キッチンリフォームの費用相場は?工事期間や注意点を詳しく紹介

キッチンリフォームの費用相場は、50万~300万円と大きな開きがあります。これは、リフォームの際に選ぶキッチンの種類やグレード、配置によってかかる費用が異なるからです。

今回は、キッチンリフォームにかかる費用相場や工期期間、ありがちな失敗やその解決策について解説します。

そもそもリフォームとは何か?が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

リフォームとは?リノベーションとの違いやメリット・デメリット
また、中古マンションの購入後にリフォームを検討している方はこちらの記事もご覧ください。
ヴィンテージマンションをリノベーションして暮らす魅力とは?

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

キッチンリフォームの費用相場

キッチンには、I型、L型、対面型と、さまざまな種類があります。それぞれの相場費用は次のとおりです。

キッチンの種類 費用相場
I型 50万~110万円程度
L型 60万~150万円程度
対面型(ペニンシュラ) 100万~200万円程度
対面型(アイランド) 180万~300万円程度

I型キッチンの費用相場は50万~110万円

I型は、コンロ、シンク、調理台が横並びになっているタイプのキッチンです。壁付きタイプは省スペースでも設置ができるうえ、使い慣れた形で安心感があります。

I型キッチンのリフォームにかかる費用相場は、キッチンの交換だけ行う場合で50万~80万円程度です。ハイグレードなキッチンを入れたり、キッチンの位置を変更したりする場合は、100万円以上かかることもあります。

L型キッチンの費用相場は90万~150万円

L型は、コンロ、シンク、調理台を横並びではなくL字型に配置したキッチンです。シンクとコンロが90度の角度で向かい合う形になっているものが一般的で、移動しやすく、作業スペースをゆったりとれるところが特徴です。

L型のリフォームにかかるリフォーム費用は60万~150万円程度です。キッチンのグレードは予算に合わせて選びましょう。

ペニンシュラ型対面キッチン費用相場は120~200万円

ペニンシュラは「半島」という意味で、その名の通り、どちらか一方のキッチンの横幅が壁つきになってるタイプの対面型キッチンです。

ペニンシュラキッチンにかかるリフォーム費用の相場は、ローグレードやスタンダードなキッチンで100万~150万円程度、ハイグレードなタイプで160万~200万円以上かかる場合もあります。

アイランド型対面キッチン費用相場は180万~300万円

アイランド型とは、キッチン本体を壁から離し、完全に独立した状態で設置するタイプの対面型キッチンです。横幅の片方が壁つきになっているペニンシュラよりも開放感があります。

アイランドタイプの界面型キッチンは、ほかのキッチンリフォームと比べて費用がかかるところが特徴です。一般的な費用相場は、スタンダードなもので180万円~230万円程度、ハイグレードなもので250万~300万円程度です。

キッチンの種類についてさらに知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
マンションキッチンの種類やリフォームにかかる費用相場を紹介

キッチンリフォームの工事期間

キッチンリフォームにかかる工事期間は、キッチン交換のみで2~4日かかります。そのうち、水が使えない期間は1~2時間程度です。一方、壁つきのI型から対面型に変更するなど、既存のキッチンの位置から移動する場合は2週間、場合によっては3週間程度かかることもあります。

リフォームを依頼する業者探しから工事完了までの大体のスケジュールは次のとおりです。

内容 期間
1. 業者探し~問い合わせ 1~2日
2. 業者の現地調査~見積り提出 1~2週間
3. 業者の選定 5日~1週間
4. キッチン本体の発注~納品 1~2週間
5. キッチンリフォーム開始~工事完了 2~4日(位置変更の場合は2~3週間)

リフォーム業者選びの際は、最低でも2~3社に見積もり依頼をしましょう。現地調査の様子や見積書の内容から業者を選定するためには、5日~1週間程度必要です。

キッチンの手配については、選んだ商品やオプションの有無によっては3週間程度かかることもあるでしょう。

キッチン交換のみのリフォームであれば、工事自体は2~6日に完了しますが、業者探しから選定、キッチン手配の期間を含めれば、1ヵ月半から2ヵ月近くかかることを想定しておきましょう。

オーダーメイドや海外への発注は工期が長くなる

キッチンをオーダーメイドする、または海外から取り寄せる場合は、納品までに1~4ヵ月程度かかりることもあります。キッチンに合わせた内装工事も必要になるため、全体的に工期が長くなる傾向です。

オーダーメイドや海外の商品を希望している場合は、余裕を持ったスケジュールを組んでおきましょう。

キッチンリフォーム業者の選び方

複数社への現地調査・見積り依頼した際は、見積書の内容だけでなく、担当者の対応や提案、業者の実績などをしっかりチェックしましょう。

最適なキッチンリフォーム業者を選ぶために、押さえておきたい6つのポイントについて紹介します。

キッチンリフォームの実績が豊富

キッチンリフォーム業者を選ぶときは、創業年数がある程度長く、キッチンの施工実績が豊富な業者かどうかを確認します。創業したばかりの業者であっても、責任者の職人歴が長く、きちんとした施工実績がある場合は、信頼できる業者である可能性が高いでしょう。

施工実績は業者の公式ホームページから確認できます。

家(工事現場)の近くに事業所がある

緊急事態が起きたとき、すぐに駆けつけてもらえるよう、最低でも車で1時間以内に駆けつけてくれる業者を選ぶと安心です。業者の所在地、または事業所の住所を確認し、できるだけ近い業者を探してみましょう。

こちらの要望に合わせたプランの提案

キッチンリフォーム業者を選ぶ際は、見積もりの価格や実績のほか、提出されたプランが自分の要望に合っているかどうかも重要です。

確認するポイントは、こちらの要望をきちんと取り入れてくれているか、予算に合わせたキッチンを勧めてくれているか、必要に応じてサンプルやカタログを提示してくれるかといった点です。

