リフォームとは?リノベーションとの違いやメリット・デメリット

長く快適に住める家づくりのためには、古くなった内外装を新築当初の状態に戻すリフォーム工事が欠かせません。

リフォームには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。また、リフォームとよく似たリノベーションと比較して、リフォームはどんな場面に向いているのでしょうか。

この記事では、リフォームのメリットやデメリット、リノベーションとの違いを解説します。

中古マンションの購入後にリノベーションを検討している方は、こちらの記事もご覧ください。
ヴィンテージマンションをリノベーションして暮らす魅力とは?

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

リフォームとは?

リフォームとは、経年劣化によって老朽化した住まいを改修し、新築当初の状態に戻す工事を意味します。

たとえば、壁紙やクロスの貼り替え、雨漏り修理、外壁の塗り替え、キッチンやトイレなどの設備交換がリフォームの例です。また、アパートやマンションなどの賃貸物件の場合、入居者が退去したあとの原状回復工事のことをリフォームと呼ぶ場合があります。

リノベーションとの違いは「資産価値」の考え方

リフォームとよく誤解されるのが「リノベーション」です。

リノベーションとは、一般的にリフォームよりも大規模な工事のことを指し、たとえば「増築工事をおこない、間取りを好みのデザインに変える」「間仕切りを取り払い、広々としたリビングにする」といった工事がリノベーションに当たります。

リフォームとリノベーションの違いは、住まいの資産価値の考え方です。リフォームは古くなった内外装を修繕し、マイナスの価値を新築時の状態に戻すことを目指しますが、リノベーションは住まいを作り変え、新しい価値を生み出すことを目指します。

ただし、住宅の骨組み(躯体)以外をすべて解体し、内外装を一新する「スケルトンリフォーム」のように、リフォーム工事にも大掛かりなものが少なくありません。リフォームか、リノベーションかにこだわらず、ライフスタイルに合わせた家づくりが大切です。

リフォームとリノベーションの違いについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

リフォームとリノベーションの違いとは?費用や流れを紹介

リフォームを行うメリットとデメリット

リフォームを行う前に、リフォームのメリットとデメリットを把握することが大切です。リフォームを行う3つのメリットと2つのデメリットを解説します。

リフォームの3つのメリット

リフォームを行うメリットは次の3つです。

  • 住み慣れた家の雰囲気を残せる
  • リノベーションよりもコストが安い場合が多い
  • 工事期間が短いため、仮住まいが不要

それぞれのメリットについて、これから順に見ていきます。

住み慣れた家の雰囲気を残せる

リフォームでは、「住まいを新築当初の状態に戻す」ことを目的とした改修工事を行ないます。そのため、住み慣れた家の雰囲気をそのまま残し、老朽化した内外装だけを修繕することが可能です。

住まいを作り変えるリノベーションや建て替えなどでは、元の家の雰囲気がほとんど残らないケースも少なくありません。現在の家の住み心地が気に入っている場合はリフォーム工事がおすすめです。

リノベーションよりもコストが安い場合が多い

大規模な間取りやデザイン変更を行うリノベーションと違い、リフォームは要所要所の改修工事がメインです。

たとえば、水回りの改修や、床材やクロスの貼り替え、外壁の剥がれた部分の再塗装など、工事範囲が狭い場合はスピード感を持って改修できます。そのため、あらかじめ改修したいポイントを絞り込んでいる場合、リノベーションよりも工事費用が安くなります。

なお、建物の骨組み以外すべてを改修する「スケルトンリフォーム」のような大規模工事の場合、新築工事の3分の1から3分の2程度の工事費用が必要です。ただし、大掛かりなリフォーム工事でも、建て替えよりは費用が安いケースが多いです。

工事期間が短いため、仮住まいが不要

一般的に、リフォームはリノベーションよりも工事期間が短くなるのが特徴です。一方、工事期間が長いリノベーションを行う場合は、現在の住まいとは別の「仮住まい」を用意する必要があります。

仮住まいを用意するには、住居費や引越し費用といったコストがかかります。しかし、要所要所の改修工事が中心のリフォームなら、仮住まいが不要なケースが多く、余計なコストを減らすことができます。

