不動産ビジネスを成功させるために|手順と注意点を押さえよう

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

「不動産ビジネスは儲かる」という話を耳にしたことはないでしょうか。このページでは、そんな不動産ビジネスについて、さまざまな角度から解説していきます。ビジネスを始める前に準備すべきことや、会社設立のメリット・デメリットなどについて説明しますので、不動産ビジネスに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

先読み!この記事の結論
  • 賃貸と売却があり、個人間でも売却が可能
  • 物件選びは特に重要。専門家を頼ろう

不動産ビジネスとはどのようなものか

不動産ビジネスは、文字通り、不動産でビジネスするものですが、「貸して収入を得る方法」と「売却して儲ける手段」があります。不動産を売る際は個人売買も可能であり、人に貸している最中であっても問題ありません。こうした不動産ビジネスの詳細と、やり方のコツについて解説していきましょう。

大まかには貸す方法と売却する手段がある

不動産ビジネスは、貸す方法と売却する手段があります。賃貸であれば、所有権をキープした状態で、家賃収入を得ることができますが、維持費などのコストがかかります。また空き室などがあれば、自ずと収入が減ってしまうリスクもあります。
不動産を売却する場合は、大きな額のお金を一気に入手できるメリットがあります。どちらの方法が、ビジネス的に最良なのかは断言できませんが、住宅ローンの支払いなどを負担できるのかも、判断材料になります不動産ビジネスをスタートさせる際は、相場などをきちんとチェックしておきましょう。

高値で不動産を売るやり方もある

不動産売却で得するためには、さまざまな業者に不動産査定を依頼することをおすすめします。なぜなら、会社によって査定額が大きく異なり、ひとつの企業のみの査定では、損をしてしまうリスクがあるため。もちろん、あまりにも査定額が高すぎる業者は、詐欺の可能性もあるため、十分にご注意ください。
実際に売却する段階になった際は、買い手と交渉して価格を下げることもあるでしょう。自身の事情は伝えることなく、価格下落の制限を設けてください。困ったときはプロに相談して、最良の形で売却が進められるようにしましょう。
不動産売却の一括査定サイトでおすすめできるサイトは、イエウールです。イエウールであれば、ユーザーから評判の悪い企業を排除し、日本各地1600社が参加し、6社まで査定依頼することが可能です。「どのサービスに査定を依頼すれば良いのかわからない」と困っている人は、ぜひイエウールを活用してください。

個人間での売買も実現可能

「仲介手数料を取られたくない」という人は、不動産業者を通さずに、個人間で売却することも可能です。もちろん、売買契約には専門知識が必要になりますし、個人間で売買する場合は、トラブルが起きた際の対応も大変ではあります。
そこでプロに依頼すれば、トラブルを回避できるので、仲介手数料もそれほど高いとは言えないでしょう。また、売却価格がもっと高くなる可能性もあります。

人に貸している場合も売却できる

賃貸を利用している人がいる場合でも、投資であれば、マンションの売却は可能です。不動産価格が落ちてしまうデメリットはありますが、難しい手続きは不要で、早めに売却したい人におすすめ。
住んでいる人の退去をお願いすることもできますが、トラブルになる可能性もあるので、業者に依頼することをおすすめします。
  • 賃貸と売却がある
  • 売却のコツを知る
  • 個人間でも売却可能

不動産ビジネスを始める前に必要なこと

 class=
不動産ビジネスをスタートする際には、何を準備すれば良いのでしょうか。まずは、物件を選びましょう。業者に相談することも大切です。また、ローンについても理解を深め、管理体制を整備しましょう。他にも注意すべきことがありますので、詳しく解説します。

まずは物件選びから始める

不動産ビジネスを始めるときは、物件選びからスタートします。物件をしっかり選ばなければ、収入的にデメリットがあるでしょう。物件選びのコツは、不動産会社やネットからの情報だけではなく、現場に行って自分の目で確かめることです。物件周辺エリアを観察することで、他の物件に負けないものを、発見できる確率が高まるでしょう。

