狭小地でのアパート建築は可能です!狭小地の活用方法をご紹介!

狭小地でのアパート建築は可能です!狭小地の活用方法をご紹介!
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

相続した10~20坪程の狭い土地を、どうにかして土地活用したいと考えている人もいるではないしょうか。狭小地で可能な土地活用法は少ないと思い、放置している人もいると思います。

実際、狭小地でもアパート建築や戸建賃貸経営など土地活用をすることは可能です。

この記事では狭小地で始めることができるアパートの特徴や狭小地のアパート建築シミュレーション、アパート建築とは違う狭小地の土地活用方法を解説していきます。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパート建築費について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

狭小地でアパート建築は可能か?

狭小地でアパート建築を始めることは可能なのでしょうか。結論、土地の条件にもよりますが狭小地でのアパート建築は可能です。

この章では狭小地でのアパート建築について解説していきます。

狭小地でのアパート建築は可能!

タイトルのように、狭小地でもアパート建築をすることは可能です。実際、狭小地でアパート建築をしている事例も多くあります。

変形地や旗竿地であってもアパート建築することは可能です。しかし狭小地でアパート建築をする場合、壁や柱などの部品を多く使うため、多くの建築費用がかかります。

また、アパート建築をするためには以下の条件をクリアしている必要があります。

アパート建築を始める前に
  • 建築基準法や各都道府県の安全条例などの規制の確認
  • 建物と隣地境界までの距離を定めた民法規定の確認
  • 施工可能な環境であるかを確認

狭小アパートの特徴

狭小アパートには以下のような特徴があります。


  • 都心部で若者需要が高い
  • 変形地や旗竿地でも建築可能
  • 坪単価が高い
  • 入居者が入れ替わりやすい

都心部で需要が高い

現在、狭小アパートは単身の若者に人気な物件となっています。

部屋の広さよりも利便性を求めている若者が多くいることが理由の1つです。そのため、入居者の勤め先から近い東京や名古屋、大阪といった都心部に建っていることが多いです。

都心部の狭小アパートには「狭くてもいいから便利であってほしい」というニーズを捉えた間取りや設計が多くなっています。そして、1部屋の面積が4畳~4畳半という少し狭めの物件が多いことも特徴の1つです。

変形地や旗竿地でも建築可能

狭小アパートは三角形の土地や旗の形をした旗竿地でも建築可能です。ハウスメーカーが取り扱うプレハブ工法を採用することが難しいことが多いため、建築費用が多くなってしまうこともあります。

坪単価が高い

アパートの面積が小さいため、家賃収入にはあまり期待できませんが、平米単価や坪単価が高くなるため、収益性は問題ありません。平米単価とはメートル法を用いた面積当たりの価格指標のことです。その区画でいくら稼いでいるかの指標になる重要な項目です。

入居者が入れ替わりやすい

狭小アパートでは入居者が入れ替わりやすいという特徴を持っています。

狭小アパートの入居者は、一人暮らしを始めた若者が多いため、転勤や移転、給料の上昇により、もっと快適な部屋に引っ越してしまうといったことがよく発生します。ひとりの入居者に固執せず、退去してしまったらまた新しい入居者を探しましょう。

他のアパートとは差別化をはかる必要がある

狭小地のアパート建築は通常のアパート建築よりも正確に入居者ニーズを捉える必要があります。

都心部の狭小アパートであれば、単身の若者をターゲットに設定し、利便性を追求した間取りや設備を設けるように設計します。

また、間取りや設備の他に、もう1つ他のアパートと差別化のポイントを作るべきです。差別化ポイントを考えるときは、そのアパートに住みたいと思われる特徴を作ることが大切です。

具体的な差別化のポイントは以下のリストを参考にしてみてください。


  • セキュリティ面の充実させる
  • ベッドルーム(寝室)を設置する
  • ペットと入居を許可する
  • 楽器の演奏を許可する

入居者に女性が多い想定なのであれば、セキュリティ面を強化しましょう。強固なセキュリティがあれば、入居者に安心・安全を提供できる点をアピールして入居者の募集が可能になります。

また、ペットとの入居を想定した設備を設置したり、防音設備を設置することで、他のアパートにはない魅力を作ることができます。

これらの差別化ポイントはあくまで一例なので、立地や入居者像をしっかりとリサーチし、アパート建築を始めましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

狭小地でのアパート建築プランのシミュレーション

狭小地でもアパート建築は可能であることを解説してきましたが、実際にどんなアパートを建てることができるのか紹介していきます。

【例1】木造2階建てのアパート

【例1】木造2階建てのアパートの建築プラン

  • 土地面積:約20坪
  • 構造:木造従来工法
  • 用途:共同住宅
  • 戸数:1棟4戸
  • 間取り:1K(18㎡)

