不動産投資のメリットとは|初心者にも分かりやすく徹底解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

銀行にお金を預けてもなかなか金利が付かない今、不動産投資はひそかに人気を集めています。また副業収入だったり老後の資金の確保を目的として不動産投資に興味を持つ人も多いようです。不動産投資は株式やFXと異なり、一度軌道に乗ってしまえばそれ以上の専門知識も不要ですし、相場を眺め続ける必要もありません。 自分が保有している物件の支払いが終わってしまえばあとは最低限のメンテナンスをするだけで安定した収入を確保することができます。不動産投資は株式などと異なり自分が投資しているものが現物としてそこにあるため、安心して投資することもできます。今回はそんな不動産投資のメリットについて詳しく見ていきます。これを読めばきっとあなたも不動産投資をしたくなることでしょう。

先読み!この記事の結論
  • 長期安定収入
  • 相続税対策
  • 所得税対策
最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

 class=

不動産投資の知識を得たい方には、以下の記事がおすすめです。

不動産投資のメリット

不動産投資にはどんなメリットがあるのでしょうか?それでは早速不動産投資のメリットについて見ていきましょう。不動産投資には大きく分けると二つのメリットがあります。一つは安定した収入を得ることができる、というプラスのメリット、もう一つは税金など家計からの支出を減らすことができる、というマイナスを小さくするメリットです。この二種類の相乗効果によりどんどんと豊かになっていくのです。
では、それぞれのメリットについて詳しく分析してみましょう。

安定した収入が得られる

不動産投資のわかりやすいメリットはやはり、長い期間安定した収入を確保できるということでしょう。自分の持っている物件に入居者がいる限りずっと収入が入ってきます
確かに物件を購入する際は、物件選びや手続き、融資の申し込みや審査、といった手間がかかります。しかし、一度購入してしまった後は専門の管理会社に物件の管理を依頼すれば、自分ではほとんどやることはありません。
また不動産投資は年金の代わりにもなります。自分が定年した後も、物件は入居者がいる限りずっと収益を生み出してくれるのです。仮に病気が原因で働けなくなってしまったり、リストラにあって会社を首になってしまったとしても、不動産はずっとあなたに利益をもたらしてくれるのです。

支出を減らすことができる

不動産投資のもう一つの大きなメリットとして、節税対策にもなるという点をあげることができるでしょう。

相続税

財産を相続させるうえで必ず支払わなければならない相続税の税額の計算は、現金や有価証券であればその時の時価で評価されます。しかし不動産の評価は固定資産税評価額や路線図で評価されるため、時価よりも評価額が低くなることが多いのです。この結果現金や有価証券よりも相続時の税金を節税できる可能性があるのです。

所得税

所得税を計算する上で不動産で得た利益、損失は給与所得と損益通算できます。不動産投資の場合不動産の減価償却費用を経費にすることができるので、物件の購入価格を毎年支出として計上することができます。その結果所得税の課税対象額を減らすことができ、節税することができるのです。
特に資格などを取る必要もなく、だれでも始めることのできる不動産投資ですが、実際には人によって向き・不向きがあるのが現実です。では、どんな人が不動産投資に向いているといえるのでしょうか。続く部分で考えてみましょう。
  • 長期安定収入
  • 相続税対策
  • 所得税対策

様々なメリットが期待できる不動産投資ですが、失敗のリスクを避けメリットをきちんと享受するには、複数の経営プランを比較し、自身に適したものを選択することが重要です。

しかし、物件候補が見つかるたびに、一社ごとに経営プランを問い合わせるのは時間がかかります。そこでおすすめなのが、複数企業から一括で資料請求をすることができる土地活用比較サイトです。

簡単な質問に答えるだけで、わずか1分程度で複数社のプランを比較することができます。企業によっては、「収支シミュレーションの試算」や「節税効果のシミュレーション」まで行ってくれる企業もあります。

