• 災害
  • 【更新日】2018/11/09

台風で被災したら家や土地はどうしたらいいのか

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

近年日本列島では天災による大きな被害を受ける地域が増えており、特に台風の出現率が大きく上がっています。自然災害が起こるたびに多くの家屋や土地が台風の被害を受け、多くの所有者が早急に修繕工事や取り壊し作業を行う必要に駆られているのが現状です。
ところが被災後のパニックの中では、土地や家のことを冷静に判断することは非常に難しいです。いざ台風の被害に遭った時に、慌てることがないよう事前に準備しておくようにしましょう。今回は台風などの災害で住宅に被害があった際の解決方法についてご紹介します。

先読み!この記事の結論
  • 支援を受けるにはり災証明書を取得することが必要
  • 落ち着いたら公共機関にり災証明書などを問い合わせてみる

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

 class=
「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

まず必要な手続きを行う

台風によって被災した場合には、法的手続きを行うことによって国から補助金・支援金を受け取れる場合があります。そのためには迅速に正しいで続きを行う必要があります。
台風を始めとする自然災害や火災によって住宅が損壊してしまった場合には、「罹災証明書」という証明書を取得することで支援の申請をすることができます。同じ被災を証明する「被災証明書」と似ているので、間違えないようにしましょう。

罹災証明書とは?

罹災(りさい)証明書とは、地震や台風などの自然災害によって住居が損壊した場合に、自治体から被害認定されたことを証明する書類です。その被害の大きさに応じて通常は自治体が認定・発行しますが、火災被害の場合には消防署が発行を担当します。
被害認定の段階には、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」、「一部損壊の4段階あります。この認定によって自治体や国から支払われる金額が異なります。住居関連だけでなく様々な場面で役に立つので、被災したらまずは罹災証明書を手に入れるようにしましょう。

被災証明書との違い

自然災害による被害認定に関して、罹災証明書と非常に似ている「被災証明書」という書類が存在します。被災証明書は、個人が災害に夜被害を受けたという事実を証明するための書類になります。 罹災証明書は申請が被った被害の程度や内容を告知するために、被災証明書は被災したかどうかを証明するための書類です。罹災証明書と似ているので被災後にこの二つの書類を混同させてしまう人が多いのですが、法的証明力が異なるので注意が必要です。 一刻も早く支援を受けられるように、これらの書類の違いはパニックになった時でも忘れないようにしましょう。

証明書が発行されるまでの日数

被災証明書は申請をしたその日のうちに発行してもらえるので、即日入手することが可能です。ところが、罹災証明書の場合には少なくとも一週間はかかります。
大規模な震災や台風などが起きた場合には多くの人が一斉に申請をするので一か月以上かかることもあります。罹災証明書は被害の程度を調査する必要があるため、被災証明書よりも時間がかかります。

保険に加入している場合には契約を確認する

住宅保険や自動車保険に加入している場合は、自然災害でもきちん補償をしてもらえるのか聞くようにしましょう。会社によっては契約のプランによって台風などの自然災害では適応外になってしまうこともあります。
保障の可否を確認する際にも被災証明書や罹災証明書が手元にあるとスムーズに進みます。そのため早めに罹災証明書の申請をすることで、申請者がまだ少ないうちに手続きを進めることができます。
  • 建て替えを検討しよう
  • 修理はリフォーム会社に相談
  • 売却時コンプライアンス注意

 class=

公的な補助や控除を利用する

罹災証明書の発行を受けると、実際にどのような支援を受けることができるのでしょうか。被災した際には、できる限りの支援を受けたいものです。
受けた被害の程度にもよりますが、国や自治体、又民間企業から一定の金銭的支援を受け取れる場合があります。いざという時に迅速に支援を受けられるように、事前に申請方法や支援内容を確認しておきましょう。

被災で受けられる公的支援

一般的に公的に受けられる支援には、税金・国民健康保険料の減免や被災者生活再建支援金、住宅応急修理制度、住宅応急修理制度などがあります。住宅応急修理制度とは、住居が全壊または半壊した際に、修理が完了して再び住むことができるようになるまで仮設住宅に入ることができる制度です。
また、災害援護資金という仕組みもあり、こちらは自治体から無利息または年利3%で借り入れができる資金になります。いずれも借り入れをする時には計画的に利用するようにしましょう。 【参考リンク:国務長 日本国民年金

