台風から大切な家を守るためには事前対策や保険加入がおすすめ

【投稿日】

【更新日】

自然災害は、命の危険を脅かすもの。近年では、異常気象などを理由に台風が増加しています。そんな台風被害から住宅を守るためには、どうすれば良いのでしょうか。この記事では、日本の家は災害に強いのかご紹介しつつ、台風から家を守るための対策や工事費用、被害後の対処法などについて取り上げていきましょう。

先読み!この記事の結論
  • 台風から家を守るために住宅の構造の違いを把握しておく
  • 住宅周辺や、ガラス部分は注意しよう

「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

1. 1.日本の家は災害に強いのか

まずは、日本の家屋が災害に強いのか解説します。木造住宅であれば、吸湿性や断熱性に優れているというメリットがあり、鉄筋コンクリートは強度があります。それぞれの住宅構造について詳しく説明していきましょう。

1.1. 木造建築は吸湿性に優れている

木造建築に憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。木造であれば、吸湿性や断熱性に優れ、費用的に見ても安価な傾向にあるでしょう。自然災害による湿気の多さや寒さなどにおいては、メリットがありますが、強度は優れているとは言い切れません。湿気を吸う建築構造だからこそ、小まめなメンテナンスも必要です。また、建築会社や工務店などによって品質に差がありますので、会社選びは慎重に行ってください。

1.2. 鉄筋コンクリートであれば強度がある

鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートは、耐久年数や強度に優れている構造です。そのため、災害の種類にもよりますが、木造よりは耐えられると言えるでしょう。しかしながら、施工費用が高値の傾向になり、吸湿性などに長けているわけではありません。そしてカーペットなどが必要になり、これがシックハウス症候群などにつながるなど、体に優しいとも言い切れないでしょう。

「災害を避けるために引っ越しするので、今までの物件を売却したい」という人は、イエウールという不動産一括査定サイトがおすすめ。複数社からの査定額を比較でき、高値で売ることが可能です。100万円以上も差が付くことは珍しいものではありませんので、イエウールを使用して賢く売却しましょう。



2. 2.台風から家を守るための対策

台風などの災害から住居を守る対策方法について解説します。まずは、家周辺に置いてるものを片付けましょう。屋根の点検なども怠ってはいけません。窓などガラス部分を補強し、浸水防止も欠かせません。こうした台風から家を守るための対策について、以下で詳しく説明します。

2.1. 家周辺のものを片付けよう

台風が接近した際、恐ろしいぐらいの強風が吹き荒れます。そのため、家周辺に置いてあるバケツや植木鉢などを中にしまっておきましょう。それらが倒れたり飛んでいってしまうだけではなく、住居に当たり破損するリスクもあります。ベランダの物干し竿なども台風の影響を受ける可能性があるため、部屋の中に入れておいてください。

2.2. 屋根をチェックし状態次第では補強する

台風被害として、屋根の破損が挙げられます。瓦が落ちてきてケガにつながるリスクを避けるために、落ちそうな瓦はないかチェックしましょう。「防災瓦」であれば、しっかりと補強できるので安心です。いずれにせよ瓦が心配な人は、業者に点検や補強を頼んでください。

2.3. ガラス部分をガムテープなどで補強

台風被害を防ぐために、もっともシンプルな方法は雨戸、あるいはシャッターを使用することです。もし雨戸やシャッターがない人は、窓の鍵がしっかりと閉まるのか確認しましょう。開閉に難がある際は、つっかえ棒などを活用して雨風を防いでください。窓ガラスの破損を防止するためには、飛散防止フィルムがおすすめ。このグッズがあれば、破損部分が飛び散ることなく、台風以外の対策にも良いでしょう。

外から飛んできたものからの破損を防止するためには、ガムテープを窓ガラスに貼り付けてください。貼り方は、「×」印がおすすめ。溝から水が入らないように、タオルなどを敷き詰めておきましょう。縦横にガムテープを貼り付けることでさらに強度が増します。ガムテープは、緑色の養生テープであれば、跡が残らず貼り付けることが可能でしょう。

2.4. 浸水防止のために板を利用する

台風の対策には、浸水防止も重要です。浸水しないように、板を敷きましょう。その上に土のう袋などを置き、しっかりと固定してください。土のう袋以外にも、ブロックなど重量があるものであれば問題ありません。浸水防止したい場所には、「板+重し」を置くことを意識してください。



3. 3.災害対策の工事費用

災害対策の工事費用はどれくらい掛かるのでしょうか。まず、住宅再建のお金が掛かることについて解説します。次に、耐震リフォームについて見ていきましょう。最後に台風において無視できない火災保険について取り上げていきます。

