【立地別】24種類の不動産活用方法を更地・空き家建物ごとに総まとめ

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

アパート経営やマンション経営、駐車場経営など、様々な不動産活用法がありますが、検討している段階で「もっといいものないのかな」「これ、本当に自分に合っているのかな?」と不安に感じることはありませんか。

所有している不動産の状態によって、適切な不動産活用方法は変わってきます。不動産活用方法を選ぶ際には、それぞれの活用方法の特徴を理解したうえで、選択することが重要です。

この記事では、不動産の状態や立地に応じたおすすめの不動産活用方法を解説します。

不動産活用や土地活用にお悩みなら、こちらの記事もおすすめです。

【立地別】更地の不動産活用方法

更地のまま土地を保有していると、固定資産税や都市計画税などの税負担が建物が建っている場合に比べて6倍の税負担が必要になる可能性があります。さらに、雑草やゴミなどの手入れにもコストがかかります。

一方で、更地の状態は建物が建っている場合に比べて、解体費用がかからないため買い手が付きやすいです。できるだけ早く手放したい場合には、あえて更地にしておくのも一つの戦略といえます。

ここからは、更地の不動産活用方法を、都市部・郊外・田舎に分けて解説していきます。

都市部の更地の場合

都市部の更地では以下の不動産活用方法がおすすめです。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 戸建賃貸経営
  • 貸店舗経営
  • オフィスビル経営
  • コインパーキング経営
  • コインランドリー経営
  • 等価交換
  • 土地信託

ここからは、それぞれ活用方法の特徴について解説します。

アパート経営

アパート経営とは、使用していない土地にアパートを建て、第三者に貸し出し家賃収入を得るという活用方法です。

アパート経営のメリットは、節税効果と収益性です。小規模宅地等の特例や、住宅宅地の特例などを活用するで、固定資産税を1/3、都市計画税を2/3にまで抑えることができます。また、アパートを建てることで相続税評価額を引き下げることができます。戸数も多いため入居者を集めることができれば、十分な収益も発生します。

一方で、アパート経営のデメリットは、初期費用やランニングコストが大きく、売却がしにくいという点です。建築費や入居者をつけるための広告宣伝費など多額の初期費用がかかります。さらに、大規模修繕費用やメンテナンス費用、清掃費などのランニングコストも必要になります。また、アパートは買い手がつきにくく、売却益をそこまで期待できません。

小規模の土地でも始めることができるため、高い入居率を維持できる可能性が高い場合には、おすすめの不動産活用方法です。

マンション経営

マンション経営は、アパート経営と非常によく似ていますが、より高コストで高収益な不動産活用方法です。

マンション経営のメリットは、高い収益性と売却のしやすさにあります。

アパートに比べて、マンションは戸数も多く、一戸あたりの家賃も高いです。そのため多くの収益を期待することができます。借入金も大きいため、アパート経営よりも大きい節税効果があります。また、アパートに比べても買い手がローンをつけやすいため、売却しやすいといえます。

一方で、マンション経営のデメリットとしては、ハードルの高さという点があげられます。マンションは初期費用が大きいため、ローンを組むためには、土地の資産性、事業計画の実現性の高さが求められます。そのため、駅近郊などの立地が非常に重要になります。また、建物規模がアパートよりも大きいため、土地に一定の広さが求められます。

条件のよい土地を持っており、活用方法に迷っているという方には、おすすめの不動産活用方法です。

戸建賃貸経営

戸建賃貸経営とは、戸建住宅を建築し第三者に貸し出すという不動産活用方法です。

戸建賃貸経営のメリットは、収益の安定性と需要が大きいという点にあります。アパートやマンションの場合、入居者の入れ替わりが激しいですが、戸建賃貸経営の場合は1つの世帯が長期的に住んでくれる可能性が高いです。そのため、入居者の入れ替わりが少なく収益が安定していまうす。また、アパートやマンションに比べても、物件数が少ないため入居者が捕まえやすいです。