被災で受けられる民間支援

国や自治体だけでなく、民間からも支援を受けられるケースがあります。銀行などの民間金融機関から無利子や低利子で融資を受けたり、私立の学校では授業寮免除などの措置をとっていることもあります。
民間の場合はすべての被災者が平等に受けられる支援というよりも、その人の生活によって対応に変化が生じます。被災してから各所手続き方法を調べるのは非常に効率が悪いので、あらかじめ普段利用している銀行や学校の制度を調べておくとスムーズです。

支援を受けるには罹災証明書が必要

台風などの被害に遭った際には民間・公的な支援を受けることができますが、いずれの場合も罹災証明書が必要です。ここで注意すべきなのが罹災証明書のを手に入れるのにも、支援を受け取る決定がなされるまでにも、かなり時間がかかってしまうことです。 証明書の発行に最低でも一週間、支援の決定までに10日は見ておくと間違いがないです。罹災証明書の発行には期限がもうけられている自治体も多いので、災害被害に遭ったら早めに申請をすると良いでしょう。
  • 被災物件は査定時間かかる
  • 業者に依頼して負担が減る
  • 不動産業者の選定は慎重に
 class=

被災した家や土地の今後を考える

台風によって家や土地が被害を受けた場合、今後どのように管理をするべきなのかを決断する必要があります。土地、家の管理状況や個人の状況によって変化しますが、被災後の決断は迅速に行うことをおすすめします。
なぜなら被災したとはいえ、土地や家の価値がゼロになるわけでは決してないからです。状況に合わせた適切な判断ができるように、事前にどのような選択肢があるのかを確認しておきましょう。

建て替えを検討する

所有している家が台風の被害によって前回・半壊してしまった場合には建て替えを検討することをおすすめします。損壊の状態にもよりますが、あまりにもダメージが大きい場合にはリフォームするよりも立て直してしまったほうが価値が上がるケースがあります。 被災に有無に限らず、物件は築年数がたつごとにその価値が大きく下がっていきます。なので被災時にかなり建設年数がたっている場合には、新築物件として売却することが一番利益が出る方法です。

修理を検討する

損壊のダメージがそこまで大きくない場合には、被災した部分を修理することであなたの負担を軽減することができます。リフォーム会社に相談をして、簡単な見積もりを出してもらうと今後の管理経営の見通しが立つでしょう。
修理をするばあいには、今後賃貸物件として貸し出すのか売却するのかも考えた上で計画を立てると効率よく進めることができます。どこまで自分たちで修理を行うのかのバランスを見ることが重要です。

売却を検討する

自然災害で被害を受けた物件であっても、売却することは可能です。しかし、被災物件に対する調査や説明は、義務として現状の法で定められている以上に世間一般の関心によって求められています。 ?説明が不十分である場合や間違った説明を行った場合には賠償を求められることもあるので、売主はより慎重な調査と現状把握が必要です。売主・買主双方で、被災物件の情報を共有し互いに納得することが大切なので、売却主として最低限のマナーは守るようにしましょう。
  • 罹災証明書は被害規模の証明になる
  • 被災証明書と罹災証明書は異なる役割
  • 発行には平均して一週間かかる

 class=

被災した不動産でも売却はできる

「自己住居住用財産を譲渡した場合に3,000万円特別控除」という制度を聞いたことはあるでしょうか。簡単に言うと自分が住んでいた不動産を売り売却益に対した税金が控除される制度です。?
こちらの制度を適用するには、被災後1年以内に敷地の売却契約することが条件の一つとされています。地震後やっと落ち着いて元の生活を取り戻したところで「知らない間に1年が過ぎてしまった!」とならないように準備をしておきましょう。

被災物件という理由で売却には時間がかかる

台風で物件が損壊した場合、どんなに状態が良好であってもその物件は被災物件として認定されることになります。一度被災物件の認定をされた土地・家は専門家による査定をもとに、土地・建物の安全を証明する必要があります。
また近年頻発する自然災害にの影響によって、国内では被災物件に対する意見が厳しくなっていることも事実です。売却の際には丁寧な査定が求められるので、その分時間がかかります。買い手とのトラブルを避けるためにもこの場合は本当の現状を開示することが重要です。

