マンションの日当たりに影響する方角に関する基礎知識

日当たりが良い部屋が人気の理由をご存じでしょうか。太陽の光が良く当たると、部屋が明るくなるだけでなく、洗濯物を十分に乾くなどのメリットも多いです。こうしたことから、日当たりの良い部屋は人気があります。
今回は、日当たりがマンションの価格や暮らしやすさに与える影響やメリット、日当たりのよい方角や改善方法まで解説します。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

日当たりがマンションの価格や暮らしやすさに与える影響

日当たりは、マンションの価格や暮らしやすさにどのような影響を与えるのでしょうか。ここからは、日当たりが良いことのメリットを価格や暮らしやすさに着目して解説します。

日当たりがよいことのメリット

日当たりがよいマンションでは、以下のようなメリットが得られます。

● 体のリズムを整えてくれる
● 精神の安定に役立つ
● 洗濯物が乾きやすい
● 冬でも部屋が暖かくなる
● 部屋の湿気が溜まりにくい
● 電気代の節約に繋がる

それぞれについて、詳しく解説します。

体のリズムを整えてくれる

日当たりがよいことのメリットの一つ目は、体のリズムを整えてくれることです。朝から日光を浴びることで、脳は活動するための準備をします。体温の調整や臓器の調整、自律神経の調整などを十分に行うことで、日中活発的に活動できるようになると考えられているのです。

また、日中活発的に活動を行うことで夜は眠気を誘ってくれることから体のリズムを整える効果が期待できます。体のリズムを崩すと健康被害のリスクが高まるので、体のリズムを整えることはとても重要なのです。

精神の安定に役立つ

人間は日光を浴びることで精神が安定するといわれています。これは日光を浴びることでセロトニンが生成されるからです。セロトニンとは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、心を安定させる効果があります。
日当たりのよい部屋で十分な日差しを受けることで、精神面が安定する効果も期待できるでしょう。

洗濯物が乾きやすい

日差しが良く入ることにより、洗濯物が乾きやすい点は大きなメリットです。生乾きに悩まされることも少なくなるでしょう。

また、太陽光の紫外線には雑菌の除去に効果があるため、菌の増殖を防ぐことも期待できます。洗濯物の臭いに悩まされることも減るでしょう。

冬でも部屋が暖かくなる

日差しが強いと冬でもお部屋が暖かいです。日差しの強さによっては暖房器具を使わずに済む場合もあるため、電気代の削減に繋がるでしょう。
さらに、断熱性能が高い部屋であれば、暖かい空気が逃げにくく、冷え込む冬でも温かく過ごすことができます。

部屋の湿気が溜まりにくい

マンションは多くの窓を設けられないため、空気の流れが悪く湿気が溜まりやすい環境です。湿気によって菌が増殖すれば、天井や壁にカビが発生してしまうこともあります。

カビは胞子によるアレルギー疾患なども心配です。また、室内がジメジメすることによって、居心地の悪さを感じる人も多いでしょう。
日差しを多く取り入れることのできる部屋であれば、こうした悩みも解消しやすいといえます。

電気代の節約に繋がる

電気代の節約にもなります。朝から夕方まで日差しが入れば明るさに問題がないので、電気をつけずとも十分に生活が可能です。夜だけ電気をつければよいので、電気代を掛けずに済みます。

日当たりのよい部屋は価格が高くなりやすい

日当たりのよい部屋は価格が高くなりやすいです。日当たりは建物の方面や階数によって変わります。
南面は冬季の可照時間が最も長く、1年中日差しが入ると考えられており、もっとも日当たりが良い方面として認識されています。また、階数が上がるごとに日当たりはよくなるので、南面の最上階の部屋がもっとも部屋の価格が高いと考えてよいでしょう。

マンション購入時に、日当たりや採光を重視する人も多いです。日当たりのよい部屋は需要が高く、価格も高くなりやすいと考えられます。

方角による日当たりの違い

方角によって日当たりはどのように変わってくるのでしょうか。以下に方角にとって変化する日当たりの特徴をまとめてみました。

南向き…日差しは1日中差し込む
東向き…日差しは午前に差し込み、午後は弱くなる
西向き…日差しは午前に弱く、午後から差し込む
北向き…日差しは1日中入りにくい

それぞれ、具体的に解説していきます。

南向きのマンション

南向きのマンションは1日中部屋に日が差し込むことが特徴です。可照時間が長く朝から夕方まで日が差し込むので、太陽の光だけで1日中過ごすことができます。また、
季節に影響されることなく、1年中日を受けることができます。寒い冬でも日差しを多く取り入れることができるので、暖房費の節約にも繋がるのです。

1日中日が差し込む南向きマンションは、日中活動している人に向いています。例えば在宅ワーカーなら、日の光を浴びながら気持ちよく仕事ができるでしょう。他にも小さな子供がいる家庭なら明るく元気に過ごせそうです。
また、洗濯物をしっかり乾かせる点も魅力といえます。

東向きのマンション

東向きのマンションは朝から昼までの時間帯に日差しがよく入り、午後からは日差しが入りにくくなるのが特徴です。
日中は仕事で外出する人に向いています。東向きのマンションは朝十分な日差しを受けることができるので、生活リズムを整えることに期待できます。精神が安定する効果も期待できるため、朝から仕事に集中して取り組みやすくなるでしょう。

西向きのマンション

西向きマンションは、東向きの特徴と正反対です。午前中は日差しが入りにくくなるのですが、午後にかけて日差しが強くなります。
西向きマンションは、夜仕事をしている人に向いているでしょう。朝の日差しがあまり入らないため、朝はゆっくり眠りたいという人などにおすすめです。また、昼以降に洗濯物が干せるので乾きやすいといったメリットもあります。

