書斎のある家の間取り・レイアウトのポイントを徹底解説

読書が好きな人やテレワークをする人にとって、ご自分だけの書斎を持つことは憧れかもしれません。しかし、現実には、住宅のスペースが足りなくて書斎を諦めていたり、書斎を作る際のレイアウトに頭を悩ませたりしている人も多いでしょう。

そこで今回は、書斎がある家の間取りやレイアウトのポイントについて徹底解説します。
間取りの事例や狭いスペースを活用するためのアイデアも紹介するので、これから書斎を作りたいと考えている人はチェックしてみてください。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

書斎のある家づくりの間取り事例

まずは、書斎のある家づくりをするときの間取りの事例を見ていきましょう。しっかりとスペースが確保できる場合と、スペースが確保できない場合の両パターンに活用できるアイデアを紹介します。

間取りについては、こちらの記事もご覧ください。
マンションの間取りの理想は?基礎知識から間取りの選び方まで解説
3人家族におすすめの間取りや部屋の広さを分かりやすく解説
マンション購入で人気の間取りや選び方5つのポイントを解説

【リビング】作業をしながら家族との交流を楽しむ間取り

「書斎は個室で静かな空間であるべき」という考え方を持っている人もいるかもしれませんが、家族との交流を楽しみながら作業ができるリビングの書斎もおすすめです。リビングの一角にデスクを設置し、オープンなワークスペースにするアイデアです。

個人的な書斎としてはもちろん、家族全員の共有スペースとしても活用できます。作業をしながら子どもやペットの様子が見られたり、家事の合間に立ち寄って作業したりできるため、家族との絆を強めながら効率的な作業が叶います

このタイプの書斎は、リノベーションなどで採用されることが多い間取りです。また、テレワークが増えた近年、あえて個室ではなくリビングに書斎を設置することで、家族とのコミュニケーションを促すことを目指した新築物件も続々登場しています。

【ロフト】スペースを有効活用する間取り

住宅にロフトがある場合は、そのスペースを活用して書斎にしてみてはいかがでしょうか。天井の高さやスペースに制限があるロフトは、使いみちに迷いがちな部分。ほかの用途だと不便を感じることが多くても、コンパクトなスペースが心地よいと書斎として積極的に活用されることは少なくありません。

階段を上がる必要があるロフトは、まさにプライベート感のある秘密基地のようなスペースです。「あまり広すぎると、落ち着かなくて集中できない」「家族とは離れた場所で集中したい」という場合は、最適の間取りといえるでしょう。

【寝室】半個室書斎で省スペースな間取り

書斎として活用できるスペースがない場合は、寝室を書斎として活用するアイデアもおすすめです。デスクやカウンターを寝室に設置することで、パソコン作業やちょっとした作業ができる書斎になります。

寝室で作業するとオン・オフを切り替えられないというときは、半個室になるように仕切りをつけたり、間仕切り収納とデスクがセットになったデスクを置いてみたりするとよいでしょう。大幅なリフォームをすることなく、省スペースな寝室が完成します。

【中二階】おしゃれで明るい間取り

戸建てで階段に中二階がある場合は、そのスペースを書斎に活用してみてはいかがでしょうか。吹き抜けの開放感や窓からの自然光が魅力的な、おしゃれで明るい書斎が作れます。

家族の様子を見守りつつ、作業の邪魔をされにくい点が大きなメリットです。ただしテレワークの際は、家事の音や子供の映り込みなどに注意する必要があります

【個室】一人の空間で集中できる間取り

自分だけの書斎を持ちたいのであれば、やっぱり丸々1部屋を使った個室の書斎がおすすめです。家の中の騒音をシャットダウンできるので、プライベート空間で安心して仕事ができます

本棚や趣味のグッズなどをたっぷりと収納できるので、自分だけの部屋が欲しい人には個室が非常におすすめです。2畳程度のスペースでも立派な個室の書斎は作れるので、意外にハードルが低い点も注目すべきポイントです。

【和室】リラックスしながら作業できる間取り

書斎というと机と椅子、本棚を置く部屋をイメージする人も多いかもしれませんが、和室の書斎も魅力的です。ローテーブルを置いて畳に座って作業すればリラックスできますし、疲れたら横になって休憩することも可能です。

