土地活用としてホテルを経営するメリットは?注意点も解説

土地活用としてホテルを経営するメリットは?注意点も解説

広い土地を所有していて、かつそのエリアに人が集まる場合は、土地活用としてホテル経営がおすすめです。ホテル経営にはさまざまなメリットがあり、土地活用の中でも特に高い収益を上げることができます。
ただし、経営開始にあたっては、注意すべきポイントもあります。ホテル経営の土地活用にはどのようなポイントがあるのかを知り、失敗なく土地活用を行いましょう。

ホテルの建設費について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ホテル経営以外の土地活用法について詳しく知りたい方以下の記事をご覧ください。

ホテルを経営するメリット

ホテルを経営するメリット

土地活用としてホテル経営をするメリットは、次の4つがあげられます。

  • 安定した収入を得ることができる
  • 相続税の節税ができる
  • 経営をフォローするサービスが豊富
  • 宿泊ニーズに合わせたホテルを建設できる

メリットを正しく把握して、どのような魅力があるのかを知っていきましょう。

安定した収入を得ることができる

ホテルを建築する場所がよいと、利用者が増え、安定した収入を得られます。特に所有している土地が観光地の近くにあるなら、観光客需要でホテル客を獲得しやすいです。
昔ながらの観光地には多くの人が足を運ぶため、ホテル経営によって長期的に安定した収入を得られることは大きなメリットです。

相続税の節税ができる

相続時にかかる相続税の節税ができることも、ホテル経営をするメリットの1つです。現金で相続する場合は、相続額に対してそのまま相続税率をかけて税額を計算しますが、不動産の場合は固定資産税評価額をもとに、税額を算出します。
不動産の固定資産税評価額は実際の価値の7割程度になることが多く、現金で相続するよりも30%程度相続税が下がるため節税効果は高いです。

経営をフォローするサービスが豊富

土地活用のサポートをするサービスはさまざまありますが、その中でも特にホテル経営のフォローやサポートのサービスは豊富にあります。

  • ホテルコンサルティング
  • 市場分析

ホテル経営にあたっては、サービスが豊富であることからプロの充実したサポートを受けやすく、土地活用で失敗する可能性が低くなる点も、大きなメリットです。

宿泊ニーズに合わせたホテルを建設できる

ひとくちにホテルといってもさまざまな種類があり、所有する土地のエリアの宿泊ニーズに合わせて、ホテルを建設できることもメリットです。例えば観光地なら観光ホテル、ビジネス街ならビジネスホテルを建設することで、需要を獲得しやすくなります。
所有する土地のエリアや想定される利用者のニーズによって、建設するホテルの種類を変えることができる点も、経営に失敗しづらいポイントといえます。

ホテル経営におすすめな土地の特徴

ホテル経営におすすめな土地の特徴

土地を所有しているからといって、おすすめの土地活用が必ずしもホテル経営になるわけではありません。土地によってホテル経営に向いているかどうかは異なります。

  • 駅から近い場所にある
  • 60坪以上の広さがある
  • 周囲が栄えている
  • 高速のインターが近い

どのような土地がホテル経営に向いているのかを知り、自身の所有する土地の特徴と比較してみましょう。

駅から近い場所にある

宿泊の利便性やチェックアウト後の行動のしやすさを考えて、駅に近い場所に宿泊したいと考える人は多いです。そのため、土地が駅から近い場所にあり、交通アクセスのよい場所は、ホテル経営に向いている土地といえます。
広い土地で大規模な建築物が建設できるからといって、それだけでホテル経営に向いているとは限りません。重要なのは宿泊客が見込めるかであり、利用者の需要が高まりやすいのは交通アクセスのよい場所であることは覚えておきましょう。

60坪以上の広さがある

ホテルを建設するにはある程度の広さが必要であり、最低でも60坪以上の土地と考えましょう。狭い土地でも小規模でホテル経営をすることは可能ですが、土地が狭いと客室数が少なくなり、収益性は下がります。
ある程度の収益を上げることを考えるなら、30室以上は確保する必要があります。60坪で大体30室程度の客室を確保できるため、土地の広さも重要になることは覚えておきましょう。

周囲が栄えている

ホテルの周囲の状況も確認が必要であり、周辺が栄えている土地ほど、ホテル経営におすすめです。ホテルの周囲に観光地があったり、商業地や繁華街があったりすると人が集まりやすいため、集客力が高まります。
交通アクセスがよくても、周囲が栄えておらず、そもそも人がいないエリアでは宿泊客は獲得しづらいため、周辺環境は重要なポイントです。

高速のインターが近い

土地の近くに高速道路のインターがあると、車でのアクセスがしやすいため、需要も増えやすいです。また、高速道路の出入り口が近くにあることで、来客者に道を案内しやすく、スムーズにホテルまで来てもらえる点も、メリットといえます。

ホテル経営を成功させるためのポイント

ホテル経営を成功させるためのポイント

ホテル経営を成功させるためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。

  • 法人化する
  • 資金調達のために融資を活用する
  • 運営は業者に委託する
  • 土地活用のプロに相談する

上記4つのポイントを把握して、失敗のないようにホテル経営に臨みましょう。

法人化する

ホテル経営では収支の金額が大きくなりやすく、個人事業で行うと税金による損失が出やすいです。そのため、法人化しておくことがおすすめであり、法人としてホテル経営を行うことで、節税効果が高まります。
ホテル経営以外の土地活用なら、個人事業として行ってもそれほど問題ではありませんが、大きなお金が動くホテル経営の場合は、法人化は必須といえるでしょう。

