ファイナンシャルプランナーに相談するメリットや流れ・選び方

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットや流れ・選び方

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、お金と家計の知識をもつ専門家のことです。ファイナンシャルプランナーに相談することで家計の見直しや資産運用、将来のリスク管理などを行うことが可能です。

ファイナンシャルプランナーにお金を相談したいと考える人は多いかもしれませんが、相談方法や相談先がわからなかったりして、なかなか一歩を踏み出せない人もいるでしょう。そこで今回は、ファイナンシャルプランナーに相談するメリットや流れ、相談先の選び方について紹介します。

家計を見直してより豊かなライフプランを立てたい人は、ファイナンシャルプランナーについての正しい知識を身につけておきましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい! という方は未公開物件が集まるHousii(ハウシー)がおすすめ!国内No.1の利用者数を誇る不動産売却プラットフォーム、イエウールと同じ会社が運営するHousiiには市場に広がる前の最新の売却情報が数多く集まってきます。

ファイナンシャルプランナー(FP)相談とは?

そもそも、ファイナンシャルプランナーにはどのようなことが相談できるのでしょうか。まずは、概要を簡単に説明します。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーとは、私たちがこうありたいと思い描く生き方を実現するために必要な資金計画や資産運用をアドバイスし、実現するためのサポートをするお金の専門家です。具体的には、以下のような業務を行なっています。
個人の相談業務 貯蓄や資産運用、家計の見直し、住宅ローンの相談、保険の提案など、人生におけるお金のあらゆる悩みのサポート
中小企業等の相談業務 退職金準備、事業継承、資金のリスク対策などのサポートとアドバイス

ほかにも、専門知識を活かしてテレビや雑誌のコメンテーターをしたり、本の執筆やセミナーの開催などを行なったりしている人もいます。

ファイナンシャルプランナーというと専門の資格を持っている人をイメージするかもしれませんが、実は資格がなくても知識さえればファイナンシャルプランナーを名乗ることが可能です。

ただし、資格がないと専門性の高さが証明できないため、相談相手としては頼りなさを感じるかもしれません。相談先を選ぶときは、資格の有無を確認しておくことをおすすめします。

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談できる内容とは

ファイナンシャルプランナーに相談できる内容は、非常に多岐にわたります。ここでは、個人が相談できる内容の一例を記載しておきます。

家計管理
老後資金
教育資金
資産運用
住宅購入・ローン
生命保険
年金・社会保険
介護・医療費
贈与・相続
税制

上記のように、お金に関することは基本的に何でも相談できます

ただし、以下の内容についてのアドバイスや商品売買についての具体的な相談は、ファイナンシャルプランナーでは対応することができません。

相談内容 相談先 準拠する法律
投資判断に関するアドバイス 内閣総理大臣の登録を受けた個人もしくは法人 金融商品取引法
法律相談・事務 弁護士 弁護士法
税務相談や書類の作成 税理士 税理士法
保険の募集や勧誘 保険募集人の有資格者 保険業法

上記の内容でも、一般的な解説や事例を用いた説明はファイナンシャルプランナーでも行うことができます。しかし、具体的な商品の紹介や実務については依頼できません。

とはいえ、一般的なお金の相談であればほとんどファイナンシャルプランナーでも対応可能なので、まずは相談してみることをおすすめします。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談するメリット

ファイナンシャルプランナーに相談すると、単に保険や金融商品について知れるだけではなく、収入やライフプランに合わせて最適な提案をしてもらえるというメリットがあります。

これだけ聞いても、相談するときにどのような提案をしてもらえるのかについてイメージしにくいと感じている人もいるでしょう。この章では、ファイナンシャルプランナーに相談するメリットについて3つ具体的に見ていきます。

最適なライフプランが立てられる

ファイナンシャルプランナーに相談するメリットは、なんといっても最適なライフプランが立てられる点です。相談の際に現在の状態や将来の目標などを伝えると、問題点を洗い出して「将来のためにどのようなことを改善すればいいのか」について具体的にアドバイスしてもらえます。

一例ですがファイナンシャルプランナーに相談すると、以下のような助言がもらえます。
現在の貯蓄と収入のバランスが適切かどうか
毎月の支出で減らせるところはあるかどうか
このままの貯蓄や収入で老後生活できるのか
加入している保険は適切かどうか
教育資金をどう貯めればいいのか
住宅ローンは固定金利と変動金利のどちらがいいのか

