目的別にみるおすすめの土地活用方法をご紹介!

目的別にみるおすすめの土地活用方法をご紹介!

いざ土地活用を行うといっても土地活用の方法は数多く、どのような土地活用をすればいいのか決めかねている方もいるかもしれません。

今回は土地活用を行う目的やその目的に応じた活用方法、また立地を考慮した土地活用方法を紹介します。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用をする目的と活用方法

ここでは土地活用を行う目的とその目的に合った土地活用を紹介していきます。

それぞれの活用法ごとにどんな活用法か、どのようにして収益が入ってくるか、メリットとデメリットは何かを紹介しているので自分の希望に合った活用法を探してみてください。

初期費用を少なく始めるなら駐車場経営

駐車場経営とは遊休地を駐車場として活用する土地活用です。駐車場経営には月極駐車場経営とコインパーキング経営があります。どちらも駐車場を利用した人から駐車料金を徴収し、その利用料が収入となります。

月極駐車場経営では駐車スペースを区切ったり、コインパーキング経営では精算機やロック板といった簡単な設備を整えるだけでよく、多くの場合0~100万円の初期投資額でおさまります。また、管理の手間が少ないこともおすすめできるポイントです。

しかし、節税対策にならないことや他の土地活用のほうが収益性が高くなることもあるため「たくさん収益を得たい」と考えている人には向いていないといえそうです。

管理を簡単にしたいならトランクルーム経営

トランクルーム経営とは荷物を預けるための施設を経営する土地活用です。一般的にはレンタル倉庫やレンタル収納といわれたりします。トランクルーム経営では主に月額賃貸料が収入源となります。

専門業者と一緒に始めることができるため、修理や管理の手間が少なくなる点がおすすめできます。都心部でも郊外でもある程度の需要が見込めることもおすすめできるポイントです。

ただ、郊外にトランクルームを建てる場合、駐車場が必要になる場合があります。また、借り手がつくまで収益が発生しないため、しっかりとした集客が必要になってきます。

税金対策をしたいならアパート経営

アパート経営とは所有している土地にアパートを建て、第三者に賃貸として貸し出すことで家賃収入を得る方法です。こちらは土地活用や不動産投資の中で最もポピュラーな方法だといわれています。

アパート経営は、相続税や所得税、固定資産税などの税金を大幅に節税することができます。相続税では土地をそのまま相続するより、第三者に賃貸物件を貸している場合のほうが数十%ほど相続税課税評価額が下がるため、相続税をより節税できます。また、安定して多くの収入を期待できることから老後の資産形成をすることができます。

しかし、空室の部屋が多くなると家賃収入が減ってしまうため、空室率を上げないための対策が必要です。また、アパートは数十年に一度大きな修繕が必要になります。このため、少しずつ修繕費を積み立てておく必要があることも注意が必要です。

高い収入がほしいならマンション経営

マンション経営もアパート経営と同様に第三者に賃貸として貸し出すことで家賃収入を得る方法です。

アパート経営よりも部屋数が多くなるため、その分多くの収入が期待できます。

ただ、部屋数が多くなる分、集客のための広告宣伝費が必要になります。また、アパート経営より修繕費が多くなり、トータルでみたときの費用や手間が多くかかってしまいます

安定した副収入を得たいなら戸建賃貸経営

戸建賃貸経営とは一戸建ての住宅を建て、その住宅を貸し出し、家賃収入を得る方法です。

アパート経営とは違って戸建住宅は個人が住むのではなく、1つの世帯が長期間住むことがほとんどのため、一度契約してしまえば長期間、安定した収入が見込めます。また、入居者がその住宅を気に入った場合、将来的にその住宅を借り手に売却できる可能性もあります。

しかし、戸建てでは定期的に修繕工事が必要になってしまうため、より魅力的な住宅を建築しようとすると初期費用が多くかかり、維持や管理にも多くのお金がかかってしまいます

借地事業を行って安定した収入を得る

もし使っていない土地があり、費用や管理の手間をかけたくないのであれば、その土地を事業者や法人、個人に貸すことで収入を得る方法もあります。

借地や定期借地として貸し出すので初期費用もかからず、維持費や管理の手間がかかりません

しかし、一般的に土地を貸す際の初回契約では30年以上の期間を設定しなければなりません。また、借主が更新を求めた際、正当事由がなければ更新を拒否できません。これらの理由から契約期間中に自分の都合で返してもらうことができないので注意が必要です。

