賃貸併用住宅の間取りの決め方は?よくある間取り例と一緒に解説します

賃貸併用住宅の間取りの決め方は?よくある間取り例と一緒に解説します

賃貸併用住宅の間取りを検討している方の中には「どんな間取りがいいんだろう?」「自分の希望通りになるのかな?」と思っている方もいるでしょう。

賃貸併用住宅は、間取りをどう区切るかによって、住みやすさや収益性が大きく異なるため、時間をかけてじっくりと検討していく必要があります。

そこでこの記事では、間取り図の見方や自宅部分と賃貸部分の間取りを選ぶ際のチェックポイントを解説しますまた、賃貸併用住宅によくある間取り例や実際の間取り例を紹介していますので、是非参考にしてみてください。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

賃貸併用住宅については以下の記事をご覧ください。

賃貸併用住宅の間取り図の見方

ここでは、間取り図の見方について解説します。

間取りの種類

間取りというと1Kや3LDKと書かれていることが多いですが、これらはどんな意味をしているのでしょうか。

以下の表は、それぞれの間取りに表記される数字やアルファベットについてまとめています。

間取りの名称スペースの内容
最初の数字居室の数を表しています。3LDKなら、「3つの居室と、LDKの間取り」ということになります。
L:リビングリビングルームで、居間のことです。
D:ダイニングリビングとは違い、主に食事をするスペースを示します。
K:キッチンキッチン、台所です。
1R:ワンルームキッチンと部屋が一体化したもので、必要最低限の設備のみを導入した間取りです。

たとえば、1Kと記載があったら、1つの居室+K(キッチン)がある部屋となっており、3LDKと記載があったら、3つの居室+LDK(リビングダイニングキッチン)がある部屋ということになります。

間取り図のアルファベット

間取り図には、さまざまなアルファベットが書かれています。このアルファベットは略語となっており、どんな設備があるのかを表記しています。

略語意味
S/SRサービスルーム(納戸)
DEN書斎
R冷蔵庫置き場
W洗濯機置き場
CLクローゼット
WICウォークインクローゼット
SICシューズインクローゼット
MBメーターボックス
PSパイプスペース

自宅部分の間取りのチェックポイント

ここでは、自宅部分の間取りのチェックポイントについて解説します。

玄関は賃貸部分と分けられているか

賃貸併用住宅においては、入居者だけでなくオーナー自身のプライバシーの確保が必須です。

具体的には、入居者との接触をできるだけ減らすため、自宅部分と賃貸部分の玄関が分けられているかを必ず確認しておきましょう。

賃貸併用住宅は、アパート経営と異なり、同じ建物にオーナーが住んでいることから、入居者との距離が近くなります。

そのため、玄関の配置や間取りに注意しなければ、オーナーの生活が常に晒されているような状態になってしまいます。

水回りの設備は隣り合わせになっているか

賃貸経営で一番発生しやすいのが騒音問題です。賃貸併用住宅でも、騒音問題は発生しやすいため、賃貸部分と自宅部分の水回りの設備は隣り合わせにしておきましょう。

たとえば、自宅部分の寝室の近くに賃貸部分のお風呂場やトイレがあった場合、賃貸部分の生活音が気になり、よく眠れないということもあります。

こういった事態を避けるためにも、寝室を反対の位置に設置したり、水回りの設備を集めるなどの間取りにすることをおすすめします。

(住宅ローンを使うなら)自宅部分は50%以上になっているか

住宅ローンを利用して、賃貸併用住宅を建てようと考えているのであれば、自宅部分と賃貸部分の延べ床面積を確認しておきましょう。

賃貸併用住宅で住宅ローンが使える条件が「住宅の面積のうち自宅の居住スペースが50%以上であること」となっています。そのため、自宅部分は必ず50%以上になっているかを確認する必要があります。

