持っている土地を有効活用したい人必見!おすすめの活用方法を紹介

持っている土地を有効活用したい人必見!おすすめの活用方法を紹介
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地を所有しているなら、放置せずに有効活用することがおすすめです。土地を有効活用することで、さまざまなメリットが得られます。有効活用の方法は多数あるため、自分に合ったやり方を見つけることが大切です。

上手に有効活用するためのポイントや失敗しないための注意点などを知り、土地活用の成功を目指しましょう

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用の種類やそれぞれの活用法のメリット・デメリットを知りたい方はこちらをご覧ください。

土地を有効に活用するメリット

所有している土地を有効活用するメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 支出を減らすことができる
  • 節税対策ができる

放置せずに活用したほうがよい理由を知り、土地活用の魅力を把握していきましょう。

支出を減らすことができる

土地を有効活用して収益化を図ることで、利益を生み出し支出を減らすことができます。土地は所有しているだけで費用がかかり、土地管理の維持費や固定資産税、都市計画税などのコストがかかります。

土地を有効活用して収益化ができると、土地活用で出た利益を支出に充てることができ、コスト負担を減らせる点がメリットです。収益が安定するなら、支出をまかなえるだけではなく、余った分が余剰資金となり、資産を増やすこともできます。

節税対策ができる

土地のみで所有するよりも、建物を建築したほうが節税できることも、土地を有効活用するメリットです。例えば土地の上に賃貸住宅を建築すると、相続時の評価額が減額されるため、相続税の節税ができます

また、賃貸住宅ではなく居住用の建物を建築する場合は、固定資産税や都市計画税が減額されます。建物があることで、土地の固定資産税は最大6分の1に、都市計画税は3分の1に減額されるため、大幅な節税が可能です。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地を有効に活用するおすすめの方法

土地の有効活用におすすめの方法は、次のものがあげられます。

  • アパート・マンション経営
  • 駐車場経営
  • 土地を貸し出す
  • トランクルーム・貸倉庫
  • コインランドリー経営
  • 太陽光発電
  • 商業施設経営
  • オフィスビル・商業ビル経営

それぞれの特徴を知り、自分に合った有効活用の方法を見つけましょう。

アパート・マンション経営

賃貸需要のあるエリアなら、アパートやマンションを建築して賃貸経営をすることがおすすめです。アパートやマンション経営の場合は、入居者からの家賃が自身の収入となります。

例えば10室の集合住宅で家賃を1室5万円に設定すると、月に最大50万円の家賃収入が得られます。入居者がいる限り、長期的に安定した収入が得られることは大きな魅力です。集合住宅の建築には費用がかかるため、初期費用は大きくなりますが、その分長期的に経営した場合のリターンは大きいです。

駐車場経営

駐車場利用のニーズが高いエリアなら、駐車場経営がおすすめです。駐車場経営には、月極駐車場とコインパーキングの2種類があります。

月極駐車場は契約者のみ利用できる駐車場であり、ビジネス街や住宅街など、固定の需要を獲得できるエリアに適しています。

誰でも利用できる時間貸しのコインパーキングは、商業施設や駅の近く、観光地など流動的な需要を獲得できるエリアに向いているでしょう。

月極駐車場は土地を駐車スペースで区分けするだけで経営を開始できるため、初期費用は安いです。コインパーキングは時間貸しの設備導入に費用がかかるものの、需要の数や回転率次第では、月極駐車場よりも多くの利益を得られる点がポイントです。

土地を貸し出す

土地をそのまま貸し出して、地代として収入を得る方法もあります。土地の貸し出しの場合は、借り手次第でさまざまな使い方ができます。

貸した土地に家を建てて住む人もいれば、家庭菜園や畑、資材置き場などとして活用する人もいるでしょう。使い方は借り手によって変わるため、幅広いニーズを獲得しやすい点が大きなメリットです。

トランクルーム・貸倉庫

ビジネス街や住宅街の近くにある土地なら、トランクルームや貸倉庫の経営がおすすめです。トランクルームや倉庫の設置のみで土地活用ができるため、初期費用や手間が少なく済む点が魅力です。収納スペースとして貸し出す場合は管理の手間もかからないため、労力をかけずに土地を有効活用できます。

コインランドリー経営

住宅街や商業地域の近くなら、コインランドリーの経営も適しています。コインランドリーを建設すれば、利用料金が収益として自身の手元に入ってきます。

コインランドリーの建設には初期費用がかかりますが、かかる手間は機械の整備程度であるため、一度建設してしまえば、それほど労力をかけずに収益化ができるでしょう。

太陽光発電

田舎の広い土地や周辺に大きな建物がない土地の場合は、太陽光発電システムを設置して有効活用することもおすすめです。発電した電気は自身で利用するだけではなく、電力会社に買い取ってもらい、収益化を目指すこともできます。

広大な土地を持て余し、他の用途での活用が難しい場合でも、太陽光発電ならスムーズに有効活用できることが多いです。

商業施設経営

路面や都心部にある土地なら、商業施設を経営して土地を有効活用することも可能です。商業施設は自身で店舗を建てて有効活用するだけではなく、事業者に土地を貸し出し、テナントとして入ってもらうこともできます。

