マンションの配管寿命や交換費用の目安を詳しく解説

マンションの配管寿命や交換費用の目安を詳しく解説

我々は普段の生活で何気なく水道を利用していますが、水道を当たり前のように利用できているのは、配管が問題なく機能しているからです。
しかし配管も消耗品である以上、ある程度の時間が経てば劣化が進み不具合が目立つようになってしまうので、修理や交換といった対処が必要になります。

本記事では、マンションの配管寿命や交換費用の目安、マンション配管のよくある不具合、配管が安心なマンションの見分け方などについて解説します。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

マンションの配管寿命はどれくらい?

マンションの配管はステンレス鋼管や硬質ポリ塩化ビニル管・ポリエチレン管などがあります。築年数が経過している住宅の場合には鉄管・鉛管・銅管などのさまざまな種類があり、それぞれで配管寿命は若干異なります。

使用状況などにもよりますが、それぞれのおおよその配管寿命は以下の通りです。

鉄管:15年~20年
鉛管:15年~20年
銅管:20年~25年
ステンレス鋼管:30年~40年
硬質ポリ塩化ビニル管:20年~25年
ポリエチレン管:30年~40年

最近の住宅には鉄管・鉛管・銅管の配管はほぼ利用されていないことを考えると、マンションの配管寿命は30年前後だと考えておくのがよさそうです。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

マンション配管のよくある不具合

マンションの配管が劣化して起きる不具合としては、主に以下のようなことが挙げられます。

水漏れがする
水の流れが悪くなる
水にサビが混じって赤っぽくなる
水が濁ってくる

耐用年数が経過して寿命が近づいてきた配管は、さまざまな不具合を起こしがちです。

水漏れがする

配管が詰まって劣化したりパッキンが緩んだりといったことが原因で、水漏れしてしまう可能性があります。

日常生活に支障をきたすことはもちろん、水漏れが原因でカビなどが繁殖しやすくもなってしまうので、早急に点検や配管工事などといった対処を行ってもらうべきでしょう。

水の流れが悪くなる

配管の詰まりは、水の流れにも影響します。

配管が詰まっているわけではない場合でも、配管内部の損傷・劣化が水の流れに影響を及ぼすことがあります。

高圧洗浄などの定期的なメンテナンスで状況が改善することもありますが、メンテナンスを行ってもすぐにまた流れが悪くなってしまうような場合は、新しい配管への交換を検討したほうがよいでしょう。

水にサビが混じって赤っぽくなる

金属管の場合、配管内部の腐食や劣化などが原因で水にサビが混じって、赤っぽくなってしまうことがあります。

金属は一度劣化してしまうとそこから回復することはないので、この症状が見られたら早めに対処を行う必要があります。

水が濁ってくる

水が濁っている場合は上述したサビが原因の場合もありますが、その他にもパッキンの緩みが原因で水に不純物が混入してしまうようなケースも考えられます。

原因次第では修理やメンテナンスで対応できる場合もありますが、何度修理やメンテナンスを行っても状況が改善されない場合は、配管工事や交換を検討するのが賢明です。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

マンション配管工事の依頼先は?

マンションの配管工事を行うためには、特別な資格が必要なわけではありませんし、街中には水道工事を請け負うという看板を掲げているお店や業者などがたくさんあります。
しかし実際に配管工事を依頼する場合は、「指定水道工事店」に認定されているところを選ぶのが安心です。

指定水道工事店は水道局が公的に認定している業者であり、指定水道工事店でなければできない配管工事や水道工事などもあります。
指定水道工事店には、厚生労働省が定める国家資格である「給水装置工事主任技術者」の保有者も必ず在籍しているので、安心して工事を依頼することができます。

点検や見積もりが無料だったり、後払いやキャッシュレスでの支払いに対応していたりするようなところだと、より安心して依頼を行えるでしょう。

配管工事を行える範囲を確認する

マンションで配管工事を依頼する場合にとくに注意しておかなければならないのは、マンションには「共用部分」「専有部分」があるということです。

専有部分は各居住者の財産ですが、共用部分はマンション居住者全員の財産なので、一人の判断で配管工事を依頼することはできません。
配管工事を依頼したい場合は、その配管が専有部分のものであるかどうかを事前に確認したうえで、依頼するようにしましょう。

専有部分なのか共用部分なのか判断が付かない場合は、管理規約をチェックしたり管理組合に相談したりするのが賢明です。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

マンション配管工事の難易度

マンションの配管工事の難易度は、水道管がどこに配置されているかで大きく変わります。
マンションの構造には、マンションのコンクリート部分である「躯体」に直接床材が貼り付けられているタイプと、躯体の間にスペースを設けて床を作っている二重床タイプがあります。

このうち二重床タイプの場合は、比較的簡単に配管工事を行うことができますが、躯体に直接床材が貼り付けられているタイプの場合は、難易度がグッと上がります。
躯体に直接床材が貼り付けられている場合、配管がコンクリートの中に埋められてしまっているからです。

