ペントハウスとは?その魅力や購入時の注意点を詳しく解説

他の部屋とは違った特別感や高級感のある住まいを探している方にはペントハウスがおすすめです。
海外のドラマなどで取り上げられ、知名度を上げているペントハウスは、誰もが1度は住んでみたいと憧れたことがあるでしょう。

この記事では、ペントハウスにはどんな魅力があるのか、まだデメリットについて、さらに快適な暮らしを手に入れられるペントハウスの選び方について紹介します。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

ペントハウスとは?

ペントハウスとは、一般的にはマンションの最上階にある住戸のことを指します。
マンションの他の部屋と同じ作りではなく、特別な仕様、広い間取り、最新の設備、オリジナリティのある内装など、あらゆる面で高級感を味わえる作りになっています。

マンションでありながら、一軒家や別荘で過ごしているような特別な気分を味わいたい、高級なマンションで暮らしたい、資産価値の高いマンションを購入したいという方におすすめです。

ペントハウスの間取りや仕様

ペントハウスは同じマンションの部屋とは仕様や間取りが違うことがほとんどです。

多くの場合ペントハウスは一つのマンションに一室しかありません。
そのため、他の階に10戸あるマンションなら10戸分がすべて一つの住戸の間取りになります。

専有面積が非常に広い分、部屋数が多い、それぞれの部屋が広い、部屋だけでなくルーフテラスが広いなどの間取りになっていることが多いです。
最上階にあるので天井を高く設計でき、天窓を設置しているペントハウスもあります。

バスルームも広々としていることが多いですが、一般的な他の住戸の浴槽とは違う大きな浴槽、ジャグジーつきなどの高級な浴槽を採用している物件もたくさんあります。
また、最上階だけではなく、一つ下の階と室内の階段でつながっておりメゾネットのように楽しめるペントハウスもあります。

新築マンションのペントハウスの場合は間取りやデザイン、仕様を注文できる場合もあります。
マンションでありながら注文住宅のように、自分のライフスタイルに合った住居を手に入れられます。

ペントハウスのメリット

ペントハウスにはメリットがたくさんあります。
景色がよく、開放的な気分を味わえる物件が多く、特別感のある暮らしを手に入れられるのがペントハウスの魅力です。

高級感のある物件に住みたい、なんとなくペントハウスが気になっている…という方は、まずペントハウスのメリットを確認してみてください。

特別感を味わえる

ペントハウスは同じマンションの他の部屋とは違う特別な仕様、間取りになっています。
専用のエレベーターがあるペントハウスもあり、毎日の暮らしを特別感のあるものに一気にグレードアップしてくれることでしょう。

さまざまな最新設備やグレードの高い設備、家電などが備え付けられているペントハウス、パーティールームなど一般的な住宅にはない特別な部屋が設けられているペントハウス、部屋数が多い、または一つひとつの部屋が広いペントハウスなど、普通の住宅には見られない仕様を楽しめて、ステータスも感じられます

キッチンのタイプや間取りなどを好きに注文できるペントハウスもあり、より自由度の高い住宅を探している方にもぴったりです。

広々としたルーフテラスがある

ペントハウスはマンションでありながら広々としたルーフテラスが設置されています。
ルーフテラスでパーティーができたり、バーベキューなどを楽しめたり、なかにはプールがあるルーフテラスもあります。

南向きのルーフテラスであれば一日中室内の日当たりもよく、開放的な気分で過ごせるでしょう。
ペントハウスは最上階にありますので、騒音やにおいなどを気にする必要もなく、ルーフテラスで伸び伸びと自由な時間を過ごせます

部屋の中からの景色がいい

ペントハウスは高層マンションにあるケースが多く、高層マンションのなかでもひと際最高の景色を楽しめます
東京タワーが見える、富士山が見えるなど、その土地ならではの眺望を楽しめるペントハウスはより特別感を味わえます。

そうでなくても美しい海を見られる、夜景を眺められるなど景色のいいペントハウスを選べば、窓の外を見るだけで特別な気分になれるでしょう。

天井が高い

マンションの最上階にあるペントハウスは天井の高さの制限がなく、他のマンションの住戸よりも天井が高く設計されていることが多いです。
3メートル以上の高さがあるペントハウスもあり、他の住戸では味わえない開放的な気分を室内にいながら感じられます。

下の階の部屋とつながっているメゾネットの物件には、吹き抜けの設計になっているものもあります。
マンションでありながら一軒家、別荘のような空間の中で暮らせます。

大きな家具や家電を置いても圧迫感がなく、室内を自由にレイアウトできるのもペントハウスの魅力の一つです。

資産価値が高い

ペントハウスはマンションの最上階に通常一戸しかなく、それだけで特別感があります。
もともとの数が少ないため住みたいと思っても簡単に住めるものではありません。

その特別感から高い資産価値があります。
また、ペントハウスを設けているような高層マンションは交通アクセスがいい場所、治安がいい場所、駅から近い場所など人気のエリアに建てられているものが多く、マンション自体にも非常に高い資産価値があります

資産価値が高い物件を購入すると、今後その物件を手離したいと思ったときも高い金額での取引が可能です。

再開発中のエリアや新しく駅ができるエリア、快速が停まることになった駅が近くにあるエリアは購入時よりも価値が高くなり、さらに高額で取引できる可能性もあります。
将来のことも考えて資産価値が高く落ちにくいペントハウスを選ぶのもおすすめです。