一方で、戸建賃貸経営のデメリットは、収益の小ささと空室リスクの大きさです。1戸からしか収益が得られないため、収入額自体はそこまで大きくありません。さらに、空室時には全く収入が発生しません。一棟あたり1戸しかいないため、空室時のダメージは非常に大きくなります。

不動産活用に手間をかけたくない方や、収益額よりも安定した不動産活用を検討している方にはおすすめです。

貸店舗経営

貸店舗経営とは、お店を出したい人に対して出店スペースを貸し出し賃料収入を得るという不動産活用方法です。

貸店舗経営のメリットは、居住用スペースよりも高い賃料を得ることができ、物件そのものに付加価値がつく点です。

貸店舗は、物件数も多くないため立地が良ければ高い交渉力をもつことができます。そのため、同条件の居住用不動産よりも高い家賃設定することができます。また、土地が小さくても立地が良く、テナント先の業態を選べば十分入居者をつけることができます。

貸店舗経営は、店舗オーナーが借りたくなる立地にあることが前提条件です。そのため、都市部のなかでも周辺に店舗が複数あるような土地を持っている方にはおすすめです。

オフィスビル経営

オフィスビル経営とは、ビルを建てオフィスとして企業や団体に貸し出すという不動産活用方法です。

オフィスビル経営のメリットは、収益性の高さです。オフィスとして貸し出す場合、家賃相場が高く、一度入居すれば数年間退去することはありません。また、デスクや内装などはテナントが整備してくれるため、トイレや水道、空調などの簡単な設備投資のみで済みます。

一方で、オフィスビル経営のデメリットは、土地条件の高さと入居付けの難しさです。立地は、都市部の中でも駅から徒歩圏内にあるエリアであることが求められます。また、テナント需要はそこまで多くないため、一度退去されると次のテナントを獲得するまでに時間がかかってしまう可能性があります。

コインランドリー経営

立地に自信がある場合は、コインランドリー経営を考えてみるのもよいです。最近では共働きが増えるなど、ライフスタイルが変化してきています。そのため、都会ではコインランドリーの利用者が大きく増えています。

一方で、コインランドリーは機械が急に故障するといったトラブルが起こります。そのため、機械の知識がない人や無人で運営したい人には、無理なのではと考える人もいるでしょう。しかし、これについても問題ありません。

現在では、そういったトラブルはコールセンターに依頼できるので、無人店でも十分やっていけます。

コインパーキング経営

コインパーキング経営とは、時間単位で駐車場を貸し出すという不動産活用方法です。時間ごとに収益が発生するため、稼働率が高ければ高いほど収益が発生します。

コインパーキング経営のメリットは、土地の形や大きさを選ばずに、低コストで始めることができる点です。コインパーキングは、車一台分のスペースさえあれば狭小地や変形地などの条件が悪い土地でも、始めることができます。

駐車場のニーズが大きい都市では、小さい土地でも手軽に始められるため、高収益を期待できます。

一方で、コインパーキング経営のデメリットは、税制優遇措置がないという点があげられます。土地の評価額が高い都市部では、固定資産税だけでも大きなランニングコストとなります。

等価交換

等価交換とは、土地をデベロッパーに譲渡(売却)して代わりに建物を建ててもらい、建物の価値に対する土地の価値の割合に応じて建物の所有権を得るという土地活用の方法です。等価交換は、ディベロッパー側の負担が大きいため、都市部のような条件のよい土地でしか行うことが出来ません。

等価交換のメリットは、初期費用がほとんど必要ない状態で、税制優遇措置が多いという点です。マンションやオフィスビルを建設する際に必要な費用はほとんどデベロッパー側が支払います。デベロッパーの経営ノウハウを使うこともできるため、失敗リスクも少ないです。また、相続税や譲渡所得税も軽減措置も受けることができます。

一方で、等価交換のデメリットは、交渉相手がプロのディベロッパーであるという点です。等価交換では、不動産のプロであるデベロッパーと土地の交換比率交渉を行わなければいけません。結果的に気づいたら損してしまったということも起こる可能性があります。

