マンション売却前の全面リフォームにかかる費用相場を徹底解説

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

マンションの全面リフォームをしても、築年数やリフォーム内容によっては想定よりも遥かにコストを低く抑えることが可能です。リフォームを依頼する前に、内装だけなのか、外装だけなのかという点や、その他細かいリフォーム内容を決定しましょう。そして、希望に合ったリフォームを決めたら、次に費用相場を知り業者を選びましょう。ここでは、そんなリフォーム費用にスポットを当てて紹介をしていきます。

先読み!この記事の結論
  • 中心価格の相場は400~600万円
  • 試行期間は約1カ月ほど

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。


マンション売却前にリフォームをするメリット・デメリット

売却前にリフォームをすると、綺麗になるため当然買い手へ好印象を与えることができ、購買意欲を高めることができます。他にも、売り手にとってメリットとなり得るケース、そして逆にデメリットとなるケースもあるため、ここでは事前に把握しておきたい情報を詳しく解説していきます。

売却前リフォームのメリット

売り手 ・買い手の購買意欲を高めることができる
・早期売却に繋がる
買い手 ・購入後にリフォームをする必要がない
・購入後すぐに入居することができる

売り手にとってのメリットは、買い手の購買意欲を高めることができること、買い手に対してのアピールの材料となるため早期売却に繋がる可能性があることです。また、リフォームをしたことにより売値が上がれば、さらなるメリットとなり得ます。
買い手にとってもメリットがあり、購入後に本来は必要だったリフォームが不要になるため、住宅ローンの返済に集中することができます。また、加えて購入後すぐに入居をすることが可能な点もメリットと言えるでしょう。

売却前リフォームのデメリット

売り手 ・リフォーム代が売価を上回る可能性がある
・リフォーム後のデザインによっては不人気になる可能性がある
買い手 ・買値が高騰する可能性がある
・自分好みのデザインにリフォームすることができない

リフォームをして購入者が見つかった場合でも、売値をリフォーム代が上回っては元も子もありません。不動産売却を検討している人は少しでも高値で売ることを望んでいるケースが多いため、リフォームをすべきかどうかはしっかりと検討をする必要があります。
また、買い手にとってのデメリットは、リフォーム前の内装・外装が好きだった、とリフォームをしたことが逆にマイナスの印象に繋がってしまうことです。また自分好みのデザインにリフォームをしたいと考えているのであれば、全面リフォームを完了してしまった家を購入しようとは考えません。
さらにリフォームされたことにより少なからず売値は高くなってしまいます。売り手の側は、家の査定価格にリフォーム費用を上乗せして高く売ろうと考えるものですが、実際には近隣の相場よりも高くなることで、逆に売れにくくなってしまう場合もあります。

リフォームを考える前に注意したいこと

売却前に全面リフォームを行うかどうか検討するにあたり、注意しておきたいことが2点あります。あなたの物件に当てはめて考えてみてください。

リノベーションブームに注意

多額の費用をかけてリフォームすることを考える前に、買い手サイドに立って現実的に考えることが大切です。最近では、買い手があえて中古物件を購入し、自分好みのスタイルにリノベーションするケースが多くなってきています。リノベーションとは、家の骨組みだけを残して、間取りや内装を全面的に変えてしまうことです。
購入後にリノベーションを行う計画のある買い手にとっては、売り手がリフォーム費用をかけず、その分安くで売りに出すほうがありがたいでしょう。売却を考えている不動産の立地地域ではどのような買い手が不動産を購入しているのか、分析してみる必要があります。

新品に変えるだけでは意味がない

特にシステムキッチンやトイレ、浴室などの室内設備に関して言えることですが、個人の好みがあるのはもちろん、流行も考慮する必要があります。新しければよいだろうと、型落ち品や低価格の設備に入れ替えてしまうと、買い手にとってほとんど魅力はありません。むしろ現状のままで、安く売却するほうがよいでしょう。
リフォームするなら、食洗器付きアイランドキッチンや、タンクレストイレなど、最新・人気の設備を入れるようにしましょう。素人判断で安易に選ばず、どのような設備が流行しているのか調査したりアドバイスを求めたりするのが賢明です。
では、全面リフォームをすると大体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。続く部分では、全面リフォームにかかる費用の相場について考察してみましょう。
  • 購買意欲を高める
  • 早期売却につながる
  • 買い手側に立ち検討
 class=

