土地の種類にはどんなものがある?注目すべきポイントを徹底解説

土地といっても様々な種類がありそれによって、登記されている土地のどの部分に注目すれば良いのか、所有している土地があり土地活用を検討している場合の注意点など注目すべき点は変わってきます。

それぞれのケースではどのような点を注目すれば良いのかなど、土地に関する知識を深め損をしないようにしましょう。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 自分の土地の地目がわからない人
  • 自分の持つ土地が土地活用できるかわからない人
  • 土地活用で悩んだらどうすればいいかわからない人

持っている土地を収益源に変えたい方や、土地活用を考えている方は以下の記事を参考にしてみてください。

土地の種類は何種類あるの?

土地の種類は地目と呼ばれていて、全部で23種類あります。

内訳としては、「田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野、墓地、境内地、運河用地、水道用地、用悪水路、ため池、堤、井溝、保安林、公衆用道路、公園、雑種地、学校用地、鉄道用地」となっています。

土地の種類を知っておくことは、土地活用を円滑に進める上で非常に有効な手段です。

これからどの土地が、土地活用できるかを具体的に解説していきます。
 class=

土地活用に最適な土地は?

土地活用に最適な土地は、宅地・田・畑・山林・雑種地の5種類です。

土地活用をしたい人は、この5種類について知っておけば良いでしょう。

宅地

市街地で土地探しをすれば、多くの土地は宅地になっているものが多いです。

家やお店などを建てることのできる土地で、「建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地」として位置付けられています。

家を建てる際には、地目が宅地になっている土地を探すようにしましょう。

お米を栽培する田んぼのことで、「農耕地で用水を利用して耕作する土地」として位置付けられています。

農地転用などの手続きをすれば、宅地として利用することも可能ですが、農地法などの法律の観点からも問題がないと判断されなければ認められません。

全ての田んぼが宅地に利用できるというわけではないので注意しましょう。

お米以外の農産物を栽培している土地のことで、「農耕地で用水を利用しないで耕作する土地」と位置づけられています。

畑も田んぼと同様、農地転用などの手続きをすれば宅地として利用することも可能ですが、農地法などの法律の観点からも問題がないと判断されなければ認められません。

山林

山、雑木林などの「耕作の方法によらないで竹木の生育する土地」と位置づけられています。

地目が山林になっている土地は、土砂災害警戒区域の指定を受けていたりと、さまざまな制約がされている場合があります。

都市計画法上、一切の建築を認められない可能性もあるので、注意が必要です。

都市計画法について、知りたい方はこの記事をお読みください。


雑種地

特に使われている痕跡がない、「いずれにも該当しない土地」と位置づけられています。
マイナスイメージを抱きがちですが、悪い土地ということではなく、転用して宅地にすることも可能です。

場所によっては宅地に転用できたとしても、地盤改良などで時間を必要としたり、費用が発生するケースがあるので気に入った土地の地目が雑種地だった場合は、合わせて確認すると良いでしょう。
 class=

住宅を建てられる土地は?

地目には23種類ありますが、住宅を建てられる土地は、宅地・山林・原野・雑種地の4種類に限られます。

そのまま購入すれば住宅を建築できる場合と、地目の変更が必要な場合があるので理解しておきましょう。

宅地

地目が宅地になっている土地は、住宅を建てるのに利用する方法が最適と示されているので、問題なく住宅を建設することが可能です。

ただし地盤の強さや土地の形、道路に接しているなど、きちんと条件を満たしているか確認をするようにしましょう。
土地の面積=住宅の面積ではないので、理想とする住宅の広さを確保できる土地を選ぶことが大切です。

山林・原野・雑種地

山林・原野・雑種地を宅地として利用したい時、都心では見つけにくくても、田舎に行けば見つかることが多くなります。
広大な土地をイメージして、ゆったりとした大きな家を構えたいと夢が広がる人もいるかもしれませんが、田舎でも300坪を超えるような広大な土地はなかなか見つけにくいのが現状です。

仮に、広大な土地を見つけられたとしても、雑草抜きのメンテナンスなど綺麗な状態を維持するためには重労働が必要となってしまうので注意しましょう。
 class=

土地活用で悩んだらどうすればいいの?

土地活用といっても様々な種類があって、どの事業を始めるべきかで悩んでいる人も多いと思います。そんな時は、不動産のプロである不動産会社に相談をしましょう。

不動産会社に相談することで的確なアドバイスを受けることができるため、信頼でき対応力のある不動産会社を見つけることと不動産会社の担当者と対等に話せるよう、自分も知識を身に付けておくことが大切です。

土地活用会社を比較しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 【住友不動産株式会社】:40年以上建物管理を行ってきた歴史のある大手不動産会社です。 アパートや高層マンションの他にも高齢者向け賃貸住宅、店舗賃貸、委員・事務所賃貸など取り扱っている不動産事業は非常に豊富です。価格帯も比較的安価なので、少ない初期費用で土地活用をしたい人におすすめです。

  • 【東京セキスイハイム株式会社】:賃貸住宅や高齢者住宅の土地活用を主にしている不動産会社です。 賃貸入居者の多様なニーズに太陽光パネル付き賃貸住宅プランや充実した防犯機能、ペット同居機能で対応しています。

  • 【株式会社セレコーポレーション】:若者単身者向けアパートに特化している建設会社です。
    軽量鉄骨を使用しており、短い期間での施工が低い予算で可能です。また敷地の形状に合わせた施工プランを持っているので、どんな敷地であっても柔軟に対応することができます。
    低コストでかつ早めに土地活用を始めたい人におすすめのハウスメーカーです。

 class=

土地の相場の一括査定から始めよう

土地は持っているだけでは高額な税金を支払わなければならず、メリットがありません。
売却するか、土地活用することで利益を得ることができるよう賢く運用することが大切です。

土地活用するにしても売却するにしても、まずは不動産のプロである不動産会社に相談して的確なアドバイスをもらうようにしましょう。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/

まとめ

土地の種類には、23種類ありますが、土地活用に最適な土地は、宅地・田・畑・山林・雑種地の5種類に絞られます。

土地活用を考えている方は、自分の土地がどんな土地活用をできるのかの他に、資産運用などについても不動産会社に相談して、上手に進めていきましょう。

売却を考えている方もさまざまな税金が課せられ出費が大きくなる前に、不動産会社などに相談しながら検討することがおすすめです。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】最適な土地活用って?