築10年の中古マンションがおすすめ理由と探し方のポイントを徹底解説!

築10年の中古マンションがおすすめ理由と探し方のポイントを徹底解説!

近年、新築より築5~10年以内の中古マンションを購入する人が増えてきています。中古マンションは新築と比べると価格が安いことが魅力的ですが、設備がよいののか、セキュリティは安全なのか心配になる方もいるでしょう。

本記事では築10年以内のマンションの探し方やメリットさらにどのような人が向いているかについて詳しくお伝えします。現在、住宅購入を検討している場合はぜひ参考にしてみてください。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

築10年の中古マンションの探し方

中古マンションの探し方は新築マンションを探す方法と基本的には同じです。しかし、築5~10年などの築浅物件は人気があるため、希望とするマンションを探すのは難しいです。

中古マンションの探し方はインターネットを使って探す方法と不動産会社を利用して探す方法の2通りあります。この章では、それぞれの方法で築10年以内の中古マンションの探し方のコツを紹介しますので、参考にしてみてください。

インターネットを使った探し方

中古マンションの探し方では多くの方がインターネットを使って探します。物件掲載サイトには多くの物件情報が掲載されているので、自分の条件を入力して探すのが一般的です。物件掲載サイトを利用して、築10年以内のマンションを探す方法として2つの方法があります。

一つ目は日々情報が更新されていないか確認することです。築年数が浅い物件は掲載されてから数日以内に売れてしまうことも珍しくありません。そのため、中古マンションをインターネットから探す場合は、日々情報を確認するようにしましょう。

二つ目の方法は、不動産会社から希望とする物件を提案してくれる物件掲載サイトを利用することです。前述したとおり、多くの物件掲載サイトは自分で条件を入力して探していきますが、既に物件が売れてしまっているケースもあります。

しかし、不動産会社から希望とする物件を提案してもらうことができれば希望とする物件を手に入れる可能性が高くなります。

築10年以内の中古マンションの購入を検討している場合はHousiiに登録だけでもしておくことがおすすめです。希望に合った提案を不動産会社にしてもらうことができ、希少性の高い優良物件さらに未公開物件の情報まで得ることができます。希望の物件を見つける可能性を上げたい方はHousiiに登録することをおすすめします。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

不動産会社を利用した探し方

不動産会社を利用して中古マンションを探す場合は最寄の不動産会社に相談するのが一般的です。不動産会社を利用する場合は事前に自分の条件を細かく伝えておくことがポイントになります。事前に条件を伝えておくと不動産会社側も準備を早い段階で準備をし始めますので希望とする物件が見つかる可能性もあります。

築10年の中古マンションがおすすめな理由

築10年の中古マンションは、新築同様に綺麗でありセキュリティ対策もしっかりしているケースが多くあります。その他にも価格面や管理面も優れていることが多いです。特に築10年のマンションがおすすめな理由は以下の2つです。

  • 価格に新築プレミアムがない
  • 管理体制が行き届いている
  • 修繕積立金が築古マンションより安い

価格に新築プレミアムがない

中古マンションがおすすめな理由としては、中古マンション購入時は新築住宅を購入する際にかかる新築プレミアムがついていないことです。新築プレミアムとは新築物件購入時にかかる上乗せされるお金のことを意味します。

つまり、実際の物件価格以上の金額で売り出されていることです。そのため、物件購入後すぐに売却した場合は、購入時の8割程度で売ることになります。

新築住宅にもメリットは多くありますが、築10年以内のマンションにもメリットは多くあります。現在、住宅購入を検討している方は新築と中古それぞれでメリットやデメリットを知っておくようにしましょう。

管理体制が行き届いている

築10年以内のマンションは基本的に建物自体の劣化はほとんどありません。外壁にもひび割れは少なく、新築時とほぼ同じ状態を保っている物件も多くあります。築浅マンションであれば、管理体制も機能していることが多く、管理状況も把握しやすいです。

築古マンションの場合は、ゴミ捨て場が清掃されていないなど管理体制が行き届いていない可能性もあり、管理状況を確認するためにも議事録などを確認する必要があります。そのため、中古マンションの購入を検討している場合は、築10年以内のマンションも候補の一つに入れておくのもよいかもしれません。