住宅ローンは、アパートローンに比べて、長期間低金利で借りられるローンであるため、合計の返済額を減らすことが可能です。

建築費用をできるだけ減らしておきたいという方は、必ず金融機関の条件を確認し、それをクリアできる間取りを選びましょう。

賃貸併用住宅を建築する可能性が出てきたら、早い段階で施工会社から建築プランと建築費用の見積もりを取得しましょう。

施工会社に提案される建築プランには建築費用の見積もりだけでなく設計図面や収支計画が含まれています。複数の施工会社の建築プランを比較することで、客観的に利回りを算出することもできますし、自分の土地でどのようなアパートを建てられるかイメージが湧くようになります。

イエウール土地活用なら一度の簡単な情報入力で複数の大手ハウスメーカーから提案を受けることができます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

賃貸部分の間取りのチェックポイント

ここでは、賃貸部分の間取りのチェックポイントについて解説します。

想定した入居者に合った間取りになっているか

賃貸部分の間取りは、想定した入居者のニーズに合っている間取りかどうかを確認しましょう。

たとえば、大学やオフィスが近くにあるような地域で賃貸併用住宅を建てる場合、単身者向けの1Rや1Kなどの間取りが良いでしょう。

また、ファミリー層を入居者として想定している場合、2LDKや3LDKといった余裕のある間取りにするとよいでしょう。

このように、間取りを選ぶときには、住んでもらう入居者を想定しておくことが大切です。

風呂とトイレは別になっているか

少し前に建てられたアパートでは、湯舟・シャワー・トイレが一体となったユニットバスの形が主流でした。

しかし、現在は風呂とトイレが一緒にある物件は、あまり人気がないのが実態です。

そのため、賃貸併用住宅の賃貸部分では、風呂とトイレは別々に設置しましょう。

設備にも注目する

賃貸部分では、間取りだけでなく、設備にも注目する必要があります。

住宅設備が充実していると、入居者が快適に暮らしやすくなり、入居者が見つかりやすくなります。

特に、セキュリティ面が充実したインターホンや宅配ボックスなどの設備が人気となっています。最近では、テレワークや動画を楽しむ人も多いため、無料Wi-Fiがあるのかや回線工事が可能かなど、インターネット周りにも注目です。

また、どの設備を導入するかで迷ったら、入居者を想定して、入居者のニーズに合った設備を導入しましょう。

賃貸併用住宅の間取り例

ここでは、賃貸併用住宅で用いられる間取り例を紹介します。

横割りの間取り


横割りの間取りは、自宅部分と賃貸部分をフロアごとに分けた間取りのことです。

2階建ての賃貸併用住宅を建てる場合、自宅部分を2階にするのか、1階にするかで暮らしやすさが異なります。

自宅部分をどのフロアにするのかは、それぞれのメリットとデメリットを確認して決めていきましょう。

自宅部分が2階にある間取り

自宅部分を上のフロア(2階)にすると、賃貸部分との干渉が少なく、オーナーのプライベートの空間を守ることができます。また、階段を利用して上層階に上がるのはオーナーの身になるため、防犯性が高いこともメリットになります。

しかし、下のフロアに賃貸部分があるため、足音や生活音が理由で入居者からクレームが入る可能性もあります。

自宅部分が1階にある間取り

自宅部分を下のフロア(1階)にすると、足音や生活音による入居者への気遣いが不要になります。そのため、子供と一緒に暮らす際には、入居者からの騒音問題に発展することが少ないことがメリットです。

しかし、賃貸部分を上のフロアにしてしまうと、入居者の足音や生活音がうるさく感じてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

縦割りの間取り


縦割りの間取りは、建物を左右に区切り、自宅部分と賃貸部分が左右に並んでいる間取りのことです。

建物を左右に区切ることから、1階から最上階まで、それぞれ縦の空間を利用することができます。そのため、横割りで発生する可能性がある生活音の問題が発生しづらいことがメリットです。

