空き家は社会問題!?空き家トラブルに巻き込まれる前の対処法

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

現在、空き家の増加が社会的にも問題となっています。
所有者の方からは、「自分の所有物なんだから空き家にしておこうとどうしようと勝手だろ。」という声が聞こえてきそうですが、これが現実に大きな社会問題に発展している現状があります。 ここではそれらの問題の具体的内容を見ていき、どうすればいいかについて考えてみたいと思います。

先読み!この記事の結論
  • 空き家を放置しておくのはデメリットが大きい
  • 空き家トラブルを避けるには売却を考える

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

(1)空き家の増加率

空き家がどのくらいあるかについては、総務省が5年毎に統計をとっています。
現時点での最新データは2013年のものですが、それによると全国の空き家の数は約820万戸で、全住宅数に対する空き家の割合は13.5%とされています。
おおよそ、7.5軒に1軒が空き家という計算になります。
ちなみに、その前の2008年調査では空き家率は13.1%、2003年調査では空き家率は12.2%、1998年調査では11.5%でしたので、着実に空き家率は上昇している事がわかります。
総務省統計局ホームページ
出典:総務省統計局ホームページ

(2)空き家が増えている原因

空き家が増えている原因は様々なものが考えられますが、大きな理由としては以下のものが挙げられると思われます。

少子高齢化・核家族化

子供が独立して新たに家を所有した後、親が高齢になって施設に入ったり亡くなるなどした場合、親が居住していた家に住む人がいなくなってしまい、その結果、空き家が生じる事が考えられます。

解体費用の負担

空き家を取り壊すにも相当な費用がかかるため、そのまま放置されることがあります。

個税資産税の負担

土地の固定資産税について、空き家でも建物が立っていたほうが、更地よりも固定資産税が低くなるため、あえて更地にしないほうが得だという事情があります。

中古住宅の不人気

どうしても新たに家を探そうとする場合でも、中古物件よりも新築物件や築浅件を求める傾向にあり、中古物件にはなかなか居住者が見つかりにくいという現実があります。
≪まとめ≫
空き家の増加は社会的な問題
空き家は年々増加傾向にある

実は空き家が社会問題になっている

 class=空き家増加に対応するため、法律も施行されています。

(1)空き家対策特別措置法

空き家特別措置法とは、平成26年に制定された法律で、正式名称は「空家等対策の推進に関する特別措置法」といいます。
この法律の目的は、地方公共団体が空き家対策を行うことについて法的な拠を与え、対策を行うことを可能にすることでした。
具体的には、以下のことを定めています。

  • 国が策定した空き家対策に関する基本指針に基づき、市町村が空き家対策計画を策定すること
  • 市町村長は空き家の調査を行うことができ、そのために固定資産税の内部情報を用いることを可能としたこと
  • 特定空き家については、市町村長は除却、修繕、立木の伐採等の助言、指導、勧告、命令を行うことができる。
  • 市町村の空き家対策への国からの補助

特定空き家とは

空き家対策特別措置法において特別な措置を行うことができる「特定空き家」とは、以下のいずれかの状態にある空き家を言います(空き家特別措置法第2条第2項)。

  • 倒壊もしくは保安上危険となる恐れがある状態
  • 著しく衛生上有害となる恐れのある状態
  • 適切な管理が行われないことにより著しく景観を残っている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

空き家は行政代執行される可能性がある

特定空き家について、市町村から助言、指導、勧告、命令等がなされたにもかかわらず、所有者がそれに対応しない場合において、市町村が強制的にこれらの措置を行うことができます。
これを行政代執行といいます。

ただ、放置しておけば行政が対応してくれるというものではありません。
それらに要した費用は当然に所有者の負担となり、行政から請求されます。
しかも、その費用は一般的に本人が行うよりも遥かに高額になると思われます。

また、代執行を行う際の費用は一旦は税金から支出されるため、市町村は当然にその費用を所有者から強制的に回収することになります。
行政執行までの流れはこちらになります。
行政執行の流れ
 class=

(2)なぜ空き家が問題なのか

なぜそもそも空き家がこれほど問題となるのでしょうか。主に以下の理由があります。

犯罪問題

不審者やホームレスが空き家に住み着いたり、不良グループや犯罪者等がたまり場にするなど、犯罪の温床や治安悪化の原因となる可能性があります。
また、放火などの標的にもなりやすいといえます。

災害問題

管理が適切に行われていない空き家では、倒壊や崩落などの危険が生じることがあります。

衛生問題

野良犬、野良猫が住みつき、その糞尿による悪臭などが生じる可能性があります。
また、ネズミや害虫などの大量繁殖により衛生環境の悪化が生じます。

風景・景観問題

人が住んでいない家は老朽化が進むと言われている通り、適切に管理されていないと建物自体の痛みが激しくなり、街全体の景観が損なわれます。
≪まとめ≫
空き家の増加を抑制する空き家対策特別措置法が施行された
空き家の増加は災害や衛生など、様々な問題の増加に影響する

