一軒家とマンションの徹底比較|それぞれのメリットとは

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

一軒家とマンション、それぞれにメリットがありデメリットもあります。このページでは、一軒家とマンションをさまざまな角度から比較していきます。「戸建てとマンションどちらにすれば良いのか悩んでいる」という人は、ぜひ本記事をお役立てください。

先読み!この記事の結論
  • 一軒家は購入費が高くなる傾向がある。
  • マンションは月々のランニングコストが高くなる傾向がある。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。


「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

一軒家とマンションそれぞれのメリットは?

まずは、一軒家とマンションそれぞれのメリットについて解説します。一軒家は周辺環境をそれほど気にしなくても良く、複数階持てるメリットがあります。マンションは、基本的には立地が良く、種類によっては非常に日当たりと眺めが良いでしょう。どちらにも長所がありますので、以下で詳しく見ていきます。

-1.一軒家は騒音を気にしない

一軒家のメリットは、音をそれほどを気にしなくて良いところです。建物が独立しているとはいえ、あまりにも大きな音を出してしまうのはよくありませんが、マンションほど隣人に気を遣うことはありません。周辺環境次第では、クレームもこないので。映画や音楽を部屋の中で満足できる音量で楽しめるでしょう。

-2.良い立地なのはマンション

立地的に優れているのは、マンションです。すべてのマンションがそうとは限りませんが、駅から近いなどのメリットが持てるのは、一軒家よりもマンションです。駅周辺などの土地は、どうしても土地代が高くなってしまい、一軒家を建てることは難しい傾向にあります。マンションであれば、一世帯だけではありませんので、土地を安く入手できるでしょう。

-3.階数は一軒家

一軒家であれば、1階だけではなく、2階、3階と複数階持てることで、広々と家を利用できます。また、土地の広さによっては、庭付きも可能です。マンションは、複数階持つことが難しく、庭があるところは少ないです。庭で家庭菜園やバーベキューを楽しんだり、子どもたちの遊び場を造れることは、一軒家のメリットになるでしょう。

-4.眺めが良いのはマンション

マンションの高さや周辺環境にもよりますが、タワーマンションなどであれば、美しい景色や夜景を家の中から楽しむことができます。また、北向きの住宅であっても、日当たりが良いでしょう。一軒家の場合、立地によっては、日当たりが悪い可能性があり、マンションほどの高さを出すことは難しいので、高台に住む以外、眺めが良いことはありません。
タワーマンションならば、眺めや日当たりの良さ以外にも、防災防犯に長けていることもあり、ラウンジ、キッズルーム、屋上庭園、ジム、コンビニ、スーパーマーケットなど便利な共用施設もあります。資産価値も下がりにくく、通常のマンションとは一線を画するメリットがあるでしょう。
  • 各々にメリットあり
  • 一軒家は住みやすい
  • マンションは眺め良好
 class=

一軒家とマンションのデメリットも比較

メリットについてひと通り解説してきたところで、デメリットを比較します。一軒家はバリアフリーが難しく、購入費が高くなる可能性があるでしょう。マンションは増築できないデメリットがあり、固定資産税が高いことも難点です。一軒家とマンションのデメリットについて詳細を見ていきます。

-1.一軒家はバリアフリーが難しい

一軒家の場合、複数の階を持っていることが基本です。そのため、バリアフリーを充実するためには、階段に手すりなどを付けなければなりません。エレベーターの取り付けもできますが、費用面を考慮する必要があるでしょう。リフォームの際に構造的な問題でバリアフリーが難しい可能性もありますので、家を建てる前から意識しておくことをおすすめします。

-2.マンションは増築できない

マンションは、増築に制限がかかるデメリットがあります。リノベーションができる部分は限られ、共有部分は不可能です。一方、一軒家であれば、自由に増築でき、思い通りのリフォームが可能です。
タワーマンションに限っては、「敷地が広い」「高層」というメリットがありますが、移動に一苦労することもあります。また、階数によっては強い風に影響され、室外に洗濯ものを干せないデメリットもあるでしょう。増築できないだけではなく、多少の住みづらさを感じてしまうのがマンションです。

