マンションで水漏れが起きる原因と対策を分かりやすく解説

マンションで水漏れが起きた際は、速やかに管理会社に連絡しましょう。
水漏れの原因が入居者か建物か、また、共有部分か専有部分かによっても賠償先がことなります。

そのため、自分で水道業者を呼ばず、まずは管理会社に連絡します。
マンションで水漏れが起きる原因と起こった際の対策を分かりやすく解説します。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

マンションで水漏れが起きる2大原因

マンションで水漏れが起きる原因は、大きく下記の2つに分けられます。

● 入居者が原因のマンションの水漏れ
● 建物や設備が原因のマンションの水漏れ

住人の水の止め忘れなど、人為的なものなら原因も突き止めやすいですが、排水設備の老朽化などが原因なら、水漏れの発生源を突き止めるのも困難となります。
マンションで水漏れが起きる原因について解説します。

入居者が原因のマンションの水漏れ

1つ目の原因は、故意・過失を問わず、人為的な理由によるマンションの水漏れです。
入居者がお風呂のお湯を止め忘れた、水道の蛇口が壊れ、水が止まらなくなってしまったなど、下記のように、水漏れの中でもイメージがしやすい理由です。

● お風呂のお湯を止め忘れ溢れてしまった
● 洗濯機の給水ホースが外れてしまった
● キッチンの排水溝掃除を怠り詰まらせた結果水が溢れてしまった
● トイレに紙を詰まらせて水が溢れた
● ベランダのガーデニングをして水をやり過ぎてしまった

これらは、原因が明確なので対処もしやすいと言えます。
また、どのような理由で水漏れが起きるか確認できるため、対策もしやすいと言えるでしょう。

建物や設備が原因のマンションの水漏れ

2つ目の原因は、マンションの建物や排水設備の老朽化・故障によるものです。
さらに、施工工事やリフォームに問題があったという場合もあります。

例えば、外壁に亀裂が入り、雨が侵入し水漏れしたり、壁に通した給水管に亀裂が入りそこから水漏れしたりするなどです。

● リフォームの際、給水管に損傷を与えてしまい後から亀裂が発生した
● 施行工事の際、排水管の接続が弱く水が漏れていた
● 排水管が老朽化して水漏れした
● 屋根やベランダなど防水加工の定期点検不足

特に、建物内部の設備で起きた水漏れの場合、特定に時間がかかる傾向にあります。

自分の部屋で水漏れが起きたときの対応手順を解説

自分の部屋で水漏れが起きたら、まずは応急処置を施しましょう。
そのうえで、管理会社に連絡し対応方法を確認しましょう。

応急処置を行う

まずは水漏れをそのままにせず応急処置を行いましょう。
もし、住人が2人以上いる場合は処置を行う人と管理会社に連絡する人など、手分けをすると良いでしょう。

元栓や止水栓を閉める ● 水道管の亀裂から水が漏れているなどの時はタオルを巻いて水を止める
● バケツを水漏れ部分の下に置いて広がらないようにする
● 排水溝の詰まりは取り除く

水道管の破裂など対処しようがない場合を除き、これ以上被害が拡大しないように、応急処置だけはするようにしましょう。

マンションの管理会社に連絡する

応急処置が終わったら、すぐにマンションの管理会社に連絡をしましょう。

もし、水漏れの程度が浅かったとしても、念のため管理会社には必ず連絡しましょう。
自室の被害は軽いように見えても、下階に被害が及んでいる場合もあるためです。

管理会社が水道業者などを手配してくれた場合は、自分で業者を呼ぶ必要はありません。

水道業者を呼んだ後でも管理会社には必ず連絡しよう

また、水道業者にのみ連絡をして、マンションの管理会社には連絡しないということがないように注意しましょう。
マンションでは、水漏れ部分が専有部分か共用部分かによっても、修繕費用の負担者が変わってきます。

また、自室での水漏れであっても、実は排水管の老朽化が原因の場合も少なくありません。
本来、管理会社が負担すべき費用も、自分で水道業者を呼んで直してしまうと、全額自己負担となってしまいます。

