相続した土地の活用方法は?田舎の土地を放置するリスクを解説

相続した土地の活用方法

土地を相続したのであれば、何らかの方法で活用することがおすすめです。相続した土地を活用せずに放置していると、さまざまなリスクや損失が発生します。

取得した資産で損をしないためには、土地ごとに適した活用方法を考えることが大切です。相続した土地の活用方法や放置するリスクなどを知り、自身に合ったやり方で土地活用を行いましょう。

土地を相続する際の手続きや必要書類、費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

不動産を相続する際の手続きや必要書類、費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

相続した土地を放置するリスク

相続した土地を放置するリスク

なぜ相続した土地を放置せずに活用すべきなのかですが、これは放置することでさまざまなリスクが生まれることが理由です。

  • 建物がある場合は空き家になる
  • 税金の負担が増していく
  • 管理に手間や費用がかかる

土地の放置によって発生するリスクを知り、損失の回避に役立てましょう。

建物がある場合は空き家になる

土地だけではなく建物も一緒に相続した場合は、放置することで空き家になります。空き家になると老朽化は一気に進行してしまい、いざ居住や売却しようとしても、状態の悪さがデメリットになることも多いです。

住むためには清掃や補修などの手間やコストがかかり、売却においては資産価値の減少によって安値での取引になりやすいなどのリスクがあります。

また、空き家状態で放置していると、害虫が発生したり、老朽化によって建物が崩壊したりするリスクもあります。空き家であることが知られてしまうと犯罪に巻き込まれるリスクが高くなり、不法侵入や不法投棄、放火などの被害に遭う可能性もあるため注意が必要です。

税金の負担が増していく

土地は所有しているだけで税金がかかり、使用されずに放置された土地でも同じです。土地や建物などの不動産を所有していると、毎年固定資産税や都市計画税がかかります。

また、建物がある場合で空き家を放置していると、自治体に特定空き家に認定され、固定資産税の負担が跳ね上がる可能性もあります。特定空き家は倒壊の恐れがあったり、景観を著しく損ねたりする建物が認定されるものであり、他にも罰金や資産差し押さえの対象となることもあるため注意が必要です。

不動産の所有には税金がかかり、毎年コストがかかり続けるため、使用していない土地の税金分だけ損をしてしまいます。

管理に手間や費用がかかる

土地の管理に手間や費用がかかり、放置しているとそれらのコストは余計に増えます。土地を放置していると雑草が伸びたり、不法投棄などでごみがたまったりします。自身で清掃や草抜きなどが必要であり、もし土地が遠方にある場合はそこまでの交通費と時間的なコストまでかかると考えましょう。

土地の清掃や整備は業者に依頼することも可能ですが、この場合は費用がかかります。土地の所有には税金だけではなく、管理維持のための費用もかかるため、使用していない土地は早めに処分することがおすすめです。

相続した土地の活用方法

相続した土地の活用方法

相続した土地を放置しないためには、何らかの活用方法を考えることが大切です。土地の活用方法にはさまざまな種類があります。

  • 管理が楽なトランクルーム
  • アパートやマンションなどの賃貸経営
  • 手軽に始めることが可能な駐車場経営
  • 広い土地に適している太陽光発電
  • 広い土地に最適な資材置き場
  • 高齢者施設経営

土地の性質や自身の希望に合わせて、最適な土地活用の方法はなにかを考えてみましょう。

管理が楽なトランクルーム

土地活用後の管理の手間を省きたいなら、トランクルームの経営がおすすめです。トランクルームはコンテナを設置するだけで経営を開始することができ、初期費用は安いです。

また、管理の手間もほとんどなく、コンテナを撤去するだけで経営を終了できるため、別の方法への転用もしやすいです。アパートやマンションが多い、または都市部などの人口が多いエリアでは需要を期待しやすく、収益化も図りやすいでしょう。

トランクルーム経営について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

アパートやマンションなどの賃貸経営

管理の手間や初期費用をかけられるなら、アパートやマンションなどを建築し、賃貸経営をすることがおすすめです。アパートやマンションの建築には費用がかかりますが、部屋を貸すことで毎月家賃収入が得られます。一度入居者が入ると、長期間安定して家賃収入を得ることができます。

また、入居者がいるなら部屋の管理は借主に任せることができ、所有者は外装や共用部分などの管理の手間だけで済む点もメリットです。マンション管理や経営については専門家に依頼することも可能であり、家賃収入の一部を支払うことで、手間をかけずに賃貸経営を行うこともできます。
アパート経営やマンション経営について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

手軽に始めることが可能な駐車場経営

手軽に行える土地活用の方法としては、駐車場経営があげられます。駐車場経営には契約者のみ利用できる月極の駐車場と、時間貸しのコインパーキングの2種類があります。月極駐車場の場合は、土地をアスファルト舗装し、駐車スペースを区分けするだけで済むため、初期費用もほとんどかかりません。

コインパーキングの場合は時間貸しのための設備導入が必要ですが、アパートやマンションを建築するよりは費用は安いです。

住宅地が多く、固定の需要が見込めそうなら月極が、観光客や一時利用が多い駅前などの土地の場合はコインパーキングの経営がおすすめです。

駐車場経営について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

広い土地に適している太陽光発電

田舎の広い土地を相続した場合は、太陽光発電システムの設置がおすすめです。ソーラーパネルを設置して太陽光発電を行うことで、電力会社への売電によって利益を得られます。

