メゾネットタイプのマンションとは?メリット・デメリットを解説

分譲物件や賃貸物件を探しているときに、「メゾネットタイプ」という文字が記載されている物件を見たことはある方は多いでしょう。メゾネットタイプは簡潔にいうと、マンション部屋の中に階段があって2階建てになっている物件のことを指します。

一般的におしゃれで開放的なイメージが強いメゾネットタイプのマンションとは、具体的にどのような物件なのでしょうか。

この記事では、メゾネットタイプのマンションについて徹底解説します。メリットやデメリットとともに購入するときの注意点を紹介するので、購入前にぜひ目を通してください。

また、マンションの設備について知りたいという方はこちらの記事もご覧ください。
「ルーフバルコニーのあるマンションの魅力や使い方・注意点」
マンションの間取りの理想は?基礎知識から間取りの選び方まで解説
マンションの床暖房の導入におけるコストや注意点を解説

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

メゾネットタイプのマンションとは

まずは、メゾネットタイプのマンションがどのような物件なのか見ていきましょう。

メゾネットタイプは住宅内部に内階段がある物件

メゾネットとは、もともと「小さな家」を意味するフランス語の「maisonnette」という単語が由来です。一般的には、一戸の住宅の中に内階段があり、2階層で構成された物件のことをメゾネットタイプの物件といいます。

メゾネットタイプの物件であれば、マンションやアパートといった集合住宅でも一軒家のように空間を使えるようになります。このタイプの物件は人気なうえに数が少なく、希少性は非常に高いといえるでしょう。

同じ物件内でも、低層階はフラットタイプの間取りで、高層階の部屋にのみメゾネット構造を導入しているケースが多い傾向にあります。

メゾネットとロフトの違い

集合住宅の中に内階段があると聞くと、ロフトを思い浮かべる人も多いかもしれません。一見するとロフトとメゾネットは似ているように見えますが、実は3つの決定的な違いがあります。

メゾネット ロフト
設置の目的とスペース 居室扱いでスペースの制限はない 面積が居室の2分の1未満、高さが最大1.4mまでのスペースで「小屋裏物置等」に分類される[注1]
窓設置の可否 窓の設置が可能 窓の設置は不可能
内階段の有無 内階段の設置がある 内階段ではなくハシゴの設置

物件によって異なるため一概にはいえませんが、上記のような違いで「ロフト」か「メゾネット」かを見分けることが可能です。

[注1]豊島区:階とみなさない小屋裏物置等の取扱い(住宅系用途のみ)[pdf]

メゾネットとテラスハウスの違い

ロフトと同様にメゾネットと混同されやすいものとして「テラスハウス」という物件が挙げられます。テラスハウスとは、建築基準法では長屋に分類される2階建ての物件のことを指します。

2階建ての家が壁を隔てて連なっている点が特徴で、2~5軒程度がまとまって建設されることが多いです。

室内は2階構造になっているため、メゾネットと同様に1階と2階の居室で生活をすることが可能です。各居室には戸建てのように玄関扉が設けられており、住人で共用するエントランスなどは存在していません。

家の中が2階建てになっている点はメゾネットと共通していますが、メゾネットはあくまで共用部やエントランスなどがある集合住宅に対して使用する言葉です。それぞれの意味をしっかりと理解しておき、区別して覚えておきましょう。

メゾネットタイプのマンションのメリット

1階部分と2階部分をそれぞれ活用できるメゾネットタイプの物件には、数多くのメリットが存在しています。ここからは、メゾネットタイプのマンションにおけるメリットを5つ紹介します。

階層によって使い方を分けられる

メゾネットタイプのマンションは、一軒家とマンションのいいとこ取りができる物件です。一軒家のいいところといえば、階層ごとに使い方を分けられることでしょう。

たとえばリモートワークをしている場合は、2階部分を仕事場として活用することで、仕事のオン・オフを切り替えやすくなります。ほかにも1階は寝室、2階は趣味の部屋にするなど、使い方をガラッと変えられるのがメゾネットタイプの特徴です。