担当してくれる不動産によって売れるか売れないか左右される

あなたがしっかりと物件のことを理解して、どのような方法で売却をするのかを判断することは非常に大切です。しかし、あなたの判断で売却を選んだとしても、実際に書いてを探してくれるのは不動産会社の人なので、誰に担当してもらうかが非常に重要になります。 信頼できる不動産会社にお願いをすることで、効率よく買い手を見つけることができます。今回おススメするのは日本全国で不動産の売買事業を行っている「イエウール」という会社です。国内の市場を高くに分析した上で販売実績を大きく上げている会社なので、安心して任せることができます。

不動産業者が「買取」してくれることもある

不動産業者に売買の仲介をしてもらうだけではなく、査定してもらったうえで物件を買収してもらうことも可能です。この場合は不動産会社と直接販売価格の交渉をすることになるので、正しく価値を測るために複数の不動産業者で査定することをおすすめします。
台風で被災をした後では、家や土地の管理のことまで手が回らなくなってしまうこともあります。そこでプロの業者にお願いをすることで不動産管理による負担を減らすことができます。家や土地を手放す決断ができたら思い切って売却するのも一つの手です。
  • 支援を受けるには罹災証明書が必要
  • 支援は公的・民間の両方ある
  • 被災証明書では支援は受けられない

 class=

誰も居住していない家を所有していたら

自分が保有している不動産に誰も住んでいない場合は、災害の際の対処法が若干異なるので注意が必要です。自然災害の有無にかかわらず、空き家を保有しているということは維持費を払い続けているのと同じことです。
常に赤字経営になってしまうのではその家や土地はあなたの資産として全く役に立っていません、それでは非常に勿体ないですよね。このような事態を避けるためにも、被災する前に手段を講じておきたいところです。

被災後の場合、査定価格が下がることが多い 

基本的に被災した場合は物件の査定価値が下がることがほとんどです。被災することによって物件や土地に損壊が生じることや、一般的に被災地には人が集まりにくい傾向にあることが大きな理由です。 日本でこれまでに台風によって被害を受けた地域の例を見てみると、物件の査定価格が下がることで所有者が対応できなくなるというケースが何件も報告されています。常にリスクを加味して不動産経営をする必要があります。

被災する前に売却しておくことも一つの方法

被災すると査定価格が下がってしまうことを考慮して、空き家を保有している場合はすぐに売却に踏み切ってしまうという選択肢もあります。不動産の査定価格が下がる原因は被災によるダメージだけではありません。
築年数が経つごとに建物の老朽化は進み、どんどん価値が下がっていきます。そのため、土地や家を売却する可能性が少しでもあるのなら、早めに行動することで販売額を高く保つことができます。 また、空き家を保有しているだけでは利益につながらないので、売却することで管理の負担を減らすことができるのです。

仮住まいとして活用する

あなたが保有している空き家が被災地にある場合、被災して住居を失った人への仮住宅として活用することができます。自治体によって制度の差がありますが、事前に仮住宅として申請しておくことで震災後に被災者を助けることができます。
不動産の管理に困っている人や、売却する決断ができない人にとっては良い選択肢になります。ただし、仮住宅として差し出す場合には利益を得ることはできません。あくまでも他人に無償で貸し出すということを念頭に置いておきましょう。
  • 被災後は不動産価値が減少
  • 売却するのも一つの手段
  • 空き家を仮住宅として活用
 class=

被災に備えた準備が大切

台風や地震などの自然災害は、いつあなたの生活を襲うか全く予想することができません。不測の事態にも適切に対応できるように、日ごろから準備をしておくと間違いがありません。
不動産の管理や売買には、専門的な知識や経験が必要になります。ところが不動産の初心者にとっては、どこまでが必要な情報なのか取捨選択をするのが非常に難しいことも事実です。そこで今回はプロに相談することをおすすめします。

不動産のことで悩んだらイエウールに相談を

全国 1600 社以上の厳選された不動産会社が対応するイエウールで相談してみましょう。不動産販売経験のあるプロがあなたに必要な情報を提供してくれます。
不動産は所有しているだけでお金がかかるものなのでしっかりと管理を検討するようにしましょう。はやの行動を心掛けることで無駄なくマンション経営することができます。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?