北向きのマンション

北向きのマンションは年間を通して日差しが入りにくいのが特徴です。日差しが入らない分、湿気や洗濯物が乾きづらいといったデメリットがあります。

しかし、直射日光が入ることは必ず良いとは限りません。日光は本や家具を傷める原因となります。そのため、本好きや家具好きの人にとっては北向きマンションの方が向いているのです。

方角以外でマンションの日当たりに関係する要素

ここまで、方角による日当たりの違いについて紹介しました。しかし、日当たりは方角だけが関係するわけではありません。他にも周辺環境や部屋の階数によって影響されます。
ここからは、方角以外でマンションの日当たりに関係する要素を複数紹介していきます。

周辺環境に高い建物があるか

マンションの日当たりは周辺環境によっても関係します。なぜなら、周辺に高い建物があると日差しを遮られてしまうからです。たとえ日差しが良い南面に住んでいても前面に建物があれば日差しは入らなくなるので意味がありません。

また、1階や2階などの低層階に住む場合は、前面に建物がなくても周りの建物の影響を受けやすいので注意しましょう。日当たりの良いマンションを選ぶ際は事前に周辺環境を確認しておくことが大切です。

窓の条件によって日当たりが変わる

日当たりは窓の位置、数、大きさも関係してきます。マンションによって窓の条件や間取りの条件が変わるので、日が当たらない部屋がないか確認しましょう。

窓の条件は建築基準法にて定められていますが、実際に住んでみると足りないと感じることもあります。どの程度窓から日が入るのか、実際に確認しておきましょう。

バルコニーの素材や奥行によって日当たりが変わる

バルコニーの素材や奥行きもお部屋の日当たりに関係してきます。バルコニーの素材がコンクリートだと日差しを遮ってしまいますが、ガラスであれば日差しが通りやすくなります。

また、バルコニーの奥行が長いとお部屋に日差しが届かなくなり、奥行が短いほど日差しが入ります。バルコニーの素材や長さも十分に確認してから選びましょう。

角部屋は日当たりが良い

マンションの部屋が角部屋になると日当たりが良くなります。窓の位置を2面にすることができるので、多くの日差しを取り入れることが可能です。

また、1面に比べて違う角度から日差しを取り入れることができるので、部屋の中に日が当たらない部分を減らせます。カビが発生しやすい部屋の隅にも採光が届くので、カビの抑制にも効果的です。

階数を高層階にする

高層階に住むことができれば周辺に高い建物が少なくなるので日当たりが良くなります。周りの建物が日差しを遮らなくなるので、多くの日差しを取り入れることができます。

また、高層階は太陽の光が入りやすい角度になるので多くの日差しを取り入れることが期待できます。外からの視線を気にする必要もないので、日中カーテンを開けっぱなしにすれば、さらに多くの日差しが取り込めます。

日当たりの悪さを改善する方法は?

ここまで日当たりに関係する要素を紹介しましたが、すでに住んでいる人や資金に余裕のない方は今から日当たりの良い部屋に引っ越すのは難しいでしょう。
ここでは、日当たりの悪さを改善する方法について紹介します。

部屋のインテリアを明るくする

部屋のインテリアを明るくすることは、日当たりの悪さを改善できます。特に、白には紫外線を反射する働きがあるので、室内の湿気やカビの増殖を抑えることができます。
また、太陽の光を反射することができるので、日当たりが悪いお部屋でも明るく見せることが可能です。

色を統一することによって、おしゃれも楽しむことができます。白のほか、パステルカラーやベージュなどの色もおすすめです。

部屋に鏡を置く

部屋に鏡を置くことも日当たりの悪さを改善できます。鏡は太陽の光を反射させることができるので、日差しの悪いお部屋でも明るくすることが可能です。また、窓の対面に設置すれば部屋を明るくするだけでなく、広く見せる効果も期待できます。

うまく反射させられれば、部屋を明るくすることもできるので電気代の節約にも繋がります。ただし、お部屋が狭い場合は、鏡が邪魔になるケースがあるので、邪魔にならない程度の大きさを選びましょう。

薄毛のレースカーテンを使う

薄毛のレースカーテンを使うこともおすすめです。レースカーテンは日差しを優しい光に変えてくれるので、どんより薄暗いお部屋を温かい雰囲気にしてくれます。また、白のレースカーテンを使えば光が拡散されるので、少ない日差しでもお部屋全体をふんわり明るくしてくれます。

太陽光に近いLED照明を使う

太陽光に近いLEDを使えば、朝の快眠や精神安定の効果が期待できます。
太陽光に近いLED照明を使用することで、太陽と同じ波長の光が受けることが可能です。紫外線は大幅にカットした状態なので、肌の影響も心配ないでしょう。

マンションの日当たりは暮らしやすさや価格に大きく影響する

マンションは日当たりが良いほど暮らしやすく価格も高くなる傾向があります。日当たりの良い部屋は、部屋を明るくしてくれて洗濯物まで乾かしてくれるので暮らしやすい環境です。特に、南面に住むことができれば、安定的に日差しを取り入れることできます。

しかし、メリットがある分、他の部屋に比べて価格が高い傾向にあります。予算や自分のライフスタイルと照らし合わせて、最適な方角を選びましょう。
方角によって日差しの強さは変わるため、暮らしやすい環境に調節することが大切です。
また、すでに日差しが悪い部屋に住んでいる人でも、鏡やレースカーテンを使えば、部屋に日差しを取り組むことができます。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?