-3.一軒家の購入費は高くなる可能性アリ

一軒家の購入費は、比較的高いです。建物に合わせて、価値の下がりにくい土地も所有することにより、高値になってしまう傾向があるでしょう。また、イチから建物を造る注文住宅であれば、価格は高いです。完成済みの物件であれば、コストを下げることが可能です。マンションは、土地代を考える必要がありませんので、一軒家よりは安くなるでしょう。

-4.マンションの固定資産税は高い

マンションのデメリットは、鉄筋コンクリート造であれば建物評価額が高くなり、固定資産税が高くなってしまうことです。一軒家は建物評価額が低くなり、固定資産税も低い傾向にあるでしょう。しかしながら、建物評価額が高いことは、売却時には有利です。もし売却することになったら、不動産一括査定サイトの「イエウール」を活用してください。複数社からの査定額を比較でき、高値で売却することが可能です。
  • デメリットはさまざま
  • 一軒家は購入費が高い
  • マンションは税金高い
 class=

生涯コストは人によって様々

一軒家とマンションの生涯コストも気になるポイントです。結論から先に述べれば、どちらが有利なのか断言できませんが、購入費や税金などの金銭面においてそれぞれに差がありますので、ランニングコストや資産価値などについて解説していきましょう。

-1.ランニングコストは重要

一軒家においてランニングコストは、修繕費のみ。給湯器など数十年に一度取り換えるべきものがありますが、月額1万5,000円ほど積み立てておけば安心です。一方、マンションのランニングコストには、「管理費」「修繕積立金」があります。月に2万5,000円程度が相場になりますので、一軒家よりも高値。しかも、修繕積立金に限っては値上がりすることもあるので、ランニングコストにおいては一軒家の方がお得です。

-2.資産価値も無視できない

「ひとつの家にずっと住み続ける」というライフスタイルが昨今までは定着していましたが、現在は、住み替えることも多くなってきました。住み替えにとって重要なのは、資産価値です。高い資産価値によって高値で売却できれば、残っていたローンなども完済することができるでしょう。資産価値は、駅チカなどの利便性の高い土地の方が高いため、一軒家よりは、マンションの方が有利です。一軒家の土地所有はメリットに感じられるかもしれませんが、人口減少などを理由に場所によっては、価値を与えられないこともありますので、注意が必要です。

-3.駐車場料金もかかる

生涯コストにおいて、駐車場料金も無視できません。一軒家であれば、駐車場を一緒に作ることできます。つまり、駐車場料金は無料になりますので、自動車ライフを満喫できるでしょう。一方、マンションは、駐車場料金が別途かかることがほとんどです。マンションに駐車場がない場合は、別のところで月極駐車場などを利用することになるでしょう。東京都ならば、月に2万円以上を目安にしてください。
  • ランニングコストは肝
  • 資産価値をチェック
  • 駐車場料金の有無確認
 class=

防犯や防災はどちらが優れている?

一軒家とマンションの徹底比較として、防犯や防災面も重要です。長く住む住宅に危険があってはいけません。では、一軒家とマンションのどちらが防犯や防災に優れているのでしょうか。防犯や防災だけではなく、高齢者対策についても解説していきましょう。

-1.防犯はマンションの方が優れている

防犯に優れているのは、マンションだと言えそうです。建物にもよりますが、オートロックを採用していることも多く、エントランスと部屋に鍵をかけられる二重施錠ができます。また、警備員が常に巡回していることや監視カメラが設置されているマンションもあります。エレベーターを乗る際にも鍵を必要としている建物ものもあり、これであればかなり強度なセキュリティです。もちろん、防犯性に優れていても、侵入されてしまう可能性はあるので、その他の対策をしておきましょう。

