遠方にある物件でアパート経営をするメリットと注意点を解説

遠方にある物件でアパート経営をするメリットと注意点を解説

アパート経営は自身が住んでいる近場だけではなく、遠方で行うことも可能です。遠方にあるアパートを経営する場合には、メリットとデメリットの両方があります。

また、遠方物件ならではの経営成功のポイントもあるため、どのようにしてアパート経営を成功させるのか、方法を知っていきましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

遠方物件でアパート経営をする方法

遠方にある物件でアパート経営をする方法としては、次の3つがあげられます。


  • 新たに不動産を購入する
  • 相続した物件を活用する
  • 土地は購入せずにアパート経営をする

どの方法が自分に適しているかを考え、遠方でのアパート経営の成功を目指しましょう。

新たに不動産を購入する

気に入った土地があるなら、新たに不動産を購入してアパート経営を始められます。アパート経営を行うには、基本的には土地は選びません。そのため、気に入った土地を購入して、アパートを新築することで、賃貸経営を始められます。

相続した物件を活用する

親から不動産を相続したなら、相続物件を活用してアパート経営を行うことも可能です。アパートを相続したなら、そのまま賃貸経営を引き継ぐことができます。

また、土地のみを相続する場合でも、その上にアパートを建築することで経営をスタートさせられます。土地や建物など、不動産購入費用が不要となるため、相続物件でアパート経営をするなら、初期費用を安く抑えられる点が魅力です。

土地は購入せずにアパート経営をする

アパート経営は土地を購入せずに、土地を借りてそこにアパートを建築することでも行えます。遠方の土地を借りることで、場所を問わずにアパート経営が可能です。

土地を借りるには毎月地代の支払いが必要ですが、購入よりは初期費用が安く、安価で始めやすい点が魅力です。

遠方物件でアパート経営をするメリット

近場ではなく遠方の物件を選んでアパート経営をするメリットは、次の4つがあげられます。


  • よい物件を購入できる
  • 初期費用が安く済む
  • リスクを分散できる
  • 別荘として活用できる

遠方ならではのメリットを知り、どのような魅力があるのかを把握しておきましょう。

よい物件を購入できる

近場だけではなく、遠方の物件まで範囲が広がることで、より理想とする物件を購入しやすくなります。遠方の土地や物件まで可能なら、選択肢は大幅に広がります。近場にはない理想の条件で物件が見つかることもあり、自身の予算に合う物件を探しやすいこともメリットです。

初期費用が安く済む

都市部から離れ、地方の物件を選ぶことで初期費用が安く済む点も魅力です。都市部と地方では、地方のほうが土地代は安く、初期費用を抑えられます。

遠方でも主要な駅からのアクセスがよい、周辺施設が充実しているなどの特徴があれば、入居者の獲得は十分に可能です。初期費用を安く済ませて入居者の獲得を目指せるため、利益率の高いアパート経営が行いやすいでしょう。

リスクを分散できる

もし遠方の物件が2棟目のアパート経営に利用するものなら、1棟目と違うエリアにすることで、リスクを分散できる点もメリットです。同一エリアに複数棟のアパートを所有していると、災害が起きた場合に両棟とも被害を受けやすいです。

別のエリアに1つずつアパートを所有しているなら、1棟が被害を受けてももう1棟はダメージを受けずに済みます。そのため、リスクを分散して複数棟経営したい人は、遠方の物件を視野に入れることもおすすめです。

別荘として活用できる

自室を残して賃貸に出したり、自分が住むスペースも考慮して建築したりするなら、別荘としての活用も可能です。

賃貸物件として運用するだけではなく、1室は別荘として利用でき、遠方に出かけた際の宿にすることができます。

遠方物件でアパート経営をするデメリット

遠方物件でアパートの経営をすることには、デメリットもいくつかあります。


  • 経営状態が把握しづらい
  • 費用がかさむ
  • 融資を受けるのが難しい

デメリットも正しく把握して、遠方物件だとどのような問題が起きやすいのかを知っておきましょう。

経営状態が把握しづらい

遠方にある物件は、経営状態が把握しづらい点がデメリットです。遠方にあると頻繁にアパートを見ることができず、建物の状態や入居者同士のトラブルの有無などを確認しづらくなってしまいます。

状態の把握が難しいことで、問題が起きていてもそれに気づくのが遅くなり、対応が後手に回ってしまう可能性があります。近場なら経営状態をこまめにチェックし、問題があれば素早く対応できるため、トラブル対応が遅くなりやすい点は、遠方物件のデメリットです。

費用がかさむ

アパート経営を始めるまでには、現地の確認や周辺環境の調査などで、何度も物件に足を運ぶ必要があります。物件が遠方にある場合は、事前調査のための交通費がかかり、コストがかさんでしまう点はデメリットです。

