新築と中古の一戸建てはどちらが良い?メリット・デメリットを比較

新築と中古の一戸建てはどちらが良い?メリット・デメリットを比較

戸建て住宅購入の選択肢には大きく分けて、新築物件と中古物件の2種類があります。新築と中古の戸建てにはそれぞれ選ぶメリットとデメリットがあります。
この記事では、新築戸建てと中古戸建てのメリット・デメリットについて解説いたします。どちらの住宅がよりライフスタイルに合っているのかをチェックしていきましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築戸建てを購入するメリット

新しいものが好きという人にとって新築の戸建てはとても魅力的なものです。新築住宅には新しいということ以外にも、保証面や税制面など多くのメリットが存在しています。
まずは、新築戸建てを購入するメリットについて確認していきましょう。

新しくきれいな住宅で過ごせる

新築物件を購入する一番のメリットは、まだ誰も使っていないまっさらな状態だという点にあります。新しく清潔な状態の住宅で過ごすのは気持ちのいいことです。
特に、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りは人が使うことでどんどん劣化してしまいます。
欧米諸国には、住宅の水回りをこまめにメンテナンスまたはリフォームしてきれいな状態に保つ文化があります。しかし、日本では水回りの補修をあまり行わず使い続けるため、年月の経過とともにどんどん劣化が進んでしまうのです。
こういった事情から、日本ではまっさらな状態の新築住宅が好まれています。

最新の設備が導入されている

住宅の性能や設備は年々進化しています。新築の住宅には最新の構造が採用されており、耐久性や耐震性、防音遮音性、バリアフリー性能などあらゆる面で配慮が行われています。
また、ビルトインコンロやタンクレストイレなど、最新式の設備が導入されているのも嬉しいポイントです。新しい設備は故障も起きにくいため、入居後しばらくは住宅設備を快適に使用できます。最新設備は費用が高いものですが、一度導入すればランニングコストを安く抑えることが可能となります。
新築の住宅にはほかに、太陽光発電や家庭用蓄電池が導入されるケースもあります。中古住宅の場合には、太陽光発電や家庭用蓄電池は構造上の問題で後付けが難しいこともあります。しかし新築であればこれらの設備を問題なく取り付けることができるのです。

新築住宅には10年の保証期間がある

日本では2000年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)が施行されました。この法律には、新築住宅で10年以内に見つかった欠陥に関しては建築会社や施工会社、売主などに瑕疵担保責任を求められるという旨が定められています。
無償で保証を受けられるのは住宅の主要な構造部分をはじめとした一部に限られます。しかし、基礎部分や柱、屋根や窓などの不具合が起きたときに点検や修理をしてもらえるのは大きな安心材料になります。

一定の条件を満たせば税制優遇を受けられる

新築戸建ての購入時に税制優遇が受けられるという点も見逃せません。
住宅の購入費用には固定資産税や不動産所得税などの税金が含まれています。しかし住宅は生活基盤という考え方があるため、住宅購入時には条件に応じた税制の優遇措置を受けられるのです。
たとえば固定資産税は戸建ての場合3年分が半額となります。また、不動産取得税に関しても、固定資産税評価額から1,200万円までの控除を受けられます。ほかに、登録免許税の軽減を申請することも可能です。
中古住宅の場合には固定資産税の軽減措置はなく、不動産取得税の軽減も築年数によって減額されてしまいます。また、新耐震基準に適合していると認められない場合には優遇措置を受けられません。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築戸建てを購入するデメリット

新築戸建てはいいことづくめのように思えますが、やはりネックとなるのは価格の高さです。ランニングコストが比較的安い上に税制面の優遇を受けられるとはいえ、住宅の本体価格や付随する諸費用はかなりの額になってしまいます。
新築戸建てにはほかにもデメリットがあります。新築特有のデメリットについてチェックしておきましょう。

購入価格が高い

新築戸建ては中古住宅に比べて価格が高額になりがちです。
国土交通省が平成28年度に行った住宅市場動向調査では、分譲の戸建て住宅の購入資金は平均で 3,810 万円となっていました。これに対して中古戸建住宅の購入資金は平均で 2,693 万円となっています。
つまり、新築住宅と中古住宅の購入価格には1,000万円以上の差が出るということになります。新築住宅を購入するときには、冷静な費用計画を立てる必要があります。

立地があまりよくないことがある

これから新規で戸建てを建てるという場合、駅前などの好立地を選ぶのは難しいかもしれません。
これは、便利なエリアには既に建物が建てられているためです。中古住宅新築の戸建てを建てる場合には郊外で立地を探すことになるのが一般的です。
とはいえ、チャンスは少ないもののアクセスのいい土地が見つかるケースもあります。地域の情報に詳しい不動産会社に依頼してこまめに情報を集めるなどの工夫をしてみましょう。

住み心地を具体的にイメージできない

新築住宅のイメージは、住宅が建つまで把握できません。特に、ニュータウンの開発に合わせて新築物件を購入する場合には、周辺環境や近隣の住民の雰囲気などを全く把握できないというデメリットが生じます。
近年では模型やCGを使って新築戸建ての完成イメージを共有する不動産会社が増えています。しかし、実際の住宅を見て住み心地や雰囲気を確かめられないのはやはり大きなネックになります。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

中古戸建てを購入するメリット

中古戸建ては過去に別の人が住んでいたからと、住宅選びの選択肢から外している人もいるものです。また、設備が古く劣化しているというイメージをもっている人も少なくないと思います。
とはいえ、中古戸建てには新築戸建てとは違った多くの魅力があります。ここからは、中古戸建てのメリットを確認していきましょう。

