4人家族が住むベストな間取りや部屋探しのポイントを解説

4人家族のみなさんはどのような間取りの家に住んでいて、どんな間取りに住みたいとお考えでしょうか。

4人家族にとって最もスタンダードな間取りは3LDKといわれています。
しかし、それぞれの家庭のライフスタイルや子どもの成長によっても適した間取りは変わってきますので、絶対という訳でもありません。

そこで今回は、4人家族にとって適した間取りはどれなのかという疑問に対して、3LDKをベースとしながら他の間取りについても活用方法・選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

4人家族に理想的な間取りとは?

物件選びを行ううえでさまざまな間取りの部屋がありますが、4人家族で暮らす場合、快適に過ごすことのできる間取りはどれなのでしょうか。

子どもが2人いる4人家族の場合ですと、子ども部屋をそれぞれ確保し、夫婦の寝室と考えるだけでもリビング以外に3つの部屋が必要になってきます。
こう考えると、最低でも3LDKはないと手狭に感じてしまうかもしれません。

しかし、子どもがまだ小さいときに個室は必要ないでしょうし、大人になり家を出ていくとなると空き部屋ができてしまうことになります。
家族に適した部屋数はライフステージに応じて移り変わっていくのです。

そこで今回は4人家族が3LDKに住んだ場合を基本に、他の間取りについても部屋をどう使うか、ポイントなどを解説していきます。

4人家族で3LDKをどう使う?

3LDKは、リビングダイニングキッチン(LDK)は10畳以上が一般的で、居室が3つある間取りです。
子どもがまだ小さいときは夫婦と一緒に寝たり、2人で一つの子ども部屋を使ったりすることも可能なので、4人家族でも必ずしも居室が3つ必要とは限りません。

しかし、子どもが小学生高学年くらいになるとそれぞれに部屋を与える必要が出てくるため、残りの1部屋を夫婦の寝室として使える3LDKが快適です。

また、LDKを通らないと子ども部屋に行き着けない間取りの住まいを選ぶと、親子が顔を合わす機会が増えコミュニケーションも自然と生まれるので、思春期の子どもがいる家庭などには安心です。
このように子ども部屋は間取りを考えるうえで悩まされる点でもありますので、子どもの成長段階に合わせた3LDKの使い方を見ていきます。

子どもが赤ちゃんから幼少期

子どもが赤ちゃんから幼少期までの4人家族のケースです。
この期間は子育てがメインとなります。

子どもがまだ幼い場合には、子ども部屋は必要ないでしょう。
赤ちゃんなら目を離すことができませんし、幼少期になってもまだまだ目が届く範囲で子育てしたほうが安全です。

リビングに和室が隣接している間取りだと使い勝手が良いでしょう。
赤ちゃんのうちはおむつ交換や授乳が必要で、畳の上だと温かみもあり落ち着いて行うことができます。

また、幼少期になったら、襖や引き戸を開けリビングから目が届く範囲でお昼寝や遊んだりしているのを見守ることができるので安心です。

子どもが小学生

小学生くらいになると学習するスペースが必要になってくるので、間取りの使い方も考える必要が出てきます。

一般的に小学校入学のタイミングで子ども部屋を用意する家庭が多いようです。
学校での勉強が始まるので、自宅でも学習できる環境が必要になってきます。

ランドセルや勉強机を購入し、子ども部屋に設置するようになるでしょう。

小学生低学年くらいまではリビングに学習環境を整える家庭も増えてきています。
親の目が行き届く範囲で学習することで、分からない部分を聞けたり、ダラダラならなかったり、学習が捗るという利点があります。