しかし、縦割りにすることで室内に階段を設置しなければならないことから、その分室内の面積が減ってしまうことがデメリットになります。

変形してわかれる間取り


建物を左右に区切り、その中でも1Kや1DKに区切ることで、賃貸部分の部屋数を増やすこともできます。

もし、1部屋だけを貸している場合、借り手が見つからなければ家賃収入はゼロになってしまいます。しかし、複数の部屋を貸し出すことで、1部屋空室になっても、家賃収入が途切れることはありません。

このように、賃貸の数を増やすことで、空室のリスクを分散させることができる点がメリットになります。

賃貸の1室を自宅にする間取り


アパートやマンションのような建物を建て、その1室を自宅にするという間取りもあります。

自宅部分は通常の賃貸住宅と変わらない広さになりますが、賃貸物件を増やすことができるため、高い収益性に期待できます。

しかし、自宅部分の面積が横割りや縦割りの間取りに比べて狭くなることから、住宅ローンは利用できないことがほとんどです。


賃貸併用住宅には、さまざまな建築プランがあるため、できるだけ多くの間取りやプランを比較検討することをおすすめします。

そのため、1社の建築プランだけを参考にするのではなく、複数社のプランを比較するとよいです。1社の建築プランだけでは、費用が妥当かどうかの判断もしにくいため、可能な限り多くのプランを比較してみましょう。

そこでおすすめなのが、土地活用比較サイトのイエウール土地活用です。イエウール土地活用では、一度の簡単な情報入力で複数の大手ハウスメーカーから提案を受けることができます。

下のバナーから無料で利用することができるため、是非一度利用して、建築プランを取り寄せてみましょう。

賃貸併用住宅の間取り集

ここでは、ハウスメーカーが提供する賃貸併用住宅の間取りをいくつか紹介します。

縦割りの間取りの事例



ミサワホーム株式会社が提供する賃貸併用住宅「Belle Lead HOME plus」は「あなたの人生をもっとプラスにする住まい」をコンセプトにつくられています。

間取りとしては、縦割りの間取りになっており、自宅部分と賃貸部分が2戸の賃貸併用住宅です。

自宅部分と賃貸部分の玄関がわかれているため、自分と入居者のプライバシーを確保することができます。

引用:ミサワホームHP Belle Lead HOME plusより

横割りの間取りの事例


サンヨーホームズ株式会社が提供する賃貸併用住宅は、3階建ての建物を横割りにしています。

1階・2階には、1LDKと2LDKをそれぞれ2戸ずつ配置し、3階は自宅部分となっています。

自宅部分と賃貸部分の両方とも居住スペースが広く、開放感のある暮らしができるような間取りです。

引用:サンヨーホームズHP より

変形してわかれる間取りの事例




セキスイハイムが提供する賃貸併用住宅「DESIO」は「暮らし心地も、家族の夢も広さ×高さで叶える〝3階建住宅〟」をコンセプトにつくられています。

こちらの間取りの基本は横割りとなっていますが、1階と2階の賃貸部分はそれぞれが階段でつながった物件となっています。そのため、3階が自宅部分、1階・2階の賃貸部分が4戸という配置です。

自宅部分では、LDKを中心に個室を配置することで、建物に凸凹を儲け、南面から光と風を取り込みやすいようになっている間取りです。

引用:セキスイハイムHP 建築実例 より

自分も入居者も住みやすい間取りの賃貸併用住宅を建てる

賃貸併用住宅を建てるなら、自身だけではなく、入居者も暮らしやすい間取りを考えることが大切です。

間取りにはさまざまな種類があり、どれにするかによってお互いの生活に干渉があるか、どれくらいの収益が得られるかなどが異なります。

間取りは簡単には変更できないため、建築時点からこだわる必要があります。間取りによって賃貸経営が成功するか、自身が快適に暮らせるかが異なるため、念入りに計画を立ててから賃貸併用住宅を建築しましょう。

【完全無料】建築費用はいくらかかる?