中古マンションの住宅ローン金利の相場はいくら?仕組みを解説

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

田舎の土地は、都市部の土地に比べて土地の活用手段が少なく、なかなか売却しにくいことは事実です。しかし、売れないと結論を出すことはまだ早いかもしれません。その土地を必要とする人たちがいるのに、お互いに出会えていないだけという可能性もあるのです。
「あの土地は売れない…」と諦めて放置しても、毎年固定資産税はかかってくるもの。ネットの不動産一括査定ならば、現地を訪れなくても家にいながら、複数の不動産会社の査定結果を知ることが可能です。この記事では、田舎の土地を早く売却して、土地に関する負担を減らすために、売却できる可能性を解説しています。

先読み!この記事の結論
  • 田舎の土地を売買するときは固定資産税がかかる
  • 太陽光発電やシェアハウスなども検討してみる

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

 class=

「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

早めに行動することで少しでも土地に関する負担を減らす

ここでは、活用していない土地を所持することのデメリットや、譲渡所得の3,000万円特別控除について解説します。

住んでいなくても毎年発生する固定資産税負担

住んでいなかったとしても、土地と建物に対して固定資産税がかかり、その不動産の所有者に対して毎年支払い義務が発生します。支払いが滞った場合には、市区町村役場から督促が来ますし、延滞税が課せられたり財産を差し押さえられたりする可能性があるので、放置はできません。固定資産税を支払う義務があるのは、その年の1月1日に固定資産税がかかる資産を所有していた人です。
固定資産税は、土地の評価によって変動します。一般的に都市部の固定資産税は高く、田舎の土地の場合は、安くなる傾向があると考えて良いでしょう。固定資産税の計算式は下記の通りです。

固定資産税=固定資産税の課税標準額×1.4%

居住地の場合、200平方m以内は6分の1。200平方m以上は3分の1になる軽減措置があります。つまり、その土地に居住用家屋が建っているか、更地なのかでも大きく固定資産税が変わってくるのです。

地方の地価はどんどん下がっていく可能性が高い

平均で17%の下落。この数字は、ここ10年の全国の土地価格が、どのくらい下がったかを表す数字です。人口と土地の地価は密接に関わっており、日本の少子高齢化による人口減少により、今後も土地は下がっていく可能性が高いようです。
かつては不動産を所有していれば、どんどん資産価値が上がるといわれていました。しかし、その土地神話は終わりを告げました。バブル景気が崩壊するとともに、不動産の価値は下落方向に大きく変化したのです。
全国の地価を見ると、人口上昇が続いている東京は、地価も10年で2%ほど上がっていますが、ほとんどの県では人口減少が続き、地価も下がっています。それらを考えると、過疎化が進んでいく田舎の土地は、今後もどんどん下がっていく可能性が高いといえるでしょう。

近隣住民とのトラブルへの心配をなくす

所有している土地が遠方だったりすると、なかなか維持管理が難しいものです。その際に生じるのが、所有している土地の近隣住人とのトラブル。
たとえ更地だったとしても、第三者が足を踏み入れて問題を起こした場合には、所有者が責任を問われることもあるのです。例えば、子供たちが空き地だと思って遊んでいて怪我をしたり、遊具が飛んで隣人の家に迷惑をかけたりした場合など。またありがちなのは、不法投棄や雑草などによって近隣に迷惑がかかるケースです。
居住地から遠く、なかなか様子を見に行けない場合もあるでしょう。その場合、管理費を払って業者に依頼したり、隣人などに謝礼を払い管理を依頼したりしている人も居るほどです。少なくとも、第三者が立ち入らないように柵を立てたり、雑草を刈ったりするくらいは行っておくと、トラブルは起きにくいでしょう。

条件は厳しいが適用されると空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除が受けられる

近年、空き家は増加傾向にあり、社会問題にもなっています。その数は、平成25年の総務省総計調べでは、全国に820万戸ほど。その対策の一環として、平成28年度税制改正で新設されたのが「空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除」です。この制度制定により、空き家を売却しやすくなりました。
制度概要は次の通りです。一人暮らしをしていた被相続人。その人が亡くなったために、土地家屋を相続した相続人が、それらを売却して得た利益から、3,000万円の控除が受けられるというもの。しかし、この特例控除を受けるための条件は厳しく、さまざまな適用要件を満たさなければなりません。下記はその適用要件の一部です。

  • 昭和56年5月31以前に建築されている
  • 相続開始時に亡くなった人が一人暮らし
  • 売却代金が1億円以下
  • 家屋は一定の耐震基準を満たすこと
  • 相続された日から3年後の日が属する年の12月31日までに売却すること