等価交換は、低コストでデベロッパーの経営ノウハウを活用し、効率よく不動産活用行うことができます。都市部のような条件のよい土地を持っている場合には、等価交換は一度検討してみることをおすすめします。

土地信託

土地信託とは、自身の土地を信託会社や信託銀行に預けて活用してもらい、収益が出れば諸経費などを差し引いた配当金を得るという活用方法です。

土地活用に必要な建築費などの初期費用の負担を抑えて、配当金を得ることができる、ローリスクローリターンの土地活用といえます。

一方で、土地の所有権は信託会社のものになります。相続が発生した場合には、土地の権利ではなく、信託受益権を得ることになります。

立地や土地の状態、信託会社の能力によっては、赤字が発生してしまいます。さらに、赤字が続き止むを得ない場合には、土地を売却する可能性も発生します。

土地活用にかける手間がない場合や、土地活用にかけることができるコストが少ない場合には、土地信託はおすすめです。しかし、信託会社選びには慎重に行いましょう。

郊外の更地の場合

郊外の更地では以下の不動産活用方法がおすすめです。
  • 住居系賃貸経営
  • 賃貸併用住宅経営
  • サ高住経営
  • 月極駐車場経営
  • 屋外型トランクルーム経営
  • 貸し農園
ここからは、それぞれ活用方法の特徴について解説します。

住居系賃貸経営

住居系賃貸経営は、物件を居住用に貸し出すという目的で行われる不動産活用方法です。主に以下の活用方法があります。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 賃貸併用住宅
  • 戸建賃貸経営

郊外エリアのように生活の拠点となるエリアでは、一度入居者を決めれば数年間は家賃収入が得ることができる住居系賃貸経営は十分検討できる不動産活用方法です。

賃貸併用住宅経営

賃貸併用住宅経営とは、1つの建物を自宅用と賃貸用に分け、貸し出す不動産活用方法です。

同じ建物でありながら、それぞれ部屋が独立しているのでお互いの生活を守ることができ、オーナーは賃貸経営による家賃収入を得ながら同じ家に住むことができます

賃貸併用住宅経営のメリットは、家賃収入を住宅ローンの返済に充てられるという点です。金融機関によって条件が異なりますが、住宅の面積のうち50%以上を居住用の自宅スペースにすることで住宅ローンを組むことができます。事業用ローンに比べて低金利の住宅ローンで賃貸経営を行うことができるため、ローンの返済負担を減らすことができます。

一方で、賃貸併用住宅経営のデメリットは、初期費用が高く、利回りが出にくいという点があげられます。住居用の物件に賃貸部分も加えて建てるため、マイホームを建てる場合よりも初期費用は大きくなります。そのため返済額そのものは大きくなります。

また、物件の一部は居住用のスペースとしているため、集合住宅などに比べて得られる収益額は小さいです。収益が小さく、初期費用が比較的大きいため、利回りは低いです。

賃貸併用住宅は、入居者集めの手間も少なく、ローンの返済負担も小さいです。手間やコストをかけすぎずに、マイホームを所有したい方にはおすすめの不動産活用方法です。

サ高住経営

支援が必要なお年寄りのために、バリアフリーを完備した住宅を経営するのがサ高住経営です。サ高住経営とは、サービス付き高齢者住宅を指し、常駐スタッフによる日常生活の相談や、定期的な巡回サービスも受けることができます。

ご存じのように日本は高齢化社会を迎えており、この種の住宅は非常にニーズが高まっています。したがって、初期費用はかかりますが安定した収益が期待できるでしょう。

なお、高齢者向け住宅では一定の条件をクリアすれば、国からの補助金を受けられます。医療機関が近く、高齢者が多い郊外ではおすすめの不動産活用方法です。

月極駐車場経営

月極駐車場経営とは、駐車スペースを貸し出し、月々の賃料を得るという経営方法です。家族全員が自分の車を持つことも少なくない郊外では、意外と駐車スペースが足りていないということが起こります。

