マンションの壁紙は変えられる?張り替え費用やコツを解説

はじめはきれいだったマンジョンの壁紙も、住み続けるうちにキズが付いたり黄ばんだりと、次第に劣化してしまうことは仕方のないことです。たとえマンションの壁紙が汚れたりキズついたりしても、壁紙を張り替えることで、新品のような状態をよみがえらせることが可能です。

そこでこの記事では、マンションの壁紙を張り替える費用やコツについて解説します。マンションにお住まいで壁紙の劣化に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

マンションの壁紙は変えられるか

たとえ自分が保有する分譲マンションであっても、戸建てのように自由に室内をカスタマイズすることに、不安や抵抗感を抱いてしまう人は少なくないかもしれません。そもそも、マンションに住んでいる場合は壁紙を変えても問題ないのでしょうか。

結論から言いますと、マンションでも壁紙は変えられます。ただし、工事前に管理組合に届け出て許可をもらう必要があるため、勝手に工事をスタートしてはいけません。管理組合から許可が出れば、自由に壁紙のリフォームが行なえます。

ちなみに賃貸マンションの場合は、借り主の判断で壁紙を変更してはいけません。もしも賃貸物件の壁紙を変えたいと思ったときは、不動産会社や大家に相談してみましょう。

マンションの壁紙張り替えにかかる費用

実際にマンションの壁紙の張り替え工事を行うときは、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

壁紙の張り替え費用は、業者に依頼するときとDIYで行うときとでまったく異なります。ここでは、それぞれの必要について詳しく見ていきましょう。

業者に依頼して張り替える場合

業者に壁紙の張り替えを依頼した場合、費用目安は以下の通りとなります。

スタンダードクロス ハイグレードクロス
1㎡あたりの単価 1,000~1,200円 1,400~1,600円
6畳 4~5万円 5.5~6.5万円
8畳 5.5~6.5万円 7.5~8.5万円
2LDK 35~45万円 50~60万円
3LDK 40~40万円 55~65万円

壁紙には量産型クロスと呼ばれている「スタンダードクロス」と、1000番台と呼ばれている「ハイグレードクロス」の2種類があります。スタンダードクロスは安価でシンプルなデザインになっていますが、タイル調や石目調などといったバリエーションからある程度選ぶことも可能です。

他方でハイグレードクロスは価格が若干高いですが、色とカラーのバリエーションが豊富で、抗菌・消臭などといった機能性に優れています。200円程度の違いなので、予算が許すのであれば、ハイグレードクロスを選んでおくといいでしょう。

業者に依頼する場合、壁紙自体はそこまで高価ではありませんが、職人の人件費や技術代が上乗せされて高額になる傾向にあります。

DIYで張り替える場合

DIYで壁紙を張り替える場合、業者に依頼したときと比べると非常に安い費用で済ませられます。費用としては、6畳の部屋を施工する場合で1万円前後を想定しておくといいでしょう。3LDKのマンション全体を張り替えたとしても、10万円未満の金額で壁紙の交換ができます。DIYの場合、壁紙の材料費のほかに工具が必要となるため、余分に予算を用意しておきましょう。

ただしDIYで施工した結果、仕上がりが汚くなってやり直しの工事が必要になれば、さらに費用がかかってしまうことになります。ご自分で施工する自信がない場合は、はじめから業者に依頼しておいたほうが安心でしょう。

マンションの壁紙張り替え方法とコツ

自分でマンションの壁紙を張り替えたいと思っても、やり方がわからなくて戸惑ってしまう人が多いのではないでしょうか。この章では、マンションの壁紙を張り替える方法をコツと一緒に紹介します。

必要な道具をそろえる

まずは、必要な不道具をそろえていきましょう。

【必ず必要になるもの】
● 壁紙
● パテベラ
● パテ
● 紙やすり
● なでバケ
● ジョイントコーク

【のり壁紙の場合】
● のり
※不織布壁紙の場合は専用のもの、ビニールクロスの場合はでんぷんのり
● バケツ
● ローラー
※大きいものと小さいものがあると便利です