そのため、まずは管理会社に連絡をするようにしましょう。

状況写真を撮っておく

排水管など共有部分が水漏れの原因として疑われる場合は、念のため写真も撮っておきましょう。
特に、夜間などで管理会社が立ち会えず、先に修理が必要な場合は、原因究明のためにも証拠写真は多めに残しおきましょう。

水道業者へ連絡する

夜間などで管理会社に連絡がつかない場合は、自分で水道業者を呼んで修理をしてもらいましょう。
その際、水漏れ箇所や修理内容を記載した請求書や、調査書をもらうようにしましょう。

また、連絡する際は「水道局指定業者」「指定工事店」など、水道法第16条で定められた水道事業者に連絡するようにしましょう。[注1]

[注1]厚生労働省 | 水道法第16条の2第3項のただし書き(指定給水装置工事事業者以外の施行の場合)について
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/topics/sui16.html

電気会社に連絡をする

万が一室内で漏電していたら、感電する恐れもあります。
そのため、水漏れがあったら、電気会社にも念のため連絡し、漏電している箇所がないかも確認してもらいましょう。

また、下階に浸水している場合は、浸水したすべての住戸も点検してもらいましょう。

損害保険会社に連絡する

火災保険など、加入している損害保険会社へも速やかに連絡しましょう。
床材の修理、交換や、下階への損害賠償など、保険金がでる場合があるからです。

ただし、損害保険は故意による損害や損害後時間のたった請求は認められないケースもあります。
とは言え、認定基準が個人で判断できるものでもありませんので、まずは速やかに損害保険会社に連絡しましょう。

被害者へお詫びする

もし、下階に浸水するほどの水漏れとなってしまったら、管理会社から水漏れの被害があった住戸を聞いて、お詫びに行きましょう。

また、場合によっては損害賠償が必要になりますので、その際も速やかに対処しましょう。

被害者と和解が難しければ管理会社や弁護士にも相談する

被害者に謝罪するものの、損害賠償の額に納得してもらえないこともあるでしょう。

問題が大きくなりそうなら、個人で解決するのは困難ですので、管理会社や弁護士に相談し、第三者に入ってもらうようにしましょう。

近隣の部屋の水漏れ被害にあったときの対応の流れ

部屋の天井から水漏れしているなど、上階が原因の水漏れも、基本的には管理会社に連絡しましょう。

そのうえで、証拠写真を残すなどして被害の状況を明らかにしておきましょう。

被害状況を写真で残しておく

保証や請求を行うためにも、被害状況を動画や写真で残しておきましょう。
自分で片づけてしまったり、浸水が収まったりした後だと、被害の全貌が把握できません。

そのため、状況写真や被害にあった家具などは撮影して残しておくようにしましょう。

応急処置をする

天井から水漏れがあった場合も、バケツを用意するなど何かしらの応急処置は施しておきましょう。
そのうえで各対応を行いましょう。

管理会社へ連絡する

小規模の天井浸水であったとしても、まずは管理会社に連絡しましょう。
天井からの浸水とは言え、本当に直上階で水が漏れているのか、それとも排水設備から水が漏れているのか判断がつかないためです。

そのため、まずは、管理会社に連絡し状況を把握してもらうようにしましょう。

直接上階に連絡する場合は伝え方に注意が必要

また、直接上階の住人に話をしに行く際は、伝え方に注意が必要です。
理由として、天井の水漏れは原因の特定が困難であり、本当に上の住人の水漏れかも判断ができないためです。

そのため、もし話をしに行くのであれば、下の階に水が漏れている現状を伝え、上階がどうなっているか確認をさせてもらうようにすると良いでしょう。

水漏れ場所に応じて賠償請求をする

水漏れの被害者となった場合、どこで水漏れが発生したかによって賠償の請求先が変わってきます。

● 共用部分の場合:管理組合が賠償する
● 専有部分の場合:専有部分の区分所有者が賠償する
● 賃貸マンションの場合:マンションの部屋を借りているものが賠償する
● マンション工事の瑕疵の場合:工事業やリフォーム業者が賠償する

そのため、水漏れの原因がわかったら、所定の場所に損害請求をしましょう。

水漏れ原因がわからない場合は専門業者に依頼する

もし、管理会社に連絡しても、水漏れの原因が特定できない場合は、専門業者に依頼をしましょう。
その際、水漏れの状況を正しく把握しておくと調査もスムーズに進みますので、下記を一通り記録しておくようにしましょう。

