5つのコツ】売却の流れや注意点まで徹底解説

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

「マンションの売却にコツってあるんだろうか?」「事前に知識や情報を得てコツをつかんでおきたい」そんな人もいるでしょう。

こんな悩みの人にピッタリ
  • マンションを売却したことがない

  • マンションを高く売るために、何をすればいいのかわからない
  • マンション売却のコツを知って、時間がかかっても高く売りたい

実はマンション高く売却するはちょっとした工夫をすれば比較的難しくありません。ただ、その事前の知識がないまま売却を進めても後悔する結果になるかもしれません。

この記事では「できるだけ高くマンションを売却したい」と考えている方が売却で成功するためのコツや注意点を紹介していきます。

「イエウール」で価格を比較した方の2人に1人が、平均342.5万円高く売れています。不動産の売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

マンションを高く売る5つのコツ

続いて具体的に早くマンションを売るためのコツを5つ紹介していきます。

  • ①売り出し価格を相場より下げる

  • ②マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ

  • ③媒介契約は「専任媒介契約」で締結する

  • ④内覧に力を入れる

  • ⑤購入申込書には早く回答する

それでは順番に説明していきます。

①売り出し価格を相場より下げる

中古マンションの購入を考えている人なら購入価格の上限を決めて、その上限金額内で少しでも条件がいい物件を比較しながら探します。
そんな時に相場よりも安いマンションがあれば購入候補になりやすいのは当たり前ですよね。

  1. どれくらい価格を下げればいいの?

相場価格よりも1割程度下げるだけでも購入希望者は見つかりやすくなるでしょう。
また、値下げする際は「キリのいい価格」を設定してはいけません。なぜなら購入希望者が中古マンションを探す際にSUMMOなどのポータルサイトを使うようになっているからです。
下図の通り、多くのポータルサイトはキリのいい価格で絞込ができます。

 class=

例えば、相場が3200万円のマンションを3000万円に値下げしても、3000万円以下の絞込であなたのマンションは候補にあがりません。つまり買主候補を何人も失っていることになります。この場合は2990万円などキリがいい数字から少し低い価格で設定するとよいです。

②マンション売却が得意な不動産会社を選ぶ

不動産会社によって得意な物件が異なります。特にマンションを売却するには、共有施設の調査や利用規約を売主に正確に伝えるなど専門的なスキルが求められます。
これらのスキルやノウハウがある会社に仲介を依頼すればスムーズに売却しやすくなります。

  1. どうやってマンション売却が得意な不動産会社を見つければいいの?
  2. そんな時は不動産一括査定サービスを使いなさい!
不動産一括査定とは、住所や間取りなど簡単な情報を入力するだけでマンション売却が得意な不動産会社を紹介してもらえるサービスです。

売却経験のない人が不動産会社のスキルを見抜くのは難しい作業ですが、一括査定サービスは優良な不動産会社を紹介してくれる仕組みになっているので簡単にマンション売却が得意な不動産会社を知ることができます。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

③媒介契約は「専任媒介契約」で締結する

売却を依頼したい不動産会社が見つかったらその会社と一般媒介契約ではなく、専任媒介契約を締結しましょう。
一般媒介契約と専任媒介契約の主な違いは、一般媒介契約は複数の不動産会社に仲介を依頼できるのに対し、専任媒介契約は1社しか仲介を依頼できません。

  1. 複数の不動産会社に仲介したもらった方が早く売却できるんじゃないの?

不動産会社は売却が成立した場合に成果報酬がもらえる業界なので
複数社と媒介契約を結んでいる売主の案件は積極的に売却活動をしてもらえないリスクがあるのです。

信頼できる不動産会社1社と専任媒介契約を締結した方が不動産会社も積極的に売却活動に臨んでくれるので売却の期限が決まっているのなら、専任媒介契約がオススメです。

④内覧に力を入れる

購入希望者にとっては内覧で感じた部屋の印象が購入判断に大きく影響します。「ここに住みたい」「こんな生活をしてみたい」というイメージ持ってもらえれば売却は成功したも同然です。

そこで内覧時には2つのことを意識しておきましょう。

綺麗に片付ける

見た目のキレイさや、メンテナンスが行き届いた備品などの第一印象は、内覧時の印象に大きく影響を与えます。よって内覧者を迎える準備として部屋の掃除は必ずしましょう。

特に念入りに掃除すべき場所は玄関、リビング、水回り、バルコニーです。
購入希望者にとっては、水回りに水垢があったり、キッチンが油で汚れていると、その物件の価値は一気に下がるので注意しましょう。

