アパート経営に適した年齢は?年齢別のメリット・デメリットを紹介

アパート経営に適した年齢は?年齢別のメリット・デメリットを紹介

アパート経営を始めるにあたっては、事前に知っておくべき知識が多数あります。不動産についての理解を深めておくことはもちろん、経営を開始する年齢別に、どのようなメリットとデメリットがあるのかも知っておかなければなりません。

年齢別のメリットやデメリットを知っておくことで、自分の場合はいつアパート経営を始めるのが適切かが判断しやすくなります。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパート経営に年齢は関係ない

アパート経営をするにあたっては、年齢制限はありません。そのため、経営自体はいつでも始めることができ、若いうちだけではなく、定年退職後でもアパート経営は可能です。

ただし、年齢制限はないものの、どの年齢で始めるかによってメリットとデメリットは異なります。年齢別のメリットやデメリットを知り、自分に合った経営開始の時期を見極めることが、アパート経営を成功させるポイントでしょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

20代から30代で始めるメリットとデメリット

若いうちから不動産投資を行い、将来に向けて資産を残したいと考える人は多いでしょう。20代から30代といった、若年層のうちからでもアパート経営は行えます。

若いうちからアパート経営をできるのは魅力ですが、メリットだけではなく、デメリットもあることは理解しておく必要があります。

20代から30代で始めるメリット

20代から30代のうちにアパート経営を始めるメリットとしては、次の2つがあげられます。


  • 早く始めることで資産を増やしやすい
  • 団体信用生命保険に加入できる

若い年齢から開始した場合ならではのメリットを知り、若年層でアパート経営を行う魅力を知っていきましょう。

早く始めることで資産を増やしやすい

資産運用は若い年齢で始めるほど、長期間の運用が可能となるため、資産を増やしやすくなります。運用期間が長くなるほど、利益が出ている場合は資産が増大し、増えた資産を使ってさらなる運用をすることも可能です。

また、若いうちから運用経験を積むことができ、アパート経営を通して賃貸経営のノウハウを身につけ、利益を出しやすくなることもメリットでしょう。

団体信用生命保険に加入できる

ローン契約時には団体信用生命保険への加入を求められることが多く、若いうちならスムーズに加入できる点もメリットです。団体信用生命保険は、満70歳未満なら加入できますが、年齢を重ねていて健康状態が悪いと、審査に通らないことがあります。

スムーズに団体信用生命保険に加入できるため、ローンの契約をしやすいことは大きなメリットでしょう。また、団体信用生命保険に加入していることで、ローンの契約者が死亡したり、所定の高度障害状態に陥ったりした場合に、保険金からローン残高の支払いが可能なことも魅力です。

20代から30代で始めるデメリット

さまざまなメリットがある20代から30代でのアパート経営ですが、同時にデメリットもあります。


  • ローンの審査が難しい
  • 結婚や出産で返済が苦しくなる可能性がある

デメリットを正しく理解し、若いうちからアパート経営を始める際には、どのような問題が起きやすいのかを知っておきましょう。

ローンの審査が難しい

年齢が若いとローンの審査に通るのが難しくなり、場合によっては融資が受けられなかったり、借り入れ可能金額が少なくなったりする点はデメリットです。

ローンを組むには審査が必要であり、チェックされるのは年収や勤続年数などです。年収が高く、勤続年数が長いほど滞納リスクが低いとされ、ローンは通りやすいでしょう。

しかし、若年層でまだまだ年収が低かったり、勤続年数が短かったりすると、滞納リスクの高さから審査に通りづらくなることは覚えておく必要があります。

結婚や出産で返済が苦しくなる可能性がある

20代から30代ではライフスタイルに変化が起きることも多く、アパート経営の開始と結婚や出産などが重なることもあります。結婚や出産などのイベントでは、マイホームの購入やより広い家への引っ越しを考える人が多く、資金が必要になります。

もしアパート経営開始と同時にマイホームも購入すると、住宅ローンの返済が厳しくなる可能性があることは理解しておきましょう。アパート購入の事業用ローンと住宅ローンが二重になってしまうと、毎月の返済額が増えるため、滞納リスクはさらに高くなってしまいます

40代から50代で始めるメリットとデメリット

控除を使う際の注意点

ある程度年齢を重ね、資金的な余裕ができてからアパート経営を始めることもおすすめです。40代から50代でアパート経営を始める際にも、メリットとデメリットの両方があるため、それぞれ確認しておきましょう。

40代から50代で始めるメリット

40代から50代でアパート経営を始めるメリットとしては、次の2つがあげられます。


  • 自己資金を多く用意できる
  • 融資が受けやすい

主に金銭的な面でのメリットが多くなることが特徴です。

自己資金を多く用意できる

40代から50代なら収入が増えたり、安定していたりすることが多いため、資金的な余裕が持ちやすいです。そのため、自己資金を多く用意でき、金銭的な余裕からアパート経営を成功させやすいことはメリットでしょう。

