土地活用は新型コロナウイルスの影響を受ける?リスクを下げて資産を増やすコツ

土地活用は新型コロナウイルスの影響を受ける?リスクを下げて資産を増やすコツ

これから土地活用を始めようと考えているなら、新型コロナウイルスがどのような影響を与えているのかを知っておく必要があります。新型コロナウイルスの影響によって社会情勢は大きく変わり、土地活用の事情にもさまざまな変化をもたらしています。

土地活用にはリスクがつきものですが、コロナ禍の今日においては、さらに高いリスクがあると考えましょう。土地活用で成功するには、新型コロナウイルスの影響を正しく理解し、リスクを下げて成功を目指すコツを知っておくことが大切です。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用に新型コロナウイルスが与える4つの影響

新型コロナウイルスが土地活用に与える影響としては、次の4つがあげられます。


  • 需要がある立地の変化
  • 景気の悪化で賃料の低下
  • 利用者の減少で収益の低下
  • 低金利の長期化

新型コロナウイルスによる影響と変化を把握して、土地活用の現状を理解していきましょう。

需要がある立地の変化

新型コロナウイルスの影響でテレワークの人が増加し、住む場所のトレンドにも変化が出ています。賃貸経営を例にするなら、通勤に便利な駅近の物件や都市部の住居よりも、人が少なく感染のリスクが低い郊外の土地のほうが、需要は増加しています。

今後もテレワークが普及すると都市部に住む人の数が減る可能性はあり、郊外の人気がさらに高まる可能性もあることは覚えておきましょう。

景気の悪化で賃料の低下

緊急事態宣言などによって人の動きが鈍化し、景気は悪化しています。景気が悪化したことで、テナントに入っている事業者の売上も悪くなり、家賃の減免を求められることも少なくありません。

単に売上が下がっただけではなく、休業をせざるをえない店舗

も増えています。また、新たな借り手が現れづらいことから、ビルのオーナーは今のテナントを逃したくないと考え、家賃の減免が避けづらくなっているケースも多いです。

利用者の減少で収益の低下

駐車場やホテルなどは、利用者が減少したことで収益が低下しています。外に出る人が少なくなったため、駐車場の利用者は減っています。また、旅行需要が減少していることで、ホテルなど宿泊施設の利用者は大幅に減っていることも覚えておきましょう。

景気全体が悪化していますが、一部の業界や業態では、新型コロナウイルスの影響によって大打撃を受けていることは事実です。

低金利の長期化

景気が悪化していることで、低金利の状態が長期化しています。新型コロナウイルスの影響による不景気はいつまで解消されるかわからず、今後の金利変動の動きは不透明といえるでしょう。景気が悪化し続けている限り、金利を上げることはできず、長期的な低金利となっています。

新型コロナウイルスによるリスクを下げる土地活用のコツ

新型コロナウイルスによるリスクを下げながら土地活用をするには、押さえておきたいコツがいくつかあります。


  • 複数の土地活用でリスク分散
  • 景気に左右されない土地活用を選択
  • 初期費用がかからない土地活用を選択
  • 土地活用を始める時期を変える
  • 最悪を想定して融資のシミュレーション
  • 長期的な視点で専門家に相談

コツを正しく把握し、上手くリスクヘッジをしながら土地活用による収益化を目指しましょう。

複数の土地活用でリスクを分散

1つの方法で土地活用をすると、新型コロナウイルスの影響によってあおりを受け、一気に経営が破綻してしまうことがあります。そのため、リスクを分散するために、複数の方法で土地活用を検討することがおすすめです。似たような立地やビジネスモデルだと、1つが破綻すると、他もすべて失敗する可能性が高いです。

立地やビジネスモデルは分散することがおすすめであり、例えば同じ賃貸経営をする場合でも、都市部と郊外のそれぞれに賃貸物件を持つとリスクヘッジはしやすいでしょう。また、賃貸経営と駐車場経営のように、まったく別の土地活用を併用することで、さらにリスクは分散できます。

景気に左右されない土地活用を選択

土地活用の種類によっては、景気にあまり左右されないものもあります。例えばトランクルームの経営や太陽光発電などは、景気にほとんど関係せずに活用ができるため、安定した収入が見込みやすいです。

もちろん、リスクが少ない分、リターンもそれほど多くはありませんが、不安定な時期に安定して収益を望みやすい点は、大きな魅力といえるでしょう。

初期費用がかからない土地活用を選択

土地活用をするには初期費用が必要ですが、方法次第ではそれほどコストをかけずに始められるものもあります。

  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • コインロッカー経営
  • 自販機・看板の設置

上記の土地活用なら、少額の投資ですぐに経営を開始できます。まったく費用がかからないわけではありませんが、少ない初期費用で済むため、利益が出たなら素早く費用の回収が可能です。

また、仮に収益が出ず失敗したとしても、少ない費用しかかけていないなら撤退もしやすく、損失による痛手も最小限で済む点も魅力でしょう。

土地活用を始める時期を変える

新型コロナウイルスで情勢が不安定なうちは無理に土地活用をせず、状況が落ち着くまで待つのも1つの方法です。コロナ禍では土地活用を始めても、集客が難しかったり、資金集めが難航したりして、失敗することも多いです。