資金調達のために融資を活用する

ホテルの建設から経営にあたっては巨額の資金が必要となるため、自己資金でまかなうのは難しいです。そのため、資金調達には金融機関からの融資を活用することがおすすめです。
金融機関からの融資を受けるには審査に通る必要があります。審査の際には現在の収入や預貯金の金額だけではなく、事業プランも提示しなければなりません。融資額が滞りなく返済されると判断された場合のみ、融資が決定するため、資金計画や事業プランは念入りに考えておきましょう。

運営は業者に委託する

ホテル経営をするといっても、実際の経営は自身で行わず、業者に運営を委託することがおすすめです。全くの未経験でホテルの運営を行っても、経営を成功させるのは難しいです。
そのため、管理委託料などを支払ってでも、業者に運営を委託したほうが無理なくホテル経営を成功させやすくなります。業者に運営を委託することで、失敗のリスクを軽減できるだけではなく、金融機関から融資を受けやすくなるというメリットもあります。

土地活用のプロに相談する

ホテル経営で失敗しないためには、土地活用のプロに相談することがおすすめです。所有する土地が本当にホテル経営に適しているのか、実際に運営を開始するとして、どのようなことをすべきなのかなどは、土地活用のプロからアドバイスを受けておきましょう。
経験豊富なプロにアドバイスを受け、サポートしてもらうことでホテル経営を無理なくスムーズに進めやすくなります。アドバイザーによってどのような土地活用に強みがあるかは異なるため、ホテル経営のサポートに実績のあるプロを探しておくと、より適切なアドバイスやサポートを受けやすくなります。

ホテル経営を行う際の注意点

ホテル経営を行う際の注意点

実際にホテル経営を行うとなると、注意しなければならないポイントも多数あります。

  • 多額の初期費用が必要
  • 競合が多い
  • 撤退しにくい
  • 開業まで時間がかかる

注意点を正しく把握し、失敗のリスクを回避してホテル経営に乗り出しましょう。

多額の初期費用が必要

土地活用の中でも、ホテル経営はかかる初期費用が膨大です。建設するホテルの規模やグレードにもよりますが、基本的には数億円程度の初期費用がかかると考えましょう。
小規模で簡素なホテルにするなら、初期費用は安く抑えられます。しかし、初期費用を抑えすぎるとホテルの質が低下し、将来的に集客が見込めず経営に失敗するリスクもあります。初期費用を渋るとホテル経営は失敗しやすいため、そもそもまとまったコストをかけなければ経営は成功しないものと考えましょう。

競合が多い

観光地や商業地に近いエリアでは、競合となるホテルが多いこともあります。小さなホテルが乱立していたり、大手ホテルチェーンが参入していたりすると、ライバルは多いため、集客方法を事前に考えておかなければなりません。
他のホテルにはない魅力を打ち出したり、宿泊客を獲得するための仕掛けを作ったりと、競合が多いエリアではやるべきことは多数あります。人の集まるエリアだからといって、ホテルを建設すれば自動的に宿泊客が獲得できるわけではないことは理解しておきましょう。

撤退しにくい

仮にホテル経営が失敗したり、管理ができなくなったりしてやめようと思っても、撤退は難しいです。建設されたホテルは別の活用方法を見つけることが難しく、撤退するなら基本的にはホテルごと売却となります。
しかし、ホテルの購入希望者は少なく、売りに出しても買い手がつかないことも多いです。同じ建設物を使った土地活用ではアパートやマンションの賃貸経営があげられますが、これらと比較するとホテル経営は撤退のハードルは高いです。

開業まで時間がかかる

建設するホテルの規模や依頼する建築会社によって期間は多少左右しますが、基本的にはホテル経営の開業までに1年以上の年月を要します。経営を開始したいからといって、すぐにホテルができ、収益化ができるわけではありません。
収入が発生するまでには時間がかかり、初期費用の回収まで考えると、長期的に見た投資になることは覚えておきましょう。また、ホテル開業までに時間がかかることから、将来的な周辺環境の変化も見越しておかなければなりません。
基本的には2年以上経過すると、周囲の環境は変わると言われています。建設当時は需要が見込めるエリアでも、いざ開業するときには環境の変化によって人が集まらず、集客ができないこともあるため、将来性も考慮して建設場所を選びましょう。

土地活用のホテル経営で高収益を上げよう

土地活用のホテル経営で高収益を上げよう

さまざまある土地活用の中でも、ホテル経営は高収益につながりやすいです。収益が大きい分、初期費用も高くなりやすいですが、観光地など安定して宿泊客が見込めるエリアなら、長期的に収入が得られます。
ホテル経営の開始にあたっては、注意すべきポイントが多数あり、一度始めると撤退は難しいです。そのため、経営方法や事業方針は念入りに考えておき、経営失敗のリスクが低いと判断してからホテル経営を開始しましょう。
土地活用の場合、イエウール土地活用をオススメします。こちらは日本の上場企業であるSPeeeが運営している、日本最大級の土地活用比較サイトです。
一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。ご利用は以下のバナーから無料で試すことができます。

【完全無料】最適な土地活用って?