近年はリビングに小上がりの和室スペースが用意されている物件も多いので、そこを和室の書斎として活用してみてもよいでしょう。

家に書斎を作るメリット

家に書斎を作ると、たくさんのメリットが得られるようになります。

ここからは、書斎ならではのメリットを見ていきましょう。

一人で落ち着ける空間が得られる

書斎の最大のメリットは、一人で落ち着けるプライベート空間が得られる点でしょう。仕事や読書などはもちろん、ギターやプラモデルなどの趣味空間としても活用できます。

家族の意見を取り入れながらレイアウトやインテリアを決めるほかの空間とは異なり、書斎は100%自分色にカスタマイズできます。自分だけの空間を自分が好きなように作り上げられる書斎は、家の中で心を落ち着かせられる場所として役立ってくれるでしょう。

作業効率のアップにつながる

リビングのテーブルで作業をすると、家族に声をかけられたり音が気になったり、なかなか集中できないことがあります。そんなときも書斎があれば、誘惑や邪魔が入らなくなるため、作業効率のアップが期待できます

たとえ個室でなくても、書斎スペースを作っておけばご自身も家族も気持ちを切り替えやすくなり、メリハリのある作業ができるようになるでしょう。デスクワークが多い人は、ぜひ積極的に書斎を活用してみてください。

資料や作品などを守れる

仕事の関係で資料を自宅に持ち帰ったり、趣味の作品などを飾ったりしている人もいるでしょう。こういった資料や作品を家族の共有スペースに置いてしまうと、いたずらされたり壊されたりしてしまう恐れがあります。

大切なものは書斎に保管して「ここにあるものは触ってはいけない」と家族に共有することで、思わぬトラブルを防げます

来客時にプライベートを保護できる

書斎があれば、急な来客時にプライベートを保護できる点も大きなメリットです。

たとえば趣味を楽しんでいるときや家計簿を記載しているとき、急な来客によって人を家に上げる必要が出てくると、プライベートなものが人の目に触れてしまう恐れがあります。

こういったときも書斎で作業していれば、来客者の目にプライベートな情報が入ることを防げます。人の目を気にせずに安心して仕事や趣味に没頭できるのは、書斎ならではのメリットです。

書斎を作るときのレイアウトのポイント

書斎を作るときは、単にデスクとパソコン、本棚などを置いてワークスペースにするだけでは不十分です。より快適に活用できる書斎にするためにも、これから紹介するレイアウトのポイントを押さえておきましょう。

書斎を作る目的を考える

書斎のレイアウトを考えるときは、まずどのような目的で書斎を作るのかについて明らかにしておくことが大切です。

「のんびり過ごしたい」「趣味に没頭したい」「仕事や勉強に使いたい」など、書斎の使い方は人によって異なります。のんびり過ごしたいならふかふかのソファを設置する、仕事や勉強に集中したいならデスクまわりやパソコンの設備にお金をかけるなど、目的ごとにレイアウトや予算の配分は違ってくるでしょう。

メインの目的を考えたうえで、必要な家具や設備に合わせてレイアウトを考えていきましょう。

デスクの置き方を考える

次に、書斎でもっとも大切なデスクの置き方を考えてみましょう。デスクの置き方には3つの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

デスクを部屋の壁に設置する

デスクを部屋の壁にくっつけるように設置すると、椅子の後ろのスペースが広くなるため、狭い空間でも快適な書斎にできるようになります。背面に棚を設置して収納スペースを確保することも可能でしょう。

ただし、レイアウトによっては、パソコンで作業している画面が丸見えになってしまうことがデメリットとして挙げられます。個人情報や機密情報を取り扱う仕事を家で行う場合は、注意が必要です。

デスクを部屋の角に設置する

デスクを部屋の三角コーナーに設置することで、デットスペースを書斎として活用できるようになります。部屋の無駄をなくせるため、寝室やリビングの一角を書斎にしたいときなどにおすすめです。