リビングで学習をする場合は、子ども部屋には2段ベッドなどを置いたりすることができます。

子どもが中学生~大学生

子どもが中学生以上となると、できればそれぞれに個室の環境を整える必要がでてきます。

この年頃になると、受験なども控え学習時間は長くなってくるので、集中できる環境が必要となってきます。
また、この時期は一人の時間も大切にしたい思春期でもあります。

兄弟が異性の場合には共有の子ども部屋だと抵抗もある子もいるでしょうし、それぞれに個室を設けることが理想です。

2人1部屋でも活用法により個室感を

子どもが小さいうちは2人で1部屋を使い、ある程度の年齢になったら間仕切りで個室感を確保する方法もあります。
新築時に将来を見越しレールを設置するなどしておけば、大きな工事の必要なくカーテンなどで間仕切りを作ることができます。

また、ドアを2つ設置するなどしておけば、より個室感を醸し出すことができます。
しかし、完全なる個室ではないので、注意が必要です。

子どもが独立後

子育ては長いようであっという間に終わってしまいます。
子どもが独立し家を出ていけば、子ども部屋は空いてしまいます

子ども部屋として使っていた部屋が空き部屋となり、うっかり物置になってしまったなんてこともあります。
そうならないためにも子どもが独立したあとの部屋を有効活用しましょう。

夫婦の趣味部屋や、高齢になった両親を迎え入れる部屋として使うなど、将来を見越して活用方法を考えておくことも部屋を無駄にしないためにも重要です。

また、子ども独立したとしてもお盆や年末は帰ってくるでしょう。
結婚した場合は家族を引き連れて帰ってくることもあります。

子ども部屋を別の用途として有効活用するのもありですが、時折帰ってくる子どものために準備はしておきたいものです。

4人家族で3LDK以外の間取りに住む場合

これまでは4人家族にとって最も理想的といえる3LDKについて解説してきましたが、もちろん他の間取りであっても生活することはできます。
そこで、3LDK以外の間取りに住む場合も考えていきましょう。

1LDK

1LDKは、8畳以上のリビングダイニングキッチンと居室がある間取りが一般的です。
もちろん夫婦2人だけなら十分快適に暮らせますし、新婚当初から住んでいて子どもが増え、4人家族になったとしても生活は可能です。

日中は家族がリビングに集まって過ごし、寝るときもみんな一緒に寝ることになるので、コミュニケーションも深まります。
ただし注意点もあり、夫婦のどちらかが夜勤があったり、休日が違うなど生活リズムが異なる場合は、起こさないようにそっと着替えたり気を遣う必要も出てきます。

また、家族みんなが一つの居室で寝ることを考えると、子ども部屋を必要としない幼稚園や保育園に通う年代の子どもがいる家庭が望ましく、居室の広さも6畳程度はほしいところです。

1LDKの場合、ベッドを置くよりも布団で寝たほうが空間をより広く使うことができます。
リビングダイニングキッチンと居室が引き戸などで仕切られている間取りだと、日中は引き戸を開けることで、一つの大きな部屋として使うことができます。

子どもを遊ばせるキッズスペースとしても活用できますし、目が行き届きやすいという利点もあります。

2LDK

2LDKは、10畳以上のリビングダイニングキッチンと居室が2つある間取りが一般的です。
子どもがまだ小さく子ども部屋を必要としない場合は、一つの居室を家族で寝る部屋とし、もう一つの部屋をファミリールームとして子どもの学習用品パソコンなどを置くという使い方ができます。

また、2段ベッドなどを置き、共有の子ども部屋を確保しつつ、夫婦の寝室も作ることも可能です。
同性の子どもの場合は、独立するまで共有の子ども部屋で過ごすということも可能かもしれません。

子どもが小学生低学年くらいであれば、学習をダイニングテーブルでするかもしれませんが、高学年くらいになると専用の学習机を用意したり、衣類などが増えたりするので、子ども部屋とする方の、収納や部屋の広さもある程度あったほうが便利でしょう。

4LDK

4人家族であれば、3LDKでも十分に快適に暮らせますが、4LDKとなるとさらにゆとりを持って暮らすことができます。
家族それぞれの自分の部屋を持つことができ、夫婦の勤務時間帯が違う場合や、子ども年齢が離れていて生活リズムがバラバラの場合でも、快適に過ごすことができます。