不動産ビジネスを始める際には、まずは複数の企業からプランを取り寄せることをおすすめします。複数のプランを比較することで、より儲かる最適なプランかわかるでしょう。
契約するまでは無料で利用できますし、かんたんな情報の入力だけで取り寄せられます。
まずは、企業からプランを取り寄せてみましょう。

プロに相談してアドバイスを求める

不動産売買のビギナーであれば、必ずプロに相談しましょう。「この物件がいい」と自身で判断したとしても、専門家であれば、別の視点から的確なアドバイスをもらえることもあります。不動産仲介会社や管理会社には、エリアの将来性や、紹介できる物件はあるのかなどを聞いてみましょう。

ローンとその金利をチェック

不動産投資を始める際は、ローンを組むことが基本です。その際には、金融機関を選び、相談するようにしましょう。ローンを組む際に注意すべきことは、金利です。金利が高くなってしまうと、収入面にデメリットが生じてしまいます。赤字経営にならないためにも、無理なローンは避けてください。

しっかりとした管理体制を整えよう

不動産ビジネスをする際は、管理体制を整備することがとても重要です。掃除や家賃滞納に対するアプローチなどは、意外に労力を必要とするものです。
こうしたことに時間を割くケースも多いので、本業のある人は苦しむ可能性があるでしょう。そのため、管理会社に管理を依頼することをおすすめします。不動産ビジネス初心者であれば、なおさらそうすべきです。

注意すべきことがさまざまある

その他の注意ポイント挙げるとすれば、定期的に管理会社や金融機関、税理士などとコミュニケーションする必要があるということです。自分から行動しなければ、損失ばかり増えてしまうリスクがあります。不動産ビジネスを始める前に、必要なことを熟知して、賢く正しく利益につなげましょう。
  • 物件選びは重要
  • 専門家に頼るべき
  • ローンに注目する
 class=

不動産ビジネスを法人化するメリットとデメリット

「不動産ビジネスを法人化したい」という人は、そのメリットとデメリットについて、理解を深める必要があります。メリットとして挙げられることは、節税に役立つということ。デメリットは法人化する際に、ある程度のコストがかかることです。こうしたメリット・デメリットについて、詳しく見ていきましょう。

節税などのメリットがある

不動産ビジネスを法人化するメリットは、複数あります。まずは法人化することで、経費として認められる範囲が増えます。交通費やセミナー参加費、給与なども経費として扱われることになります。また、税金も法人化したほうが優遇されるケースが多いです。会社を作る際は収入額を考慮すべきなので、税理士などに相談してください。
法人化する最も大きいメリットは、節税できることです。法人化した際には、法人税の課税があります。この法人税は税率に制限があり、儲けが900万円以上の場合は33%です。900万円をどれだけ超えようとも、税率33%は変わりません。
しかし所得税の場合は、所得900万円以上の場合は43%になります。所得税は、儲けがでるほど50%、55%と税率がアップするため、納税の金額を抑えるためには、法人化することをおすすめします。

赤字を繰り越せる期間は9年

法人化した場合、赤字を繰り越すことができます。「利益 ー 赤字」で申告することができ、税金を支払う必要のない時期ができます。法人であれば9年、個人であれば3年なので、大きな違いがあります。
また5年以内の短期で、不動産を譲渡するのであれば、その時にかかる税金が個人よりも安いことも特徴です。法人化することで、税制面で優遇されることを頭に入れておきましょう。

法人化にはさまざまな費用がかかる

不動産ビジネスを法人化する際には、メリットばかりではありません。例えば、会社を設立する際の初期費用は、それなりにかかります。税理士や司法書士に依頼する費用や、登録免許税、定款認証などが必要になり、無料で法人化できるわけではありません。
また住民税も別途かかり、赤字でも催促があるので、支払いが厳しい状態になってしまうことも考えられます。こうしたデメリットを回避するためには、一度プロと相談して、無理をせずに法人化を進めることです。

最大65万円までの控除がなくなる

法人化してしまうと、最大65万円まで控除できる青色申告ができなくなり、均等割課税の負担も重なって、「節税しても赤字」というリスクを負う可能性があります。維持費の負担や社会保険への加入など、さまざまなことに対応しなければならないため、まとまったお金を用意するか、そもそも法人にしない選択も検討すべきです。