● 水漏れのあった場所
● 水漏れがあった日の天気と気温
● 暖房器具は使用していたか
● 入浴や洗濯など、水を使っていたか
● 漏れた水の色や温度

もし、専門家に調査を依頼したものの、上階の住人が調査に応じない場合は、管理会社に連絡して交渉してもらいましょう。
それでも応じない場合は、弁護士相談することをおすすめします。

自分の部屋で水漏れを起こさない4つの対策

マンションでは、水漏れは被害者になるだけでなく、加害者となる場合もあります。
特に入居者の過失が原因の水漏れでは、損害賠償を支払うケースもでてきます。

そのため、自分の部屋で水漏れをおこさないためにも日頃の注意がなによりも大切です。

水道メーターの確認

水道代使用料が前月と比べて増えていないか、また、月を追うごとに増加していないか確認しましょう。
水道使用料は、一年を通して大きく変わるものではありません。

そのため、毎月利用料が増えていれば、どこかで漏水している可能性があります。
異常に気が付いたら水道業者などに調査を依頼しましょう。

排水溝のこまめな掃除

キッチン、洗面所、風呂場、トイレなど、排水溝はこまめに掃除をして詰まらせないようにしましょう。
また、下記のようにそれぞれの排水溝に詰りの原因となるものは流さないようにしましょう。

● キッチン:野菜くずや使用済み揚げ物油を流さない
● 洗面所:ヘアキャッチャーを利用し髪の毛を流さない
● 風呂場:シャンプーや石鹸のカスが固まりやすいのでこまめに掃除をする
● トイレ:トイレットペーパー以外のものを流さない

日頃から排水溝が流れるようにしておけば、万が一、水を出しっぱなしにしてしまった場合も、被害を最小限に留めることができるでしょう。

お風呂は自動お湯はり機能やストッパーを使う

お風呂は自動お湯はり機能をつかえば、万が一お湯をはっている間に眠ってしまってもお湯が溢れて、水漏れする心配がありません。

また、自動お湯はり機能がないお風呂では、自動止水器が市販されているため、活用すると良いでしょう。

バルコニーは水が使えるか確認する

バルコニーやベランダがある場合は、水を使って問題がないか確認しましょう。
排水溝のあるタイプなら水を使っても問題ありません。

ただし、落ち葉や埃がつまらないように定期的に掃除をしましょう。

また、排水溝のないタイプなら、水を使うことは極力避けるようにしましょう。
もしガーデニングをする場合は、水受けを使うなど対策を講じておきましょう。

水漏れが起きにくいマンションの特徴2選

入居者が原因の水漏れは防ぐことが困難ですが、マンション設備が原因の水漏れは、入居する際物件を確認することである程度防ぐことが可能です。
水漏れが起きにくいマンションについて解説します。

築年数の浅いマンション

一番の方法は、築年数が浅いマンションを選ぶことです。 マンションは15年~20年で設備の多くが老朽化します。

また、新築のマンションと築年数が経過したマンションでは、給水管などに利用する材質も変わってきます。
そのため、やはり築年数の浅いマンションの方が、マンション設備が原因の水漏れは起きにくいと言えるでしょう。

築年数のたったマンションは改修済みか確認

築年数のたったマンションでも、メンテナンスが充実していれば、ある程度水漏れを防ぐことができます。
例えば屋根やベランダの防水加工を定期的に点検する、外壁にヒビがあれば修理をするなどです。

また、マンション全体で一度水回りの大規模な改修工事が行われていれば、水漏れの可能性は大きく減少するでしょう。

マンションで水漏れが起こったら、まずは管理会社に連絡しよう

マンションで水漏れが起きる原因は、入居者の問題だけでなく、建物や設備、施工業者など、さまざまな理由が考えられます。
そのため、水漏れが起こった際は、自分で処理せず管理会社に速やかに連絡しましょう。

また、マンションでは被害者になるだけでなく、自身が水漏れの加害者となることもあります。
そのため、排水溝を掃除するなど、日頃から対策を施すことも大切です。

万が一に供え、マンションで水漏れがあった場合の対処方法を確認し、慌てずに処理できるようにしておきましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?