また、遠方だと管理会社に管理を委託することになり、この点でも費用がかかります。近場よりも費用がかかりやすいため、コストが増えることは理解しておきましょう。

融資を受けるのが難しい

アパートの融資は居住地とアパートの住所が同じでなければならないといった、条件を組まれていることが多いです。もしこの条件が設定されている場合は、融資を受けるのが難しくなります。金融機関によって条件は異なりますが、遠方だと融資のハードルが高くなることは理解しておきましょう。

また、土地を買わず、借りて経営する際も、融資を受けることは難しくなります。借地だと融資のハードルは高くなるため、遠方で土地を借りている場合も、資金の捻出が難しくなりやすいことは覚えておきましょう。

遠方物件でアパート経営を成功させるポイント

遠方物件でアパート経営を成功させるには、覚えておきたいポイントがいくつかあります。


  • 慎重に物件を選ぶ
  • エリアにあった間取りにする
  • 信頼できる不動産業者を選ぶ
  • 定期的に確認に行く

ポイントを押さえて、遠方物件でも健全な経営を目指しましょう。

慎重に物件を選ぶ

物件は慎重に選ぶ必要があり、遠方でもある程度土地勘がある場所がおすすめです。まったく知らない土地だと、そのエリアがどのような特徴を持っているのかわからず、最適なエリアを見つけづらくなります。

アパート経営は土地の性質を知っているほうが成功させやすいため、何度も足を運んで物件を選ぶことが大切です。そのエリアの特徴を把握するだけではなく、競合物件もチェックしたうえで、慎重に物件を選びましょう。

エリアにあった間取りにする

物件の間取りは、そのエリアにあったものを選ぶことが大切です。例えば単身世帯が多いならワンルーム、ファミリー層が多いなら少し広めで2LDK以上の間取りが好まれるでしょう。

その地域にどのターゲット層が多いかを把握しておくことで、最適な間取りを決めやすくなります。遠方だと地域性が判断しづらいため、複数回足を運び、念入りに情報収集をしておくことが大切です。

信頼できる建設会社を選ぶ

スムーズに物件を決めるには、信頼できる建設会社を選び、サポートをしてもらうことが大切です。アパート設計や施工、管理業務などを一貫して頼める会社もあるため、遠方で頻繁に足を運ぶのが難しい場合は、一貫して業務を依頼できる業者を選びましょう。

また、サポート体制が充実しているかも確認しておき、施工時だけではなく、建物が完成してからのアフターサポートがあるかも事前にチェックしておくことが大切です。

定期的に確認に行く

遠方にアパートを建築した場合は、経営開始後も定期的に確認をしておくことが大切です。遠方のアパートの管理は管理会社に任せますが、場合によってはきちんと管理をしてくれないことがあります。

そのため、定期的に抜き打ちで確認をし、正しく管理がされているかをチェックしておきましょう。もし管理がずさんであったり、サービスに満足できなかったりするなら、別の管理会社への変更を検討することも大切です。

遠方物件でアパート経営の事例

実際に遠方でアパート経営している事例を参考にして、遠隔地での賃貸経営についての理解をさらに深めましょう。


  • 相続した土地でのアパート経営が成功
  • 失敗例メンテナンスを怠り多額の修繕費用が発生

遠方物件での事例を知ることで、賃貸経営のイメージがつかみやすくなります。

相続した土地でのアパート経営が成功

実家を相続し、建物を解体してアパートを建築して経営を開始した事例です。相続した実家は空き家状態が続いていて解体が必要でしたが、更地にして売却せずにアパートを建築しています。

経営が成功したのは、立地条件のよさが大きな理由です。好立地の土地を生かすことで、維持費がかかるだけだった空き家や土地を有効活用でき、利益が得られるようになっています。

失敗例メンテナンスを怠り多額の修繕費用が発生

メンテナンスを怠ってしまい、多額の修繕費用が発生した失敗事例もあります。遠方のアパートで管理会社に管理を任せきりにしてしまい、自身でアパートの状態を把握できていませんでした。

不具合があったにもかかわらず、管理会社からの連絡はなく、突然建物に不具合が生じてしまい、多額の修繕費用が必要になっています。多額の費用がかかってしまったことで、アパート経営にも悪影響を及ぼしてしまい、経営状態が悪化して失敗した事例です。

土地勘のない土地でのアパート経営は慎重に行う

土地勘のない遠方の土地でアパート経営を行う場合は、管理や物件選びを慎重に行わなければなりません。管理を怠ったり、物件選びを慎重に行わなかったりすると、経営に失敗して損失が出てしまう可能性があります。

目が届かない遠方の土地であるからこそ、正しく管理できるように体制を整えておくことが大切です。遠方地ならではのメリットやポイントを把握して、アパート経営を成功させましょう。

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?