3.1. 住宅再建には多額が必要となる

災害被害により、住宅を再び建てる際は、かなりのお金が掛かります。東日本大震災における住居の全壊被害にあった際の住宅新築費用は、おおよそ2,500万円が平均値でした。しかしながら、公的な受給は、義援金と被災者生活再建支援金を合わせて、400万円程度です。2,000万円以上不足する計算になり、これ以外にも引っ越し費用などがプラスアルファで掛かることになります。災害対策の工事費用は、ケースバイケースで巨額になることを頭に入れておきましょう。

参考:内閣府(防災情報のページ)

3.2. 耐震リフォームはおすすめの対策方法

台風対策にもつながる話ですが、耐震のリフォームはおすすめ。柱や壁の強度をアップさせることで、振動の耐震性を高めるものが、耐震リフォームです。建物の基礎を強化・修繕し、屋根も軽量するため、地震対策になるでしょう。昨今の自然災害のリスクを考慮すれば、耐震リフォームは、無視できないものです。

3.3. 耐震リフォームの相場はさまざま

では、耐震リフォームの相場はどうなっているのでしょうか。木造住宅であれば、2014年のデータによれば、多くが150万円未満です。鉄筋コンクリートならば、「15,000円/m^2程度」~「50,000円/m^2程度」(総延べ面積に対する金額/免震工事除去のケース)になるでしょう。台風以外の災害以外も考慮し、耐震リフォームをおすすめします。

参考:日本木造住宅耐震補強事業者協同組合 一般社団法人 東京建設業協会

3.4. 火災保険でも台風後の対策になる

災害対策の工事費用に関するものとして、火災保険が挙げられます。火災保険は、「火災」以外にも対応している保険であり、自己負担金を減らせるメリットがあります。火災保険におけるリフォームは、あくまでも元の状態に戻すものですが、さまざまな工事が可能でしょう。

台風などの災害であれば、外壁や屋根の修復が可能です。雪による被害は、雨漏り修復ができるでしょう。強い風による窓ガラスの破損ならば、修理することができます。注意点としては、経年よる劣化は、保険の対象外になりますので、ご注意ください。もちろん保険対象は、契約している企業やプラン内容によって異なります。保険加入する前に、しっかりと内容を確認しましょう。

3.5. 建物やエリアで火災保険は異なる

火災保険の料金の相場はどれくらいなのでしょうか。前提として知っておくべきことは、建物の種類などにより、保険料は異なります。3,000万円から7,000万円の新築一戸建てであれば、12,000円から20,000円が基本的な年間プランになるでしょう。分譲マンションならば、20,000円以上になることはほとんどありません。賃貸マンションで家賃が月200,000円以下であれば、年間の保険料は10,000円に達することはほぼないでしょう。提示した価格は目安になりますので、加入する際は事前にしっかりと調べましょう。



4. 4.台風の被害を受けたときの対策?

台風の被害を受けてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか。まずは、住居修復のために、いち早く業者に連絡してください。台風の近況をチェックすることも重要でしょう。状況次第では、避難する必要もあります。災害被害により住宅ローンの減額もあり、こうした対策方法について具体的に見ていきましょう。

4.1. 被害後はすぐに専門業者に連絡

台風により「瓦が落下した」「雨漏りした」「壁が破損した」などの被害を受けたときは、すぐにプロに連絡しましょう。被害が少なければ、ある程度自分で修復することが可能ですが、大きなダメージを受けている際は、専門の業者に依頼してください。今すぐに対応しなければならない場合は、119に電話しましょう。

4.2. 台風の状況を知り適切な対応を

台風の被害を受けたときは、台風の状況を知るべきです。そうすれば、今後の対策なども考えることができるでしょう。気象庁の防災情報ページをネットで調べれば、「大きさ」「強さ」「存在地域」だけではなく、予報も閲覧することができます。

4.3. 最悪の事態においては避難するケースもある

台風の状況次第では、避難する必要があります。避難する前に火の元を確認し、避難場所に行きましょう。できるだけひとりで行動することは避け、道路が冠水している際は、自動車での移動は止めてください。こうした状況になることを考慮して、懐中電灯や非常用食品などの非常用品を用意しておきましょう。家を守ることも大切ですが、自身の命を優先して避難してください。

4.4. 住宅ローンなどは減額や免除制度もあり

自然災害により住居が被害を受けた際、残りの住宅ローンが気になる人も多いのではないでしょうか。全壊した家の住宅ローンを払い続けることは、経済的に大きな負担になります。このリスクを回避するために、「自然災害債務整理ガイドライン」が創設されました。住宅ローン以外にも、各種ローンが減額、あるいは免除されるものです。一定の条件はありますが、財産の一部などを残しながら、無理なく返済することができるでしょう。

参考:自然災害債務整理ガイドライン



5. 5.災害に合った家は売却可能か?