冒頭で触れたとおりマンションの配管寿命は30年前後ですが、コンクリートの寿命は60年超と言われているので、配管の寿命が来たとしても交換や修理を行うことができません。どうしても交換等を行いたい場合はコンクリートの一部もしくは全部を壊さなければなりません。
30年と言えばマンション全体で大規模修繕を行うタイミングでもありますが、躯体に直接床材が貼り付けられているマンションでは、そのタイミングで配管工事を行えない可能性もあります。

なお、躯体に直接床材が貼り付けられているタイプのマンションでも、水回り等の配管があるところだけは二重床構造になっているようなマンションもあります。
配管工事を依頼したい場合は、事前に自分が住んでいるマンションはどのような構造になっているのかを確認しておくとよいでしょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

マンション配管工事の費用目安

マンションの配管工事にかかる費用の目安は、どの程度の工事を行うかによって変わってきます。
給水管や排水管の一部を交換したり修理したりするだけであれば、10,000円~15,000円程度で収まります。

しかし、配管全体を交換しなければならない場合は、給水管の場合は10万円~20万円程度、排水管の場合は20万円~30万円程度必要です。
給排水管全体を交換する場合は、30万円~50万円程度を見ておきましょう。

上述したのはあくまでも配管を交換するためだけの費用です。配管を交換するためには床や壁を解体しなければなりませんし、場合によっては水回りの設備などを移設しなければならない可能性もあります。
そのため、トータルでの費用はさらに上乗せになり、規模によっては100万円近くかかる可能性もあるでしょう。

このように高額になりやすいマンションの配管工事なので、事前に見積もり(できれば相見積もり)を取ってから検討するのが賢明です。

工事を行った後のアフターフォローまで工事費用に含めてくれるところもあるので、そういったところに依頼を行えば、工事後に万が一のことが起きた場合でも安心です。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

配管が安心なマンションの見分け方

配管に問題があると生活に支障が出てしまいますし、工事を行えば対処はできるものの、工事の規模によってはかなりの出費になってしまうので、配管が安心なマンションを選ぶのが望ましいです。

配管が安心なマンションを見分けるためには、以下のような点に注意しておくとよいでしょう。

築浅である
修繕履歴・修繕計画がしっかりしている
管理会社や管理組合による管理が行き届いている
点検口がある

築浅である

配管は年月が経過すればどんどん劣化していくものなので、なるべく築浅のマンションを選んだほうが、配管の不安が少ないことは間違いありません。
ただ、そのマンションの配管が今後十数年にわたって安心かどうかは分かりません。

今後マンションを買い替えて引っ越す予定があればよいですが、そうでない場合は築浅というだけでマンションを購入するのは不安なので、あくまでもひとつの要素としてとらえておく程度にしておくのがよさそうです。

修繕履歴・修繕計画がしっかりしている

これまでにどのような修繕が行われ、今後どのような修繕が行われる予定かは、配管の安心度をチェックするうえで欠かせないポイントです。
何か問題が発生した際にすぐに修繕が行われていることはもちろん、問題を事前に防ぐことができるような修繕が定期的に行われているようなマンションであれば、配管の安心度は高いと言えるでしょう。

今後の修繕計画に関しては、大規模修繕の予定表などで確認することができるので、大規模修繕を近々に控えているのであれば、その内容を確認してみるのもよいかもしれません。

管理会社や管理組合による管理が行き届いている

マンションの専有部分の管理やメンテナンスは居住者自身が行いますが、共用部分の管理やメンテナンスは、管理会社や管理組合によって行われます。

そのため、マンション全体の管理が行き届いているようなマンションであれば、配管に何か問題があったとしてもすぐに対処してくれるので、安心して入居できます。

実際に住んでみなければ分からない場合もありますが、マンションの外観や共用部分をチェックするだけでも、管理の行き届き具合はある程度把握できるものです。

点検口がある

点検口があるマンションであれば、定期的に配管のチェックを行うことができるので安心です。
配管に何かトラブルがあった場合でも、修理や工事を依頼する前に点検口から自身の目で確認することによって、適切な対処を取りやすくなります。

また、点検口があるようなマンションは配管を長持ちさせることを意識して建てられていることも多いので、結果として配管が安心できる状態である可能性も高いです。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

配管寿命が近付いてきたら適切な対処を行うことが重要

マンションの配管が寿命に近付いてきたら、水漏れがしたり水の流れが悪くなったりして、生活に支障をきたす可能性が高いです。
マンションに入居したタイミングや配管に用いられている素材などによって、入居後何年程度で配管が劣化しだすかはさまざまですが、寿命が近付いてきたなと感じたら即座に対処することが重要です。

配管工事を依頼する場合は、工事を依頼する部分が専有部分の配管であることを確認したうえで、指定水道工事店に依頼することを心がけましょう。
配管全体を交換することになった場合には数十万程度の費用がかかることになるので、マンションを選ぶ段階で配管が安心なマンションを見分けるようにすることも、重要なポイントです。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し