全面リフォームにかかる費用の相場

坪数 費用相場
18坪 600~720万円
19坪 700~850万
20坪 800~950万

リフォームの成功例場所やリフォームの内容によって価格は当然変動しますが、中心価格の相場は400~600万で施工期間は約1ヶ月ほどです。デザインにこだわったリフォームや素材だと相場以上の価格となってしまうため注意しましょう。また、リフォームをする際に基本価格とは別にオプション料金が発生する場合もあるため、内訳には十分に注意しましょう。

リフォーム各項目の一般的な相場

内装の交換や設備の入れ替えについて、一般的な相場を挙げておきます。業者によって、また使用する材料によっても、費用にかなりの幅が出てきますが、客観的な検討と対等な交渉のために、だいたいの参考にしてください。

  • 壁・天井のクロス張り替え(1㎡あたり)5,000円~20,000円程度
  • フローリング床張り替え(3.3㎡あたり) 30,000円~50,000円程度
  • 畳の表替え(1畳あたり)3,000円~20,000円程度
  • 畳の新調(1畳あたり) 1万0,000~25,000円程度
  • ふすま張り替え(両面の場合) 5,000円~12,000円程度
  • 障子貼り替え(通常サイズの場合) 2500円~5000円程度
  • 網戸の張り替え(サイズによる) 3,000~15,000円程度
  • システムキッチン入れ替え 500,0000円~2,000,000円程度
  • 給湯器の入れ替え 300,000円~400,000円程度
  • 浴槽取り替え 200,000円~600,000円程度
  • システムバス 300,000円~1,000,000円程度
  • 洋式トイレ取り替え 50,000円~200,000円程度

追加でかかる費用にも注意

水回りのリフォームで設置場所を変更する場合は、水道・配管工事も行う必要があります。この場合の配管工事の費用は、1mの移動ごとに50,000円~100,000円程度が目安となっています。移動箇所によっては、料金の5~8%が「設計料」などの名目で追加されることもあります。
こうして見るとわかるように、リフォーム費用の相場にはかなり幅があります。また、業者によって仕上がりにも差があるのが現実。ですから、料金の安さだけでなく、仕事が良心的で丁寧だと評判の良い業者を選ぶことが大切です。
続く部分では、業者選びも含め、全面リフォームの費用をできるだけ抑えるコツについてご一緒に考えてみましょう。
  • 400万~600万
  • 施工期間1カ月
  • 追加費用にも注意
 class=

全面リフォームの費用を抑える3つのコツ

全面リフォームを行うとき、費用を抑えるコツがあります。安く質の高いリフォームを行ってくれる業者を選定することも大切ですが、そもそもリフォームを行う目的が「買い手のためを思ってのこと」なのか「売価を上げたい」なのかを決めておく必要があります。目的が決まったら、費用を極限まで抑えた状態で目的を果たせるよう試行錯誤をしていきましょう。

自営業の工務店に依頼する

大手ではなく地域密着型の工務店に依頼をすることで、通常よりも費用を抑えることができます。ただ、扱っている素材や人材の質は大手ほど高くないため、実績を見て慎重に見極める必要があります。知り合いの会社や、過去に依頼したことがある工務店があれば安心して依頼をすることができます。
業者が特に決まっていない場合、必ず複数のリフォーム会社から相見積もりを取るようにしましょう。料金やサービス内容、取り扱い設備メーカーなどを比較して、最も条件がよく信頼できると思える業者に依頼することで、費用もトラブルも最小に抑えることができます。

