住宅ローンの変動金利がおすすめの人の特徴とリスクを紹介

住宅ローンの変動金利がおすすめの人の特徴とリスクを紹介

住宅ローンを組むときは、金利の低さだけではなく金利タイプについてもしっかりと比較し、無理なく返済できる商品を選ぶことが大切です。

数ある住宅ローン商品のなかでも、金利が安く設定されていて魅力的なのが変動金利です。
変動金利は金利の変動とともに支払額が変わるため、低金利時代の今はお得に見える金利タイプですが、実はリスクもあるため注意する必要があります。

この記事では、変動金利がおすすめの人の特徴やリスクについて解説します。
契約する住宅ローンの金利タイプでお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてください。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンの変動金利の仕組み

そもそも、住宅ローンの変動金利とはどのような仕組みの金利タイプなのでしょうか。
まずは、変動金利の基本的な知識を身につけていきましょう。

変動金利とは

変動金利とは、一定期間ごとに適用金利が見直される金利タイプのことです。
金利水準が上昇すれば利息の支払額が上がり、金利水準が下降すれば利息の支払額が下がります。

金利の見直しは半年に1回行われることが多いですが、その度に支払額が変わると債務者の負担が大きいため、実際は5年に1回支払額が変更されることが一般的です。

ただし金利はいつどうなるかわからないため、一気に金利水準が上昇して支払額が多額になってしまうリスクもあります。
こういたときに債務者の負担が増えすぎないように、変動金利には支払額の最大増加額を125%までとするルールが存在しています。

たとえば現在10万円の返済をしているときは、次回の金利見直しでは最大12万5,000円までしか支払額が増えないというわけです。
その次の見直しでは12万5,000円の125%、15万6,250円が支払額の上限となります。

金利に支払額が左右される変動金利に対し、契約当初の利息が完済まで継続する金利タイプを「固定金利」と言います。
固定金利は金利水準が変わっても支払額が変わらない反面、当初の金利が変動金利よりも高めに設定されている点が特徴的です。

変動金利の適用金利が決まる仕組み

変動金利の適用金利は、一般的に金融機関が1年以内の融資をするときの最優遇貸出金利である「短期プライムレート」が基準となります。
金融機関では、短期プライムレートに1%上乗せした金利を変動金利の基準として設定することが多いです。

実際は、さらに金利を上乗せしたり反対に優遇で引下げたりして適用金利を決定します。
こういった上乗せや引下げの内容は金融機関によって異なるため、商品によって金利の数字が少しずつ異なるのです。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンの変動金利のメリット

変動金利に向いている人の特徴を知るためには、そのメリットをしっかりと理解しておくことが肝心です。
ここからは、変動金利の大きなメリットについて2つ紹介します。

当初の金利が低めに設定されている

変動金利のメリットは、なんといっても契約当初の金利の低さです。
同じ時点で変動金利と固定金利を比較したとき、変動金利のほうが設定されている金利は低いです。

商品によっては、2倍近く金利が違うこともあります。

当初の金利が続いたり金利水準が下がったりすれば、固定金利と比べると返済額を大幅に減らせるでしょう。
とくに現在は超低金利時代といわれるほど金利水準が低いため、金利の低さに魅力を感じて変動金利を選ぶ人も少なくはありません。

金利が下がったときに利息の支払額が減る

変動金利は金利水準と連動して利息の支払額が変わるため、金利が下がれば毎月の支払額も減ります
現在はもともと金利水準が低いため、今後大幅に金利水準が下がることは考えにくいですが、金利が高いときはのちのち金利水準が下がって支払額を減らせる可能性があるのです。

もちろん反対に金利が上がる可能性もありますが、契約や返済のタイミングによってはかなり支払額を抑えられるでしょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンの変動金利でのリスクと注意点

メリットが豊富な変動金利ですが、反対にリスクや注意点もあることを知っておきましょう。
場合によっては利息の返済が膨れ上がってしまい、設定した期間内に元金が返済できなくなってしまう恐れがあります。