-2.一軒家の防犯は個人による

一軒家の防犯性に関しては、個人によります。警備員をつけている大きな家を所有している人もいますし、別途防犯カメラを設置している住宅もあるでしょう。しかしながら、こうした防犯対策をしていない一軒家もあり、中でも、1階などは広い開口部が多く、侵入されやすい傾向にあります。「防犯対策を徹底したい」という人は、設計の段階から、塀や柵などを設けることをおすすめします。プラスアルファで防犯カメラや防犯窓などのセキュリティグッズを活用しましょう。ホームセキュリティサービスなどもありますので、加入することで防犯性を高められます。

-3.防災に関しては両方とも良い

住居を建てる際には、耐震の基準が法律で定められていますので、一軒家、マンション共に問題ないと言えるでしょう。
タワーマンションのような建物であれば、耐震性に優れていたり、通常マンションにおいても、防災倉庫などが設置されていることもあります。鉄筋コンクリート造であれば、火事対策にもなるでしょう。
新しく家を造る際は、災害に影響されるエリアなのかどうか必ずチェックするようにしましょう。災害時に給付金が支給されることもありますが、修復代など考慮すればマイナスになってしまう可能性もあります。また、欠陥住宅を買わないように気を付けましょう。「雨漏り」「傾き」「ひび」などのある住居は、住みやすいとは言えませんし、将来的に心配でもあります。不動産売買においてもデメリットが多いので、物件選びは慎重に行いましょう。

-4.高齢者は狭い方が住みやすい

防犯や防災につながる話として、高齢者対策についても触れておきましょう。高齢者は一軒家ではなく、マンションに住み替えている傾向もあります。マンションであれば、段差のないフラットな環境であり、階段はないので掃除がしやすいです。また、マンションは利便性の高い場所にあり、病院やスーパーも近い立地にあることがほとんどです。そしてセキュリティ面もしっかりしており、一軒家特有の庭の手入れをする手間もなくなるでしょう。
  • 防犯はマンション有利
  • 一軒家は家庭による
  • 防災は環境による
 class=

それぞれのライフスタイルに合った家選びを

一軒家とマンション、どちらを購入すべきなのか断言できませんが、それぞれにメリット・デメリットがあります。メリットは、一軒家は独立していることから騒音を気にすることなく、複数階持てるでしょう。子どもたちの遊び場となる庭付きも可能です。
マンションは駅チカなどの良い立地であり、種類によっては、日当たりも眺めも良いです。一軒家のデメリットは、バリアフリーが難しく、土地代が含まれ購入費が高くなる可能性もあります。マンションは、増築に制限があり、固定資産税が高い傾向にあるでしょう。
一軒家とマンションの生涯コストは、人によって異なります。「管理費」「修繕積立金」「修繕費」「駐車場料金」などのランニングコストや資産価値について理解を深め、自分のライフスタイルに合った家選びを実現させましょう。
防犯、はマンションの方が優れている傾向にあり、一軒家は人によります。防災に関しては両方とも良いと言えますが、防災・防犯に関して意識することは非常に重要です。一軒家とマンションそれぞれについて知り、正しく賢く家選びをしましょう。

住み替えで迷っているなら最大6社で比較できるイエウール

「住み替えるために不動産を売却したい」という人は、一括査定サイトがおすすめです。中でも「イエウール」は、「使いやすい」「わかりやすい」と好評。イエウールは、最大6社で査定額を比較でき、損をしないで不動産を売却することが可能です。また使い方もわかりやすく、都道府県や物件種別などの基本的な情報を入力すれば、一括査定できるサイトです。各不動産会社の特徴なども把握できますので、企業選びに失敗することも少ないでしょう。
また、イエウールでは、「不動産売却に関するQ&A」という項目があり、マンション売却・マンション査定の質問や家を売るにあたっての質問、固定資産税に関する質問などをわかりやすく答えているサイトでもあります。「売却したことがないので不安」という人にもおすすめのサービスになっていますので、初心者も安心です。イエウールで失敗のない不動産売買を実現させましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?