注文住宅で失敗しないための方法

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

注文住宅で失敗したと感じている方は、どのようなことで失敗したと感じているのでしょうか。これから注文住宅を作る方は、失敗談を知ることで、失敗するリスクを抑えることが出来ます。
新築を考える方は、小さい子供がいる家庭が多いです。子供が自由にのびのびと暮らせる家が完成したと満足していたのに、数年経って子供が成長してから住みづらくなったという声もあります。さまざまな失敗談や注文住宅のポイントを確認し、理想的な注文住宅を作るための参考にしましょう。

先読み!この記事の結論
  • 注文住宅でよくある失敗は収納や部屋数が足りなくなること。
  • 失敗例と参考例を両方参考にしよう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。


 class=
「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

購入者に聞いたよくある注文住宅の失敗談

理想的な注文住宅を建てるためには、購入者の失敗談が参考になります。注文住宅購入者はどのようなことで失敗したのかを見ていきましょう。

収納が足りない

住んでみたら収納が足りなくて困ったという失敗談はよくあります。今住んでいる部屋の収納量を参考にしてプランを立てると、収納スペースが足らないと感じることが多いです。物を捨てられずに溜め込む方が多いので、収納は多すぎるくらいでも問題ありません
後で収納家具を購入すればよいと安易に考えて収納を減らす方もいますが、収納家具を部屋に置くと、その分部屋は狭くなり、生活しづらくなることがあります。部屋によって収納したい物の大きさや量が違うということも重要なポイントです。そのため、部屋ごとに収納を考えておくべきだったという声もあります。

収納をロフトに頼って失敗

ロフトを作ったから収納スペースは確保できたと安心していると、住んだ後に後悔する可能性があります。大きな荷物を持ち、ロフト用階段で昇り降りをするのは大変です。ロフトに上がる階段を作ったのであればよいのですが、階段を作るとなるとその分費用がかかります。
収納のためにロフトを作るなら、予備の収納くらいに考えておいたほうがよいです。出し入れがしづらいので、面倒なことが苦手な方であれば、ロフトに一度荷物を置いたら、そのまま置きっぱなしになってしまいます。また、小さな子供がいるとロフトは危険です。さらに、自分が年を取ってからは、ロフトの昇り降りが出来なくなる可能性があります。

子供部屋が足りなくなった

家を建ててから子供ができたので、子ども部屋が足りなくなったという失敗談も多いです。今必要な部屋を確保しただけでは、将来困ることになります。
将来子供が欲しいと思っている方は、将来の家族設計まで視野に入れて、部屋の間取りを決めるべきです。子供が大きくなったら、必ずと言っても過言ではないほど、子供部屋が欲しくなります。その時に増築をしたりリフォームをしたりするのも大変なので、家を建てるときに将来を見据えておくことが大切です。

玄関をもっと広くすれば良かった

リビングを少しでも広くしたくて玄関を狭くすると、生活し始めてから困ることになります。出入りが大変だったり、靴が溢れてしまったりするなど、玄関が狭いと困ることが多いです。
雨の日や来客時も、玄関が広いほうが便利。玄関スペースだけでなく、外の玄関アプローチや玄関の収納スペースも広ければ広いほど使い勝手が良いです。広さには制限がありますが、標準とされている広さよりも狭くすることはおすすめできません。

吹き抜けが寒い

明るくて広々とした吹き抜けに憧れて吹き抜けを作ったけれど、夜や冬が寒いという声があります。吹き抜けは、確かに明るくなり、広々と見せる効果もあるので、吹き抜けが悪いということではありません。しかし、防寒対策まで考えてプランを立てないと、寒くて冬が辛い家になってしまいます。
吹き抜けは、寒さだけでなく音がよく響くという問題もあります。1階のテレビの音が2階まで聞こえて気になるなど、音が響きすぎる問題もあるので、音の問題が気になる方は防音対策も必要です。