掃除の方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

購入希望者には丁寧に対応する

内覧者の不安を解消し、マンションやあなた自身に不信感を持たれないように振る舞いましょう。

例えば、内覧の案内は不動産会社任せだからと自分はテレビを見たいたり、他のことをしている売主がいますが、感じが悪く映り、物件そのものにも悪い印象を与えかねません。

購入者が知りたい周辺の環境や買い物の便などを積極的に説明するぐらいの方が、好印象を持たれていい成果につながるでしょう。

下の表にコツをまとめたので参考にしてください。

内覧のコツと目的

目的 コツ
不信感を持たせない 営業トークは不動産会社に任せる
質問攻めにしない
急かさない
買い手の不安を解消する 買い手が気になる点は答えられるように整理しておく
(周辺環境や家自体への質問)

⑤購入申込書には早く回答する

内覧が上手くいけば購入希望者から購入申込書が送られてくるので、早めに返事を出しましょう。なぜなら申込書が届いたからといって売買が成立したわけではないからです。購入申込書には「購入希望価格」など購入条件が書かれているので、お互いが納得する条件をすり合わする必要があります。

そこで重要なのがとにかく早く返事を返すこと。購入希望者はあなたの物件以外にも購入候補がある可能性もあるため目移りをする前に素早く条件を詰めておきましょう。

高く査定されるマンションとは

マンションを売却するにあたって避けては通れないのが「査定」です。売却に出す前に、不動産会社に査定してもらい、マンションがいくらで売れそうなのかを出してもらうためです。

査定で見られるポイントは、大きく分けると以下の3つです。

  • 接近条件:近くの駅や商業施設の利便性

  • 環境条件:家をとりまく環境の住み心地の良さ
  • 建物条件:建物そのものの状況

マンションの査定は、「取引事例比較法」という手法を用いて算出されます。

査定するマンションの価格を決めるために似た取引事例を選び、その事例マンションと項目ごとで比較することで価格を決めるという査定方法です。同じマンションで取引事例があればその事例を参考にしますし、可能な限り近い事例でのマンションどうしでの比較ができるようにします。

この3つの中でも、高く査定されるマンションには共通点があります。

駅からの距離が近い

まずは高く売却するために最も重要と言われている接近条件のひとつで特に重視されているのが駅からの距離が近いことです。

言わずもがなですが、駅からの距離が近いマンションは人気であり、人気と比例して査定価格も高めになります。

財団法人不動産流通近代化センターが作成した価格査定マニュアルによると、駅から徒歩1分のマンションの評価が最も高く、徒歩8分を超えるとマイナス評価になります。

ちなみに、徒歩圏だけでなくバス圏も評価できるようになっており、駅からの距離が遠くても最寄りバス停が近くにあればプラス評価です。

面する道路の幅が広い

面する道路の幅が広いマンションも、高く査定されるでしょう。

接面街路の幅員とも言いますが、これが十分に確保されており区画がきれいに整備されていることが重要なのです。

確かに、マンションが面する道路の幅が広かったり、整備されていると気持ちが良いものです。

築年数が10年以内である

築年数の浅いマンションは高い査定額が付きます。それだけ需要があって高い価格で売り出しても売れるということです。

また、マンションの査定では築年数が何年かで変わります。

少し細かい話ですが、築10年のマンションを基準とし、築1年~4年までを±2.5ポイント、築5~10年までを±2ポイント、築21年以上を±1.5ポイントの誤差になるように評価されています。

つまり、マンションは築年数が浅いほうが結果的に高い査定額がつく可能性が高いということです。今すぐ売却する予定がなくても、まずは今の査定額がいくらになるのか把握しておきましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

マンション売却の流れとかかる期間

マンションを売却する際の流れを把握しましょう。
売却の流れや各ステップにかかる期間を知ることが、早くマンションを売るための第一歩になります。

 class=

マンションは、売り出してから売却完了まで平均で3カ月かかると言われています。

以下にてマンション売却の流れと、それぞれでどのくらいかかるのかをまとめてみました。

やること 目安期間
STEP1 査定依頼 約1ヶ月
STEP2 相場を調べる
STEP3 会社選び・媒介契約
STEP4 売り出し 1~3ヶ月
STEP5 売却交渉・契約・引き渡し 約1ヶ月

