セキスイハイムの賃貸の評判は?メリットとデメリットを解説

セキスイハイムの賃貸の評判は?メリットとデメリットを解説

賃貸経営を考えているなら、どのメーカーの物件を利用するかを念入りに選ぶことが大切です。大手ハウスメーカーのセキスイハイムでは、賃貸住宅も提供しています。

セキスイハイムの賃貸住宅にはさまざまな特徴があり、メリットとデメリットの両方があります。口コミの評判から特徴を正しく把握し、自身の理想とする賃貸経営ができるかどうかを見極めましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

セキスイハイムの賃貸の特徴

セキスイハイムの賃貸の特徴

セキスイハイムの賃貸住宅について理解を深めるには、基本的な特徴を知っておくことが大切です。

  • 耐火・防風性能が高い
  • 断熱性能に優れている
  • あらゆるニーズに対応できる
  • 収納力が抜群

どのような特徴があるのかを把握することで、セキスイハイムへの理解を深められます。

耐火・防風性能が高い

セキスイハイムの住宅は、耐火や防風性能が高い点が特徴です。火や風だけではなく、地震にも強いため、災害リスクを軽減できる点は大きな魅力です。

頑丈な造りはハイブリッド耐震構造によって再現されています。従来のボックスラーメン構造に、頑丈な外壁を組み合わせたものがハイブリッド耐震構造であり、セキスイハイムでは耐久性に優れた賃貸住宅を提供しています。

断熱性能に優れている

天井や床に使用している断熱材は高性能であり、断熱性能が高い点も大きな特徴です。床下の空間は外気を遮断する構造になっており、断熱環境を整えています。

断熱性能が高いことで、時間経過による経年劣化も緩やかになりやすく、長持ちする家を建築したい人には、セキスイハイムはおすすめです。

あらゆるニーズに対応できる

幅広い商品展開を持つことは、セキスイハイムの特徴です。さまざまな住宅を建築できるため、デザインやエリアの気候、入居者の需要などを考慮して、最適な賃貸住宅を建築しやすいです。

建築できる住宅の選択肢が多いことで、より収益化を目指せる賃貸住宅を建築してもらいやすく、土地活用の失敗リスクを回避しやすくなるでしょう。

収納力が抜群

高い収納性とデザイン性は、セキスイハイムの特徴です。入居者の視点から考えた収納スペースを作ることで、ストレスのない収納を実現しています。

また、単に収納性が高いだけではなく、内観を損なわないデザイン性であるため、機能性と収納性の両立ができます。

セキスイハイムの賃貸のよい評判・メリット

セキスイハイムの賃貸のよい評判・メリッ

セキスイハイムについての魅力を知るためにも、よい評判からメリットを把握していきましょう。

  • 間取りも設備も最高
  • 退去費用も安かった
  • アフターサービスがよい
  • 停電の時でも電気が使えた

セキスイハイムの賃貸住宅ならではのメリットを理解し、どのような魅力があるのかを知っておくことが大切です。

間取りも設備も最高

部屋の間取りや搭載されている設備についての評判はよく、買い取って住みたいくらいという口コミもあります。住みやすさに配慮した間取りや、機能性とデザイン性を両立した設備は、入居者からの評判がよいです。

部屋についての評価が高いため、入居率も上がり、空室リスクを軽減しやすい点もメリットといえるでしょう。

退去費用も安かった

退去時に請求される費用が安く、低コストで退去できたという口コミもあります。賃貸住宅を退去する際には、原状回復費用として部屋の修繕や修復、清掃などに必要な費用を支払わなければなりません。

物件によってどれくらいの費用を支払うことになるかは異なりますが、セキスイハイムは比較的安価であるという口コミが多く、入居者が安心して退去しやすいといえます。

アフターサービスがよい

アフターサービスが充実しているという評判もよく、トラブル発生時に問い合わせをすると、すぐに対応してくれるという意見は多いです。特に営業担当者の対応がよいという口コミもあり、トラブル時に素早く問題解決を図ってくれるのは、大きなメリットでしょう。

停電の時でも電気が使えた

セキスイハイムでは、停電時でも問題なく電気が使えたという意見もあります。セキスイハイムの住宅商品の中には、太陽光発電システムを搭載しているものがあります。

太陽光発電が可能な住宅なら、これまでに蓄電した電気を使用できるため、停電時でも電気の利用が可能です。耐火や防風性能が高いだけではなく、もしもの場合に電気が使える点からも、災害に強い家といえるでしょう。

セキスイハイムの賃貸の悪い評判・デメリット

セキスイハイムの賃貸の悪い評判・デメリット

セキスイハイムの物件で賃貸経営を考えているなら、よい評判だけではなく悪い評判も確認しておく必要があります。

  • 管理会社の対応が悪い
  • 壁や床が薄いので音漏れがする
  • 1年おきに保証料がかかる
  • デザインの自由度が低い

悪い評判からデメリットを把握し、賃貸経営をするかどうかの判断に役立てましょう。

管理会社の対応が悪い

営業担当者の対応はよいという評判は多いですが、管理会社の対応が悪いという評判もあります。例えば設備の不調を訴えても、住むのに問題はないと取り合ってもらえないなど、メンテナンス対応に不満を覚えている人もいます。