特例適用となった場合、譲渡所得の計算式は下記の通りです。

譲渡所得=譲渡価額ー(取得費+譲渡費用)ー特別控除3,000万円

税額が大きく軽減できるので、該当する土地建物が適用要件を満たしているか、一度調べてみると良いでしょう。
参考:国税庁ホームページ class=

田舎の土地を必要としている人たちがいる

田舎の土地を手放したいと思っている人がいる一方で、その土地を必要としている人たちもいます。田舎の土地を必要としている人たちは、どのような理由で必要なのかをみていきましょう。

高齢化で需要が増している福祉施設

人口が減少している田舎では、「住居用として購入したい」という買い手を見つけにくいことは事実です。しかし、住居用以外の用途では、まだ需要があるかもしれません。例えば高齢化により、田舎の福祉施設の需要は高まっており、田舎の土地が老人ホーム建築予定地として、高く売れたという話も聞きます。田舎は自然環境が良いため、福祉施設予定地として好まれやすいのです。
では、田舎でも町中の場合はどうかというと、中古住宅をそのまま「住宅型老人ホーム」のような、小規模な老人ホームとして活用するケースがあります。この場合の老人施設は、建物や敷地が小さくても問題はなく、一般の住宅地にあることが多いことが特徴です。
また、建物を新築できない「市街化調整区域」の場合はどうでしょう。その場合、建物新築以外の道を探さなければならないと考えがちですが、建築予定のものが福祉施設や医療施設の場合、自治体との協議により建築許可が出る可能性があります。したがってはじめから諦めずに、売却先を探しつつ自治体と交渉することも一つでしょう。

太陽光発電用地としての活用を考えている

所有している土地の日当たりが良く、ある程度の広さがあれば、平地・山地問わず太陽光発電用地として買ってもらえる可能性があります。少し前までは、「太陽光バブル」といわれるほど、太陽光発電所の開拓ラッシュでした。その理由は、2012年の固定価格買取制度から始まります。
固定価格制度というのは、電力会社が20年間にわたり、再生エネルギーによって生まれた電力を、定められた高価格で買い取らなければならないという制度。この制度により、投資に興味がなかった人たちが、太陽光発電所を設置するようになったのです。
太陽光発電所として向いている土地は、300~500坪くらいの広さがあること電柱が近くにあることできれば平らな土地であること日当たりが良いことです。また、地面は農地でなければ、大抵の場合は設置可能です。
しかし積雪などが多い地域では、機器に雪が積もってしまうと発電量がゼロになってしまうため、難しいかもしれません。また、太陽光バブルがはじけ、売電価格が下がる傾向にあります。そのため、太陽光発電用地としての売却を考えているのなら、少しでも早めに動くことが肝心です。

需要は多くないけれど、近年増えている田舎シェアハウス

村や田舎だからこそできることがあります。その一つが、近年増えている田舎シェアハウス。「田舎で暮らしたいけれど永住する準備がない」という人に向けて、田舎暮らし体験のできるというものです。
秋田県五城目町のシェアビレッジ町村の例を挙げてみましょう。「年貢(NENGU)」と呼ばれる3,000円の年会費を払えば、村民として「寄合(YORIAI)」と称する飲み会に参加したり、濃厚な田舎ライフを満喫したりなど、さまざまな活動に参加することができます。
また、秋田県のシェアビレッジ町村だけではなく、全国各地でシェアハウスの運営が行われています。過疎化が進む田舎に、若者を呼び込むことになるので、地域活性化の一端ともなるでしょう。思い入れのある土地や建物があるのならば、そのような活用方法をしてくれる人を、探すこともよいかもしれません。
 class=

ネットで査定をすることで、売れる可能性を探る

売れる可能性を探るために、まずはネット査定をすることは一般的となってきています。ここでは、良きパートナーとなる不動産会社を探す方法について解説します。

近場の不動産屋でいきなり査定は危険

全国展開している不動産会社と、地域密着型の不動産会社では、それぞれにメリットとデメリットがあります。各不動産ごとの特色や強みを知ったうえで、パートナーとなる不動産会社を選ぶことが大切です。
でなければ、なかなか売却が進まなかったり、想定よりも安く土地を手放してしまったりすることになりかねません。それぞれの特徴を知り、最良のパートナーを選びましょう。
大手不動産会社の特徴には、以下のような事柄があります。