月極駐車場経営のメリットは、初期投資が少ないという点です。月極駐車場は、利用者ごとに使うスペースは決まっているため、ロック板や精算機が必要ありません。番号がわかるようにコーンなどを置くだけでもすぐに始められます。

一方で、月極駐車場経営のデメリットは、収益が少ないという点です。一台あたり約1万円~約2万円が相場となるため、賃貸経営と比べると収益は劣ります。

暫定的に土地を所有している方や、他の不動産活用方法への転用を考えている方には、まずは月極駐車場から始めることをおすすめです。

屋外型トランクルーム経営

活用したい土地が狭小地や変形地であれば、どうすればよいのか悩むところでしょう。この場合は、建物が建てられないことがあるので、トランクルーム経営が向いています。

トランクルーム経営は立地に左右されることが少なく、郊外でも収納スペースに困っている都市部の集合住宅居住者からの需要が考えられます。

また、費用面についても、維持管理費やコンテナの設置費用などは、それほどかからない点もおすすめの理由です。

トランクルーム経営を行っている企業に、フランチャイズ契約をすれば専門業者のノウハウを活用して経営を行うことができます。

貸し農園

貸し農園とは、自身の土地を農園として、第三者へ貸し出すという不動産活用方法です。近年では、平日に都市部で働き、子育てや趣味の一環として週末に郊外で農作業をするという方が徐々に増えています。ガーデニングや農業は、土作りも含めれば数年間続きます。そのため、収益の安定性は高いと言えるでしょう。

貸し農園のメリットとしては、すぐに始めて、他の活用方法に転用しやすいという点が挙げられます。農園として土地を整備すれば手軽に賃貸することが可能です。初期費用も整地費用程度で済みます。また、更地とほとんど変わらないため、環境に合わせて整地を行えば他の活用方法に転用できます。

一方で、貸し農園のデメリットとしては、節税効果が低く、収益性も低いという点があげられます。貸し農園は、とりあえず土地活用を始めたい方や、手間の少ない土地活用をしたい方におすすめの土地活用方法です。

田舎の更地の場合

田舎の更地では以下の不動産活用方法がおすすめです。
  • 事業会社への貸し出し
  • 太陽光発電
  • 資材置き場
  • 看板用地
ここからは、それぞれ活用方法の特徴について解説します。

事業会社への貸し出し

自分で何かをすることが苦手な場合は、事業会社に貸す方法もあります。こちらは、土地を何らかの事業を行っている会社に貸して利益を得る方法です。

なお、契約を行えば会社側はその土地に建物を建てて、約束した年数の間、その場所で不動産を利用します。借り手として多い事業会社としては、コンビニや、ビジネスホテル、ジムなどのフランチャイズとして展開している業種があげられます。

この方法のメリットは、一般的な土地の借地契約ではなく定期借地契約を結んでいる点です。この契約では最短10年から最長50年までが契約期間となっており、期間終了後は土地の原状回復を行ったうえで、持ち主に返さなくてなりません。

よって、持っている土地を誰かに活用してもらいたいものの、貸し出す期間はある程度区切りたいと考えている場合に、うってつけの方法です。

太陽光発電

安定した収益性や利回りを重視する場合は、太陽光発電などのソーラー経営がおすすめです。こちらは不動産でソーラーパネルを設置して発電を行い、それを売電して収入を得る方法です。

メリットは、売電価格が制度によって10年間もしくは、20年間固定されている点です。そのため、収益の安定性という面で優れています。

ただし、発電量にも関わるソーラーパネル代が大きくかかるため、初期費用は比較的高くなります。もちろん、安いソーラーパネルを使うこともできますが、発電量が少ないなど問題があります。そのため、手持ちのお金と今後の計画を業者と相談しながらやっていくとよいでしょう。

なお、太陽光発電は日照量によるので、地域性にも注意する必要があります。こちらも詳しくは業者に相談してみてください。

資材置き場

資材置き場とは、建設現場の近くで、資材を保管するためのスペースとして土地を貸し出すという不動産活用方法です。

資材置き場の最大のメリットは、特別な整地が必要ない点です。駐車場のようにアスファルトにする必要がなく、特別な機械を設置する必要もないことから、状態の悪い土地でも資材置き場として利用することが可能となります。