リフォーム内容の優先順位を決める

買い手が最も重視する点はどこか、その上でまずはどこをリフォームするべきかという優先順位を決めておきましょう。コストをかけてリフォームをしても、買い手が魅力的だと感じなかった場合は無駄コストになってしまいます。余計なオプションを付けるよりも先に、まずは優先順位を決めましょう。
また、リフォーム工事の着工日や工事完了予定日などの日程を、完全に自分の希望に合わせようとすると、リフォーム業者の選択の幅が狭まります。日程に希望がある場合は、どの程度重視するか、どこまで融通をきかせられるか考えておきましょう。

専門家に費用を抑えるアドバイスをもらう

いくら優先順位を決めたからと言って、やはり素人では細かいリフォーム要件を決定していくことに限界があります。大まかなリフォーム要件を決めたら、専門家にコストを削減できる箇所がないかどうかアドバイスをもらいましょう。そうすることで、満足感を得ることができながらも、費用を極限まで抑えたリフォームを実現することができます。

不動産会社に相談してみよう

専門家に相談するといっても、どこに行ってだれに相談したらよいのでしょうか。ひとつの方法としては、売却に際してお世話になる不動産会社に相談すると自然です。売却を考えている地域における買い手の需要や傾向についてもよく理解している専門家が、できるだけ高く・早く売れるためのリフォームについても相談に乗ってくれることでしょう。
古さが目立つままにするより、リフォームしたほうが印象が良いのは確かですが、初めて自宅を売却する人にとって、本当にリフォームが必要なのか、どの程度までリフォームをすべきかの判断は難しいのが現実です。そのため、素人判断でリフォームを行うと、必要以上の工事を行ってしまうことが多いです。その結果、かけた費用の割には売却への効果がないという残念なことになりかねません。
ですから、自己判断で先にリフォームを済ませてしまうのではなく、不動産会社にまず相談してから行うのが賢明でしょう。特に、複数の不動産会社に見積もりを依頼して、実際に物件を見に来てもらう訪問査定の時に、それぞれの不動産会社にリフォームのことを相談してみるのがおすすめ
訪問査定に訪れた担当者に対し、全面リフォームが必要か、どこを重点的にリフォームするべきか、といった質問をしてみましょう。複数の会社の答えを客観的に比較することができ、必要十分で効果的なリフォームのレベルを見極めるのに大いに役立ちます。

不動産一括査定サイトを利用するのが便利

複数の不動産会社に相談する際に、時間とエネルギーの節約になるのが「不動産一括査定サイト」の利用。例えば、無料一括査定サイト「イエウール」を利用すれば、1分の入力で最大6社に一括査定を依頼できます。全国の優良不動産会社の中から、あなたの物件に最適の不動産会社を選んで依頼できるから、リフォームについての相談にも乗ってもらえる会社が簡単に見つかります。
  • 自営業の工務店
  • 優先順位の決定
  • 専門家に相談
 class=

コストパフォーマンスを考えて効果的なリフォームを

マンションの売却前に行うリフォームは「低コストで最大の満足度」を得ることを大きな目標にしましょう。一つの業者に依頼するのではなく、複数の業者に依頼をし比較していくことも大切です。最終ゴールは高価格でマンションを売却すること、そのために必要なリフォームですので、どの部分が妥協できないかをしっかりと見極めましょう。

理想的な業者を探すならイエウール

無料一括査定サイト「イエウール」では全国1,600の不動産会社からアドバイスをもらうことができ、不動産売却を検討している人に向けて圧倒的な知識を元にサポートできる体制を整えています。評判の悪い業者はサイト側が排除しているため、リフォームのことも安心して相談できる、信頼のおける不動産会社探しに大いに役立ってくれるでしょう。
また、最短60秒の入力で最大6社に不動産価格の査定を依頼できる便利なサービスもぜひ利用を。マンションのリフォームを決断する前に、まずは現状の査定額を知っておくことは大切です。それからリフォームをするかどうか・どの程度のリフォームをするかを決めることで、メリットが多くデメリットの少ない決定をすることができます。
ストレスは最小、利益は最大になるように売却のお手伝いをしてくれる「イエウール
」、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?