  • 情報を広く発信できる
  • 全国から多く買主が集まる
  • 地域密着型の業者に、地域理解という点で劣る

一方、地域密着型不動産会社の特徴には、次のような内容があります。

  • 地域への理解が深い
  • その地域に関して興味関心を抱いている買主が集まる
  • 査定額にブレが少ない
  • 情報量が少ない
  • 広告にかけられるお金が大手より少ない

また不動産会社だけではなく、対応してくれる担当者との相性も重要です。それらを考えると、近場だからという理由だけで不動産を決めることには、危険が伴います。最初から一つに絞らず、ネットの不動産一括査定サービスなどを活用して、最良の不動産会社を探してください。

一つの不動産会社に絞らず、複数の会社で査定すること

「売却をスムーズに進めるなら、大手がいいのでは」と考えやすいのですが、一概にもそうとは言えません。売りにくい田舎の土地の場合、早く売ってしまいたいために、不動産会社が安く査定額を提示することがあります。もしも、一つの不動産会社に絞っていたのでは、提示された査定額が適性なのかどうか、素人には判断できないでしょう。
不動産会社によっても得意・不得意な分野があるため、A社では低い見積もりが、B社では高額ということもあります。そのため、一つの不動産会社に絞らず、複数の会社で査定することが重要です。少なくとも大手、中堅、中小それぞれの不動産会社に査定依頼をしてください。

オススメは地方に強い一括査定サイトのイエウール

田舎の土地と一概に言っていますが、その土地の広さや用途地域(住居系、商業系など建築できる建物が決まっている)の種類でも、土地の価格は変わってきます。例えば広い土地の場合には、戸建開発業者やマンションディベロッパーが、購入希望者となる可能性も高いでしょう。その場合、ディベロッパーの用地仕入部門とつながりがあるような、大手不動産会社のほうが向いていることになります。
しかし、情報や知識量も少ない素人が、それぞれの不動産会社の強みや弱みを調べ上げ、一つ一つ査定依頼をするには限界があるでしょう。その点、不動産一括査定サイトを使用すれば、家にいながらわずかな時間で複数の不動産会社に査定依頼を送ることが可能です。
ネットの不動産一括査定サイトは複数ありますが、イエウールは全国1600社以上の大手から地元密着型までたくさんの不動産会社と契約しているので便利です。
 class=

田舎の土地を売却する際の心得

どのような心構えで、田舎の土地の売却を進めたら良いのか、そのコツを2点お伝えします。

高望みはせずに売れたらラッキー位の気持ちで

高く売ろうとしすぎて売るタイミングを逃し、結果的に売るまでに時間がかかってしまうことがよくあります。固定資産税を支払い続けたり、土地の価値が下がってしまったりして、本末転倒になることはありがちなこと。
今後、人口減少に伴い、地方の土地の価格は下がり続ける可能性が高いです。また「マイホーム特例」や「相続税の取得費加算の特例」、「空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除」を受けられる時期を逸してしまうことは、大きな損失に他なりません。高望みはせず、毎年かかる固定資産税などの負担を軽減するつもりで、売ってしまうことも一つでしょう。

訪問査定前には少しでも綺麗にしておくことがコツ

不法投棄されていたり、雑草が生い茂ったりしている状態では印象が悪くなり、金額が下がったり売れなくなったりすることがあります。また、大型の家電などを不法投棄されてしまうと、掃除やゴミの処分代などもかかってしまいます。それを避けるためは、多少の手間や費用をかけても、ロープや看板などを立て、不法投棄や他者の侵入の抑制をはかったほうがよいでしょう。
田舎の土地は、売却先を見つけること自体が難しいもの。管理に手を抜いていると、さらに輪をかけて売れない土地になってしまいます。少しでも良い売却先を探すためには、所有している不動産をしっかり把握し、不動産会社や購入希望者に詳細を説明できるくらいでなくてはなりません。大切にしてきた土地だとアピールするためにも、訪問査定前には少しでも綺麗にしておく必要があります。
 class=

田舎の土地の売却に査定は必須

売却しにくい土地だからこそ、複数社に査定依頼を出して、良きパートナーとなる不動産会社を選定することが、非常に重要になります。

イエウールで最大6社と比較して、売却の可能性を広げる

田舎の土地を売却する際に、どの不動産会社を選ぶか迷うはずです。その際には、家にいながら複数の不動産会社に査定を依頼することができる、ネットの不動産一括査定サイトを活用してみてください。
とくにイエウール
は、不動産情報や個人情報を入力するのもおよそ一分ほど。短時間に最大6社に査定を依頼することができるので、田舎の土地売却に非常に重要となる、土地の適正価格を把握するのにも便利です。イエウールで、売却の可能性を広げましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?