提案するプランのメリットだけじゃなく、デメリットもきちんと説明してくれる業者は、依頼者の意見をしっかりヒアリングし、尊重してくれる可能性が高いでしょう。

担当者との相性

どんなに評判のよい業者であっても、担当者との相性が悪ければコミュニケーションをとるときに支障が出てしまいます。

キッチンリフォームを成功させるためには、担当者との打ち合わせを通して、リフォーム後のイメージを擦り合わせたり、完成像を共有するようにしましょう。

担当者の経験、資格の有無などはもちろん、態度や発言から、本当に信頼できる担当者かどうかをしっかり見極めることが大切です。

保証やアフターサービスが充実している

工事中の思わぬトラブルや、工事完了後に欠陥が見つかったときなどの保証やアフターサービスについても、しっかり確認しておきましょう。保証やアフターサービスが充実している業者であれば、いざというときにも安心です。

リフォーム工事中に壁や床に傷をつけられてしまった際、保証がなければ泣き寝入りすることになってしまいます。

住宅推進協議会などの団体に加盟している

どうしてもリフォーム業者を決められない場合は、リフォームに関わる団体に加盟しているかどうかをチェックするのも1つの選択肢です。リフォーム関連の主な団体は次のとおりです。

● 住宅リフォーム推進協議会
● リノベーション住宅推進協議会
● 住宅リフォーム・紛争処理支援センター
● 一般社団法人日本住宅リフォーム産業協会
● 日本木造住宅耐震補強事業者協同組合

団体に加盟しているからといって、必ず優良な業者であるとも限りません。実際、ほとん加盟業者が存在しない団体や、活動内容がまったく見えてこない団体などもあります。

業者がどんな団体に加盟しているか、国が支援している団体やきちんと活動している団体、加盟業者が多い団体かどうかをしっかり確認しておきましょう。

リフォームのポイントについて知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
【築年数別】マンションリフォームの費用相場を詳しく紹介
リノベーションとは?リフォームとの違いや費用相場を解説

キッチンリフォームでよくある失敗と解決策

せっかくキッチンをリフォームしたのに思っていたのと違う、または、使い勝手が悪くなってしまったケースもあります。

ここでは、キッチンリフォームでよくある失敗と、その解決策、対応策を紹介します。

キッチンの高さが背丈と合わない

キッチン本体を交換する場合は、キッチンの種類やスペースの確保だけでなく、キッチンの高さにも気を配りましょう。毎日使っている人の背丈と合わないと、使い勝手が悪いキッチンになってしまいます。首や背中、腰に負担をかけないためにも、キッチンのカウンターの高さは身長÷2+5cmを目安に考えておきましょう。

たとえば、キッチンを頻繁に使用する人の身長が160cmなら、カウンターの高さは85cm程度が丁度よい高さです。

バリアフリー設計へのリフォームを検討している方はこちらの記事もご覧ください。
バリアフリー住宅とは?設計でのポイントや注意すべきこと

調理スペースが狭くて使いづらい

シンクを広くしたりコンロを増やしたりした結果、調理スペース狭くなってしまい、使いづらいキッチンになってしまった、というケースもあります。

狭いシンクは野菜を切るなどの調理作業がやりづらくなるため、ストレスが溜まります。最低でも45cmは必要だと考えておきましょう。

使いやすい場所にゴミ箱が設置できない

リフォームの際、つい忘れてしまいがちなのがゴミ箱の設置場所です。料理中は生ゴミやキッチンペーパー、パック容器など、さまざまなゴミが出ます。調理スペースから近い場所にゴミ箱を設置することは、使いやすいキッチンの条件の1つといっていいでしょう。ゴミ箱スペースの配置を忘れてしまうと、動線の邪魔になる位置にゴミ箱を置くはめになってしまいます。

キッチンの配置を変えるときは、図面の時点で使いやすい位置にゴミ箱を設置できるスペースを設けておきましょう。

設備を充実させたものの結局ほとんど利用しない

キッチンリフォームの際は、「あれも、これも」といろいろな設備をつけたくなるものです。しかし、せっかくお金をかけて設備を充実させたとしても、あまり利用しないのであれば意味がありません。とくに食洗機や床下収納を設置する場合は、注意が必要です。

食洗機で多いのが、家族の人数的に洗う食器が少なく、結局は手洗いで済ませてしまうパターンです。床下収納では、腰をかがめてものをしまう、取り出すという行為が面倒で、結局あまり活用できないというケースが考えられます。

キッチンの設備を取り付ける際は、ほんとうに必要かどうかをよく考えることが大切です。

キッチンリフォームの費用相場はキッチンの種類よって異なる

キッチンリフォームにかかる費用は、キッチンの種類やグレードにとって大きく異なります。壁付きI型キッチンを新しいキッチンに交換する場合は50万~110万程度ですが、アイランド型の対面キッチンに変更する場合は180万~300万円ほどかかります。

また、リフォーム工事開始から完了までの期間は、キッチン交換のみであれば2~4日、位置変更を行う場合は2~3週間かかる場合もあります。

キッチンリフォームが成功するかどうかは、リフォームを依頼する業者にかかっています。業者選びは複数社から相見積もりをとり、現地調査や見積もり内容、プランの提案内容などから、信頼できるリフォーム業者を見つけましょう。

マンションのリフォームを検討している方はこちらの記事もご覧ください。
マンションリフォームの価格はどれくらい?築年数や部位別に解説
リフォームとリノベーションの違い!費用や工事期間・流れを解説!
マンションリフォームの費用相場から事例まで徹底解説
マンションリノベーションの費用相場や予算内に抑えるコツ

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?