まずは、チャットで簡単な質問に答えて、複数企業から資料請求をしてみましょう。

 class=

不動産投資が向いている人

メリットが大きい不動産投資ですが、すべての人に向いているという訳ではありません。それでは不動産投資にはどんな人が向いているのでしょうか?まずは、コツコツ努力することができ、なおかつ自分の考えが明確な人です。
不動産投資用の物件を購入するためには業者に勧められるままの物件を購入するのではなく、自分で資料請求し、周辺の相場やニーズなどをしっかりと把握する必要があります。すぐに、これは!と思える物件に出会えるわけではありません。また不動産投資を行うにあたり利益を確実なものにしていくため、今後自分は何をしていくべきか、ということを常に勉強する必要があるのです。
また不動産投資は甘いものではありません。ブレない自分の考えを持っていなければ逆にいいように利用されてしまう事でしょう。
 class=

不動産投資を成功させるコツ

ここまでは不動産投資のメリットと、どんな人が不動産投資に向いているか、ということについて見てきました。
次に不動産投資を成功させるコツについて2つほど紹介します。とはいってもそれほど大げさなことではなく、言われてみれば至極当たり前の事ばかりです。しかし誰にでもできるほんのちょっとしたコツを知っているだけで成功する可能性はグッと高まるのです。しっかりとコツを把握して初めての不動産投資を成功させましょう。

目標をしっかり定める

不動産投資に限ったことではありませんが、物事を成功させるためには自分が目指すゴールをハッキリと明確にする必要があります。あなたは不動産投資をしてどのくらいの収入を得たいと思っていますか?月10万円のお小遣いでしょうか?それとも仕事をリタイアしたいので100万円くらいを目指しますか?目指す金額によって方法や準備、必要な時間は大きく異なりますから、まずはしっかり腰を据えて自分の目標を明確にしましょう。
どんな目標にせよ一度目標を決めたのであれば、今度は最後まで諦めずに続けることが大切です。もちろん諦めずに続ければ必ず成功が約束されているわけではありませんが、成功した人は全員、必ず諦めずに努力し続けているのです。

頼りになる担当者を見つける

目標を定めて努力し続けるのが成功の秘訣とは言え、もちろんそれだけで成功することは難しいでしょう。
不動産投資を始めるにあたって、不動産投資とはどういうものなのか、どうして利益を生み出すのか、どうして節税対策になるのか、ということを人に説明することができるくらいしっかりと理解しておく必要があるのです。
もちろん自分でコツコツと勉強することも大切ですが、素人である私たちが独学だけで正確で十分な知識を身に着けるのはほぼ不可能と言えるでしょう。そのために不動産投資に関するセミナーに参加するなどして、優秀で頼りにある担当者を見つけることが大切です。自分の大事な資産を投資するわけですから納得いくまで話し合い、この人ならば安心して任せられる、という担当者に出会えるまで妥協しないことが成功の大きなコツなのです。
成功すれば明るい見通しが期待できる不動産投資ですが、デメリットもあるため注意が必要です。続いて、不動産投資にはどんなデメリットがあるのか、どうすれば回避できるのかを考えてみましょう。
  • 目標を明確に
  • 諦めずに継続
  • 頼れる担当者
 class=

不動産投資にはデメリットもあることに注意

ここまで不動産投資に関するメリットについて紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。不動産投資を始めるにあたってはしっかりとデメリットやリスクを把握した上で始めるべきでしょう。
投資はすべて自己責任、困ったからと言って誰も助けてはくれません。またデメリットをしっかりと把握すればそれを回避するための方法も見えてくるというものです。それでは不動産投資をすることで発生するデメリットについて紹介します。

他の投資商品に比べまとまった費用がかかる

不動産投資の最大のデメリットは投資にかかる多額の費用でしょう。投資信託であれば数千円、個別株であっても数万円~数十万円で始められるのに対し、不動産投資は最低でも数百万、アパートやマンションを1棟買うとなると数千万円以上のお金が必要になります。
不動産投資を始める方の多くはキャッシュで支払うのではなく投資用のローンを利用するという事になると思いますが、その時も1割程度の頭金が必要となる上、多額の借金を抱えるリスクを背負い込むことになるのです。また不動産には購入する時に不動産取得税、所有している時には固定資産税、都市計画税、所得税、売却する時は譲渡所得税などそれぞれのタイミングで税金がかかってきます。