家事動線をもっと考えればよかった

家事動線がスムーズではなく使い勝手が悪いと、毎日の生活の中でストレスを感じてしまいます。特に、キッチン、勝手口、脱衣所、洗濯、物干しまでの動線は重要なポイント。この動線がスムーズだと、それだけでも時短になり家事が楽になります
料理や洗濯などの家事は毎日行うことです。例えば、洗濯機が1階にあり、物干しスペースが2階というケースがよくあります。しかし、重い洗濯物を持って2階まで階段を上がるのは重労働です。どうしたら毎日の家事が楽になるのかを考えながら間取りを決めないと、住み続けてからずっと大変な思いをすることになります。

アイランドキッチンはリビングから丸見えで物が置きづらい

アイランドキッチンは、家族を見渡しながら料理ができるので、小さな子供がいる家庭では特によく選ばれています。見た目もスタイリッシュなので、おしゃれな家の定番です。しかし、実用面もよく考えて細かくプランを立てないと、使い勝手が悪くなります。
アイランドキッチンは、リビングからキッチンが丸見えになるので、物が置きづらいです。リビングから見えないように目隠しを作る、収納スペースを確保するなどの対策をしていないと、アイランドキッチンにして失敗したと感じることになります。

コンセントの数が少ない

新築の間取りを考えている時に見落としがちなのが、配線に関することです。コンセントの数が少ない、コンセントの場所を考えていなかったなど、配線についてもしっかり考えていないと、使い勝手が悪い家になってしまいます。例えば、キッチン周り、パソコンを置く場所、テレビ周り、家電が集まっている場所などは、コンセントの数がたくさんあったほうが便利です。
また、コンセントをつける位置も重要。ソファを置いたらコンセントが隠れてしまったなどの失敗談もあります。家具の配置もイメージして、コンセントの位置を決めるとよいです。

床材はもっと耐久性が高いものを選ぶべきだった

子供が小さい、またはペットを飼っている方は、フローリングの床材は耐久性の高いものを選んだほうがよいです。傷が目立たない丈夫な床材にグレードアップすると値段は上がりますが、その分修繕しなければならないリスクも減るので、維持費用を考えるとそのほうが得をするとも言えます。
子供が小さいと、物を投げたり食器を落としたりして、予想以上に激しく動くので、床に傷が出来やすいです。大人だけで住むことが確定しているのであれば関係ありませんが、小さい子供やペットがいる方や、将来的に子供を持つ可能性がある方も、床材はよく考えて選びましょう。

住宅展示場を参考にしたら予算を大幅に超えた

住宅展示場を見て回ると、素敵な家ばかりで憧れが大きくなります。気に入った家があれば、そのまま参考にしたくなりますが、そうすると予算を大幅に超えてしまったので諦めたというのはよくある話です。
予算内で家を建てると、狭くて平凡な家になってしまい、イメージとは違ったという失敗談もあります。住宅展示場の家は、気に入ってもらうためにグレードの高いプランで作られていることが多いです。予算内でいかに素敵な家を建てられるかが、注文住宅を考える上で難しい課題です。
  • 収納は多めに
  • 子供部屋不足に注意
  • 家事動線を考える
 class=

注文住宅で後悔しないためには

住宅展示場のグレードの高い家を見て、想像で希望を膨らませているだけでは、失敗する可能性が高いです。注文住宅で後悔しないためには、現実と向き合い、将来を見据えてしっかりとプランを立てることが大切です。

失敗例と成功例を参考にする

先に家を建て、その家に住んでいる方の失敗例や成功例を参考にしましょう。「これをしたら失敗する」ことがあらかじめわかっていれば、その失敗を避けることができます。逆に「これをしたほうがよい」という成功例を参考にするとよいです。
成功例をチェックすると、自分では考えつかなかった便利なアイディアを知ることができます。例えば、「ホットプレートで焼き肉をする時など、ダインイングテーブル付近にコンセントがあると便利」「充電式のコードレス掃除機やロボット掃除機を使用しているなら、収納の中にコンセントを作ると、充電しながら掃除機を隠して収納できるので便利」など。より良い家づくりのためには、失敗例を避け、成功例は参考にすることをおすすめします。