使っていない土地を現金化する選択肢も

そももそ土地活用を行う以前に土地がいらない、土地の管理が面倒だという方には売却して現金化してしまう方法もあります。土地を手放すことになりますが、現金が手に入り、新たな投資などにチャレンジすることができます。

ただ、土地の売却には早くても3ヵ月、遅い場合で半年以上かかってしまいます。加えて、仲介手数料や譲渡所得税といった費用がかかってしまうので注意が必要です。

また、土地売却にはその土地の面積が重要です。事前に所有している土地の広さや権利を確認しておく必要があります。

目的ではなく立地で選ぶ土地活用

土地活用の選び方には目的から土地活用を選ぶ方法の他に、その土地がどのような立地なのかによって土地活用の仕方を選ぶ方法があります。

ここでは土地の特徴別にみた土地活用方法をいくつか紹介します。

人通りの多い土地なら店舗経営

人通りが多い立地であれば何かしらのお店を建築して経営する方法もあります。店舗経営にはガソリンスタンドやカフェなどさまざまな店舗形態が考えられます。そのため、その地域に精通していたり、ニーズを分析し、それに応じて店舗を経営する必要があるため、ある程度のビジネス感覚が必要だといえます。

また、店舗経営をする際、必要機材は高額なものが多く、設備投資が増えると初期費用が多くかかってしまいます。

しかし、経営者の戦略がはまれば多くの収入を期待できるため、2店舗目、3店舗目まで目指せるかもしれません。

駅から近く、都心部の土地ならオフィスビル経営

駅から近い都心部の立地であればオフィスビルを建築し、テナントに入った企業から月々の賃貸収入を得ることができます。

オフィスビル経営はデベロッパーやゼネコンと相談して建てることになるため、入居者が見込める土地でしか始めることができません。こういった背景からオフィスビル経営では多くの収入が期待できます。

しかし、オフィスビルは大規模な建物になるため、建築費用が多くかかってしまいます。また、大規模な建物では多くの人が利用するため、セキュリティを強化したり、エレベーターを設置する必要があります。これらを導入するためにも多くの費用や手間がかかってしまいます。

日の当たりがよく、広大な田舎の土地なら太陽光発電用地

日の当たりがよかったり、田舎に広大な土地があるのであれば太陽光発電用地にする方法もあります。こちらは土地に太陽光パネルを設置し、電力会社に電気を買い取ってもらう活用法です。

太陽光発電には固定価格買取制度が存在します。この制度は再生可能エネルギーを用いて発電された電気を電力会社が一定期間の間、国の定める価格で買い取ることを定めた制度です。
そのため、この制度が適用されている間は安定した収入を得ることができます。

しかし、期間が終わってしまうと相場価格での買取になるので初期費用を回収しきれない可能性があるので注意が必要です。

土地活用をする目的が決まったら相談する相手を選びましょう

土地活用を始めるには土地に関する情報や法律、税金など多くの知識が必要になってきます。土地活用を始める前に、リストにあげられているような専門家やプロに相談することをおすすめします。

土地活用について相談する相手はやりたい土地活用によって変わってきます。土地活用の目的や方法が決まったのであれば、次に相談する相手を選びましょう。

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • ゼネコン
  • 設計事務所
  • 不動産会社
  • 方法に応じた専門会社
  • 土地活用比較サイト

これらの専門家やプロに、土地活用に関して困っていることや希望はしっかり質問し、不明点をなくしてから土地活用を始めましょう。

また、「どこに相談していいかわからない」という方や「最初からハウスメーカーに相談するのは怖い…」という方はイエウール土地活用などの土地活用比較サイトに相談してみるのもよいでしょう。土地活用比較サイトを利用すれば複数社に一括でプラン請求できるサービスなので時間のない方も手軽に相談できます。

土地活用は目的と相談先が大切!

土地活用をするにあたって、自分が土地活用をする目的や希望を明確にし、所有している土地の特徴をしっかりと理解することが大切です。目的が明確でなかったり、土地に合った土地活用をしていないと、これから行う土地活用が赤字経営になってしまうかもしれません。このようなことが起こらないためにしっかりと知識を持った専門家やプロに相談して、その土地に合った土地活用を始めましょう。

土地活用をする目的が決まっていなかったり、いきなり相談に行くのが不安な方にはインターネットで相談できる土地活用比較サイトを利用することがおすすめです。一度、土地活用比較サイトを利用して土地活用をする目的と相談先まで決めてしまうのはいかがでしょうか?

【完全無料】最適な土地活用って?