新築と中古リフォームはどちらがお得?メリット・デメリットを比較

新築と中古リフォームはどちらがお得?メリット・デメリットを比較

マイホーム購入の選択肢には新築物件中古物件があります。
新築がいいと考える人がいる一方で、あえて中古物件を購入してリフォームし自分好みの住宅を作り上げたいという人もいます。新築住宅を購入するのと中古物件をリフォームするのとには大きな違いがあります。
ここでは、新築と中古物件リフォームのそれぞれのメリットやデメリット、購入のポイントについて解説いたします。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい! という方は未公開物件が集まるHousii(ハウシー)がおすすめ!国内No.1の利用者数を誇る不動産売却プラットフォーム、イエウールと同じ会社が運営するHousiiには市場に広がる前の最新の売却情報が数多く集まってきます。

新築と中古物件リフォームはどちらがお得?

理想の住まいというと、注文住宅などの新築物件が真っ先に思い浮かぶかもしれません。注文住宅であれば自身や家族の希望を余すことなく実現でき、理想通りの住宅に仕上げることができます。
その一方で、希望をすべて叶えようとすると予算が跳ね上がってしまうことがあります。予算内で新築住宅を建てるためには、ある程度妥協するか建売住宅を選ぶしかなくなってしまいます。

近年では、購入した中古物件にリフォームやリノベーションを加えて理想の住宅を作り上げるという人が増えています。
予算内で理想の新築住宅を建てるのが難しいという場合には、中古住宅を購入してリフォームするという方法を検討してみましょう。

中古物件は新築物件に比べて価格が安く、お得に購入できます。購入後にリフォームを施せば、注文住宅を建てるのと同じように理想の住宅に仕上げることが可能となるのです。
ただし、中古物件のリフォームやリノベーションには一定の費用がかかります。床や壁、天井、間取りなどあらゆる部分に手を加えるフルリフォームを行う場合には、1,000万円以上というリフォーム費用がかかることもあるものです。
フルリフォームの費用はときに、新築物件を購入できるくらいの額になってしまうこともあります。

もちろん、リフォームで理想的な住宅を作り、満足できるのであれば問題はありません。しかし、あれこれとリフォームをして費用が膨れ上がった結果「やはり新築にしておけばよかった」と後悔する人もいます。
自分らしい住宅を手に入れるための選択肢は複数あり、それぞれにメリットとデメリットが考えられます。あとあと悔やむことにならないよう、まずは新築物件と中古物件のどちらを選ぶのかを見極めましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

注文住宅などの新築物件を購入するメリット

理想通りの住宅を手に入れたいのなら、新築物件に絞って探すのが最適です。
新築物件の中でも特に自由度が高いのは、やはり自分好みのカスタマイズができる注文住宅です。ここでは主に新築の注文住宅を建てる場合を想定し、メリットをご紹介いたします。

自由度が高い

新築物件には、デザインや間取りを1から設計できるという魅力があります。
中古物件であってもリフォームを行えばある程度好みのデザインに仕上がります。しかし、リフォームには構造上取り払えない部分があるなど、どうしても一部に制限が出てしまうものです。
基本的な間取りのほか、採光や通風などを思い通りにデザインしたいのであれば、注文住宅を選んだほうがよいでしょう。

新品の住宅を手に入れられる

中古住宅は既に誰かが使用した物件です。フルリフォームできれいに生まれ変わらせたとしても、ほかの人が住んでいたという事実は変わりません。
誰も入居したことがないまっさらの状態の住宅を手に入れたい人には新築住宅が向いています。

最新の耐震基準が適用される

住宅を購入するときには安全性にこだわりたいものです。特に、耐震性や耐久性といった住宅の構造部分は多くの人にとって気になるポイントです。
新築物件には最新の耐震基準が適用されているので安心です。また、最新の技術が導入されているため、耐久性のほか断熱性能や省エネ性能も十分です。
ハイスペックな住宅を建てたいのであれば、新築物件を選ぶのがおすすめです。