リフォームの2つのデメリット

一方、リフォームにはデメリットが2つあります。リフォームのメリットと比較し、自分の住まいに合っているかどうか確認することが大切です。

  • 間取りやデザインを自由に決めづらい
  • 建物の骨組みにまで手を入れづらい

それぞれのデメリットについて、これから順に見ていきます。

間取りやデザインを自由に決めづらい

前項で、リフォームの目的は「住まいを新築当初の状態に戻す」ことだと述べました。リノベーションと違い、リフォームでは間取りを大幅に変更したり、ライフスタイルに合わせて住まいのデザインを一新したりといった工事は原則行ないません。

たとえば、「出産を機に子供部屋を増やしたい」場合、大幅な間取り変更がともなうため、リフォームではなくリノベーションの範疇です。リフォームはあくまでも部分的な改修を行う工事であることを知っておきましょう。

建物の骨組みにまで手を入れづらい

内外装の部分的な改修がメインのリフォーム工事では、建物の骨組みや基礎部分にまで手を入れづらいのがデメリットです。リフォーム業者によっては、リフォームの名目で対応しているケースもあります。

しかし、大幅な間取りやデザイン変更が可能なリノベーションや、建物を一度取り壊して立て直す建て替えと比べると、リフォームの範囲では限定的な効果しか得られないことがあります。建物の基礎部分の改修や強化なら、リノベーションや建て替えがおすすめです。

リフォームの流れ4ステップ

リフォーム工事の規模によっては、リフォームの依頼から工事完了までの間に数ヶ月程度かかる場合もあります。リフォーム工事で失敗しないためには、リフォームの流れを知り、前もってスケジュールを立てておくことが大切です。

リフォームする箇所の優先順位を決める

まずは、現在の住まいの内外装を点検し、リフォームしたい箇所を洗い出しましょう。

Webサイトやカタログを見たり、ショールームに足を運んだりすることで、リフォームのイメージがふくらみます。ただし、リフォーム工事の費用は、リフォーム工事の範囲によって変わります。

あれもこれもとリフォームの手を広げると、予算オーバーのリスクがあります。家族構成やライフスタイルを考慮し、どうしても譲れないポイントとそうでないポイントに分け、リフォームする箇所の優先順位を決めることが大切です。

リフォーム会社を探し、現地調査・打ち合わせを行う

リフォームしたい箇所が決まったら、次はリフォーム会社探しです。リフォーム会社には、地元工務店、住宅設備会社、大手ハウスメーカーとさまざまな種類があります。

多くのリフォーム会社は、無料での見積もりや現地調査に対応しています。ネームバリューやブランドイメージだけで選ばず、まずは営業担当者とリフォームについてじっくり話し合ってからリフォーム会社を選びましょう。

小規模の地方工務店でも、その地域ならではの家づくりに長けているケースもあるため、大手ハウスメーカー以外がすべて信頼できないわけではありません。

プランと見積もり内容を検討する

リフォーム会社を選んだら、大まかな予算や希望する工事内容をもとにして、リフォームプランと見積もりを出してもらいます。

プランや見積もりに不満や疑問点がある場合は、この段階でしっかり話し合うことが大切です。また、内外装の一部はリフォーム会社のショールーム等で見ることができます。実際に部材や製品を手にとってみて、イメ―ジに合っているかどうか確認しましょう。

施工開始から引き渡しまで

リフォームプランが決まったら、いよいよ施工開始です。施工中はリフォーム会社に任せきりにせず、可能な限り現場確認を行ない、打ち合わせ通りに工事が進んでいるか確認しましょう。

工事完了の際も現場で立ち会いを行ない、是正工事等が必要ないか確認します。物件の引き渡しの後に内装や設備機器の不具合が見つかった場合も、すぐに施工業者に連絡しましょう。なお、ビルトイン式の電気食洗機や浴室用の電気乾燥機など、「長期使用製品安全点検・表示制度」の対象となる設備機器を導入した場合は、安全のために別途登録作業が必要です。