ここでは、変動金利を検討するうえで必ず知っておきたいリスクと注意点を解説します。

将来的に金利が上がって支払額が増える可能性がある

変動金利は金利水準が下がって利息の返済が減る可能性があることについて説明しましたが、当然ながら金利水準が上がって利息の支払いが増える可能性もあります。

住宅金融支援機構の調査によれば、2021年7月現在の変動金利の金利は2.475%ですが、過去には8%を超える金利の時代もありました。[注1]
ここまで上がることはなかなか考えられませんが、金利が上昇して支払額が増えることは十分に考えられます。

「資金がないから利息が安い変動金利にしよう」という考えで選んでしまうと、金利が上昇したときにローンの返済ができなくなってしまう恐れがあります。借り入れの際は、十分に注意しましょう。

利息の返済が増えて元金が減らなくなる可能性がある

金利が上昇することには、支払額が増えること以外にもリスクがあります。
それは、利息の返済が増えて元金が減らなくなってしまうことです。

先述したように、変動金利には125%ルールがあるため、増える支払額には限度があります。
これは債務者にとってメリットのように思えますが、実は大きなデメリットもはらんでいることを知っておかなければいけません。

世の中の金利水準が大幅に上昇したときは、当然返済する利息の金額が増えてしまいます。
しかし、どれほど金利が上昇しても毎月の支払額は125%が限度なので、場合によっては「元金返済額+利息の金額」が上限額を超えてしまうことがあります。

この際、限度額を超えた利息をオマケするわけにはいかないので、そのぶん元金の返済額を減らして、利息を全額返済できるように返済内訳を調整することになるのです。
こうなってしまうと、毎月の支払額が増えても利息ばかり返済することになり、なかなか元金が減らない状況に陥ってしまう恐れがあります。

毎月の支払額だけ見ていると、いくら元金の返済に充てられているのかはわかりません。
「返済期間の終了が近づいているのに全然元金が減っていない」という状態になることもあり得なくはないので、支払額だけではなく償還予定表をしっかりとチェックすることを意識しましょう。

返済期間終了時に未払利息が残る可能性がある

変動金利では利息が増えて元金の返済が圧迫される恐れがあることは先述のとおりですが、利息が上がりすぎてしまい、毎月の支払額がすべて利息に充てられてしまう可能性もあることに注意が必要です。

125%ルールによって支払額は一定額でストップしますが、金利水準が大きく上がると元金の減りが遅くなるため、元金に対してかかる利息の金額はなかなか減らなくなってしまいます。

結果として利息がどんどん膨れ上がり、毎月の返済だけで利息の全額を支払うことができなくなってしまうケースも考えられるのです。
なお、支払えなかった利息は「未払利息」と呼ばれます。

最悪の場合、返済期間の終了時に元金と未払利息が残ってしまうことも考えられます。
住宅ローンの返済期間は延長が認められていないので、残債があるときは一括払いすることになるでしょう。

極端な話ですが、「35年かけて返済したのに、結局借金が残ってしまった」という状態に陥るリスクもあるのです。
まれなケースですが、金利の動きは誰にも予想できないため、可能性としてはあり得ることを知っておくことが大切です。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンの変動金利がおすすめの人の特徴

変動金利は、金利水準によっては支払額が抑えられるというメリットがある一方で、金利が上昇したときは利息の支払額が増えてしまうというデメリットもあります。
そのため、「変動金利を選ぶべきかどうか」について判断できない人も多いかもしれません。

そこでここからは、住宅ローンの変動金利がおすすめの人の特徴について解説します。
自分の性格やライフプランに合っているかどうかについて、この章でしっかりとチェックしていきましょう。

今後の金利が変わらない、もしくは下がると考える人

変動金利は金利水準を参考に動いているため、今後の金利の動きがかなり大きく関係します。
金利の動きは誰にも断言できませんが、もしも「今後金利が変わらない・下がる可能性がある」と考えているのであれば、変動金利を選んでもいいかもしれません

なお、参考までに国土交通省が発表した2018年に住宅ローンを組んだ人のデータを見てみると、60.5%が変動金利型、24.3%が固定金利期間選択型、5.3%が全期間固定金利型を選んでいることがわかりました。[注2]

また、2021年4月時点における今後の住宅ローンの金利見通しに関しては、68.5%もの人が「ほとんど変わらない・現状よりも低下する」と回答していることがわかっています。[注3]

