土間のある家の魅力とは?設計のポイントや活用方法を解説

土間とは、靴を脱がずに土足で歩くために作られたスペースです。

床を張らないため、昔は三和土(たたき)が使われていましたが、現在ではコンクリートやモルタル、タイルなどで仕上げるのが一般的です。土間と居室の間には高さがあり、古民家では広い土間を設けることで、台所や作業場所として利用されてきました。

そこで今回は、近年見直されている土間の魅力と、設計や活用の方法を解説します。

これから家の購入を考えている方はこちらの記事がおすすめです。
家を買うタイミングはいつ?今が買い時か判断しよう【2021年版】
【独身マンション購入】メリットから買っていいマンションの条件を紹介
木造建築とは?その特徴やメリット・デメリットを解説
リゾートマンション購入のメリット・デメリットを徹底解説

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

土間のある家の魅力とは?

コンクリートやモルタルでできた土間は、土足で使用でき、汚れは簡単に水洗いできます。屋根や柱がある内と外の中間のような空間で、デザイン性の高さだけでなく、使い勝手の良さも魅力といえるでしょう

日本家屋の良さを実現できる

内と外を緩やかにつなぐ空間がある。これが日本家屋の特徴の1つです。

この空間の代表格が縁側ですが、実は土間も同じ役割を担っています。昔は三和土が主流だった土間も、現在ではコンクリートやタイルなど素材を選べることから、お洒落で機能性の高い空間として活用できるようになりました。

土間のある家は“日本家屋らしさ”を、モダンに再現できる点が魅力といえます

屋内と屋外の良いところを活かせる

天候に左右されずゆったりと作業に集中できる屋内と、汚れを気にせず自由に活動ができる屋外両者の長所を併せ持ったスペースが土間といえます。土足で利用でき、居室より低い位置にあるため、土埃が出る作業や、天候に左右される作業でも、心地よく使うことができるでしょう。

パブリック・プライベート、どちらにも使える

家の中でも外でもない曖昧さも土間の魅力です。

この特徴を活かして、土間はパブリック、プライベート、どちらにも利用しやすい空間です。例えば、友人や来客をもてなすために、わざわざ応接間を設けたり、居間を片づけたりしなくとも、土間があれば心地よい交流の場が生まれるでしょう。

自由に使えるスペースが手に入る

土間は、屋内・屋外どちらの要素もあるため、居室や庭以上に自由な使い方が可能です

例えば、土足で使えるメリットを活かして、子どもの遊び場としても活用できます。また、来客の目に入る場所という特性を活かし、お気に入りのアートや花などを飾って、自分だけのお店のように仕立てるのも面白いでしょう。

想像力を刺激する、フレキシブルな空間として活用できます。

夏は暑さを和らげる空間として活用

土間は地面に近く、コンクリートやタイルなどを打ちっぱなしにすることから、夏場は室内よりも涼しく感じられます。土間に椅子を並べて、玄関に蚊帳を取り付ければ、初夏なら吹き抜ける風だけでも涼しくすごすことができるでしょう。

エコを意識した生活の実現や、夏場の電気代節約も魅力の1つです

土間のデメリットと対処法を解説

半屋外の特徴を活かして、空間を自由に使える土間ですが、湿度や冬の寒さなど、気になる点も存在します。土間の持つデメリットを対処法と合わせてご紹介します。

湿気がこもりやすい

土間は、屋内の温かい空気と屋外の冷たい空気が交差するスペースのため、湿気がこもりやすいといえます。特に、冬場は土間の外壁に面した部分や、屋内と土間を区切る段差部分に結露や凍結が発生しやすいです。

対策としては、壁材に吸湿性の高い珪藻土などを利用する、断熱材を使うなどの方法があります。他にも、収納スペースとして利用しているなら、定期的に荷物をずらして、湿気がこもらないようにするのも対策の1つです

冬場は寒さに注意

地面から近いため、冬場の土間は寒くなりがちです

このため、土間を作業スペースとして利用したい、室内の中央に作りたいなど、計画がある場合は冬の寒さ対策を意識して設計しましょう。断熱材を利用するほか、薪ストーブや石油ストーブを活用する方法もあります