空き家の犯罪問題

 class=

(1)空き家と犯罪

空き家はその文字の通り誰も住んでいない家です。
したがって、その防犯対策は不十分となりがちで、空き巣が入ったり、ホームレスや犯罪者、不良などが不法に占拠・占有して住み着いたり、たまり場やアジトにされる
こと危険があります。
その結果、その地区の治安は悪化することになります。
実際に、空き家数と犯罪数は比例するというデータもあります。

(2)割れ窓理論

空き家と犯罪との関係について「割れ窓理論」ということが言われています。
これは、アメリカの犯罪学者が考案した理論です。
これによると建物の窓が1箇所割られたのを放置していると、やがて、そのことを気に留める人もいなくなり、そのうち建物の窓すべてが割られてしまうという考えです。
つまり、空き家の窓が割れていても、誰も気に留めないうちに、そこに犯罪者や不良などが屯するようになっても誰も気にしなくなってしまい、知らないうちに街全体の治安が悪化していくということです。
実際、過去には、空き家を利用して大麻の栽培をしていた事例や、空き家を詐欺に使う住所として利用していたり、空き家から人骨が発見されるという事件も生じています。

空き家増加の現状とは

 class=

(3)空き家の防犯対策

先の「割れ窓理論」では、「小さな犯罪でも徹底的に取り締まることで、凶悪犯罪も抑止できる」という事が言われています。
つまり、空き家の管理を徹底すると事によって、犯罪は防止できるということです。

実際、空き家の窓が割れているのを放置していると、そこから不審者や犯罪者が立ち入って勝手に占拠、利用する危険が高まります。
小さな破損でもきちんと対応し、また、郵便受けなども定期的に整理するなどして、人が居住しているのと同様の状態を保つことが犯罪防止に役立つのです。
≪まとめ≫
空き家は犯罪増加を招く
空き家の増加は治安の悪化を招く

空き家の災害問題

 class=

(1)空き家の脆弱性

管理されていない住宅は、腐食などが進み倒壊の可能性があります
建物の倒壊が起こればけが人や周辺の住宅への被害が発生します。

(2)無過失責任を負う危険性も

空き家の持ち主が管理せずに、周囲に被害をもたらしたり、けが人を発生させれば持ち主に無過失責任が発生します。
持ち主としても空き家を放置することはリスクがあります。

(3)空き家の防災対策

管理されていない空き家は防災対策も施されていません。
ゴミが溜まっていたり、庭には燃えやすい枯れ草が伸び放題になっていたりします。
このような理由で空き家は地域の防災面の妨げになっています。
ゴミや庭の植物をきちんと処分していれば、火災時の延焼を防げます。
≪まとめ≫
空き家は防災面でも問題が多い

空き家のごみ・衛生問題

空き家は衛生的な問題も多く含んでいます。

(1)空き家へのごみの不法投棄

犯罪と同様に、空き家の敷地には、ごみなどが不法投棄される場合が多いという事実があります。
これも、犯罪における割れ窓理論と同じで、誰かがごみを不法投棄したのに、それが放置されているうちに、他の人も同様にごみを不法投棄するようになり、最後にはごみだらけになってしまうのです。

ところで、ごみを不法投棄された場合、誰が責任を追わなければならないのでしょうか。
本来は不法投棄した人が責任を負うべきですが、現実問題として不法投棄者を特定することは困難です。
また、それについて自治体に対応を求めても、対応はしてくれません
地方自治体に責任があるわけではないからです。
結局、空き家を放置していた所有者が自分の費用負担で不法投棄されたごみを処理するしかないのです。

(2)空き家の害虫・害獣問題

空き家にごみが大量に放置された場合には、ネズミやゴキブリその他の害虫・害獣が発生して悪臭を発し、周囲に悪影響を及ぼしたり、著しく不衛生な状態をもたらすでしょう。
また、現在では少なくなったかもしれませんが、野良犬や野良猫が住み着いて、その糞尿による悪臭等も問題になる可能性があります。
また、スズメバチが軒先に巣を作るなどして、周辺住民にとって危険な状況をもたらす危険もあります。

(3)空き家のごみ・衛生問題の対策

空き家のゴミ問題、衛生問題についても、結局は、適切な管理をすることが最大かつ最も効果的な対策となります。
その家がきちんと管理されている家であることを示せば、不法投棄を抑止できることになります。
とにかく、不法投棄されからでは遅いので、それをいかに予防するか、いかにその家がきちんと管理されていることを示せるかが重要になってきます。
≪まとめ≫
空き家は衛生面でも多大な悪影響をもたらす
空き家のゴミ問題はさらなるゴミ投棄を招く