もし夫婦で独立した個室を必要としない場合は、余った1部屋を書斎などとして活用することも可能です。
また、1部屋をウォークインクローゼットとして活用するという選択肢もあります。

その時期に着ない衣類や利用頻度が低いアイテムなどを収納しておくことで、リビングや個室から物を減らすことができ、空間をより広く使うことができます。
そのほかに、両親が頻繁に泊まりに来るなど、ゲストが多い場合は、リビングに隣接する和室などがある間取りを選ぶと便利です。

普段は戸を開けリビングと一体として使い、宿泊の際は戸を閉めゲストルームとすることができます。

4人家族で間取りを決める際に気をつけたいポイント

4人家族でさまざまな間取りに住むケースを踏まえて紹介してきましたが、各家庭のライフスタイルによって希望の間取りは変わってきます。

そこで、自分たちにとって住みやすい家を決める際に考えるべきポイントを見ていきましょう。

夫婦の個室

まず、最初に決めるであろうことが夫婦の個室を用意するかどうかです。
一般的には夫婦一緒の寝室か、夫専用の書斎などを用意する家庭が多いようです。

個室が必要なら最低でも2LDK以上の間取りを選ぶ必要があります。
反対に夫婦の個室がいらない場合、子ども部屋が必要ない時期であれば、1LDKでも生活できるでしょう。

子ども部屋

4人家族で間取りを決める際に一番悩むのが子ども部屋についてでしょう。

一般的に子ども部屋を用意し始めるのは小学校入学くらいからです。
高校や大学を卒業し独立していくことを考えると、子ども部屋が必要な期間はおおよそ10年~15年です。

賃貸なら子どもの成長とともに引っ越すことも可能ですが、家を購入するとなるとそうはいきません。

3LDKの場合、子供の独立後、夫婦の寝室、1部屋を別の用途に使ったとしても、1部屋余ってしまいます。
これが4LDKになると、更にもぬけの殻となってしまう部屋ができてしまいます。

誰も使っていなくても掃除は定期的にする必要があり大変です、広い家だと部屋を持て余してしまう可能性もある事を認識しておきましょう。

子ども部屋の数を考える

子どもが同性の場合は共有の子ども部屋でもいいでしょう。
しかし異性の場合は、それぞれに子ども部屋があったほうが理想的です。

すでに子どもが2人いて異性の場合は、最低でも3LDKないと子ども部屋を分けることは難しくなってきます。
反対に同性の場合は2LDKでも暮らしていくことはできます。

子どもの年齢差を考える

子どもの年齢が6つ以上離れていれば、上の子が独り立ちしたあとに部屋が空くため、子ども部屋は一つで済むケースも考えられます。
このように年齢差によっては子ども部屋が一つとなり、2LDKでも十分なケースがあるので、先を見据えた上で検討してみましょう。

荷物の量や来客

荷物の量や、両親や友達などの来客が多い家庭は、収納スペースや来客用の部屋の確保のため、部屋数の多い間取りを選んだ方がいいでしょう。

タワーマンションなどになると、有料にはなりますがトランクルームやゲストルームがある場合もありますので、その場合はわざわざそのための部屋を用意する必要はありません。

これからのライフプランを考えて間取りを決めよう

家選びにおいて、間取りを決めることはとても重要です。
子どもの成長とともに家族にとって適した間取りは変化し、必要な部屋の数や広さは時期によって移り変わっていきます。

住み替えていくことも一つの手ですが、マイホームの場合は、先々のことも見据えて間取りを検討しなくてはなりません。
ライフステージにあっていない家は、逆に生活を苦痛にさせてしまいかねません。

家族のライフプランを踏まえたうえで、家族全員が幸せに暮らしていけるためには何が必要で、どんな間取りが適しているのか慎重に考えていきましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?