汚れが目立つ

自転車の収納や家庭菜園など、泥や埃を気にせず使える半面、手入れをしないと汚れが目立ってしまいます

軽い汚れなら、箒で掃く、固く絞った布で拭くなどの手入れで問題ありません。しかしながら、最初から汚れやすい作業に使う前提なら、設計の際、水道設備や排水溝も合わせて作っておくと掃除が楽におこなえます。

また、手入れをしやすいタイル素材などを利用するのも対策です

場所によっては居室との行き来が面倒になる

土間を作る際、リビングやキッチンなど、居室にまたがってしまうと、部屋の行き来の度に靴を履き替えなくてはいけません。このため、設計場所によっては、土間を使うことに煩わしさを感じてしま恐れがあります

対策として、すでに土間を作っているなら、脱ぎ履きしやすいサンダルなどを使うと良いでしょう。また、まだ土間を作っていないなら、設計場所を玄関にすると、生活導線を遮らずに済みます

どうしても室内を横断する形で土間を作りたい場合は、長く使うことも考慮した上で専門家の意見も仰ぐと良いでしょう。

バリアフリー化しにくい

土間と居室の間の段差が大きいと、子どもが使いづらいだけでなく、将来的にはバリアフリー化しにくいというデメリットがあります。そのため、バリアフリー化を考えているなら、段差をつけすぎないなど、低めの設計しておくと良いでしょう

他の対策として、広い土間ならスロープや手すりを取り付ける方法がありますが、狭い土間の場合は、埋め立てて段差をなくすなどの工事が必要になります。

玄関に土間を作るときの設計ポイント

土間は自由に利用できる点が魅力ではありますが、ある程度利用目的を絞って設計しないと、使い勝手の悪さにつながりかねません。玄関土間を作る際のポイントを解説します。

利用プランを立てる

まずは、玄関土間を作る目的を明確にしましょう

土間収納として利用したいのか、それとも交流の場として活用するか、利用目的により必要となる設備は大きく異なります。どのように土間を使うのか、さらに収納や趣味のスペースとして利用するなら、どの程度のもの(量や大きさなど)を仕舞うのかも明確にしておくと良いでしょう。

土間の広さや形を決める

ある程度利用プランが固まったら、目的に合った広さを選びましょう。土間は広く設計しすぎると、居室を圧迫し、狭すぎると使い勝手が悪くなってしまいます。利用目的にあった適切な広さを選ぶことが、使いやすい玄関土間を作るポイントです。

また、正方形か長方形か、形によっても印象や使い勝手が異なります。広さだけでなく、土間の形状も考慮して設計しましょう。

ドアはつけるか検討する

土間から居室に向かうまでの間に、ドアをつけるか、つけないかも検討しましょう。ドアをつけないと、広々と空間が利用できる半面、生活空間が外部から見えやすくなってしまいます。ドアをつけると、プライバシーに配慮できる半面、玄関土間に圧迫感が生まれるでしょう。

これらを考慮し、ドアをつけずにロールカーテンで空間を仕切る、ドアをつける場合は引き戸にするなどの方法もあわせて検討しましょう。

その他の設備を検討する

設計の大枠が決まったら、“あると便利な設備”も検討し、土間の利便性を高めましょう。下記に一例を列挙します。

● 照明
● コンセント
● 稼働式の棚
● シューズボックス
● 換気口
● 水道
● 排水溝

玄関土間は日が差さないと薄暗いため、照明を設置しておくと便利でしょう。また、趣味のスペースとして利用するなら、コンセントをつけておくと家電も利用できます。

収納が目的なら、可動式の棚を設置しておくと、モノに応じて使い方を変えられます。また、換気口を用意しておけば湿気対策にもなります。

アウトドア用品の収納や家庭菜園での利用など、汚れが予想される場合は、水道設備や排水溝をつけておくと良いでしょう。

玄関土間に使える床材を解説

玄関土間のデザインを左右するのが床材です。床材は見た目だけでなく、利便性を高める上でも重要な素材です。また、素材を複数組み合わせることで、デザイン性・利便性、どちらも高めることも可能です。