災害に合った家の売却はケースバイケースで売ることも可能ですが、災害を回避することが優先ではないでしょうか。まずは、日本の家は災害に強いのか知るべきです。「木造住宅」と「鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート」によって強度や吸湿性が異なりますので、それぞれのメリットやデメリットについて見識を深めてください。台風から家を守るための対策として、家周辺のものを片付け、屋根を点検し、そしてガラス部分を補強することなどは大切です。災害対策の工事費用にある程度のお金は掛かりますが、火災保険でも台風対策になりますので安心です。

万が一、被害を受けてしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか。まずは、修復すべき部分についてすぐに業者に連絡してください。台風の状況を知り、適切な対応を心がけることも重要です。危険な状況下では、必ず避難してください。払い終えていない住宅ローンは、減額・免除制度もありますので、ぜひ活用しましょう。

5.1. イエウールならあなたの希望に合う不動産会社が見つかる

災害被害などで不動産売却を考えた際は、イエウールの使用をおすすめします。イエウールは、不動産一括査定サイトです。公式サイトに都道府県・市区町村や必要情報を入力し、不動産会社を選択するだけで一括査定終了。あとは担当者から連絡を待つだけです。また、無料かつ入力時間の目安はおよそ60秒という手軽さもあり、大変便利なサービスです。

イエウールに参加している不動産会社は、なんと1600社以上。大手企業から地域密着型の会社まで、バラエティ豊かであり、利用者から不評の業者を解除する仕組みもあります。査定額を比較できるのは、全部で6社まで。金額を比べることで高値で売却することができるでしょう。また、イエウールには不動産売買のビギナーに嬉しい「不動産売却に関するQ&A」も掲載しています。税金面や土地価格など、わからないことを調べてみましょう。不動産会社の特徴や店舗情報も掲載していますので、事前に知識を深めておくことも可能です。



関連記事

離婚時の財産分与に時効はあるの?請求期間や隠し財産の対処法

離婚の原因は人によって違うでしょう。離婚間近になったときに、財産分与のことについて気になりませんか?財産分与の請求期間が決まっているのか、もし相手に隠し財産があったらどうすれば良いでしょうか?財産分与について詳しく解説いたします。

滞納し続けたらブラックリストに!住宅ローンを滞納した際の対応方法

住宅ローンを滞納するとブラックリストに入り今後の生活に大きな悪影響が出る可能性があります。 住宅ローンを滞納するとどうなるのか、また滞納してしまった際の対応策について解説していきます。

なぜアパート経営はするなと言われるのか?その理由を徹底解説

ここ数年、老後の副収入確保の手段として、アパート経営を検討するシニア世代が増えています。首尾よく軌道に乗れば、毎月安定した固定収入が見込めるアパート経営ですが、物件の状態によってはかえってリスクのほうが大きくなってしまう可能性があります。

登記事項証明書交付申請書を請求して不動産の売却を進めよう

登記事項証明書交付申請書は、登記事項証明書を請求するための申請書です。登記事項証明書は、不動産売買の幅広いシーンで必要なため、取得する機会も多いです。取得方法や活用方法を知り、不動産売買を滞りなくスムーズに行いましょう。

建築確認通知書の保管は大丈夫?|再発行不可の重要書類を知る

土地を売却する際、重要となるのが様々な書類たちです。手続きのために十数枚にも上ることがあり、1日や2日ではそろわないこともしばしばです。あなたは建築確認通知書の保管は大丈夫ですか。失くした場合の対処法も含め、詳しく解説します。

おすすめ記事

不動産売却時に知っておきたい基礎知識!売る時の注意点とは?

不動産売却時に知っておきたい基礎知識!売る時の注意点とは?

不動産売却の流れや不動産の売却価格・相場の調べ方、失敗しない不動産査定のポイントなどについてお伝えします。

いつかマンションを売りたい、売るかも?売却の背景や流れ、方法を解説!

いつかマンションを売りたい、売るかも?売却の背景や流れ、方法を解説!

中古マンションは不動産会社を介して売買が成立するため、一個人の力だけでは買い手を見つけることは困難です。今回は、マンシ...

いつかマンションを売りたい、売るかも?売却の背景や流れ、方法を解説!

戸建て売却の完全マニュアル!無料の一括査定で簡単に見積もりがわかる

自宅(戸建て)の住み替えの検討、売却が必要になった場合、一社のみに査定を依頼すると、相場より安い価格で自宅を手放すことにな...

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1700社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
ページトップへ