シール式の壁紙の場合は用意するものが少ないですが、のり壁紙の場合は若干必要なものが増えるため注意しましょう。

貼ってある壁紙をめくって下地処理をする

必要なものが準備できたら、貼ってある古い壁紙をめくってしまいましょう。古い壁紙を剥がしたときに穴やヒビ割れがある場合、パテで穴を埋めて補修し、紙やすりでパテを平らに均しておきます。この作業を行わないと、仕上がりが凸凹になって見た目が悪くなってしまいます。

下地処理が終わったら紙やすりで発生した粉をよく拭き取り、下地処理は終了です。

【シール式壁紙の場合】壁紙を張り替える

シール式の壁紙はのりを使用しなくても貼り付けられるため、壁紙張り替えに慣れていない初心者にも最適です。はじめに天井から床に向かって空気が入らないようにゆっくり貼り付け、なでバケで空気を押し出すように押さえながら圧着していきます。

大切なのは、壁に対して真っ直ぐに貼れているかということです。空気が入ったり斜めになったりしたときは、慌てずにいったん剥がしてから張り替えてください。

上下は少しオーバーするように貼り、なでバケで角をしっかりと入れ込んでからカッターで余分なところをカットすると、きれいに仕上がります。

【のり壁紙の場合】壁紙を張り替える

のり壁紙の場合は、ローラーでのりを壁に塗ってから壁紙を乗せていきます。多少ムラになっても問題ありませんが、剥がれないように少しだけ多めに乗せることが大切です。

あとはシール式の壁紙と同様、空気が入らないようになでバケで圧着します。多少上下がオーバーするように貼り付け、あとからカッターで形を整えます。

壁全体に同様の作業を行う

同じ工程で、壁全体に同様の作業を行いましょう。次の壁紙を貼るときは、すでに貼ってある壁紙に少し被せるようにして貼ることをおすすめします。貼ったあとに被った部分をカッターで切り取ると、きれいに仕上がります。

継ぎ目が気になるところは、ジョイントコークを補充して整えてください。裏技ですが、凹凸があるタイプの壁紙の場合、ジョイントコークを乗せたあとタオルでポンポンして整えると、凹凸感が出て自然な仕上がりになります。

マンションの壁紙張り替えの注意点

マンションの壁紙は、コツさえ押さえれば意外にも簡単に張り替えることが可能です。しかし、正しい知識を持って張り替えをしないと、交換してから後悔してしまうこともあるため注意しましょう。

ここからは、マンションの壁紙を張り替える前に押さえておきたい注意点について見ていきましょう。

壁紙の種類を知っておく

壁紙の張り替えを行うときは、より希望の仕上がりに近づけるように壁紙の種類について知っておくことが大切です。おもな壁紙の種類としては、以下の6つが挙げられます。

1. ビニールクロス:もっともオーソドックスな壁紙で、お手入れしやすい
2. 紙クロス:紙でできており、吸音性が高く和室に向いている
3. 木質系クロス:銘木やコルクでできており、アクセントクロスに最適
4. 織物クロス:織物で作られており高級感があるが、ホコリを吸着しやすい
5. 無機質系クロス:珪藻土や漆喰などでできており、独特な質感や風合いがある
6. オレフィン壁紙:プラスチックの一種でできており、お手入れしやすい

また、ペット対応や省エネ、抗ウイルスやカビ・結露防止、落書きOKなどの機能性が搭載された壁紙もあります。張り替える壁紙を選ぶときは、こういった壁紙の種類や機能性をよく比較し、ご自宅に合ったものを選ぶことを意識しましょう。

家具や家電は養生しておく

壁紙の張り替え作業を進めるときは、周辺の家具や家電を養生することを忘れないようにしましょう。パテや紙やすりを使うとき、のりを塗布するときは粉塵やのりが周囲に飛散しやすく、汚れや故障の原因となってしまうためです。とくにやすりを使ったあとの粉塵は、気づかないうちにパソコンなどの精密機器に入り込み、故障させてしまう恐れがあります。

プロに依頼するときは、ビニールシートのようなもので養生してくれるため、こちらで準備することはありません。DIYするときは、ご自身でビニールシートや大きめのポリ袋を活用したりほかの部屋に移動させたりして、家具や家電を保護しましょう。