しかし、デメリットとしては、需要が安定しないという点があげられます。付近で工事がない場合には収入が発生せず、ただの更地となってしまいます。また、資材置き場を探している会社を見つけるのに手間もかかります。

看板用地

地方の国道や比較的大きな道路を走行していると、様々な立て看板が道沿いに建てられているのを確認することができます。

看板用地とは、看板を建てる場所を貸し出し収益を得るという不動産活用方法です。自身で営業し広告主を見つけることもできますが、手間がかかるため地域の看板屋や広告代理店に依頼することが一般的です。

また、大きな看板を建てる場合には、建築物に含まれるため建築基準法などの規制もあります。エリアによっては、自治体に規制されていることもあります。付近の立て看板を行っている人がいるかなどを確認しておきましょう。

更地を持っているだけで、一年間ぐらい活用予定がない場合などは、おすすめの活用方法です。

【立地別】空き家・建物の不動産活用方法

空き家・建物の不動産を所有している場合、土地だけではなく建物の管理も必要になります
。活用せずに放置していると、老朽化が進みやすくなるだけではなく放火や空き巣のリスクも考えられます。

そのため、空き家・建物を所有している場合には、不動産活用が欠かせません。ここからは、空き家・建物がある場合の不動産活用方法を、都市部・郊外・田舎のエリア別にそれぞれ解説していきます。

都市部の空き家・建物の場合

都市部の空き家・建物では、以下の不動産活用方法がおすすめです。

  • リフォームして貸し出す
  • 建て替えて貸し出す
  • 室内型トランクルーム経営
  • 貸し会議室・貸しスペース経営
  • ホテル・簡易宿泊所経営
  • 民泊経営

ここからは、それぞれ活用方法の特徴について解説します。

リフォームして貸し出す

すでに所有している物件が、まだ十分使える状態であれば、ホームクリーニングやリフォームを行い清潔な状態にして第三者に貸し出すという方法がもっとも効率的です。

都市部であれば、築年数が経っていても立地だけで、比較的高めの家賃設定を行うことができます。さらに、ローンの返済負担などもないため、キャッシュフローとしては安定した経営を行うことができます。

デメリットとしては、建物が古い分、設備の劣化が進んでいるため修繕コストやクレーム対応が多くなる可能性があげられます。借り主が決まってから、設備不良が発覚すると損害賠償につながる可能性もあるため、必ず賃貸経営を行う前に点検を行っておきましょう。

建て替えて貸し出す

中古建物の建て替えを行うことで、稼働率を改善し相続税対策効果を高め、加えて家賃収入の改善を実現することができます。建て替え前よりも、高い収益性をもつ不動産を変えることができます。

一方で、建て替えには解体費用や建築費用が必要になるため、更地から建物を建てる場合よりも費用が必要になります。解体にはローンがつかないこともあるため、持ち出しの初期費用は大きくなります。

建て替えを行う場合には、エリアの市場調査をきちんと行い1から事業計画を作成し、費用対効果などを確認しておきましょう。

室内型トランクルーム経営

都市部に空き家・建物を所有している場合には、建物内にトランクルームを設置することでトランクルーム経営を行うことができます。

ルーム型のトランクルーム経営は、空きテナントを持っている方が、空室対策の一環として行う場合が多いです。また、すでに建物を持っている方が、リノベーションを行いルーム型のトランクルーム経営を行う場合も少なくありません。

空調などの維持費がかかるため、ルーム型はコンテナ型より、利用料が高額になります。しかし、その分カビなどの心配なく品物を預けられます。精密機械や毛皮のコート、寝具なども適切な管理ができます。

貸し会議室や貸しスペース経営

貸し会議室、貸しスペース経営とは、事務所を時間単位で貸しだすという不動産活用方法です。貸し会議室は、社内会議や機密会議、催事、研修会、採用面接会場、試験会場など様々な形態で使用されています。