風景・景観トラブル問題

(1)空き家の雑草問題

空き家の庭の雑草などを放置しておくと、それによって蚊を始めとする害虫が大量発生して、周辺環境の悪化、建物自体の老朽化の原因となるとともに、周辺の住民の方にも大きな迷惑を及ぼすことになりかねません。
また、雑草が茂ったり、木の枝が周囲まで伸びて隣接する家や道路の通行に支障を生じさせる場合もあります。

このような状態を放置しておくことは、周囲の景観を損ねるのは当然ですが、それ以外にも、その家が空き家であることが周囲からもわかるため、空き巣や不法侵入者に狙われる可能性が高くなり、犯罪の温床になる危険も高まることになります。
また、周囲の住人の生活にも現実的な障害をもたらします

(2)外回りの劣化により「お化け屋敷問題」化

また、管理が行き届かない空き家を放置しておくと、窓が割れたり、建物自体の老朽化がすすみ、「廃墟」のような状態になる危険があります。
そうなると、周辺にも変な噂が立ったり、ますます人が寄り付かなくなったりという悪循環に陥ります。
その結果、周辺環境についても悪化をもたらし、当該物件の周辺には人が住みたがらないなどといった事態も招きかねません。

(3)空き家の風景・景観トラブル対策

空き家の景観トラブルについても、結局の所、管理を徹底することが最大の対策ということになります。
建物の老朽化等が進んでしまうと、もはや回復には多額の費用がかかったり、周辺への影響自体を回復するのに、多大な労力や時間がかかります。
何よりも、そのような状態を作らないことが最大の対応策ということになるのです。
定期的に建物の状態を確認して、建物の破損箇所等を見つけたらすぐに修理する。庭の雑草などについても定期的に処理する。
そういったまめな対応が景観トラブル防止に繋がります。
≪まとめ≫
空き家は周辺の景観にも悪影響を与える
空き家の回復には多大な費用が発生する
景観のある異空き家は犯罪の温床になる可能性がある

空き家のその他の問題

(1)土地の有効活用ができない

空き家が放置されていた場合、それが原因で、周辺の再開発に支障が生じたり、土地の有効活用の障害になったりするということも考えられます。

(2)資産価値の低下

更に、空き家を放置していた場合には、建物地帯の老朽化による資産価値の低下はもちろんですが、その地域自体の環境を悪化させることになり、当該地域自体の土地などの価値・評価も下落させる危険が考えられます。

また、実際に、後日それを修繕等、又は、庭の雑草などをきちんとしようとした場合、膨大な費用が必要になる可能性もあります。
ですから、常日頃から、適切に管理し、状態が悪化しないように対応しておくことが必要なのです。
≪まとめ≫
空き家状態で放置すると、資産価値が低下する

空き家を売ることも空き家問題を解決する方法の一つ

 class=
もし空き家を所有したときはどうすれば、このような問題を回避できるでしょうか。
自己管理ができないと空き家の管理費や固定資産税が発生するだけの負債になります。
そこで売却を検討してみましょう。

(1)空き家を売るメリット

空き家を売却すれば、固定資産税と都市計画税を支払わずに済みます。
また管理費や修繕費も必要なくなり、建物倒壊のリスクも避けられます。
現金化して生活費に回したり、自宅のローン支払いに回すなど柔軟な運用ができます。

(2)空き家を高く売りたいなら一括査定サイトがおすすめ

空き家を売却したいと考えたら、一括サイトで査定申し込みをすれば、高く売れる可能性があります。
一括サイトは、無料で様々な不動産会社からの査定額を聞けます。
多数の不動産屋に自分からアプローチせずとも、査定額をネット上の手続きだけで知ることができます

一括査定サイトの中でも、特に登録不動産会社が多いのがイエウールです。
全国各地の不動産会社が登録しているので、地方の空き家でも査定してくれる会社が見つかります。
査定実績も豊富で、利用者からの評判が悪い業者を排除するシステムも構築されているので、安心して利用できます。
様々な業者の査定を聞くことで、最も高く売ってくれそうな会社を見極められます

まとめ

結局、空き家をそのまま放置しておくことは、周辺環境の悪化をもたらす社会問題の原因となる事がわかっていただけたと思います。
そこには、「所有者だから所有物をどう管理しようと自由だ」とは言っていられない大きな問題があるのです。
だからこそ、国も、本格的に空き家対策を進めるための法律までわざわざ定めて対策に乗り出したのです。
このままでは、ますます空き家問題は大きな問題になっていく可能性があります。
だからこそ、早期に空き家の管理を徹底するとか、新たな有効活用の方法を真剣に考えるべき時期に来ていると言えるでしょう。

そしてもし空き家の処分で、困っているというときは、一括査定サイトを利用して、不動産を現金に変えて有効活用しましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?