コンクリート

セメント、水、砂、砂利、を一定の割合で配合したものがコンクリートです。

耐火性・耐水性・強度が高く、土間で多く利用されている素材の1つです。無機質な質感の“打ちっぱなし”から、低光沢・中光沢・高光沢と、研磨方法で見た目や質感を変えることも可能です。

モルタル

セメント・水・砂を混ぜ合わせたものがモルタルです。

コンクリートより強度は劣りますが、安価でありながら、表面がなめらかで美しく仕上がる点が魅力です。ひび割れなどの処理もしやすく、手入れ簡単です。ただし、表面が滑りやすいため、凹凸をつけるなど滑り止めの加工を施すと良いでしょう。

タイル

色や柄、サイズが豊富で土間に個性を持たせたいときにおすすめの素材です。

また、デザインの豊富さだけでなく、傷が付きにくく、色褪せづらい、水に強く掃除がしやすい点もメリットです。しかしながら、落下などの衝撃が加わると破損してしまうので注意しましょう。

天然石

大理石や花崗岩など天然石を使うことで高級感や華やかさを演出できます

形を切り揃える、ランダムにコンクリートに配置するなど、デザイン方法も様々です。また、割れにくく丈夫な点も特徴です。ただし、大理石などは水に弱いため、掃除の際は注意が必要です。

玄関の土間を有効活用するポイント

玄関土間を活用する際は、土足で使える点や、内と外の中間である点など、メリットを最大限活用することがポイントです。玄関土間を有効活用する具体的な方法を解説します。

余裕のある収納場所として

家に土間を設けることで、ケースで買った飲料水や、缶詰などの食料品、トイレットペーパーなどの日用品をそのまま置いておく“ストックスペース”として活用できます。

また、土足で使えることから、室内に持ち運ぶには少し汚れが気になるダンボール入り商品の保管場所としても良いでしょう。

家の中でも比較的涼しい土間は、野菜の保存にも適した場所といえます。土間を収納に活用することで、室内を広々と快適に使えるでしょう。

広く使える趣味の空間

バイクや自転車の手入れやDYIなど、室内では汚れが気になり屋外では天候が気がかりな趣味も、半屋外の土間では快適に作業できます

また、野球やゴルフ、キャンプなど、外で楽しむスポーツやレジャー用品は土間にそのまま収納しておくと、すぐに持ち運びができ快適です。犬を飼っているなら、散歩の後、土間で体や足を綺麗しておくと、室内にスムーズに入ることができます。

家庭菜園を楽しむ庭の延長

庭で家庭菜園をしているなら、取れた野菜の泥を落とすなど、キッチンに持っていく前の下処理スペースとしても活躍します

また、ベランダ菜園のように、プランターや鉢を使って、花やハーブ、葉物野菜を育てるのにも適しています。半屋外なので、雨にぬれずに作業できる、料理などで必要になったらすぐに収穫できるところも魅力です。

コミュニケーションの場として

土間に椅子とテーブルを設置すれば、友人や近所の方とのコミュニケーションスペースとしても活用できます。靴を脱がずにすぐ溶け込めるスペースは、カフェのように居心地よく寛ぐことができるでしょう。

もちろん、第二のリビングとして、家族で利用することもできます。

多目的に使えるフリースペース

使い方を限定せず、フリースペースとして活用できるところも土間の魅力です。ある時は、大きな洗濯物を干すために使い、またある時は、友人とお茶を楽しむために活用するなど、その時々で違った使い方を楽しむのも良いでしょう

日常的な使い方から、非日常的な活用方法まで、自由に使える空間だからこそ、家主の個性が光る場所といえそうです。

土間の特徴を理解し、魅力のある空間を作ろう!

土間の半屋外、土足で使えるという特徴を活かせば、プライベートからパブリックまで、様々な方法で活用できます。しかしながら、湿気が溜まりやすい、床に汚れが付きやすいなど、デメリットも存在します。

これらを回避するためにも、設計の際は利用方法をある程度明確にし、必要となる設備や適切な床材を利用することがポイントです。便利な土間収納から、ガーデニングスペースまで、素敵な活用方法を見つけて、土間のある家の生活を楽しみましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?