似たような不動産活用方法として、コワーキングスペース経営があります。コワーキングスペースは、職場としての役割のためドリンクや会議スペースなどの設備は充実させる必要があります。

貸し会議室、貸しスペース経営のメリットは、収益性の高さと設備投資の少なさです。設備投資も、机と椅子、ホワイトボード、空調などの比較的簡単なもので済みます。

一方で、集客・運営コストが高いというデメリットがあります。認知度が低いときには、チラシなどの広告で周辺企業に宣伝する必要があります。また、鍵や予約受付などの運営にも手間がかかります。人を雇う際には人件費がかかります。

オフィス街や企業が多い都市部に不動産を持っている方には、おすすめの不動産活用方法です。

ホテル・簡易宿泊所経営

ホテル・簡易宿泊所経営とは、旅館業許可を取得し、不動産を宿泊施設として、宿泊料を得るという不動産活用方法です。民泊経営は年間180日間の営業日数に限られていますが、ホテル・簡易宿泊所経営は365日間営業することができます。

ホテル・簡易宿泊所経営のメリットは、収益性の高さです。1日単位で貸し出すことができ、営業日数に制限がないため、稼働率や価格設定次第で賃貸経営よりも高い収益を生み出すことができます。

一方で、ホテル・簡易宿泊所経営のデメリットは、始めるまでの難易度が高く、初期投資額が大きいという点です。旅館業許可の取得には、建築士や行政書士への依頼が必要です。

また、安定した稼働率を維持するために、他のホテルや簡易宿泊所と差別化する必要があります。そのため、内装工事費用や設備投資も必要となります。

一般的な不動産投資よりも高い事業計画が求められますが、都市部の中でも駅から近いなど魅力的な立地の建物を所有している方にはおすすめです。

民泊経営

民泊経営とは、戸建てやマンションの部屋を宿泊施設として第三者へ貸し出し、宿泊料を得るという不動産活用方法です。認知度が上がり、観光地や都市部では、外国人旅行者に加え出張目的のサラリーマンや国内旅行者も民泊を利用することが増えました。

民泊経営のメリットは、手軽さと汎用性の高さです。民泊は、一室ではなく個人の空き部屋からでも活用できます。初期費用も寝具程度で済むため非常に手軽に始めることができます。申請方法も、行政に届け出をすれば始めることができます。また、途中で賃貸経営や貸しスペース経営に変えることができます。

一方で民泊経営のデメリットは、年間180日と営業日数制限が決められている点です。民泊はホテルや簡易宿泊所よりも安価な宿泊料で運営されることがほとんどです。さらに営業日数も限定されているため、高収益化することは難しいです。

都市部に建物を持っている人が、固定資産税などの不動産維持管理コストをペイするなどの目的であればおすすめです。

郊外の空き家・建物の場合

郊外の空き家・建物では、以下の不動産活用方法がおすすめです。

  • リフォームして貸し出す
  • 託児所経営
  • 解体し更地として活用する

ここからは、それぞれ活用方法の特徴について解説します。

リフォームして貸し出す

郊外の物件の場合、新築を建てても十分に空室が埋まらない可能性が大きいです。そのため、解体費用をかけて建て替えるという活用方法は考えにくいでしょう。

一方で、ある程度きれいな状態であれば、賃貸物件としての需要も考えられます。特に郊外の戸建て物件は、ファミリー層に人気があるため、多少状態が悪くても埋まりやすいでしょう。

郊外の空き家や建物を活用する場合には、できるだけコストを掛けない方法を選択しましょう。

託児所経営

託児所経営とは、保護者に代わって子どもを預かり保育を行う施設経営のことを指します。国が定めている児童福祉施設基準に該当しない、認可外保育所です。待機児童問題からもわかりますが、保育園不足は非常に深刻です。