人が集まるエリアや駐車場など利用者に便利なスペースを作れる広い土地を持っている場合には、商業施設の経営が向いているでしょう。

オフィスビル・商業ビル経営

ビジネス街に広い土地を持っているなら、商業ビルを建築して経営することも可能です。ビルを建築して、テナントに入った業者や企業から収入を得られるため、場合によっては大幅な収益化も目指せます。

オフィスビルや商業ビルは立地が重要であるため、ビジネス街の中でも駅前などアクセスのよい場所に適しています。また、多くのテナントが入れるように、容積率が40%以上ある土地だと、より収益を上げやすいでしょう。

土地を有効に活用するための注意点

所有している土地を有効活用するためには、覚えておきたい注意点がいくつかあります。

  • 土地に合った活用方法を選ぶ
  • 用途地域について把握しておく
  • 周辺環境の調査を怠らない

注意点を正しく把握して、失敗なく土地の有効活用を行いましょう。

土地に合った活用方法を選ぶ

土地活用の方法はさまざまありますが、土地ごとに適した活用方法は異なります。土地の立地や形状、広さなどによって適する活用方法は変わり、向いていない方法で活用すると失敗する可能性が高いです。

所有する土地に合った活用方法を見つけるためには、土地活用のプロに相談して、最適なプランを提案してもらうことがおすすめです。専門家からアドバイスを受け、複数の活用プランを提示してもらった上で、どの活用方法が所有する土地に適しているのか、比較検討してから活用を始めましょう。

用途地域について把握しておく

エリアごとに用途地域が定められており、用途地域によって利用できる土地活用は異なります。エリアによっては高層建築物が建築できない、特定の方法での土地活用ができないこともあります。

そのため、所有する土地がどの用途地域に含まれるかは事前に調べておき、どのような制限があるかは必ず確認しておきましょう。

周辺環境の調査を怠らない

土地活用で収益化を目指すには、ニーズのリサーチをしておくことが大切です。周辺環境の調査を怠ってしまうと、いざ活用してもニーズを獲得できず、収益化につながらないこともあるため注意が必要です。

土地活用を行う前には、必ず周辺環境の調査を念入りに行い、どのようなニーズがあるのかを確認した上で、適切な活用方法を考えましょう。

土地の有効活用に関するQ&A

失敗なく土地を有効活用するには、小さな疑問も事前に解消しておくことが大切です。

  • 土地活用に向いていない土地の場合は?
  • 土地活用の選び方は?
  • 土地活用を依頼する業者の選び方は?

土地の有効活用に関するQ&Aを参考にして、疑問点を解消してから土地活用に臨みましょう。

土地活用に向いていない土地の場合は?

土地のあるエリアや形状、大きさによっては活用に適さないこともあります。活用に向かない土地の場合は、無理に収益化を目指すよりも売却したほうがよいこともあります。

土地を売却すればまとまった現金を得ることができ、得た現金で資産運用をし、利益を生み出すことも可能です。土地活用をした場合とは違い、長期的に収益を得られるわけではありませんが、そもそも活用が難しい土地なら手放して、現金を得たほうがよいことも多いです。

また、土地を売却することで管理の手間や固定資産税などの継続コストの負担がなくなるため、支出を減らせるというメリットもあります。

土地活用の選び方は?

土地活用の方法を選ぶ際には、次のポイントを踏まえましょう。

  • 収益性の高さ
  • 安定性の高さ
  • 節税効果
  • その他の活用方法への転用性

上記のポイントのうち、どれを重視したいかを考えておくことが大切です。収益性を重視したいなら、初期費用は高いもののリターンが大きいアパートやマンション、オフィスビルなどの賃貸が向いています。

安定性で考えるなら、需要を獲得しやすいコインランドリー経営や太陽光発電での利用が適しているでしょう。

節税効果の高さで考えるなら、土地の上に建物を建築して活用する方法がおすすめです。土地活用を行った後、別の方法にスムーズに転用したいなら、建物を建築しない駐車場経営やトランクルーム経営などが向いています。

土地活用を依頼する業者の選び方は?

土地活用を依頼する業者は、念入りに選定することが大切です。

  • 活用開始後のサポートがあるか
  • 業者の財務状況に問題がないか
  • 口コミでの評判がよいか

土地活用を開始した後も、サポートを受けられるなら安心して経営に臨めます。業者によっては土地活用を開始後はまったくサポートをしないこともあるため、アフターサービスがあるかは確認しておきましょう。

土地活用は長期にわたって行うことが多いため、業者からのサポートが長く受けられるかどうかは業者の財務状況も確認しておく必要があります。財務が安定していない業者だと、活用途中で倒産し、サポートを受けられなくなることもあるため、資金力に余裕のある業者を選びましょう

口コミでの評判も重要であり、利用者からの評価も参考にすることがおすすめです。ネット上で批判の声が多くないか、業者のホームページに利用者の声などが載っているかを確認し、評判のよい業者を探しましょう

有効な土地活用で着実な資産形成を目指そう

土地活用の方法はさまざまありますが、どの方法が有効かは土地によって異なります。所有する土地の場合はどの活用方法が有効であるかを、事前に確認しておくことが大切です。

適した土地活用の方法を選ぶことで、損なく収益化を図ることができ、着実な資産形成にも役立ちます。所有する土地の状態や周辺環境をよく確認し、最適な活用方法を見つけて、土地を有効活用しましょう

【完全無料】最適な土地活用って?