ソーラーパネルは設置してからの管理がほとんど不要であり、市場での需要などを気にせずに運営できるため、過疎地でも利益を得られる点がメリットです。

太陽光発電経営について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

広い土地に最適な資材置き場

土地の周辺になにもないなら、資材置き場として利用することもおすすめです。自身で利用するだけではなく、資材置き場として貸し出して利益を得ることもできます。土地が広く、周辺道路も大型車が行き来できる幅があるなら、資材置き場として最適といえます。

高齢者施設経営

老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など、高齢者施設の経営も土地活用の1つの方法です。施設経営によって利益を得られるだけではなく、相続税の対策としても有効であるため、節税効果も期待できます。

事業開始までのハードルが高い点はデメリットですが、経営が軌道に乗ると大きな利益を得られます。また、自身で経営するだけではなく、施設のみ建築して、経営自体は他の人に任せて、地代で利益を得ることも可能です。

サービス付き高齢者向け住宅について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

相続した土地の活用が難しい場合は

相続した土地の活用が難しい場合は

もし相続した土地の活用が難しいと感じるなら、次の方法での対処を考えましょう。

  • 売却する
  • 自分で利用する
  • 誰かに貸す
  • 等価交換で区分所有権を得る

いずれかの方法によって対処することで、相続した土地によって損失が出ることはなくなります。

売却する

土地活用が難しいなら、売却を検討しましょう。売却によって手放すことで、固定資産税の負担はなくなります。また、管理の手間やコストもかからなくなるため、出費を抑えたい人にはおすすめの方法です。

売却によって現金を得ることもでき、まとまった資金が手に入ることもメリットの1つです。不要な土地は持っているだけで損失が生まれてしまうこともあるため、使わないと判断したなら早めに手放しましょう。

自分で利用する

固定資産税などの維持費をかけられるなら、自分で利用することもおすすめです。土地は家を建てるだけではなく、家庭菜園として利用したり、子どもの遊び場として活用したりすることもできます。

もし家を建てる余裕があるなら、居住用にしなくても、別荘としても利用できます。土地の使い道はさまざまあるため、自身で利用できる用途はないか考えてみることがおすすめです。

誰かに貸す

土地のままで誰かに貸すことも活用方法の1つであり、地代によって収入を得ることができます。借地契約は基本的には借主が求める以上、更新を続けることができます。そのため、期間を限定して貸し出したいなら、定期借地権で契約することがおすすめです。

定期借地権なら契約更新なしで、何年貸すのかを決めることができます。一時的に土地を貸し出し、その後自身で利用したいと考えるなら、定期借地権での貸し出しが適しています。

定期借地権について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

等価交換で区分所有権を得る

広い土地を所有しているなら、企業に土地を売却して、売却価格に応じた区分所有権を得るという等価交換も可能です。等価交換は、例えば売却した土地の上に企業がマンションを建て、売却価格に見合う区分所有権を受け取るということです。

つまり、土地の売却価格で新しいマンションの購入価格を相殺し、マンションを手に入れられることが等価交換のメリットといえます。等価交換で区分所有権を得ると、ローンを組まずに住居を手に入れられる点がメリットです。

等価交換について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

相続した土地を上手に活用するためのポイント

相続した土地を上手に活用するためのポイント

相続した土地を上手に活用するには、いくつかのポイントがあります。

  • 土地を売却するなら一括査定サイトを利用する
  • 土地に適した活用方法を選択する
  • 土地活用比較サイトを利用する

上記のポイントを踏まえて、自身に合ったやり方での土地活用を行いましょう。

土地を売却するなら一括査定サイトを利用する

相続した土地を売却するなら、一括査定サイトの利用がおすすめです。一括査定サイトを利用することで、複数の不動産会社から効率的に査定を受けられます。不動産会社によって査定価格は異なるため、複数社から査定を受けることで、より市場相場に近い適正価格で売却しやすくなります。

1社だけに査定を依頼して売却すると、相場価格を下回って損をする可能性もあるため、最低3社を目安に査定を受けるためにも、一括査定サイトを活用してみましょう。

土地に適した活用方法を選択する

不要な土地は活用することがおすすめですが、土地の条件によって適した活用方法は異なります。土地の広さや形がどのようなものか、周辺環境が整っているのか、土地活用に手間や資金をかけられるかによって、適する活用方法は変わると考えましょう。

そのため、各種条件や自身の希望を考慮して、無理なく行える方法での土地活用を考えることが大切です。

土地活用比較サイトを利用する

土地活用を失敗なく行うには、土地活用比較サイトの利用がおすすめです。サイトを利用することで、複数の土地活用プランを比較できます。

また、土地活用のプロに相談しながら、所有する土地に合ったプランを選択できるため、失敗なく収益化を目指しやすいです。

土地活用比較サイトについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

相続した土地を活用して資産を増やそう

相続した土地を活用して資産を増やそう

相続によって取得した土地を余らせておくことにはリスクがあるため、何らかの方法で活用を考えることが大切です。土地活用によって上手く収益化が図れると、余剰した土地で資産を増やすことができます。

土地は所有しているだけでもコストがかかるため、少しでも収益化して、出費を相殺することがおすすめです。出費を上回る利益については自身の収入となるため、相続した土地は有効活用して、資産形成に役立てましょう。

土地活用の場合、イエウール土地活用おすすめします。こちらは、上場企業であるSpeeeが運営している、日本でも有数の土地活用比較サイトです。

一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。ご利用は以下のバナーから無料で試すことができます。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】土地の価格いくら?