階層ごとにインテリアの雰囲気を変えてみても面白いかもしれません。1軒の家の中で2つの使い方ができる点が、ほかの集合住宅にはない非常に大きなメリットでしょう。

プラベート空間を守れる

プライベート空間を守れる点も、メゾネットタイプにおけるメリットです。

たとえば、1階部分を日中の生活スペースとして利用し、2階部分を寝室として利用すれば、急な来客があってもプライベートな空間を保護できます。

また、人には見せたくないものがあるときや部屋が散らかっているときは、荷物を2階部分に移動させることで来客に対応できます。家族間で階層を分けて過ごすようにすれば、それぞれのプライベート空間を保護しやすくなるでしょう。

メゾネットタイプのマンションであれば、活動時間が異なる夫婦や友達同士でルームシェアするときも快適に過ごせます。

騒音対策になる

足音などの騒音が気になりにくい点も、メゾネットタイプの特筆すべきメリットです。

子どもやペットの騒音を気にする人のなかには、マンションの1階に絞って物件探しをしている人も多いかもしれません。しかし、メゾネットの2階部分を子供部屋にすれば、下の階への影響を気にすることなく生活できるようになります。

ただし、子どもやペットをメゾネットタイプの物件で生活させるときは、階段からの転落や怪我に気をつける必要があります。転落防止のケージを設置するなど、安全対策を講ずるようにしましょう。

開放感があっておしゃれ

メゾネットタイプのマンションは、まるで一軒家のような吹き抜けがある点が特徴です。メゾネットならではの開放感高級感は、集合住宅とは思えないようなおしゃれな空間を演出してくれるでしょう。

ただし、天井の照明交換や窓を掃除する際の手間など、メゾネットタイプのメリットは生活をしていくうえのでデメリットにもなることがあります。物件を決めるときは、実際の生活動線をシミュレーションすることをおすすめします。

住環境を重視したい方はこちらの記事もご覧ください。
マンションの方角を選ぶときのメリットとデメリットを比較!
マンションキッチンの種類やリフォームにかかる費用相場を紹介

ペットや楽器などの条件が寛容

先述したように、メゾネットタイプの物件は比較的騒音対策がしやすい仕組みになっています。したがって、ペットや楽器などの条件が寛容になっているケースが多い点も大きなメリットです。

上下階に分かれているメゾネットは、音が部屋に響きにくいという特徴を持っています。なかには、マンションでありながら比較的大きな音が出るピアノが設置できる物件も存在しています。

ただし、完全に音が遮断できるわけではないため、「ヘッドフォンを使用する」「音量を絞る」などの一定の配慮は持つようにしましょう。

マンションでペットを飼うことを検討している方はこちらの記事もご覧ください。
猫をマンションで飼うときの注意点は? 事前に確認すべきこととトラブル対策

メゾネットタイプのマンションのデメリット

メリットが豊富なメゾネットタイプの物件には、実はデメリットも存在しています。入居後に後悔することがないように、あらかじめ知っておきたいデメリットを7つ紹介します。

家事の動線が複雑になりやすい

メゾネットタイプの物件は、水回りの設備配置やベランダの位置などによって、生活動線が複雑になりやすいというデメリットがあります。

たとえば洗濯機の設置場所が1階部分、ベランダが2階部分にある場合、洗濯をするときは重い洗濯物を持って階段を行ったり来たりする必要が出てきてしまいます。さらに、掃除機をかけるときも階段の上下があるため、フラットタイプの物件に比べると負担が増えるでしょう。

光熱費が高くなってしまう

光熱費が高くなりやすい点も、メゾネットタイプの物件におけるデメリットです。メゾネットは上下方向に空間が広がるため、フラットタイプの物件と比べると部屋全体に冷暖房が効くまで時間がかかります。

「暖かい空気は上に溜まり冷たい空気は下に溜まる」という特性を生かして冷暖房を活用すれば、多少光熱費を節約できます。ただし、こういった条件は物件や冷暖房の性能によって異なるため、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

家具の搬入が面倒

メゾネットタイプの物件の場合、室内に階段があるため家具の搬入が面倒になってしまう危険性があります。とくにベッドなど大きな家具を搬入する場合、業者によっては数万円単位の追加料金が請求されてしまうこともあるため注意しましょう。

ベッドや冷蔵庫などの大きな家具を1階に置くことで、このデメリットは回避できます。

インターネット回線の利用時に注意が必要

上下階に分かれるメゾネットタイプの場合、その広さゆえにインターネット回線が届きにくい場所が出てきてしまうことがあります。別途で中継ルータが必要になることもあるため、引っ越しの際は必要に応じて準備しておきましょう。

