マンションコンシェルジュとは?主なサービス内容を紹介

タワーマンションや高級マンションなどに導入されている「コンシェルジュ」は、住人の生活の質を向上させてくれるうれしいサービスです。コンシェルジュがいるマンションに憧れ、「いつか住んでみたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

今回は、コンシェルジュの役割やサービス内容について紹介します。コンシェルジュにはメリットだけではなくデメリットもあるので、双方をよく比較のうえ後悔のない選択をすることが大切です。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

マンションコンシェルジュとは?

コンシェルジュという単語を聞いたことがあっても、実際にどのようなことをしてくれる人なのか、管理人とは何が違うのかについて知らない人もいるでしょう。まずは、コンシェルジュについて基本的な知識を紹介します。

コンシェルジュとは入居者の暮らしをサポートするスタッフ

コンシェルジュとは、マンションなどの専任スタッフがフロントに配属され、住人の暮らしをサポートしてくれるサービスのことを指します。ホテルのフロントをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんが、マンション内の設備を利用したいときや困ったことがあるときなどにコンシェルジュに連絡すると、丁寧に対応してくれます。

ちなみにコンシェルジュのサービスを受けられる時間帯には制限があるため、いつでも対応してもらえるわけではないことを理解しておきましょう。多くの場合、朝8時~夜22時くらいがコンシェルジュが対応してくれる時間帯となります。一部、コンシェルジュが常駐している物件もありますが、非常にまれな物件です。

以前は高級マンションに導入されることが多いサービスでしたが、近年は大規模なマンションでも導入されることが増えてきました。

コンシェルジュと管理人の違い

マンションに配属されているスタッフと聞くと、管理人とコンシェルジュの違いについてわかりにくいと感じる人もいるでしょう。コンシェルジュはフランス語で「集合住宅における管理人」を意味する単語であるため、管理人と混同されやすいです。しかし、それぞれでは提供するサービスが全く異なるため、区別して理解しておきましょう。

管理人とは、管理組合の管理規約で決められた業務を行うスタッフのことを指します。基本的には共用設備の点検や清掃、建物内の巡回などがメインの仕事で、保守・管理を行ってくれます。

対してコンシェルジュは、住人の要望に応えたりサービスを提供したりすることがメインの仕事です。ホテルのフロントのように、住人がより豊かに暮らせるようにサポートすることが目的で配属されているため、管理人とは業務の範囲が全く異なります。

マンションコンシェルジュのおもなサービス内容

コンシェルジュ付きのマンションに住むと、どのようなサービスを受けられるのでしょうか。ここからは、コンシェルジュのおもなサービス内容を見ていきましょう。

1.共用設備や備品の管理

共用設備が充実しているマンションの場合、パーティールームやゲストルームなどを利用するときに予約が必要になるケースがあります。この予約を受け付けたり管理したりすることが、コンシェルジュの仕事になります。

なお、マンションの共用設備を利用するときは別途で費用がかかることもあるため、事前に確認しておくことが大切です。マンションによっても異なりますが、大体1か月前~前日まで予約を受け付けているケースが多いです。

また、マンションの住人が利用できる備品の貸し出しを受け付けていることもあります。台車や工具など、利用回数が少なくて購入しにくい備品も、コンシェルジュに言うと貸し出してもらえるかもしれません。

2.困ったときのサポート

「郵便を代わりに投函してほしい」「宅配便を代わりに受け取って欲しい」「コピーをとってほしい」など、コンシェルジュにはちょっとした困りごとやお願いごとを頼めます。何でもやってもらえるわけではありませんが、お願いすれば意外とやってもらえることも多いです。

マンションによっては、電池や切手などのちょっとした日用品が購入できることもあります。コンシェルジュは、かゆいところに手が届く便利なサービスだといえるでしょう。

3.取次業務

コンシェルジュは、さまざまなサービスへ取次業務も行っています。

● クリーニングの受け渡し
● 宅配便の受付
● タクシーやハイヤーの手配
● 花の宅配の仲介
● ベビーシッターへの連絡
● リフォーム業者の紹介
● ハウスクリーニングの紹介 など

こういった面倒な連絡や不在時の手続きを代行してもらえるため、コンシェルジュは仕事で忙しい人や子育て世代には大助かりなサービスでしょう。

コンシェルジュ付きのマンションに住むメリット

コンシェルジュの役割や魅力について見てきましたが、コンシェルジュ付きのマンションに住むことには「便利なこと」以外にも豊富なメリットが存在しています。ここからは、コンシェルジュ付きのマンションに住むメリットを4つ紹介します。

1.生活の質が上がる

コンシェルジュサービスの最大のメリットは、なんといっても生活の質が向上することでしょう。先述してきたように、コンシェルジュがいることでさまざまなサービスを受けられるようになり、家事や育児、仕事の負担を減らすことが可能となります。

コンシェルジュにさまざまなサービスを依頼してくことで、時間や労力を節約して家族との時間を過ごせるようになります。心にゆとりが持てて、より豊かな人生にすることができるでしょう。

2.防犯効果が高い

コンシェルジュがいるマンションは常にエントランスに人がいることになるため、防犯性が高まるというメリットがあります。犯罪の抑止力になりますし、子供の見守りという観点でも非常に安心でしょう。

近年のマンションにはオートロックや防犯カメラが設置されている物件も多いですが、やはり人の目で見てもらえる安心感は大きいものです。

3ステータスになる

コンシェルジュ付きのマンションに憧れる人がいるほど、コンシェルジュの存在は一種のステータスになります。以前より増えてきたとはいえ、コンシェルジュが付いているマンションは一部の高級マンションや大規模マンションに限られるためです。

コンシェルジュ付きのマンションに住んでいるという精神的な充足感は、家への愛着にもつながります。便利なだけではなく自分の家を好きになれる点も、コンシェルジュの大きなメリットでしょう。