最新設備を導入できる

新築住宅には最新の設備を導入できます。たとえばキッチンにビルトイン食器洗い乾燥機やタッチレス水栓があれば家事の負担が和らぎます。掃除しやすい浴槽や浴室乾燥機、タンクレストイレといった水回りの設備も重宝します。
大型のビルトイン設備は取り替えるのにかなりの手間がかかります。中古住宅のリフォームで同じような設備を導入する場合には、新築物件に設備を導入するときよりも費用がかかってしまうことがあります。

十分な保証を受けられる

新築物件には、2000年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」による10年間の保証期間がついています。
もしも住宅を建ててから10年以内に基礎などに問題が見つかったときには、保険金で住宅を直すことができます。この保証はどのハウスメーカーで家を建てた場合にも受けられるので安心です。

購入時に税制優遇を受けられる

新築住宅の購入時には税制優遇措置を受けられます。固定資産税の軽減や不動産所得税の軽減といった優遇を受ければ、住宅購入にかかる費用を大きく節約することも可能となります。
ただし、条件によっては税制優遇を受けられないこともあるので注意が必要です。新築住宅を購入するときには制度を詳しくチェックしておきましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築物件を購入することにはデメリットもある

新築物件には家族の希望をたっぷり詰め込めるという良さがあります。しかし、新築物件にももちろんデメリットがあります。
特に、費用面の問題は新築物件を購入する大きなハードルとなるので、慎重に検討することが大切です。ここからは、新築物件購入のデメリットをみていきましょう。

費用が高い

新築物件の最大のデメリットはやはり費用面にあります。
エリアや間取り、デザインによって価格は異なりますが、新築物件の購入には中古物件の2倍や3倍といった費用がかかることがほとんどです。
理想の住宅を手に入れるためには出費はやむを得ないという考え方もあります。しかし、費用についてはある程度シビアに考えておいたほうがいいかもしれません。

工期が長い

注文住宅を建てるのにはまとまった時間がかかります。土地探しから始めた場合には、半年以上という工期が必要となることもあるのです。
住宅探しから入居までの時間を短くしたいのであれば、建売住宅や中古住宅を探したほうがいいかもしれません。

立地条件が悪いことがある

新築物件を建てるときには立地や利便性の条件に妥協が必要となるかもしれません。
立地条件のいい場所には、既にほかの人が住宅やマンションを建てて住んでいることがほとんどです。これから新しい住宅を建てようという場合、理想通りの立地条件を叶えるのはかなり難しいのです。
妥協せず注文住宅を建てたいのであれば、穴場と呼べるような場所をじっくりと探してみましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

中古物件を購入しリフォームするメリット

中古物件の購入には、新築の購入とは違った良さがあります。特に、費用面の節約ができるという点は大きなメリットといえます。
ここからは、中古物件を購入してリフォームを行う場合のメリットについてチェックしていきましょう。

価格がリーズナブル

新築の注文住宅は価格が高く、なかなか手が届きにくいものです。中古物件であれば新築物件に比べ価格が安いため、初期費用を抑えることが可能となります。
注文住宅を購入してあれこれとリフォームした場合でも、新築物件の購入よりもリーズナブルになることがほとんどです。費用を抑えながら新築同様の住まいを作り上げたい方には、中古物件の購入が向いています。

自分好みにカスタマイズできる

注文住宅の購入後にリフォームを行えば、自分好みの住宅に仕上げることができます。
最近のトレンドは、築年数が経過した住宅を古民家風に仕上げたり和モダンのデザインにしたりといったリフォームです。こういったリフォームを施せば、新築とは一味違った独特の雰囲気を演出できます。
さまざまなリフォーム事例をチェックしながら計画を立て、理想通りの住宅を作り上げてみましょう。

あらかじめ生活環境をチェックできる

中古物件を契約する前には物件の見学を行うのが一般的です。自分の目で物件をチェックすれば、実際の生活のイメージが湧きやすくなります。
見学時には住宅のスペックやデザインだけでなく周辺環境もチェックしておくのがおすすめです。利便性や周辺施設などを確認し、そのエリアでどのような生活ができるのかをイメージしておきましょう。