土地の維持費はかかりますが、状況が落ち着くまで待ったほうが、失敗なく土地活用を行いやすくなります。土地の維持費としてかかるのは固定資産税や都市計画税、土地管理の費用などであるため、これらの費用を捻出できるなら、土地活用開始のタイミングを少しずらしてもよいでしょう。

最悪を想定して融資のシミュレーション

土地活用をするなら、最悪を想定して融資を受けるシミュレーションをしておくことも大切です。土地活用をして経営が破綻しないように、融資を受けることも選択肢として考えておきましょう。

融資を受ける際には頭金が必要になることも多いため、ある程度資金を集めておくことも重要です。全額融資を受けられる場合でも、返済が苦しくなりやすいため、無理なく返済するためにも、頭金はできるだけ多く用意しておきましょう。

長期的な視点で専門家に相談

土地活用は数年から数十年単位で行うものであるため、長期的な視点を持って計画を立てることが大切です。土地活用のアイデアについては、専門家に相談しておきましょう。

土地活用業者は複数社に相談しておくことがおすすめであり、長期的な視点のプランをさまざま検討してから決めることが大切です。

土地活用をしている間にも情勢が変化することは多いため、必ず長期の視点を持ち、将来的な需要の変動も考慮して活用方法を決めるようにしましょう。

土地活用が上手くいかないときの立て直し方

もし土地活用をして上手くいかなかった場合は、立て直しを考えることが大切です。


  • 損切りを早期に決断して別の土地活用を開始
  • 適用できる補助金や融資を探す
  • 融資を受けた土地活用で借り換え

立て直し方の方法も把握して、失敗してもすぐにリカバリーできるようにしておきましょう。

損切りを早期に決断して別の土地活用を開始

現状の土地活用で上手くいかないと判断したなら、早めに決断して損切りをすることが重要です。早期に損切りをすることで、損失を最小限に抑えられます。また、新たな土地活用を始めることで、以前の土地活用で出た赤字を取り戻すことも可能です。

いずれ社会情勢がよくなるからと、希望的観測を持って回復を待っても損失が増大してしまうことも多いため、損切りは早めに行いましょう。

適用できる補助金や融資を探す

新型コロナウイルスの影響によって経営が立ち行かなくなった企業や店舗、個人も多く、国や自治体から補助金や融資などが行われていることもあります。

自治体によっては特定の事業者を対象に、上限50万円から多いと数千万円までの補助金を出していることがあります。また、無担保で借りられる融資制度を実施していることもあるため、利用できる制度がないか確認してみるとよいでしょう。

融資を受けた土地活用で借り換え

アパートローンを利用して融資を受けて土地活用をしているなら、ローンの借り換えをすることも1つの方法です。アパートローンを借り換えることで、より安い金利でローンを利用でき、総返済額を減額できる可能性があります。

ただし、借り換え先によっては以前よりも金利が高くなり、返済額が上がるリスクもあるため注意しなければなりません。また、借り換えの際には以前のローンの一括返済手数料や新規ローンの事務手数料などがかかります。

上手く借り換えができるとローンの負担は減らせますが、場合によっては負担が増えてしまい、出費が増大する可能性もあることは理解しておきましょう。

土地活用をやめて高額で売却する方法

新型コロナウイルスの影響で土地活用が難しいと判断したなら、土地の売却を検討することもおすすめです。土地を高額で売却するには、次のポイントを押さえておきましょう。


  • 売却したい土地の相場を把握しておく
  • 土地の見た目をきれいにする
  • 土地の売却を急がない

上記のポイントを押さえることで、土地を少しでも高額で売却しやすくなります。

売却したい土地の相場を把握しておく

土地を売却するなら、相場を正しく把握しておくことが大切です。相場を理解していないと、相場以下で手放してしまい、安価で売却してしまう可能性があります。

相場を把握するには、複数の不動産会社から査定を受け、その結果を比較することがおすすめです。一括査定サイトを利用すると、複数社からスムーズに査定を受けられるため、活用してみるとよいでしょう。

土地の見た目をきれいにする

土地を少しでも高く売るには、見た目をきれいにしておくことが大切です。土地を放置していてゴミがたまっていたり、雑草が繁茂していたりすると、値引き交渉の要因となるため、注意しなければなりません。

大幅な値引きをせずに売却を完了するには、清掃をして土地をきれいな状態に維持しておく必要があります。売却予定の土地はこまめに手入れをして、見た目の要因による値引きを回避しましょう。

土地の売却を急がない

高額での売却を目指すなら、土地の売却を急がないことが大切です。売り急いでしまうと無理な値引きに応じやすくなり、安く買いたたかれる可能性が高くなります。

土地の売却は早くて3ヶ月程度、平均すると半年程度かかります。そのため、売却期間には余裕を持ち、無理な値引きをしないようにしましょう。余裕を持って売却を進めるには、早めに売却の準備を進めておくことが大切です。

新型コロナウイルス後を見据えて土地活用の方法を検討しよう

新型コロナウイルスの影響により、土地活用をしても損失が出たり、なかなか収益が得られなかったりすることも多いです。しかし、方法次第ではリスクを回避し、土地活用による収益化を目指すこともできます。

土地活用を始めようと考えているなら、新型コロナウイルス後を見据えて長期的な視点を持つことが大切です。今後の社会情勢の変動や需要の変化などを考慮し、新型コロナウイルス後に向けた失敗のない土地活用の方法を、早いうちから検討しておきましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?