現場見学会に参加する

ほとんどの方が、住宅展示場へ行き、想像で希望を膨らませているのではないでしょうか。しかし、住宅展示場の家は、オプションをフル活用したグレードの高い家が多いです。住宅展示場の家を真似すると、高額すぎて予算の何倍にもなってしまう可能性があります。
住宅展示場へ行くだけでなく、現場見学会で実際に生活するために建てた家も見たほうがよいです。住宅展示場は「お客様に見せるための家」で、現場見学会は「実際に生活するための家」を見ることができます。

予算と現実のバランスをよく考える

理想を言えばキリがありませんが、全ての理想を詰め込んでいたら、予算オーバーになってしまいます。お金ならいくらでも出せるという方はよいのですが、予算がある限りは、ある程度の妥協は必要です。予算と現実のバランスをよく考えましょう。
例えば広さに関することでは、標準仕様の広さが、使い勝手が良いとされる目安です。注文住宅の場合は、建売りとは違い実物を見ることが出来ず、平面図で広さ等を把握しなければいけません。素人では平面図では把握しづらいことがあるので、わからない場合は標準仕様を軸に考えることをおすすめします。

施工実績の高い工務店を選ぶ

施工実績の高い工務店を選ぶことも重要なポイントです。実績があれば、これまでいろいろな問題も経験しているはずなので、問題を回避する術を持っています
例えば、吹き抜けを作るなら、機密性、断熱、暖房設備の効果的な配置、防音性能、採光、空気の循環などが問題になりやすい部分です。これらの問題をクリアするためのプランを提案してくれるので、施工実績の高い工務店を選んだほうが、より住みやすい家になります。
  • 失敗例を参考に
  • 現場見学会に参加
  • 施工実績は重要視
 class=

納得のいく注文住宅を作るためのポイント

納得のいく注文住宅にするため、丁寧にプランを立てていきましょう。

将来を見据えて考える

家族構成が変わる可能性がある家庭、子供がいる家庭は、数年後には生活スタイルが変わります。注文住宅を作る際に重要なことは、将来を見据えて考えることです。今必要なことだけでプランを立てると、将来住みづらくなる可能性があります。

家族構成が変わる可能性

例えば子供が増えるなどして家族構成が変わると、部屋数が足らなくなるという問題が起こりがちです。将来家族構成が変わる可能性があるなら、その分の部屋も確保しておいたほうが安心できます。広さの都合上で部屋を余分に用意できなくても、子供が増えたら1つの部屋を区切って2つの部屋にできるように工夫するのもおすすめです。

子供が大きくなったら生活スタイルが変わる

子供が大きくなると、生活スタイルはガラリと変わるので、そこまで見据えて間取り等を考えたほうがよいです。例えば、今は一緒の寝室で寝ていても、いずれは別々の部屋で寝るようになります。学校が始まると、宿題や勉強をするための場所も必要です。

設計士の方や担当の方と時間をかけて話し合う

注文住宅で満足している方の声をチェックしてみると、「工務店や担当の設計士とよく話し合い、納得がいくまで時間をかけて相談した」という声が多いです。細部までこだわり、話し合いにじっくりと時間をかけるとことで、満足できる注文住宅になる確率は上がります。
特に、子供がまだ小さいうちに注文住宅を作った場合、子供が大きくなったらどのような家が生活しやすいのか想像しにくいです。将来も見据えて生活しやすい家にするためには、実績のある工務店や設計師の方に、子供部屋をどのように作ったらよいかを相談しましょう。将来子供が増える可能性がある方は、予算内で子供部屋を多めに作るための相談もしておくとよいです。
  • 将来を見据える
  • 家族構成が変わる
  • 担当者と話し合う
 class=

今の住宅を売却するなら少しでも高く売ろう

まずはイエウールのカンタン無料一括査定を

売却を決めたら、良い不動産会社を見つけることが最も重要なポイントです。一括査定をすれば、複数の不動産会社の査定額を簡単に比較できます。一括査定でも評判が良いイエウールは、カンタン60秒で無料一括査定が可能です。
イエウールを利用すれば、全国1,600社以上から厳選した最大6社の不動産会社の査定額を比較できます。優良な不動産会社のみ厳選し、査定額を比較できるので、高く売ることができるのです。
  • まずはイエウール
  • 無料一括査定
  • 高く売る

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?