リフォームしたほうがいい2つの場面

住まいによって、リフォームしたほうがいいケースとリフォームが不向きなケースがあります。リフォームしたほうがいい2つのケースを解説します。

小規模な工事を行う場合

風呂場の水回りの改修や、床材やクロスの貼り替え、外壁の剥がれた部分の再塗装など、比較的小規模な改修工事を行う場合は、リノベーションや建て替えよりもリフォームがおすすめです。

リノベーションは住まいの間取りやデザインを一新したい場合に向いていますが、要所要所の改修工事には適していません。工事範囲が狭い場合は、リノベーションではなくリフォームを選びましょう。

予算や工期を抑えたい場合

リフォームは、リノベーションと比べて予算や工事期間が抑えられるのも特徴です。そのため、すみやかに住まいの問題を解決したい場合は、リノベーションや建て替えではなくリフォームを選びましょう。

とくに水回りのトラブルは、放置しているとどんどん老朽化のスピードが早くなります。工事期間が短いリフォーム工事なら、住まいの問題をスピーディーに解決することが可能です。改修工事の予算や工期を抑えたい場合は、リフォーム工事がおすすめです。

リフォームの費用相場とコストダウンのコツ

リフォーム工事には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。リフォームの費用相場は、水回りや内外装など、工事を行う場所によって変わります。ここでは、リフォームの費用相場やリフォーム費用をおさえるコツを解説します。

リフォームの費用相場を場所別に

リフォーム費用の目安を、「水回り」「内装」「外回り」「リビング(居間)」の4箇所に分けて紹介します。

費用相場
水回り キッチン 50~100万円
風呂場 60~120万円
トイレ 15~30万円
洗面台 10~25万円
内装 壁紙・クロス 5~10万円
床材 ~10万円
外回り ~150万円
リビング 50万円~150万円

リフォーム費用は、施工内容によっても変わってきます。見積もりの段階で必ずリフォーム費用を確認し、予算オーバーしないかチェックすることが大切です。

キッチンのリフォーム費用相場については、こちらをご覧ください。

キッチンリフォームの費用相場は?工事期間や注意点を詳しく紹介

減税制度や補助金制度を利用しよう

国の減税制度や補助金制度を賢く活用することで、リフォーム費用をおさえらえます。リフォームの際に使える減税制度や補助金制度を紹介します。

リフォーム減税制度を利用する

耐震改修やバリアフリー化を目的としてリフォームを行う場合、国の減税制度を利用することが可能です。

耐震改修工事やバリアフリー工事を行った場合は、「固定資産税が2分の1になる(バリアフリー工事の場合は3分の1)」「所得税から、工事費用に相当する金額の10%までを控除できる(上限200万円)」といった減免を受けられます。

税金の支払い額が大きく変わるため、リフォーム工事をおこなうときは、税金の優遇措置にも目を向けましょう。

高齢者住宅改修費用助成制度を利用する

リフォームの際に使えるもう1つの制度が、「高齢者住宅改修費用助成制度」です。

高齢者住宅改修費用助成制度とは、バリアフリーリフォームを行うときに利用できる制度で、リフォームする住宅に「要支援」か「要介護1~5」と認定された方が居住していることが条件です。

高齢者住宅改修費用助成制度を利用すれば、手すりの取り付けなどのバリアフリー工事のうち、工事費用20万円までの9割分が支給されます。高齢者がお住まいの場合は、高齢者住宅改修費用助成制度の利用も検討しましょう。

マンションのリフォーム費用についてはこちらの記事もご覧ください。

マンションリフォームの費用相場を箇所別・築年数別に紹介

リフォームとリノベーションの違いを知り、住まいに合った選択を

長く快適に住みつづけられる家づくりでは、住まいに合った改修工事を行うことが大切です。

リフォームの目的は「住まいを新築当初の状態に戻すこと」、リノベーションの目的は「好みの間取りやデザインに合わせ、住まいに新しい価値を与えること」です。内外装が古くなったり、家族構成などのライフスタイルが変化したりした場合、既存の住宅では不便になるケースがあります。

リフォームとリノベーションの違いを知り、住まいに合った選択をすることが大切です。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?