4.マンションの資産価値を保てる

コンシェルジュサービスが付いているマンションは、それだけで資産価値が高くなりやすい点もメリットとして挙げられます。ホテルのようなサービスを提供するコンシェルジュは、マンションの品質を保ってくれますし、ほかの物件と差別化されて売却時に高値がつきやすくなるでしょう。

とくに今後、少子高齢化が進む日本では、生活をサポートしてくれるコンシェルジュサービスの需要は高まっていくことが予想されます。もちろん、この先の資産価値がどうなるかについては物件によって異なりますが、コンシェルジュの有無が物件価値におけるひとつの判断基準になることは十分考えられるでしょう。

コンシェルジュ付きのマンションに住むデメリット

メリットが豊富なコンシェルジュサービスですが、実はメリットだけではなくデメリットもいくつか存在しています。住んでから後悔することがないように、あらかじめコンシェルジュのデメリットについても知っておきましょう。

1.管理・共益費が高い

コンシェルジュをマンションに置くことになれば、それだけ人件費がかかることになります。そのため、コンシェルジュサービスが付いているマンションの管理・共益費は、高く設定されることが多い点に注意しましょう。

たとえコンシェルジュサービスを利用することがなくても、住人は高い管理費や共益費を支払う必要があります。「憧れてコンシェルジュ付きのマンションを買ったけど、結局利用しなくてお金だけ払っている」なんて後悔することも珍しくはないので、物件を選ぶときは慎重に検討するようにしてください。

2.利用しない人も多い

先述したように、せっかくコンシュルジュが付いているマンションに住んでも、サービスを利用しないままお金だけ払っている人が非常に多いです。とくにコンシュルジュサービスが受けられる時間帯は限られているため、仕事で家を空ける時間が長い人は、利用したくても利用できないことも多いようです。

また、マンションの周辺環境によっては、そもそもコンシュルジュサービスが必要ないケースもあります。最近は宅配クリーニングが普及してきましたし、タクシーの手配などもアプリ1つで行えるようになりました。本当にコンシュルジュが必要か、しっかりと考えてから物件を選ぶようにしましょう。

3.廃止になってしまうリスクがある

たとえ今コンシュルジュサービスがあるマンションでも、将来的に廃止になってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

コンシュルジュの導入・廃止については、マンションの管理組合で決定することができます。マンションの住人は管理組合に入ることになるため、住人の総意によってはコンシュルジュサービスをなくす決定を行うこともあるのです。

「せっかくコンシュルジュ付きのマンションを買ったのに、入居後に廃止になってしまい、エントランスにカウンターだけが残されてしまった」なんてことも珍しくはありません。ずっとサービスを利用できることが確約されているわけではないことを理解のうえ、コンシュルジュ付きマンションを購入することが大切です。

コンシェルジュ付きマンションの選び方

最後に、コンシュルジュ付きマンションを選ぶときのポイントについて紹介します。

必要なサービス内容を見極める

シアタールームやゲストルームの貸し出しや各種取次など、マンションによってコンシュルジュが提供してくれるサービスは異なります。物件によってはホテルのように手厚いサービスを提供してくれることもあれば、最低限のサービスだけを提供していることもあるでしょう。

物件を選ぶときは「できるだけサービスが充実しているマンションを選びたい!」と思ってしまうかもしれません。しかし、自分にとって必要のないサービスを多く提供しているマンション選んでしまえば、結局コンシュルジュを活用することがないまま過ごすことになってしまうでしょう。その結果、利用しないサービスに対して高い管理・共益費だけを支払い続けることになってしまいます。

多くのマンションで提供サービスの量と管理・共益費は比例しますので、ご自身にとって双方のバランスが取れた物件を選ぶことをおすすめします。

コンシェルジュの勤務歴

正社員で働くコンシュルジュはそう多くはなく、多くの物件で派遣やアルバイトのスタッフを採用しています。アルバイトや派遣だからといってサービス品質が悪いということは決してありませんが、短期間でスタッフが入れ替わっている場合は注意が必要です。何度もスタッフが入れ替われば、サービス品質にバラつきが出やすくなってしまうためです。

また、コンシュルジュのなかにはホテルスタッフや秘書として働いたことがある人もいれば、全く経験がないままアルバイトで始める人もいます。そのため、コンシュルジュの仕事や対応の仕方に慣れていないスタッフも数多く存在しているのです。

もちろん入居時に優秀なスタッフがいたとしても、その人が辞めてほかのスタッフに入れ替わる可能性はあります。しかし、提携している派遣会社によって、採用される人材の傾向はある程度決まっています。

「経験者を採用している」「初心者スタッフが多い」「短期間でスタッフが入れ替わる」などの傾向をあらかじめ知っておけると、ひとつの判断材料にすることができるでしょう。

マンションのコンシェルジュが必要かどうか見極めよう

コンシュルジュとは、マンションの住人の生活をサポートする専任スタッフのことを指します。さまざまなサービスを受けられるほか、防犯性が高まったり物件の資産価値を高めてくれたりと、コンシュルジュにはメリットが豊富に存在しています。

その一方で、コンシュルジュ付きのマンションは管理・共益費が高かったり、廃止されてしまう可能性があったりと、デメリットも存在している点に注意しましょう。「結局使う機会がなく、高い管理費を支払い続けている」なんて人も少なくはないため、本当に必要かどうかを慎重に見極めるようにしましょう。

コンシェルジュ付きが多いタワーマンションについて気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

タワマンとは?その定義や住むメリット・デメリットを解説
タワーマンションの内装は?一度は住んでみたいその魅力を解説
タワーマンションの最上階を選ぶポイントは?メリットとデメリットを解説

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?