約20坪(約65㎡)の狭い土地にも木造で最も普及している従来工法を採用することでアパートを建築することができます。

従来工法では基礎部分から建築を始め、間取りや建築プランの自由度が高くなるため、狭小地にもアパートを建てることが可能になります。

【例2】木造3階建てのアパート

【例2】木造3階建てのアパートの建築プラン

  • 土地面積:約15坪
  • 構造:木造枠組壁工法(ツーバイフォー)
  • 用途:共同住宅
  • 戸数:1棟6戸
  • 間取り:1R(14㎡)

約15坪(約50㎡)の土地にも木造枠組壁工法(ツーバイフォー)を採用してアパート建築することができます。

木造枠組工法では規格化された2×4サイズの木材で枠組みを作り、そこに構造用の合板を釘打ちして、面で建物を支える工法のため、複雑な間取りにはできません。しかし、狭くても利便性を追求した都心部の狭小アパートであれば、あまり問題ではないといえるでしょう。

また、土地によって都市計画・用途地域・防火指定・建ぺい率・容積率といった建築規制が異なるため、アパート建築を検討している地域の建築規制を調べる必要があります。建築規制はインターネットで簡単に調べることができるため、一度、所有している土地の建築規制を検索してみましょう。

狭小地でできる土地活用方法5選!

所有している狭小地がアパート経営に向いていないのであれば他の活用法も検討する必要があるでしょう。この章では狭小地でも始めることができる土地活用方法を紹介します。

狭い土地活用は以下の記事でも紹介していますので是非、参考にしてみてください。

戸建て賃貸経営

戸建て賃貸経営とは、一戸建ての物件を賃貸物件として貸し出し、家賃収入を得るという、土地活用方法です。

戸建て賃貸経営は立地によって経営が左右されにくく、競合が少ないという特徴を持っています。

また、ターゲットが単身ではなく、ファミリー層になり、一度、借り手がつけば長い期間、収益が見込めます。借り手がその物件を気に入れば、売却も視野に入れることができます。

戸建て賃貸経営について下記の記事で詳しく解説しているので是非、参考にしてみてください。

コインランドリー経営

コインランドリー経営はニーズのある土地であれば、狭い土地や、地形が変形した土地でも始めることができます。

コインランドリー経営を始めるためのランニングコストが低く、利回りがおおよそ8~10%となっており、他の活用方法と比べて高いことも特徴といえます。

ニーズのある土地で、一度、利用客を確保してしまえば一定の収入が入ってくるため、管理に手間をかけず、土地活用をしたい人に向いています。

コインランドリー経営について下記の記事で詳しく解説しているので是非、参考にしてみてください。

コインパーキング経営

コインパーキング経営とは、更地にコインパーキングを作って経営し、そのコインパーキングの利用料金が自分の収益になる土地活用方法です。

他の活用方法に比べて、初期費用がかなり少なく、地方でも需要があればコインパーキング経営ができることが特徴でしょう。

駐車スペースに1台あたりに2.5m×5.0mの広さを確保できれば経営を始めることができるので、狭小地にも向いている土地活用方法です。1台からでも始めることができるので本当に狭い土地を活用したい人も一度検討してみてもいいかもしれません。

コインパーキング経営について下記の記事で詳しく解説しているので是非、参考にしてみてください。

自動販売機

駐車場のスペースも確保できない狭い土地は自動販売機を設置する土地活用方法がおすすめです。

自動販売機を設置する場合、業者に土地を貸して利益を得る方法と、自動販売機を買い取って自分で設置・管理する方法の2パターンがあります。どちらのパターンでも、自動販売機の設置で得られる利益は、多くて数万円~数千円となっているため、あまり多くの利益は見込めません。

また、一般的な自動販売機のサイズは高さ180㎝、奥行きが90㎝となっています。自動販売機も設置できない狭い土地であれば売却も視野に入れていいかもしれません。

野立て看板

田舎の狭小地であれば野立て看板を設置する土地活用方法もあります。

野立て看板を始めるには、大きな道路沿いの土地や車の通りの多い地域であることが必要でしょう。

地面から看板を立てるため、安全に施工を始めることができます。しかし、通行する車や人に対して考慮した置き方をしなければならないことやいたずらされる可能性があることを念頭において設置を検討しましょう。

狭小地での土地活用方法で悩んだらプロに相談

狭小地でのアパート建築や狭小地でできる土地活用方法を紹介してきました。都心部に狭小地を持っているのであれば、一度、狭小アパートの建築を検討してみる価値があるともいえます。

また、別の活用法を始めるとしても、所有している土地の需要を見極めて、土地活用プランを決める必要があります。

土地活用のプランを選ぶならイエウール土地活用がおすすめです。イエウール土地活用では一度で複数社にプラン請求を行うことができるため、手間をかけずに利用できます。

是非、イエウール土地活用を利用して狭小地を活用してみてください。

【完全無料】アパートの建築費、いくらかかる?