修繕積立金が築古マンションより安い

国土交通省の調査によると、修繕積立金は平成21年以前に建てられた物件では11,000円以上、平成22年以降に建てられた物件では8,351円程度の修繕積立金がかかるとのことです。

築年数でみた修繕積立金の相場

完成年次 月/戸当たり修繕積立金の額
~昭和59年 11,673
~平成元年 12,154
~平成6年 12,760
~平成11年 13,447
~平成16年 12,649
~平成21年 12,386
~平成26年 9,846
平成27年~ 6,928
全体平均 12,268

 出典元:国土交通省「平成30年度マンション総合調査結果からみたマンション居住と管理の現状」

上記の表からわかるようにマンションの修繕積立金は築年数が経過するごとに修繕積立金が高くなる傾向にあります。築5~10年程の築年数の浅いマンションがなぜ修繕積立金が低いのかというと、近年建てたられたマンションは性能が高くて修繕にかかる金額が少ないからです。

一方、築30年以降のマンションは老朽化が進んでおり、修繕にかかる費用が明確になっているため修繕積立金を高く設定しています。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

築10年の中古マンションに向いている人

築10年の中古マンションに向いている人は以下のとおりです。
  • 新築に近い設備で暮らしたい人
  • 軽減措置や控除の恩恵を受けたい人

新築に近い設備で暮らしたい人

新築同様に共用施設が充実しており、セキュリティ対策も強化されているマンションを選びたい場合は、築10年以内のマンションがおすすめです。近年、タワーマンションなどの増加により、築10年以内のマンションでも共用施設やセキュリティ対策は新築とそれほど変わりません。

一方で、築20年以降の中古マンションの場合は、設備があまり充実していないこともあります。マンションの設備を重視している方は新築か築10年以内のマンションを選ぶと後悔しないでしょう。

軽減措置や控除の恩恵を受けたい人

住宅ローン控除の適用を受けたい場合は、築浅マンションを選ぶことをおすすめします。住宅ローン控除は新築と中古どちらを購入しても適用されますが、築25年以降の住宅の場合は適用されない可能性があるからです。住宅ローン控除の適用条件は以下のとおりです。

  • 築年数が25年以内であること
  • 所得が3,000万円以下であること
  • 国の定める耐震基準に適合していること
  • 親族からの取得や贈与でないこと
  • マンションを取得してから6か月以内に居住すること
  • 床面積が50㎡以上

築25年以降のマンションは国の定める耐震基準を適合していないと控除を受けることができません。住宅ローン控除の適用を受けて物件を購入したい人は新築か築浅マンションがよいでしょう。住宅ローン控除について詳しく知りたい場合は国土交通省のホームページや各自治体の相談窓口で確認してみてください。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

築10年の中古マンション購入時のチェックポイント

築10年の中古マンション購入時のチェックポイントは以下のとおりです。

  • 設備に不具合がないか
  • リノベーションできるか

設備に不具合がないか

築10年のマンションでも新築時から10年経過するため、設備まわりに不具合がある可能性があります。壁やクロスなどの交換は10年が目安とされているので、購入前には必ず不具合がないか確認しましょう。

また、給水管についても15年ほどで更新が必要になるので、水回りの設備と一緒に配管の状態もチェックしておくことが大切です。

リノベーションできるか

中古マンションの購入前にリノベーションしたい部分についても確認しておく必要があります。マンションの場合、購入してしまえば好きに工事ができる訳ではありません。リノベーションなどの工事をする場合には事前に管理組合に工事許可の申請をする必要があります。

また、水回りのリノベーションをする場合は必要なスペースの確保が難しく工事ができない可能性があります。そのため、リノベーションができるかどうかは管理組合に許可を取り、水回りのリノベーションにはリノベーション業者に免許の有無や水回りのリノベーションが可能かどうかを確認しておきましょう。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

築10年の中古マンションはメリットが多い

築10年のマンションは新築と同じくらい綺麗でマンションの設備さらに共用施設も充実していることが多いです。新築住宅も魅力はありますが、築浅住宅にもメリットは多くあります。

新築を購入するより費用を抑えることができるほか、リノベーションで自分の理想とする空間にできることも中古マンションのメリットです。

しかし、築10年以内のマンションにもデメリットはあるので、住宅購入の際は新築と築浅さらに築古でどのように違うのかを理解しておくことが大切になります。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し