担当者によっては問題なく対応する場合もありますが、管理会社の対応について悪い口コミが上がっている点は覚えておきましょう。

壁や床が薄いので音漏れがする

壁や床が薄く、防音性能が低いという口コミもあります。音漏れがすることで、周囲の生活音が気になってしまい、ストレスになりやすい点はデメリットです。

また、隣人や上下階の住人と騒音トラブルになる可能性もあるため、近所トラブルが起きるリスクを抱えている点も、デメリットとして把握しておかなければなりません。

1年おきに保証料がかかる

セキスイハイムでは、契約時と1年の更新時に、保証料として5,000円がかかります。他の物件では保証料が不要というケースもあるため、1年おきにコストが発生するのはデメリットです。

契約時だけではなく、住んでからも毎年保証料は発生するため、長く住む人はコストが増えやすく、この点も悪い評判につながっています。

デザインの自由度が低い

耐震性や耐火性、防風性能の高いセキスイハイムの住宅ですが、災害に強い分、デザインの自由度は低いです。災害に強い家を建てるには、基本的には四角い形の構造になります。

性能を重視する分、デザインには制限が出てしまい、外観デザインを自由にできない点をデメリットに感じる入居者もいます。

セキスイハイムの賃貸経営に関するQ&A

セキスイハイムの賃貸経営に関するQ&A

セキスイハイムの住宅で賃貸経営をするなら、よくあるQ&Aを参考にして、疑問を解消しておくことが大切です。

  • どのくらいの収入を得ることができる?
  • 坪単価は?
  • 契約方法は?
  • おすすめな人は?

細かい疑問を解消しておくことで、より不安なく賃貸経営に臨みやすくなります。

どのくらいの収入を得ることができる?

賃貸経営でどれくらいの収入を得られるかは、家賃の設定額や投資した金額、入居者の数などによって異なります。例えば家賃を5万円に設定し、賃貸物件の部屋数が30室あるなら、満室時で月に150万円の家賃収入が発生します。

ただし、賃貸経営をするにはさまざまな費用がかかり、物件の修繕費やローンの返済など、各種出費を差し引かなければなりません。

仮に毎月100万円の出費があるなら、上記条件だと月の家賃収入は50万円、年間600万円の収入となります。手元に残る金額は、ここからさらに所得税や住民税などを支払ったものであるため、どれくらいの収入になるかは人によって変わると考えましょう。

坪単価は?

正式には坪単価は公開されていませんが、資料から推測するとセキスイハイムは75~85万円が坪単価の相場です。物件商品の種類やエリアによって、坪単価は増減する可能性があるため、建築前に見積もりを確認し、どれくらいの金額かを調べておきましょう。

契約方法は?

セキスイハイムとの契約方法は、次の3つがあげられます。

  • 一括借り上げ型
  • 長期借り上げ型
  • 一般管理型

一括借り上げ型は、セキスイハイムが賃貸住宅を借り上げ、賃貸経営を行う方式です。空室の有無に関係なく一定して賃料が支払われることが特徴であり、空室リスクを避けたい場合に適しています。借り上げ期間は最長30年であり、2年ごとに支払われる賃料が改定されます。

長期借り上げ型は基本的には一括借り上げ型と同じですが、期間が10年です。契約期間を延長する場合は、5年ごとにセキスイハイムが指定する内容でリフォームを行う必要があります。

一般管理型は、賃貸管理や経営をセキスイハイムに委託できますが、一括借り上げ型のように空室時の家賃保証はありません。ただし、入居者が家賃を滞納したとしても、セキスイハイムから滞納分の家賃を受け取ることができます。

おすすめな人は?

セキスイハイムがおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。

  • 豊富な選択肢から選びたい人
  • 災害に強い家を建てたい人
  • エネルギーを賢く使いたい人

幅広い商品展開がセキスイハイムの魅力であるため、豊富な選択肢から物件を選びたい人は適しています。また、耐火性能や防風性能、耐震性能が高いため、災害に強い家を建てたい人にも向いているでしょう。

太陽光発電システムを搭載した家もあり、エネルギーを賢く使いたい人にもおすすめです。災害に備えて蓄電するだけではなく、電気自動車を利用する人も、セキスイハイムの太陽光発電システム付きの住宅が適しています。

評判を確認してからセキスイハイムの賃貸住宅を建てよう

評判を確認してからセキスイハイムの賃貸住宅を建てよう

セキスイハイムで賃貸住宅を建築するなら、評判を確認して特徴を把握しておくことが大切です。よい口コミと悪い口コミを参考にすることで、メリットとデメリットの両方がわかります。

詳細な特徴を知ってから賃貸住宅を建てることで、経営失敗のリスクを軽減できます。賃貸経営を成功させるためにも、評判からセキスイハイムについての理解を深め、入居者の需要を獲得できる賃貸住宅を建築しましょう。

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?