特に、ファミリー層が多い郊外では、託児所のニーズは決して少なくありません。

託児所経営のメリットは、初期投資が少なく、投資回収力が強い点です。大型設備や機械も不要であり、子供がストレスなく遊ぶスペースがあれば問題ありません。所有している不動産で行えば、経費は人件費や光熱費程度で残りは利益になります。そのため、利益率が高く投資回収力が高い不動産活用方法です。

一方で、託児所経営のデメリットは、トラブル発生時のリスクが大きい点です。アレルギーやこども同士の喧嘩などが万が一の事態につながることもあります。小さな子どもを預かるため、責任が重く、対応を間違えることは出来ません。

フランチャイズなどから始められる場合もあるため、ファミリー層が多い郊外に土地を持っている場合には、おすすめの不動産活用方法です。

解体し更地として活用する

広めの土地であれば、家を建てる土地を探している方からの需要などを想定できます。建物が建っていると、解体費用がかかるため買い手がつきにくくなります。

いずれ売却を考えている方は、更地化し更地の状態で、駐車場経営やトランクルーム経営などのライトな土地活用を選択しておくことをおすすめします。

田舎の空き家・建物の場合

田舎の空き家・建物は流動性が低く売却しようと思ってもなかなか売却することができません。一方で、田舎の空き家や建物は独自の需要も考えられます。

ここからは、田舎の空き家・建物の不動産活用方法について解説していきます。

セカンドハウスとして貸し出す

所有している不動産をセカンドハウスや別荘として数ヶ月単位で貸し出すというのも田舎の空き家ならでは活用方法です。働き方が変わる中で、よりよい居住環境を求めている方は少なくありません。

セカンドハウスとして貸し出すことで、物件の状態を維持できるメリットがあげられます。建物は全く使わないだけでも、湿気などがたまり徐々に傷んでしまいます。しかし、貸別荘経営として貸し出せば、老朽化のスピードを遅らせることができます。

一方で、借り手を見つけるのが困難です。民泊などがある中で、数ヶ月単位で借りる方は少ないです。そのため、ポータルサイトに載せるなど、借り手を集めるために工夫する必要があります。

貸別荘経営は、借り手に気に入ってもらえばそのまま売却できる可能性があります。田舎で売れない不動産をお持ちの方には、特におすすめの土地活用方法です。

売却し現金化する

土地や保有する建物を売り、現金化するという方法もあります。

売却することのメリットは、多くの現金が入ってくる点が魅力的です。現金化することで、資産の使い道が自由になります。

例えば、郊外に戸建ての資産を持っているが、使うことがない場合や広さを持て余してる場合には、売却して得た資金をもとに都心部のマンションを購入し、資産の買い換えを行うこともあります。また、相続税を支払い切れない場合などには、不動産を一部売却しその納税資金にあてることできます。

さらに、固定資産税や火災保険料などの維持管理コストがかからなくなります

一方で、土地や建物を売るデメリットは、不動産を完全に手放すという点です。土地を持っていれば、何らかの方法で活用して月々安定した収益を得ることができますが、手放してしまうとそれができません。

また、必ずしも高値で売れるとは限らないというリスクもあります。例えば、納税期限が迫っている場合には、焦って底値で売却してしまう可能性も少なくありません。したがって、土地を売る場合は、あらかじめ「その土地の値段はいくらくらいなのか」を査定で見積もり、余裕があれば値上がりするまで待ってみてもよいかもしれません。

売却は、現金を得たい方や不動産管理の手間を減らしたい方には、おすすめな不動産活用方法です。

自分に合った不動産活用方法の選び方

 class=

不動産活用にはさまざまな方法があるため、いざ不動産活用をしようとしても、どの方法があっているのかわからないということもあるでしょう。
しかも、間違った方法を選んでしまうと利益を得るどころか損をしてしまうため、ポイントをしっかりと押さえていく必要があります。
なお、不動産活用の方法を決める際には以下の3点を比較して検討していくようにしましょう。

