RC構造とは?S造やSRC造との違いやメリット・デメリット

RC構造とは?S造やSRC造との違いやメリット・デメリット

RC構造は、マンションや一般住宅などに採用されている構造形式で、耐久性や耐震性、耐火性に優れているという特徴があります。多くのメリットがある一方で、建物全体の重量が重くなるといったデメリットもあるため、すべてのケースで最適というわけではありません。

この記事では、RC構造の特徴やメリット・デメリット、S造やSRC造との違いなどについて解説します。構造形式について詳しく知りたい方は、ぜひチェックしてください。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

RC構造とは柱や梁を鉄筋コンクリートで構築した建物

RCとは「Reinforced Concrete」の頭文字を取った言葉で、鉄筋コンクリートを意味します。RC構造とは、柱や梁といった主要な構造部を鉄筋コンクリートで構築している建物構造のことです。比較的自由な形状の建物を設計できる、耐久性や耐震性に優れている、といった利点があり、マンションや一般住宅など幅広い用途の建物に採用されています。ここでは、RC造の一般的な特徴について解説しますので、チェックしておきましょう。

RC構造は鉄筋とコンクリートの弱点を補い合う構造

コンクリートは圧縮力に強いのですが、引張力には弱いという特徴をもっています。耐火性が高く、火事に強いのもコンクリートの大きな特徴です。一方の鉄筋には、引張力に強く、圧縮力に弱いというコンクリートとは逆の特徴があります。耐火性が低く、錆びやすいことも鉄筋の弱点です。RC構造は、鉄筋とコンクリートの弱点を補いつつ、それぞれの強みを活かした建物形式といえるでしょう。

RC構造は型枠にコンクリートを流し込んで構築される

RC構造の建物を建てる際は、現場で鉄筋を組んで周りを型枠で囲み、その中にドロドロの状態のコンクリートを流し込みます。一定時間が経過してコンクリートが固まったら、型枠を解体することで柱や梁が完成します。建設現場では、鉄筋工、型枠工、コンクリート工といった複数の職種が動くため、他の構造と比較すると工数がかかり、建設コストが高くなるケースもあるため注意が必要です。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

RC構造以外の代表的な建物構造の種類

RC構造以外の建物構造としては、S造、SRC造、木造などが挙げられます。以下、それぞれの特徴について紹介しますので、RC造との違いを確認しておきましょう。

柱の少ない大空間を実現できる「S造」

S造とは鉄骨造のことで、柱や梁などの骨組みを鉄骨で構築した構造形式を意味します。粘り強さやしなやかさがS造の大きな特徴です。柱の少ない大空間を実現できるため、体育館やオフィスビル、工場や倉庫などを建てるときに適しています。

コンクリートを使用しないため、RC造やSRC造と比較すると建物全体が軽くなることも特徴のひとつです。超高層ビルなどの建設には向いていますが、揺れやすいというデメリットもあります。

S造は、鋼材の厚みよって重量鉄骨造と軽量鉄骨造に分けられます。鋼材の厚みが6mm以上のものが重量鉄骨造、6mm未満のものが軽量鉄骨造です。重量鉄骨造は主に高層ビルなどの大規模な建築で採用され、軽量鉄骨造はアパートや一般住宅などの小規模な建築で採用されるケースが多いでしょう。

鉄骨と鉄筋コンクリートのメリットを併せた「SRC造」

SRCとは「Steel Reinforced Concrete」を略した言葉で、鉄骨鉄筋コンクリートを意味します。SRC構造とは、柱や梁などを鉄骨鉄筋コンクリートで構築した建物のことです。SRC構造の柱や梁は、鉄骨を組み、その周囲を鉄筋コンクリートで固めることで完成します。SRCは、鉄骨の粘り強さとしなやかさ、鉄筋コンクリートの耐久性や耐火性を併せ持つ構造といえるでしょう。