必要に応じてほかのものも一緒にリフォームする

壁紙を交換すると部屋がぱっと明るくなって気持ちいいですが、壁紙と一緒にリフォームしておくべき箇所を見逃すと、かえって見た目が悪くなる恐れがあることを知っておきましょう。たとえば、壁紙を真っ白にしても、コンセントの差込口や照明器具が色あせていたり古かったりすると、その部分が浮いて違和感が生じてしまいます。

予算に余裕があれば、壁紙と一緒にほかのものも新調できるときれいに仕上がるでしょう。

一部だけ張り替えてツギハギ感が出ないようにする

一見きれいに見える壁紙も、新品と比べると色あせていたり黄ばんだりしているものです。「キズがついた部分だけ張り替えよう」「廊下だけ張り替えよう」と一部だけ壁紙を交換すると、新しい壁紙と古い壁紙の色が分かれてしまい、ツギハギ感が出てしまう危険性があります。

壁紙を張り替えるときは、隣り合っている場所と同じ素材を選ぶことが重要です。もしもほかの部分の壁紙が変色している場合は、全体の壁紙を張り替えることも検討しましょう。

【目的・状態別】マンションの壁紙選びのポイント

最後に、これから張り替える壁紙を選ぶ人に向けてマンションの壁紙選びのポイントを紹介します。目的や状態に合わせて、ご自身にとって最適な壁紙を選んでいきましょう。

部屋のテイストや雰囲気を変えたい場合

壁紙張り替えの醍醐味は、部屋のテイストや雰囲気をガラッと変えられるところです。全体の壁紙を張り替えるのはもちろんのこと、一面だけアクセントクロスを仕込むだけでもグッとオシャレ感が増します。

たとえば、以下のような人気のテイストに仕上げたいときは、それぞれの印象に合った壁紙を選ぶことが大切です。

● カフェ風テイスト
アンティーク調のアクセントクロス、レンガクロス、木目の腰壁クロス
● 北欧風テイスト
青みグレーのクロス、モノトーンに差し色をプラスするペールカラー、幾何学模様
● メンズライクテイスト
コンクリート調クロス、ダークな色合いのクロス、無機質×木を組み合わせたクロス

壁紙を選ぶときは、インテリアが映えるものにすることがコツです。大幅に壁紙の雰囲気を変更する場合は、思い切ってインテリアも変えてみるといいでしょう。

ヒビ割れやキズを隠したい場合

ヒビ割れやキズを隠したい場合は、壁全体の壁紙を交換しなくてもいいケースが多いです。部分的な張り替えであれば、業者に依頼しても1~2万円程度できれいに補修してくれます。DIYで部分補修するときはもっと安く済ませられますが、必ず今使っている壁紙と同じ材料を使うようにしましょう。

「いつも同じ場所を猫がひっかく」「同じ場所にキズがつく」という場合は、思い切ってキズやヒビ割れに強い壁紙に交換してみてもいいでしょう。物がぶつかってもキズがつきにくい「ウレタンコート壁紙」やひび割れしにくい「ハードストレッチ壁紙」などであれば、すぐに壁紙がボロボロになってしまうご家庭でも安心です。

できるだけ費用を安く抑えたい場合

できるだけ費用を安く抑えて壁紙の交換をしたいときは、スタンダードクロスを使ってDIYする方法がおすすめです。6畳の部屋であれば1万円、3LDK程度の広いマンション全体の壁紙を交換しても10万円以下に費用を抑えられます。

なおスタンダードクロスのなかでも、ビニールクロスが比較的安い価格帯で購入できるケースが多いです。抗菌作用、耐摩耗性、防汚性、防カビ性などの機能が搭載されているものは多少高くなりますが、長く快適に使えて張り替えの頻度が落ちることを考えると、トータルの費用は抑えられるでしょう。

ポイントを押さえてマンションの壁紙の張り替えをしましょう

マンションであっても、壁紙を張り替えることは可能です。ただし、必ず管理組合から許可を得てから工事するようにしましょう。

マンションの壁紙張り替え費用は、6畳の部屋で4~5万円が相場です。天井の高さや壁紙の質などによって費用は異なるため、予算に合わせて材料や業者・DIYの選択をすることが大切です。

今回説明した壁紙張り替えのポイント押さえて、さらに愛着が持てて落ち着いて過ごせる自宅にしていきましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?