融資を受けてアパート経営をする場合でも、資金に余裕があるなら返済がしやすく、滞納リスクは減らせます。また、頭金を多くすることで、融資額も減らすことができ、返済に余裕を持ちやすいことは大きなメリットです。

融資が受けやすい

収入が高く、勤続年数が長くなっていることが多い40代から50代では、融資が受けやすいこともメリットです。融資を受ける際の審査では、経済能力の高さだけではなく、社会的信用力の高さも見られています。

両方に問題がないとされやすい40代から50代では審査に通りやすいため、融資を受けてアパート経営を始めやすいです。

40から50代で始めるデメリット

資金的な余裕を持ちやすい40代から50代でも、アパート経営を始めるにあたってはデメリットがあります。


  • 子供の学費や両親の介護で家計が苦しくなる可能性がある
  • ローンの借入期間が短くなる

デメリットも正しく把握し、失敗のないようにアパート経営に乗り出しましょう。

子供の学費や両親の介護で家計が苦しくなる可能性がある

40代から50代は子どもがいるなら学費が必要になったり、両親の介護でお金がかかったりすることがあります。アパート経営以外での出費が増えやすい時期であるため、ローンを組んで経営を開始すると、収入が多くても返済が苦しくなる場合がある点はデメリットです。

ローンが組めるからといって、無理なく返済できるとは限りません。他の部分での出費が多いと、アパート経営に回せる資金が少なくなり、返済が難しくなるリスクがあることは覚えておきましょう。

ローンの借入期間が短くなる

40代から50代はローンの借入がしやすい一方で、借入期間が短くなり、短期間で多くの金額を返済しなければなりません。若いうちなら今後の労働年数が長いため、返済期間を長期に設定することが可能です。

しかし、40代以降では働ける年数が短くなるため、長期での借入が難しくなり、毎月の返済額が増えやすい点はデメリットといえます。

60代でアパート経営を始めるメリットとデメリット

アパートの相談をする老夫婦
アパート経営には年齢の制限ない以上、定年を迎える直前・迎えた後の60代以降の方でも始めることが可能です。
ここでは、60代以降の方がアパート経営を始めるメリットとデメリットを紹介します。

60代以上で始めるメリット

アパート経営には年齢制限がないため、60代からでも経営を開始することは可能です。


  • 安定した老後が暮らせる
  • 相続税対策になる

60代以上でアパート経営を始めるメリットとしては、上記の2点があげられます。

安定した老後が暮らせる

アパート経営によって家賃収入を得ることで、安定した老後を過ごしやすい点はメリットです。60代以上で定年退職すると、老後資金はこれまでの貯金や年金から捻出しなければなりません。

貯金や年金だけでの生活が難しい場合は、アパート経営による家賃収入があることで、収入が安定し、豊かな生活を送りやすくなるでしょう。

相続税対策になる

持っている現金を不動産に変え、アパート経営をしていることで相続税対策になることもメリットです。相続時には相続財産を評価額で計算し、その金額に応じて相続する人が相続税を支払います。

現金のまま相続すると評価額は100%ですが、土地や建物で相続する場合は相続税が低くなります。土地はおよそ20%減、建物は30~40%減で相続税評価額を算出できるため、遺贈する財産が多い人ほど、アパート経営をしているほうが節税効果は高くなるでしょう。

60代以上で始めるデメリット

60代以上でアパート経営を始めることには、デメリットもあるため注意しなければなりません。


  • ローンが組めないこともある
  • 失敗すると老後資金がなくなる

デメリットを正しく理解し、60代以上でのアパート経営にはどのようなリスクがあるのかを知っておきましょう。

ローンが組めないこともある

60代以上ではローンが組めないこともあり、アパート経営に必要な資金をすべて自己資金で捻出しなければならない場合があります。アパートローンは審査が厳しく、完済時の年齢が高すぎると審査に通らない可能性が高いです。

また、ローンの契約には団体信用生命保険への加入が必須な場合もあり、健康状態によっては保険への加入ができず、これが理由でローンを組めないこともあるでしょう。

60代以上ではローンを組むハードルが高く

なり、融資が受けられず、アパート経営開始の時点からつまづく可能性があることは理解しておく必要があります。

失敗すると老後資金がなくなる

アパート経営を始めたからといって、必ずしも安定した収入が得られるとは限りません。経営に失敗すると利益が出ないだけではなく、出費が増えて損失が増えてしまうこともあります。

アパート経営に失敗すると、貯金や年金からローンを返済しなければならず、老後資金が少なくなったり、場合によっては、資金がなくなったりする可能性がある点はデメリットです。老後資金を確実に用意するには、無理のないアパート経営プランを、念入りに考える必要があります。

アパート経営を始める前に開始時期を慎重に選ぼう

アパート経営を始めようと考えているなら、いつが最適なのか開始時期を慎重に選ぶことが大切です。年齢制限のないアパート経営はいつからでも始められますが、時期によってメリットとデメリットが異なります。

ローンの申し込みがしやすい若いうちなのか、ある程度年齢を重ねて資金的な余裕があるときが自分に合っているのかを見極めて、無理なくアパート経営を始めましょう。

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?