生きていれば、必ず結婚や出産、転職や住宅購入、定年退職などライフステージの変化は訪れるものです。ファイナンシャルプランナーは、こういったライフステージに合わせた資金の準備やリスクへの備えなども第三者目線で提案してくれるため、相談することでよりよく生きられるヒントを見つけられるでしょう。

経済効果が高い

高い経済効果が得られるのも、ファイナンシャルプランナーに相談するメリットです。相談の際は、現在のお金の流れについてしっかりと分析を行います。家庭ごとの問題点や改善点をあぶり出してくれるため、本当に必要な金融商品や保障を見極めることができるのです。

たとえば、現在余分な特約がたくさん付帯している医療保険に加入している場合、保障をスリム化することで毎月の固定費を大幅に減らせるかもしれません。また、節税効果のある制度を提案してくれて、税金の支払額を減らせることもあるでしょう。

このように、ファイナンシャルプランナーのアドバイスは家計や支出に直結します。お金についての知識を幅広く持っている専門家だからこそできる助言で、高い経済効果をもたらしてくれるのです。

精神的な不安が取り除ける

お金の専門家に相談してアドバイスをもらうことで、精神的な不安が取り除けます。近年は老後の生活資金について不安を抱く人が増えてきていますし、不景気の影響でなかなか貯蓄ができないと悩んでいる人も少なくはありません。

実際、2020年に行われた日本FP協会の調査によれば、過半数の人が現在の、6割前後の人が将来の収入や支出、預貯金について不安を抱いていることがわかっています。[注1]こういったお金に関する不安は、自分ひとりの力で解消することはなかなか難しいものです。そのためプロの手を借りて対策を考える必要があるのです。

ファイナンシャルプランナーに相談すれば、現在の収入や貯蓄、支出などをしっかりと分析して、具体的にシミュレーションしながら最適な対策を考えてもらえます。専門家が客観的根拠に基づいて具体的な対処法を提示してくれるので、精神的な不安が取り除かれて前向きな気持で過ごせるようにります。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

ファイナンシャルプランナー(FP)に相談する方法・流れ

実際にファイナンシャルプランナーに相談するときは、どのような流れで進んでいくのでしょうか。ここからは、ファイナンシャルプランナーに相談する方法や流れを紹介します。

1.相談を希望するファイナンシャルプランナー(FP)を探して予約する

まずは、相談するファイナンシャルプランナーを探しましょう。ファイナンシャルプランナーは、以下のような場所で探すことができます。

金融機関や証券会社の相談コーナー
保険会社や不動産会社の窓口
日本FP協会のホームページ
https://www.jafp.or.jp/confer/search/cfp/
ファイナンシャルプランナー紹介サイト

とくにファイナンシャルプランナー紹介サイトは、資格の有無や得意とする分野などを確認してから相談の申し込みができるため、非常におすすめです。近年は実際に店舗などに足を運ばなくても、オンライン上で相談できるファイナンシャルプランナーが増えてきました。

希望する担当者が見つかったら、予約を取って相談の準備に取り掛かりましょう。

2.必要な資料や聞きたいことを準備する

スムーズに相談を進めるためにも、当日までに必要な資料や聞きたい質問などを準備しておきましょう。一例ですが、以下のような資料をあらかじめ用意しておくと安心です。

家計簿
保険証書
ねんきん定期便
ローン関係の書類
収入がわかる書類
資産や預金がわかる書類 など

何を相談したいかによって、用意しておくべき書類は異なります。聞きたいことに関する書類は、念のためすべてそろえておくと役立ってくれるかもしれません。

当日忘れてしまうことを防ぐためにも、質問したいことをあらかじめ伝えておくかメモに残しておくことをおすすめします。

3.悩みや不安点、将来の夢などをヒアリング

当日になったら、実際に不安点や将来の夢などを伝えて相談を進めていきます。大切なのは、不安や収支、望みなどを正直に話すことです。見栄を張ったり「こんなこと言ったら恥ずかしいな」と嘘をついたりしてしまうと、正確なアドバイスをもらうことができません。相手はプロなので、恥ずかしがらずに本当のことを話しましょう。

なお、有資格者のファイナンシャルプランナーは倫理規定を遵守しており、相談者の情報を守秘する義務があります。プライバシーに関する情報が外に漏れることは絶対にないので、安心して相談しましょう。

4.現状の把握・分析

悩みや希望について話したら、現状について具体的に確認していきます。家族構成や収支はもちろん、預金や資産、住宅ローンや保険などについて一つひとつチェックしていきましょう。