会社設立は意外に簡単にできる

メリットやデメリットがさまざまある法人化ですが、どうやって会社を作れば良いのでしょうか。まずは、ある程度の金額が必要になりますが、「定款認証用収入印紙代」「各種手数料」「会社印の作成費用」「登録免許税」などがかかります。これらの金額だけで、おおよそ25万円になります。
もちろん社名や所在地、資本金なども決めなければなりません。資本金さえあれば、7~14日間程度で法人化できるので、会社設立自体はそれほど難しくないと言えます。「初めての起業」「法人化に不安」という方は、専門家にアドバイスを求めるようにしてください。

タイミングは所得により異なる

会社設立のタイミングの目安はあるのでしょうか。年間の給与が1,000万円以上の人であれば、すぐに法人化してもメリットを感じられますが、具体的にどのタイミングが良いのかは断言できません。
そもそも税金や税率は一定であることはなく、変わることを見越すと、なかなか動けないのではないでしょうか。そんなときは、ぜひ税理士などの専門家に相談してみましょう。適切なタイミングを見極めるためには、プロとコミュニケーションを取ることが一番良いです。
  • 利点は節税
  • 難点は諸費用
  • 法人化自体は楽
 class=

長期的なビジネス計画を建てよう

不動産ビジネスを成功させるためには、その実態を知るところから始めましょう。ビジネスの種類には、家賃収入を得る賃貸と、多額の収入を得られる売却があります。高値で不動産を売る方法としては、一括査定を依頼して金額を比較することがおすすめ。
また、物件選びも非常に重要なので、選択した物件に関して、専門家に意見を求めるようにしましょう。ローンを組むことが基本ですので、金利には注意してください。また、管理体制を整備することを怠ってはなりません。
不動産ビジネスを法人化した際、節税や赤字を繰り越せるメリットがあります。一方デメリットは、それなりに諸費用がかかり、最大65万円まで控除できる青色申告ができないこと。法人自体は、1週間~2週間程度で作ることもできますが、ある程度の資本力がなければ、難しいかもしれません。
いずれにせよ、プロのアドバイスを聞きながら、無理をしないプランを立てることが重要です。「節税のために不動産ビジネスを始めたい」「不動産でできるだけ利益を得たい」という人は、長期的なビジネス計画を建てるようにしましょう。

不動産会社を探すならイエウールがおすすめ

不動産を手放すことになった際は、イエウールを利用して、賢く売却することをおすすめします。イエウールは、マンションや一戸建てだけではなく、土地の売却査定もできるサイトであり、しかも無料で利用できます。
わざわざ不動産会社まで行く手間が減り、1600社以上が参加しているサイトだからこそ、信頼が置けるでしょう。査定額は6社まで比べることができ、100万円以上売却価格に違いが出ることもあります。また、評価の低い不動産査定会社を解除していますので、安心して利用できるでしょう。
専用フォームに「都道府県」あるいは「郵便番号」、そして「市区町村」「町名」「物件種別」、最後に必要情報を入力すれば、基本的には一括査定依頼の完了です。不動産会社の特徴などもチェックすることができるので、売却で損をしないためにも目を通しておきましょう。査定が終わったら、担当者から連絡が来て取引を進めていきます。入力する目安時間は、たったの60秒。この手軽さはイエウールの魅力のひとつです。
不動産に売買に自信のない人は、イエウール内の「新着コラム」「不動産の基礎知識」「よくある質問」をぜひお読みください。不動産において疑問に感じていた、さまざまなことを解決に導けるでしょう。各都道府県の最新売却事例も掲載していますので、不動産を所持している市区町村について、ぜひチェックしてみてください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

不動産ビジネスとはなにか?
不動産ビジネスには、貸す方法と売却する方法があります。詳しい方法はこちらをご覧ください。

不動産ビジネスで始める前に必要なことは?
不動産ビジネスを始める前に必要なことには、物件選びやローンの金利を確認することなどがあります。詳しくは、こちらをご確認ください。

不動産ビジネスを法人化するメリットは?
法人化するメリットには、節税できたり赤字を繰り越せたり、控除を適用できたりします。詳しくは、こちらにまとめていますのでご覧ください。