ペントハウスのデメリット

ペントハウスにはさまざまなメリットがありますが、購入前にはデメリットも確認しておく必要があります。

家賃や光熱費などのランニングコストが高額である、災害の被害を受けやすい、物件を見つけにくいなど、ペントハウスのデメリットをチェックしておきましょう。

家賃や光熱費が高い

ペントハウスは通常のマンションの数戸分の広さがあります。
そしてマンションの最上階ということもあり、家賃や購入価格は非常に高額です。

人気エリアにある高層マンションのペントハウス、特別な設備、高級な素材を使った壁紙やドアなどを取り入れているペントハウスなどもあります。
ペントハウス自体の数が非常に少なく、中には数億円するペントハウスの物件もあります。

購入するにしても、賃貸で借りるにしても、一般的な住宅とは桁違いのお金がかかります
また、広かったり吹き抜けがあったりするので、光熱費も高額です。

窓が多く十分な採光があるため夏は暑く、冬は冷え込みが激しくなります。
その分すべての部屋にエアコンを設置する必要もあり、普通の住宅よりもランニングコストがかかることは確認しておきましょう。

別途共益費が必要

マンションのテラスは住民の共有部分という認識です。
ペントハウスのルーフテラスは他の部屋のテラスよりも広く、ペントハウスに住む住民が独占しているため、マンションの他の住戸よりも高額な共益費、管理費がかかります。

さらにルーフテラスの使用料が必要なペントハウスもありますので、事前に確認しておきましょう。

強風や地震の影響を受けやすい

マンションの高層階は、強風の影響を受けやすいです。
台風などで非常に強い風が吹くときだけでなく、ちょっとした風でも音がうるさかったり、部屋が揺れている感覚が続いたりします。

最上階にあるペントハウスは雨漏りや雨が吹き込む可能性も高く、窓を開けっぱなしにできないストレスを感じることもあります。
また、地震のときには高層階になるにつれて揺れが強くなります

大型家具を設置している場合は家具が転倒する可能性も十分にあり、思わぬ事故や大けがにつながるかもしれません。
災害の影響で停電してしまった際当然エレベーターは使えませんので、最上階まで階段を使って登らなくてはなりません。

暑くても寒くてもエアコンが使えない状況では、体調が悪化する可能性もあります。
このような万が一の災害に備えて、他の階の住民よりも一層防災対策を考えておかなければなりません

数が少ないため見つけにくい

ペントハウスは通常一つのマンションに一戸しかありません。
当然普通のマンションの物件を探すより数が少なくなります

また、最上階にある部屋というだけでなく特別な設計、設備のペントハウスはさらに数が少ないです。
住みたいエリアにペントハウスがない、すでに他の人が購入しているということも多く、なかなか理想のペントハウスを見つけられません

ペントハウスは数億円することもある非常に高額な物件ですので、物件自体が一般に公開されていないケースも多いです。
ペントハウスに住みたいと思っても思うように物件を探せず諦めてしまうこともあります。

ペントハウスの選び方

ペントハウスは数が少ない分選択肢が少ないですが、購入してから住みにくかった、月々の出費が多かったなどと後悔しないよう、納得のいく物件選びをしましょう。

複数の不動産会社に相談する

ペントハウスは数が少なく、不動産会社によっては所有していないことも多いです。
一つの不動産会社に相談して理想の物件がないからと諦めるのではなく、複数の不動産会社に相談しましょう

ペントハウスは一般客には公開せず、特別な顧客にだけ紹介しているという不動産会社もあります。

特別感だけでなく実際の生活を考える

ペントハウスは最高級の設備、仕様を導入した特別感のある物件です。
ステータスを感じたいという理由でペントハウスを選ぶ方も多いですが、実際にその物件で生活することも考えましょう。

専用のエレベーターがなければ不便ですし、部屋が多いとその分掃除の手間もかかります。
ルーフテラスにプールがあるペントハウスも人気ですが、実際に使わないのであればメンテナンスに余計な費用がかかるだけのものになってしまいます。

これは他の設備にしても同じことが言えます。
特別な仕様にばかり目を向けるのではなく、実際にその設備が自分や家族にとって必要なのか、負担にならないかを考えて物件を選びましょう。

また、近くに商業施設や学校、病院などの生活するうえで必要な施設は充実しているかなども確認しておきましょう。
ペントハウスは災害には弱いので、万が一の際にどんな対応をしてくれるのか、近くに避難所はあるのかなどのチェックも大切です。

共益費や光熱費なども考慮する

ペントハウスは購入金額が他の物件と比べて非常に高額ですが、それだけでなく月々の共益費や管理費、光熱費なども高額です。
やっとの思いでペントハウスを購入しても、月々のローンの返済や家賃、その他のランニングコストの出費で生活が苦しい…ということになってしまっては特別な気分も楽しめません。

毎月の出費はどれくらいになるのか、今の収入で十分にまかなえる金額かをきちんとシミュレーションしておきましょう。
購入金額が高額になる分、不動産会社への仲介手数料も高額になりますので、初期費用も十分に用意しておく必要があります。

後悔しないペントハウスを選ぼう

ペントハウスはマンションの最上階にあるひと際高級感のある物件です。
特別な間取り、広々としたルーフテラスなどさまざまな魅力があります。

ステータスを感じられる優雅な毎日を送りたいという方はぜひペントハウスの物件もチェックしてみてください。
ペントハウスを選ぶ際は事前にデメリットも確認しておく必要があります。

自分にとって必要な設備は整っているか、ランニングコストはどれくらいかかるのかなど、現実的な物差しでチェックすることで、理想のペントハウスを見つけられるでしょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?