SRC造の柱や梁は強度が高いため、RC造と比較すると細い部材で建物を構築できます。高い耐震性や耐火性が求められるタワーマンションや高層ビルなどに採用されるケースが多いでしょう。ただし、材料費が高くなったり、工期が長くなったりするため、建設費が高くなるというデメリットもあります。マンションの場合であれば、賃料や販売価格が高くなるため注意が必要です。

建設コストが安い「木造」

木造は、柱や梁に木材を使用した構造形式のことです。主に一般住宅や低層のアパートなどを建てる際に採用されます。木造には、木造軸組工法やツーバイフォー工法などさまざまな工法があり、目的や状況に応じて最適なものが選択されます。RC造やS造などと比較すると、建設コストが安いのが大きな特徴です。木材には、加工しやすい、リフォームしやすいなどのメリットもあるため、多くの住宅で採用されています。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

RC構造の6つのメリット

RC構造には、耐震性や耐火性が高い、自由なデザインの建物を設計できる、遮音性に優れている、といったメリットがあります。以下、それぞれのメリットについて詳しく解説しますので、チェックしておきましょう。

耐震性が高い

耐震性が高いことは、RC構造の大きなメリットです。地震が発生すると、建物は伸びたり縮んだりして変形しようとします。RC構造の場合は、引張力に強い鉄筋と圧縮力に強いコンクリートが地震の力に抵抗してくれるため、簡単に建物が壊れることはありません。RC構造は、地震の多い日本において、住む人の安全を確保してくれる構造形式のひとつといえるでしょう。

耐火性が高い

耐火性が高く、火事に強いことも、RC構造のメリットのひとつです。RC構造の建物では、柱や梁、壁などにコンクリートが使用されているため、通常の火事で強度が低下したり、建物全体がすぐに倒壊したりすることはありません。木造などと比較すると、万が一火事が発生した場合でも安全に避難できますし、建物への被害も最小限に抑えられるでしょう。

延焼を防止できる

ことも大きなポイントです。RC構造の場合、建物内部で発生した火事は外へ広がりにくいため、近隣の建物へ燃え移ることを防げます。マンションの場合でも、住戸間の壁は耐火性が高いため、延焼を抑制することが可能です。

デザインの自由度が高い

自由なデザインの建物を実現できることも、RC構造のメリットといえるでしょう。構造的な強度さえ確保できれば、木造などでは実現しにくい、柱のない大空間や大きな窓なども設計できます。費用はかかりますが、曲線的な形状の壁を作ることも可能です。コンクリート打放しやタイル貼りなど、さまざまな仕上げを選べることも大きな特徴といえるでしょう。

遮音性が高い

遮音性の高さもRC構造の魅力のひとつです。RC構造の建物には隙間がなく、気密性が高いため、外部や隣戸からの音の透過を防げます。窓などの開口部もあるため、すべての音を遮断できるわけではありませんが、木造などと比較すると、騒音の少ない快適な生活を実現できるでしょう。逆に、生活音が近隣へ聞こえて迷惑をかける心配も少ないため、小さな子どもがいる場合でも安心して暮らせます。

断熱性が高く省エネ効果を期待できる

RC構造は断熱性が低いのではないかと不安を感じる人もいますが、実際は断熱処理がしっかりと行われているため心配はありません。RC構造は気密性が高く、マンションでも一般住宅でも断熱材が用いられているため、むしろ断熱性は高いといえるでしょう。

内部も外部もコンクリート打放しなど、デザイン性を重視すると断熱性は低下してしまいますが、一般的な建物の場合、断熱性を気にする必要はありません。エアコン効率なども高まるため、省エネ効果や光熱費の削減も期待できます。

メンテナンスしやすい

メンテナンスしやすいこともRC構造のメリットです。地震の影響や経年劣化により、壁などに小さなクラックが発生する場合もありますが、補修剤などを使うことで簡単にメンテナンスできます。RC造の法定耐用年数は47年で、木造の法定耐用年数22年と比較しても長く、適切なメンテナンスを継続することで長期的に利用できるでしょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