好立地の物件が見つかりやすい

中古物件は新築物件に比べて数が多く、選択幅が広いというメリットがあります。
立地条件のいい新築物件は数が少なく、理想の物件に出会うのは至難の業といえます。しかし、中古物件は思わぬ好立地で売り出されていることもあるものです。好立地の住宅をリーズナブルに購入できるのは、中古物件ならではの魅力といえるでしょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

中古物件をリフォームしようとするときのデメリット

中古物件のリフォームという方法にも当然ながらデメリットはあります。特に、見えない部分に劣化が起きている可能性は必ず考慮に入れておきたいものです。
また、状況によっては思い通りのリフォームができないこともあるので注意が必要です。
ここからは、中古物件を購入後にリフォームするときのデメリットをチェックしましょう。

見えない部分の劣化を把握できない

住宅の基礎となる部分はリフォームでの修繕ができません。基礎部分や見えない部分に劣化が起きていた場合には、いくら丁寧にリフォームを行っても頑丈さに不安が残る仕上がりとなってしまいます。
また、耐震性や断熱性が低く、快適に暮らせない可能性も考えられます。古い住宅を購入するときには購入前に専門業者に依頼して調査を行うなどの工夫が必要になります。

リフォームに一定の制約がある

リフォームはあくまで修繕の一手法なので、住宅のすべてを建て直すというわけにはいきません。また、建物の構造によっては壁面や柱、配管などを撤去できないケースもあるものです。
リフォームをすれば理想通りの住宅に仕上がると考える人もいますが、間取りやデザインの変更には一定の制約が生じる可能性があります。住宅の状況によっては、思い通りのリフォームができないこともあるので気をつけましょう。

住宅ローン審査に通りにくい

中古物件をローンで購入する場合には、ローン審査の難しさについても把握しておきましょう。
一般的に住宅ローンは物件自体を担保にして契約を行います。しかし中古物件は担保としての力が弱いため、どうしても審査が厳しくなってしまうのです。
中古物件を購入するときにはローンの比重を少なくし、自己資金をなるべく多く用意するなどの工夫をしましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築と中古リフォームのそれぞれの費用を比較

国土交通省が2019年に行った住宅市場動向調査では、注文住宅購入時の資金総額平均は5,085万円でした。また、建売住宅の場合でも平均購入額は3,851万円とかなり高い価格です。これに対し、中古住宅の平均総額は2,585万円でした。
もちろん、住宅の価格は地域差が大きいものですし、間取りやデザインによってもかかる費用が異なります。とはいえ、注文住宅の購入費用平均は新築に比べて1,000万円以上安いのです。

住宅をフルリフォームするときの相場は500~1,000万円ほどといわれます。水回りの配管などを移設するときには1,000万円以上という費用が必要です。
エリアや間取りなどの条件を絞りながら新築住宅を建てた場合には、中古物件をリフォームするよりも安い価格で済ませられることもあります。
住宅の購入価格やリフォーム費用の額はケースバイケースです。どのような住宅を購入すべきかと悩んだときには、エリアの特徴や理想とする住まいの条件を比較してみましょう。また、不動産の専門知識をもつ業者に詳しく相談するのもおすすめです。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築購入と中古リフォームのどちらが最適なのかを見極める

理想の住まい生活を実現するために住宅探しをする人は多いものです。
住宅購入の選択肢には注文住宅などの新築物件購入のほかに、中古物件のリフォームという方法もあります。新築住宅と中古住宅にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、まずはそれぞれの特徴を見極めましょう。
無理な予算を組んだり妥協したりすると何十年も先まで後悔が残ってしまうことになるので注意が必要です。生活しやすさと予算のバランスを考えることが、最適な物件に出会うためのポイントといえるでしょう。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
新築と中古の一戸建てはどちらが良い?メリット・デメリットを比較

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し