ポイント 検討内容
収益性 収益の多さ・収益の安定性
税金 節税対策として有利かどうか
土地との相性 自分の土地や周辺地域の環境と相性がいいか

これらを加味したうえで、あなたにどれがあっているのかを考えていきます。ここでは、詳しい内容について解説していきます。

高い収益性があるか

ここでの収益性とは、投資に対してどれくらいの収益があったかということです。例えば、120万円の収入があって100万円の費用を払ったのなら、20万円の収益が得られたことになります。ただし、得られた収入というものにはさまざまな費用がかかります。

不動産を建てる際にかかった建築費やそれを維持するための費用、不動産にかかる固定資産税などの税金などが当てはまります。また、すべての不動産活用が成功するわけではなく、立地や経済状況などにも左右されます。そのため、損をするリスクについても考慮することが重要です。さらに、使える費用についても個々で状況が異なるため、それぞれの経済状況を考えなら検討していく必要もあります。

節税対策として有利か

収益性を考えたときに、税金は大きな問題になります。例えば、不動産には固定資産税や都市計画税、所得税、贈与税などがかかり、どのような不動産であるかによって課税額が違ってきます

分かりやすい例では、アパートを経営すると、それまで更地にかかっていた固定資産税が6分の1になります。敷地面積にもよりますが、大きな節税になっているのがわかるでしょう。そのため、節税対策として考えていくと、何がよい方法なのかがみえてきます。

自分の土地に合っているか

一言に不動産といっても人によって状況は違い、特に土地に関してはそれぞれ地域で用途が決まっています。例えば、ある土地が第一種低層住居専用地域なら低層の住宅のみで、ある土地が工業専用地域なら、危険物の工場の建設のみが用途になっています。

したがって、高層の住宅を建てたくても建てられずに、そもそも住宅の建設自体が無理のこともありうるのです。そのため、あなたが持っている不動産がどのような用途地域になっているのか、またその地域ならどのようなルールの建物が建てられるのかを知っておく必要があります。

土地活用比較サイトを活用する

不動産活用で失敗しないためのコツは、多くの情報やアドバイスをもとに、複数のプランを比較して活用方法を決めることです。

一見魅力的に見える不動産活用プランでも、それが本当にベストなプランは限りません。そのため、不動産活用プランはプロの業者と相談しながら、複数を比較していくとよいです。

そうすることで、どれくらいの収益性を出すことがあなたに合っているのか、また、業者によって建築費用など中身がどれくらい違っているのかなどがわかります。適切なプランを提案してくれる業者と一緒に、あなたに合った適切な不動産活用プランを検討してください。

土地活用プランの比較にはイエカレがおすすめ

不動産活用の方法を決めるときには、収益性などのポイントに注目していきましょう。また、活用しないと税金の負担がかかるなどデメリットがあります。

活用方法には、マンション経営や駐車場経営などがありますが、不動産活用を成功させるコツを押さえながら適切なプランをみつけていきましょう。そうすればきっとうまくいきます。

土地活用のプランを比較する際は、一括査定サイト「イエカレ」の利用がおすすめです

こちらのサイトでは、プロの土地活用プランを完全無料で一括比較できます。時間が取れない人や、土地活用の知識がない人にとっては非常に便利なサイトなので、ぜひ利用してみてください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
更地におすすめの不動産活用方法は?
更地の不動産は汎用性が高く、目的に応じて様々な方法が考えられます。詳しい更地の不動産活用方法は【立地別】更地の不動産活用方法をご覧ください
空き家・建物におすすめの不動産活用方法は?
空き家・建物を放置しておくと、老朽化による倒壊や放火リスクがあります。詳しい空き家・建物の不動産活用は【立地別】空き家・建物の不動産活用方法をご覧ください。
不動産活用方法の選び方とは?
不動産活用方法は、収益性・税金・土地との相性を加味する必要があります。詳しくは、自分に合った不動産活用方法の選び方をご覧ください。
不動産活用方法で成功するためには?
まずは、土地活用比較サイトを活用し、自分の土地に向いている活用プランを比較してみましょう。詳しくは、土地活用比較サイトを活用するをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?