RC構造の3つのデメリット

RC構造にはさまざまなメリットがある一方で、建設コストが高くなる、工期が長くなる、といったデメリットもあります。ここでは、 それぞれのデメリットについて詳しく解説しますので確認しておきましょう。

建設コストが高くなる

木造などと比較すると建設コストが高くなってしまうことは、RC構造のデメリットのひとつです。RCの柱や梁、壁などを構築する際は、鉄筋工事、型枠工事、コンクリート工事など、多くの工事が行われます。材料の種類が増えたり、工程が複雑になったりする分、建設コストが高くなってしまうのです。

ただし、耐久性の高さやメンテナンスの容易さなども考慮すると、トータルコストは安いともいえるでしょう。新築する建物の構造形式を選ぶときは、建設コストだけでなく、長期的な視点で費用を計算することが重要です。

工事期間が長くなる

RC構造には、木造と比較して工事期間が長くなるというデメリットもあります。建物の大きさや工事の時期などにもよりますが、一般的な木造住宅の工期が3〜4ヵ月であるのに対して、RC住宅の工期は5〜6ヵ月程度です。前述のとおり、RC構造の工事においては作業工程が複雑なだけでなく、コンクリートが固まるまでの養生期間も必要であるため、全体の工期が長くなってしまいます。

地盤の補強が必要なケースもある

RC構造の建物は、木造や鉄骨造と比較するとかなり重いため、地盤の補強が必要なケースもあります。地盤が弱い土地に、そのままRC構造の建物を建設すると、建物が傾いたり倒壊したりする可能性もあるため注意が必要です。ただ、地盤の補強にはコストがかかるため、土地の状況や予算など、さまざまな視点から検討して構造形式を決定するとよいでしょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

RC構造の住宅を選ぶときの2つのポイント

実際にRC構造の住宅を選ぶときは、遮音性能や断熱性能などに注意しましょう。以下、それぞれのチェックポイントについて解説します。

遮音性能をチェックする

遮音性が高いことはRC構造の特徴ではありますが、実際にどの程度の音が聞こえるかは建物によって異なります。たとえば、大通りに面した窓がある場合、いくらRC構造でも外部の音が気になるケースもあるでしょう。分譲マンションや建売住宅を購入する場合は、実際に現地で音を確認することが大切です。

分譲マンションの場合は、隣の住戸からの音についてもチェックしておきましょう。壁を叩いてみて、低く詰まったような音がする場合は、遮音性能が高いといえます。壁が薄かったり、密度が低かったりすると、高い音になるため注意が必要です。内見のときに、可能であれば隣の住戸から壁を叩いてもらい、こちら側でどの程度の音が聞こえるかを確認してみるとよいでしょう。

これからRC構造の戸建てを設計する場合は、遮音についての要望をしっかりと伝えておくことが大切です。遮音性能を重視したい、遮音より大きな窓が欲しいなど、希望を伝えておくことで理想に近いRC住宅を実現できます。

断熱処理の方法について確認する

RC住宅を選ぶ際は、断熱処理の方法について確認しておくことも重要です。外部に面したコンクリート部分に断熱処理をするのが一般的なのですが、建物が完成してしまうと、壁の内側の断熱部分を見ることはできません。

断熱処理が不十分な場合、結露が発生しやすくなるため、内見時に断熱処理の方法について担当者に質問してみるとよいでしょう。実際にRC構造の住宅で生活する際は、適度に換気をして、結露を防止することも大切です。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

目的に応じて最適な構造形式を選ぼう

今回は、RC構造の特徴やメリット・デメリット、S造やSRC造との違いについて解説しました。RC構造には、耐火性や耐久性が高く、自由なデザインを実現しやすい、といったメリットがあります。

一方、木造などと比較すると建設コストが高くなる、工期が長くなるなどのデメリットもあるため注意が必要です。どの構造形式にも利点と欠点があるため、建物の目的に応じて最適な構造を選ぶようにしましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し