利用者が多いから選んでもいいというわけではありませんが、住宅ローンを新規で借り入れる人の多くが、今後の金利上昇リスクについては懸念していない傾向にあることがわかっています。
ただし何度も説明しているように、金利の動きについては誰にも断言できないため、リスクについても理解したうえで変動金利を選ぶことが大切です。

金利が上昇しても対応できる余剰資金がある人

金利が上昇しても対応できる余剰資金がある人

も、変動金利には向いています。

変動金利は金利が低いため、「返済がギリギリでできるだけ利息の支払いを抑えたい」という人は飛びつきたくなってしまいますが、余剰資金がない人には推奨できない金利タイプです。
なぜなら、金利が上昇したときに返済ができなくなってしまうためです。

この場合は、多少金利が高くても利息が増えるリスクのない固定金利のほうが安心でしょう。

対して「余剰資金があるけど金利を抑えたい」というときは、変動金利が向いています。
「余裕がなくて金利を抑えたい人」と「余裕はあるけど金利を抑えたい人」では抱えているリスクがまったく違うので、不安がある人はほかの金利タイプを選んでおいたほうが安心でしょう。

返済期間が短い、もしくは借入額が少ない人

返済期間が短い

ときや借入額が少ないときは、金利が上昇しても影響があまり出ないため、変動金利に向いています。

住宅ローンは一般的に35年程度の長期間で返済していきますが、返済期間が長引いて借入額が増えれば、それだけ金利の変動リスクも高まります。
反対に、10年ほどの短い期間で返済するローンや借入額が数百万程度のローンであれば、金利が上昇してもそこまで支払額が大きく増えることはないでしょう。

返済期間や借入額に合わせて金利タイプを選ぶことも、ひとつの手なのです。

金利の変動に敏感な人

金利の変動に敏感でリスク管理をすることが得意な人

には、変動金利が向いています。
また、慎重な性格の人も変動金利に適しています。

金利の変動をいち早く察知し、どのように対策すればいいか的確に判断できるためです。
「普段から投資などを行なっていて経済の動きを把握している」「仕事柄判断を下すことに慣れている」「家計の管理が得意」という人は、変動金利を選択しても失敗することは少ないでしょう。

反対に、あまり経済やお金の動きを把握することが得意でない人や安定を好む人は、固定金利を選んでおいたほうがストレスや不安を少なく抑えられる傾向にあります。

繰り上げ返済をしたい人

積極的に繰り上げ返済をしたい

と考えている人にも、変動金利は最適です。
結果的に返済期間が短くなり、金利の変動によって受ける影響が少なくて済むためです。

「子どもが中学校に入るまでの10年間は繰り上げ返済する予定」「しばらくは共働きで収入が増える予定」というときは、金利が安いうちに変動金利で借り入れ、どんどん繰り上げ返済をしていくと、大幅に総支払額を抑えられます。

ただし、一部繰り上げ返済手数料で損をしてしまう恐れもあるため、手数料がかからない商品を選ぶことが大切です。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
変動金利の返済額上限に関する基本ルールを分かりやすく解説

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンの変動金利の特徴とリスクを知って後悔しない選択を

住宅ローンの変動金利は、金利水準に合わせて支払う利息が増減する仕組みの金利タイプです。
金利が下がれば利息の金額が減るというメリットがある一方で、金利が上がると利息が増えてしまい、元金の減りが遅くなったり未払利息が生じたりするデメリットもあることを押さえておきましょう。

変動金利に向いているのは、今後も金利水準が上がらないと予想する人や余剰資金がある人、返済期間が短い人などです。

場合によっては支払額が増えて家計が圧迫されてしまうリスクがあることも理解のうえ、変動金利を選ぶようにしましょう。

[注1]民間金融機関の住宅ローン金利推移(変動金利等)|住宅金融支援機構
https://www.flat35.com/loan/atoz/06.html

[注2]~「令和元年度民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果~|
国土交通省
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001333632.pdf

[注3]住宅ローン利用者の実態調査|住宅金融支援機構https://www.jhf.go.jp/files/400356696.pdf

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し