購入価格が安い

購入時の費用を重視するのであれば、新築ではなく中古の住宅を選んだほうがいいでしょう。
住宅の価格は年数の経過によって下がっていきます。同じエリアで同じような広さや間取りの条件を持もつ新築住宅と中古住宅がある場合、中古住宅の価格は新築の2分の1程度にまで下落することもあるのです。
売主が早めに手放したがっている住宅はかなりの安値で販売されていることもあります。豊富な情報をもつ不動産会社に相談し、お得な物件を探してみましょう。

自由にリフォームを行える

中古物件を購入したあとにリフォームやリノベーションといった形で手を加えることもできます。
リフォームやリノベーションを行えば住宅の劣化や不具合を改善できるだけでなく、より住みやすく気持ちのいい住宅に仕上げることも可能となります。新築戸建てではなかなかできないようなリフォームをおこない、愛着のもてる住宅を作り上げてみましょう。
もちろん住宅のリフォームやリノベーションにはまとまった費用が必要となります。しかし、中古戸建てを購入してフルリフォームをおこなった場合でも、新築戸建てを購入するよりは安く済ませられることがほとんどです。

設備が既に付帯していることがある

新築物件を購入したあとには家具や家電を買い揃えて設置しなければなりません。しかし中古住宅の場合には、売主が一部の設備を残した状態で引き渡しをおこなうことがあります。
エアコンや照明器具などの設備が取りつけられたままの物件を選べば、初期費用を大きく節約できます。
あとあとのトラブルを防ぐためにも、中古の戸建てを購入するときには、付帯設備をそのまま使っていいのかを売主に確認しておきましょう。

見学や下見ができる

中古物件には、実際に住宅をチェックして選べるという良さがあります。
気になる中古戸建てを見つけたときには見学に足を運び、外観や内部の様子、デザインや日当たり、劣化の状況などを総合的にチェックしましょう。実際に自分が住んでいるような状況をイメージしながら見学を行うのが、ミスマッチを防ぐためのポイントです。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

中古戸建てを購入するデメリット

中古住宅には多くのメリットがありますが、その一方でデメリットも考えられます。中でも冷静に考えておきたいのは、購入後のリフォームやリノベーションに関することです。また、金銭面のリスクについても正しく把握しておきましょう。
ここからは、中古戸建てを購入するときに考えられるデメリットについてご説明いたします。

修繕やリフォームに費用がかかる

中古戸建ては程度の差はあるものの、劣化や老朽化が進んでいるものです。特に、築年数がかなり経過している中古戸建ては修繕費だけでかなりの金額になってしまうことがあるので注意しましょう。
中古戸建てを購入するときには前もって劣化の状況を詳しく確認しておくことが大切です。住宅の購入費用だけでなく、メンテナンスやリフォームにかかる費用も見積もっておけば安心です。

思い通りのリフォームができないことがある

中古住宅の修繕やリフォームにおいて障壁となるのは価格面だけではありません。土地の状況や建物の構造によっては希望するリフォームができないかもしれないという点についても考えておきたいものです。
中古戸建ての購入後に思ったようなリフォームができず劣化した状態の住宅に住み続けることになっては、満足な暮らしは実現できません。
中古住宅を購入する段階では、どのようなリフォームができるのかを確認しておくのがおすすめです。リフォームに関する豊富な知識やスキルを持ち合わせている不動産会社やリフォーム会社を選び、相談してみましょう。

住宅ローンの審査が厳しくなる

中古住宅は新築戸建てに比べて住宅ローン審査が厳しい傾向にあります。
住宅ローンは、金融機関が建物を担保として融資額を決めるという仕組みになっています。新築戸建てであれば担保となる建物に大きな価値がありますが、中古の戸建て住宅は築年数が経過するほど価値が下がってしまいます。担保としての力が弱まっている中古の戸建て住宅では、十分な融資を受けられないことがあるのです。
住宅の状態によっては審査自体に通らないこともあるので注意しましょう。購入前に資金計画を建て住宅ローンの仮審査を受けるなどの工夫を行えば、ローンに関する不安を払拭できます。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築か中古のどちらがいいかを選ぶときのポイント

新築住宅と中古住宅のうち、より多く取引が行われているのは新築住宅です。国土交通省の調査では、日本のすべての住宅の流通量に占める中古住宅のシェアは約14%にとどまるといいます。
これに対して、欧米の多くの国では中古住宅がよく売れています。イギリスでは中古住宅のシェアは約86%、アメリカに至っては約90%にも及ぶのです。
この調査結果には、日本人の気質が関係していると考えられます。欧米諸国では昔からリユースやリサイクルの考え方が一般的でしたが、日本人の多くは住宅に限らず中古のものをあまり好まない傾向にあります。

日本では新築物件が好まれることもあり、空き家の増加が問題視されています。この流れを受けて政府は2006年に住生活基本法を施行しました。
住生活基本法では、住宅診断(ホームインスペクション)の普及などを通して、中古住宅市場の活性化を目指しています。
中古住宅というと古く劣化したイメージがあるかもしれませんが、現在は新しく清潔な中古戸建て住宅も数多く販売されています。築浅の物件や住宅診断が行われた物件を選べば、それほど不安なく生活することが可能となります。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

新築戸建てと中古戸建てを分け隔てなくチェックし、比較検討しよう

新築戸建てと中古戸建てにはそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらが優れていると一概に言えるものではありません。
住宅を選ぶときの基準は人それぞれです。どのようなポイントを重視したいのか、まずは住宅に対する希望を挙げて優先順位をつけていきましょう。特に、住宅を購入するときの費用面は冷静に見極める必要があります。
新築戸建てと中古戸建てを分け隔てなくチェックし比較検討し、理想的な住宅を探してみましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し