ちなみに、できるだけ高く売りたい一方で売却にあまり時間がかけられない場合、「会社選び・媒介契約」と「売り出し」の段階を早く進めることを意識することをおすすめします。

会社選びとは、仲介を依頼する不動産会社を選び媒介契約を結ぶことです。不動産会社は自分で探すこともできますが、探した不動産会社の担当者に毎回同じ説明をして査定額を出してもらうのは手間がかかるでしょう。

インターネットの一括査定を使えば、複数の不動産会社にまとめて査定依頼をすることができます。

早く売却する際の2つの注意点

続いてマンションを早く売るための注意点を紹介していきます。注意点を知らなかったばかりに損をした・・なんてことが起きないようにしっかり注意点も把握しておきましょう。

購入希望者に弱みを握られない

購入希望者にあなたが早く売却したい事を把握されると、購入希望者に有利な条件で交渉されてしまいます。
購入希望者から「すぐに買うので2割値引きして」など要望が来てしまうと売主のあなたが損をします。

それを防ぐためにも購入希望者に「いつまでに売りたい」など状況事細かに説明しないように注意しましょう。
不動産会社には正直状況は伝えて大丈夫ですが、あなたが不利になるような情報を購入希望者に伝えないようにお願いしておくとよいです。

囲い込みに注意

囲い込みとは、不動産会社がその物件を囲い込んで両手仲介を狙う行為のことです。

不動産会社にとっては、1社で売買どちらも契約を取れば売主と買主の両方から仲介手数料をもらえる「おいしい仕事」になります。

しかし、囲い込みを受けると他社から高値で購入依頼があっても依頼を断り1社だけで買主を探すため、どうしても成約までに時間がかかります。売主が事情をしらないまま、いつまでたっても売れない場合があります。

 class=

  1. どうすれば囲い込みしない会社を見分けられるの?

囲い込みを防止するには不動産会社と媒介契約を結ぶ前に、囲い込みをしないか担当者に確認しましょう。
また、売主は媒介契約を交わした会社に「自分の物件は囲い込みをされていないか」を確認すれば、その会社は売主に報告する義務が課されているので遠慮なく確認しましょう。

マンションを売却した人の体験談

子供の小学校入学を機にマンションを売却(36歳男性)

エリア 東京都文京区 物件種別 分譲マンション
間取り 1LDK/50平米 築年数 15年

Q1:マンションを売却したきっかけは何ですか?

子供の小学校の入学が迫っていたことがきっかけです。もともと結婚を機に文京区の中古マンションを購入して妻と子供の3人で住んでいました。

ただ、子供が大きくなるにつれ1LDKだと狭いなと感じてきたのでいずれは住み替えたいと思っていました 。

その話を去年の12月にしたところ、妻も同じ気持ちだったのですが「子供が小学校を転校させるのはかわいそう」という理由で思いのほか早く売却を進めていきました。

Q2:早く売却するために工夫したことはありますか?

個人的には価格設定が重要だなと思いました。私の場合タイムリミットが2か月間しかなかったので、売り出し価格を相場よりも5%ほど下げました。さらに不動産会社の担当者さんには「10%までなら値下げしますよ」と伝えておきました。

早く売りたかったので思い切って値下げしようと思ったのですが立地も良かったし、1月頃は購入者が増える時期と聞いたので必要最小限の値下げに留めておいて、状況に応じて価格を調整しようと思っていました。結果的には売り出し価格のままで売却することができました!

【ランキング】不動産を売却した際に後悔したこと

不動産売却に関するアンケートを行った100人に『不動産を売却した際に後悔したことは?』と聞いてみたところ、後悔した理由で最も多かったのは『余裕のある売却スケジュールを立てればよかった』という結果になりました。

回答者の実際の声がこちらです。

  • 新しいマンションの契約等と売却が重なり忙しくなってしまった。(40代 女性)
  • 余裕がなく、急いで売ってしまった。(50代 男性)
  • 思ったより売却が長引いた。(40代 男性)

住み替え予定の方は物件の売りと買いの作業が重なることもあり、スケジュールにもっと余裕を持つべきだったと感じたようです。

まとめ

今回はマンションを少しでも高く売却するためのコツや注意点を紹介してきました。

マンションを少しでも早く売却するためにも、今回お伝えした全体の流れや注意事項をしっかりと把握したうえで、信頼できる業者を見つけて依頼することが大切です。

そのためにも、一括査定などのサービスを活用して、効率的に良い不動産会社を選ぶことを検討してみてください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?