不動産投資は小回りが利かない

万が一の場合の流動性の低さも不動産投資のデメリットと言えるでしょう。株式であれば売却して現金にするまで数日もあれば十分ですが、不動産であればそうはいきません。現金化するまでに最短でも1ヶ月程度は必要になりますし、不動産には決められた価格がありませんから、急いで売却すると買い叩かれるリスクもあるのです。
投資を始めるまでの手間も不動産投資のデメリットです。不動産投資を始める前に、まず長期間安定した家賃収入を得ることができる物件を探さなければいけませんが、すぐに自分の希望に合った物件が見つかるとは限りません。始めたいと思ったときにすぐに始めることができないのも不動産投資の欠点といえるでしょう。
このように、不動産投資には小回りが利かないというデメリットもあるのです。経済的にも時間的にもある程度の余裕を持つことが大切であることがわかります。
不動産投資では、所有している不動産を売却するタイミングも重要な要因になります。続く部分では、売却のタイミングを見極める方法と、初心者でもリスクを最小限に抑えるためのコツをご紹介します。
  • 多額の費用
  • 流動性の低さ
  • 始めるときの手間

不動産投資にはメリットだけではなく、デメリットも存在します。デメリットを理解したうえで、それぞれに対策をとることが不動産投資においては非常に重要です。

特に、不動産投資では自分に合った物件を見つけるためのパートナー選びが非常に重要になります。しかし、良さげな投資物件が見つかるたびに、一社ごとに経営プランを問い合わせるのは時間がかかります。

そこでおすすめなのが、複数企業から一括で資料請求をすることができる土地活用比較サイトです。

簡単な質問に答えるだけで、わずか1分程度で複数社のプランを比較することができます。企業によっては、「収支シミュレーションの試算」や「節税効果のシミュレーション」まで行ってくれる企業もあります。

まずは、チャットで簡単な質問に答えて、複数企業から資料請求をしてみましょう。

なお、土地活用の相談先について知りたい方は、以下の記事が参考になります。

 class=

投資した不動産を売却するときは

投資した不動産を売却するにあたってベストなタイミングについて紹介します。売却のタイミングを考えるに際しては様々な要因が関与しますが、中でも物件の築年数という視点から見ていきましょう。

不動産価格と築年数の関係

マンションは新築プレミアムが強く、新築から5年で価格は2割程度下落します。その後6年~15年で価格の下落は一度止まり、15年以上経過するとまた価格の下落が始まります。築21年以上になるとそこから価格はほぼ変わりません。
これより、マンションは築6年~15年が初めの売り時であり、21年以降はいつ売却してもそれほど変わらない、という事がわかります。最適のタイミングを見極め、時期を逃さず行動するのがポイントです。

複数の不動産会社で査定を

不動産の売却にあたっては、複数の不動産会社で査定してもらうことが大切です。これは、不動産会社によって査定金額が違うため、最も有利に売却できる業者を見つけるためです。
もちろん、単に高ければ高いほど良いというものではなく、信頼できる不動産会社・親身になってくれる担当者に出会うことも、ストレスや損失なく売却を進めるのに不可欠なファクターであるといえます。この意味でも、間口を広げて多くの不動産会社に査定を依頼するのが賢明でしょう。
とはいえ、いくつもの不動産会社を訪れて相談するのは、時間もエネルギーもかかるものです。できるだけ手軽に、できるだけ多くの不動産会社に相談したい場合は、一括査定サイトを利用するのがおすすめです。
特におすすめなのが、無料一括査定サイト「イエウール」。家に居ながらにして、最大6社に無料で査定を依頼できます。不動産情報の入力は1分で完了。興味のある人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

 class=

不動産投資は将来的なことまでよく考えることが大切

今回は不動産投資のメリットとデメリット、どんな人が不動産投資に向いているのか、また成功するためのちょっとしたコツについて紹介してきました。不動産投資は安定した収入をコンスタントに得ることができるというだけではなく税制面でも有利であり、サラリーマンの副業や将来のための蓄えをしっかりとしておきたい、と考えている人たちの間で人気です。
しかしその分まとまった初期投資が必要であったり、始めたいと思ったときにすぐに始められないといったデメリットもあります。また不動産投資を成功させるためにはしっかりとした知識を身に着け、目標に向かって努力し続ける事も求められるのです。投資を始めるにあたっては自分が置かれている状況を客観的に把握し、将来の事を考えた上で慎重に始めることをお勧めします。

【完全無料】儲かる不動産投資は良い土地探しから