以上の情報が整理できたら現在の問題点や改善点を洗い出し、相談者と話し合いながらファイナンシャルプランを作成していきます。現状の把握と分析は非常に重要なポイントなので、時間をかけてじっくりと行いましょう。

5.具体的なプランの提案と実行の支援

ファイナンシャルプランを策定したら、あとは計画を実行するのみです。ちなみに、計画の策定だけではなく、実行の支援もファイナンシャルプランナーにサポートしてもらうことが可能です。

キャッシュフロー表の作成や専門家への紹介、利用できる制度の説明など、必要に応じてさまざまなことを手助けしてくれます。資格を持っていれば最適な金融商品の紹介や契約手続きを行なってもらうことも可能なので、希望する人はあらかじめ有資格者に絞って相談先を探すといいでしょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

相談するファイナンシャルプランナー(FP)の選び方

一口にファイナンシャルプランナーと言っても、相談ができる個人や企業は多く存在しています。そのため、どこに相談したらいいか迷ってしまうこともあるかもしれません。

ここからは、相談するファイナンシャルプランナーの選び方で絶対に押さえておきたいポイントを紹介します。

相談を希望する分野の資格や実績を持っているか

ファイナンシャルプランナーは無資格でも名乗ることが可能ですが、専門的なアドバイスをもらいたいのであれば、有資格者に相談することがおすすめです。ファイナンシャルプランナーの資格にはいくつか種類があるので、以下の内容を参考にしてみてください。
資格の種類 資格名 難易度 概要
国家資格 1級FP技能士 難しい 実技試験のみの難易度が高い検定試験
2級FP技能士 やや難しい AFP資格審査試験もかねる、やや難しい検定試験
3級FP技能士 易しい 初歩的な検定試験
民間資格 CFP 難しい 世界水準のFPとして認定する資格
AFP やや難しい インタビュー技術や提案書の作成技術などのスキルを認定する資格

ほかにも、証券外務員や住宅ローンアドバイザー、保険募集人などの資格を持っていると幅広い相談ができます。人によって得意とする相談分野は異なるため、ファイナンシャルプランナー資格だけではなく、希望する相談内容に特化した資格や実績を持っているかどうかについても確認しておきましょう。

「企業系FP」なのか「独立系FP」なのか

ファイナンシャルプランナーには、「企業系FP」「独立系FP」の2種類が存在しています。それぞれの特徴は以下のとおりです。

企業系FP
金融機関や証券会社、保険会社や不動産会社などに所属しているファイナンシャルプランナーです。その企業のサービスを紹介することが前提となっているため、中立性に欠ける可能性があります。

独立系FP
金融機関や証券会社に所属しておらず、中立の立場で相談に乗ってくれます。商品の販売等は前提となっていませんが、希望すれば保険や投資信託などを販売することもあります。

特定の住宅ローンや保険を検討している場合など、目的がある場合は企業系FPへの相談がスムーズです。対して、ライフプラン全般に渡るアドバイスが欲しいときは、独立系FPのほうが向いています。

相談費用がかかるかどうか

ファイナンシャルプランナーへの相談は、無料の場合と有料の場合があります。

「ライフプランについて相談したい」「おすすめの保険や住宅ローンが知りたい」という場合は、無料の相談でもまったく問題ありません。対して、税金や確定申告の相談、相続に関する複雑な相談など、難易度の高い内容になる場合は有料の相談のほうが向いています。

なお、有料相談の場合は1時間あたり5,000~1万円が費用の相場だと言われていますが、定額制や顧問制の料金プランを採用しているところも少なくありません。資料作成や専門家への紹介はさらに追加費用がかかることもあるので、あらかじめ費用を確認してから相談を依頼しましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

ファイナンシャルプランナー(FP)へ相談してお金の不安を解消しよう

お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談すると、具体的なライフプランを立てたり経済的・精神的不安を取り除いたりすることが可能です。スムーズにファイナンシャルプランを立てるためには相談の流れを知っておくことが大切なので、必要な準備や資料についてしっかりと確認しておきましょう。

自分のこととはいえ、お金や将来について知識がない人が客観的かつ適切な判断をすることは難しいです。ファイナンシャルプランナーが必要かどうかは人によって判断が異なりますが、無料の相談でも得られることは非常に多いです。難しく考えずに、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

[注1]日本FP協会|くらしとお金に関する意識調査2020
https://www.jafp.or.jp/about_jafp/katsudou/news/news_2020/files/newsrelease20201215.pdf

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し