この場合も、パソコンの画面が丸見えになってしまう点に注意しましょう。間仕切りをつけて半個室にしておくと安心です。

デスクを部屋の中心に設置する

しっかりと個室を確保できる場合は、部屋の中心にデスクを置くレイアウトもおすすめです。部屋全体を見渡せるので、ゆったりとした贅沢な気分で仕事ができるでしょう。

ただし、部屋があまりにも広い場合は、本棚などがデスクから遠くなってしまうというデメリットがあります。作業を中断して移動をする必要が出てくるため、集中力が途切れてしまう恐れもあります。

コンセントを多めに確保する

書斎のレイアウトを考えるときは、コンセントの位置にも注意しましょう。パソコンやデスクのライト、コピー機用のコンセントはもちろんのこと、足元のヒーターや扇風機、空気清浄機などに使用するコンセントも必要となります。

延長コードをたくさん使用したりタコ足配線にしたりするのは、安全面も見た目もよくありません。コンセントを確保しつつ、部屋に設置されたコンセントの位置を活かせるレイアウトにすることが、非常に大切です。

光を生かしたレイアウトにする

1日に何時間も過ごすことになる書斎は、自然光をたっぷり取り入れられるレイアウトにすることが大切です。窓の近くにデスクを置く、背の高い家具を避けるなど、自然光を活かせる家具配置にしましょう。

北側の部屋などで採光が難しい場合は、天窓などを設置してみてもよいでしょう。

また、書斎の照明はリラックス効果のある暖色系がおすすめです。間接照明や部分照明を取り入れると、さらにワンランク上の書斎に仕上げられます。

狭いスペースで書斎を作るときのコツ

書斎を作りたいと思っても、十分なスペースがないからと諦めている人は珍しくありません。しかし、実は書斎は1畳からでも作ることが可能です

ここからは、狭いスペースで書斎を作るときのコツを紹介します。

【1畳の書斎】デスクやパソコンを設置するコンパクトなレイアウト

本を沢山収納したいときは手狭に感じてしまうかもしれませんが、1畳あれば作業スペースと小さな収納を設置した書斎を作ることは十分に可能です。

壁にデスクをくっつけて設置し、スペースを縦に使うことで椅子を引くスペースを確保すれば、スリムラックなどの収納棚も置けます。頭上のスペースを活用するために、DIYで棚などを取り付けてもよいでしょう。

近年は、健康のためにスタンディングデスクを採用する人も増えてきました。立ち仕事用の椅子も販売されているため、より省スペースを目指す人は活用してみてもよいかもしれません。

ドアをつけると圧迫感が生まれてしまうため、半個室にして床材を変えることで空間を区切るアイデアもおすすめです。

【2畳の書斎】省スペースでありながら収納も確保したレイアウト

2畳もの広さがあれば、省スペースと収納の両方が叶う書斎が作れます。

片方の壁にデスクをくっつけて設置し、反対側の壁に収納棚を設置しましょう。そうすることでデスクと収納の空間をしっかりと確保しつつ、振り向けばすぐに荷物を取れる効率的な空間に仕上がります。

【3畳の書斎】書籍や趣味のコレクションも置けるレイアウト

テレワークのために書斎で過ごす時間が長い人や、趣味やくつろぎ空間として書斎を活用したい場合は、3畳以上の書斎がおすすめです。デスクだけではなく収納もしっかりと置けるので、仕事の資料や本、趣味の漫画やギターなどを置いて広々と空間を活用できます。

3畳もあれば省スペースを気にせず、空間を好きなようにカスタマイズしやすいです。ゆとりのある書斎が欲しい人は、家族に交渉してみてはいかがでしょうか。

こだわりの書斎で自分だけの空間を作り上げましょう

以前は書斎に対して、「個室で本棚があって…」というメージを持つ方も多かったかもしれません。

近年ではテレワークの普及により、空間がない住宅でも書斎を作る必要が増えてきました。狭めのスペースを活用できるレイアウトが人気です。

また、ついつい籠もりっきりになりやすい個室ではなく、家族との交流が楽しめる半個室型オープン型の書斎の需要も高まっています。

最適な書斎のレイアウトは、使用者の目的や家族構成、住宅の間取りによって大きく異なります。ぜひ「書斎はこうあるべき」という固定観念を捨て、ご自身が使いやすい書斎の形を追求しましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?