物件によっては、フロアごとにLANポートが引き込まれているケースもあります。希望の場合は、内覧時に確認しておくことをおすすめします。

子どもやお年寄りには不便

家の中に階段があるメゾネットタイプの物件は非常におしゃれですが、子どもやお年寄りにとっては不便であることを理解しておく必要があります。上り下りが負担になるだけではなく、場合によっては転倒による怪我のリスクもあるかもしれません。

「今は若い夫婦2人だから大丈夫」だと思っていても、将来子どもが生まれたり年齢を重ねたりしたとき、メゾネットタイプの物件だと住みにくくなる可能性はあります。マンション購入時は、今後のライフプランを見据えて物件選びをしましょう。

バリアフリー設計にこだわりたい方はこちらの記事もご覧ください。
バリアフリー住宅とは?設計でのポイントや注意すべきこと

面積が狭いことがある

メゾネットタイプの物件は階段や吹き抜けがあって非常におしゃれですが、その分床面積が狭くなっているケースが多い点に注意しましょう。

空間を効率的に使いたいのであれば、やはりフラットタイプの物件の方に軍配が上がります。

逆に部屋の狭さは気にしないという方はこちらの記事もご覧ください。
コンパクトマンションとは?その魅力やおすすめの人・注意点

階段の上り下りの音が気になる

メゾネットタイプの物件は騒音が気になりにくいと紹介しましたが、例外として階段の上下音が響きやすいところがデメリットとして挙げられます。とくに静かな深夜に隣人が階段を上り下りすると、足音が響いて気になってしまうかもしれません。

防音性についてはしっかりと確認しておきましょう。

防音性を重視したい方はこちらの記事もご覧ください。
低層マンションならではの魅力や購入時に注意することを解説

メゾネットタイプのマンションを購入するときのチェックポイント

最後に、メゾネットタイプのマンションを購入するときに確認しておきたいチェックポイントを紹介します。

防音設計になっているかどうか

メゾネットタイプのマンションは防音性が高い物件が多いですが、先述したように階段の上下音や足音が響いてしまう物件も存在しています。快適な生活をするためにも、音が響かないか、防音性は高いのかをしっかり確認しておきましょう。

マンションではありませんが、木造のアパートは防音性が低い傾向にあります。メゾネットタイプの賃貸物件に入居するときは注意しましょう。

水回りの利便性が高いかどうか

メゾネットタイプのマンションを選ぶときは、必ず水回りの利便性を確認しておきましょう。

● 来客間とトイレは同じ階にあるか
● 洗濯機置場とベランダは同じ階にあるか
● 洗濯や料理、入浴などは1フロアで完結させられるか

上記のように、実際の生活動線をイメージしながら物件を内覧すると、物件選びで失敗しにくいです。

収納や家具の置き場が足りるかどうか

メゾネットタイプのマンションは階段や吹き抜けがある分、床面積は狭めになっています。そのため一見広いスペースがあるように見えても「入居後、実際に家具を搬入したら面積が足りなかった」と後悔するケースは少なくありません。

設置する家具や収納の量を具体的に把握しておき、置き場が足りるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

階段の上り下りがきつくないか

メゾネットタイプのマンションを購入するときは、階段の上り下りがしやすいかどうかもチェックしてください。螺旋階段はおしゃれですが、荷物や家具を持っていると上り下りしにくかったり、子どもが転倒してしまったりする危険性があります。

階段の角度や段差の高さなど、細かいポイントについても確認しておくと失敗しにくいでしょう。

メゾネットタイプのマンションは魅力が豊富な物件

おしゃれで開放感のあるメゾネットタイプのマンションには、一軒家やフラットタイプの物件にはない魅力が豊富に存在しています。メゾネットタイプの物件は数が少なく人気も高いため、お気に入りの物件を見つけたら早めに物件を確保しておくことをおすすめします。

メリットが豊富なメゾネットタイプの物件には、デメリットや注意点もあることを理解しておきましょう。将来のライフプランや家族構成に合わせて、より過ごしやすい物件選びをしてください。

マンションの購入を考えている方はこちらの記事もご覧ください。
マンションのセキュリティ種類は何があるの?防犯対策が高いマンションを選ぼう!
マンション駐輪場の問題点とは?失敗しない解決策を紹介!

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?