マンション経営のメリットは?人気の理由から向いている人、リスク・デメリットまで

土地活用を考えている方へ
  • 5月は土地活用を考え始めるのにおすすめの月!
    夏場は晴れた日が続くため工事がしやすい環境となります。
    梅雨明けにすぐ着工できるよう設計を固めておきましょう!
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

マンション経営は、上手に活用できると長期的に利益を得ることが可能な土地活用です。ただ、土地活用をこれから始める方の中には、初期費用の高さやリスクの高さから、どうしてマンション経営が魅力的なのかわかりづらい方も多くいらっしゃるかもしれません。

この記事では、どうしてマンション経営が人気なのか、どういったメリットがあるのかを紹介し、マンション経営をすべきケースまで紹介します。

マンション経営については、以下の記事もおすすめです。

マンション経営が人気な理由

マンション経営がおすすめ

マンション経営は人気の土地活用方法ですが、そもそもなぜ人気があるのでしょうか?それは、「安定した収益」や「節税対策」を求めている人にとって最適な土地活用だからです。

老後の資産形成をしたい、副収入を得たい、土地を相続する際の税金を抑えたいなど、細かな動機はさまざまですが、安定した収益と節税対策がマンション経営の最大の魅力であることには変わりません。

もし安定した収益を得たい方や土地の税金を支払うのがもったいないと感じている方は、まだマンション経営をわかっていないだけなのかもしれません。

そこでこの記事では、マンション経営のメリットを紹介していくので、参考にしてみてください。

マンション経営をするメリット

マンション経営のメリット

マンションを経営するメリットとしては、次の8つがあげられます。

  • 不労所得が得られる
  • 安定した収入が得られる
  • 高額な副収入を得られる
  • インフレから資産を守れる
  • 税金を経費として計上できる
  • 将来いずれ住むこともできる
  • 景気のよいときに高く売却できる
  • 再開発エリアなら資産価値が上がる

これらのメリットを把握し、マンション経営の魅力を知っていきましょう。

不労所得が得られる

経営しているマンションに入居者が入ることで、不労所得が得られます。
マンション経営では、家賃が収入として手元に入ってくるため、働かずに収益を得られることは大きなメリットでしょう。

また、マンション経営だけに専念する必要はなく、今の生活のまま収入を増やせる点もメリットの1つです。
不労所得があることで時間の余裕を生みやすく、有意義な暮らしへの1歩を歩むことができます。

安定した収入が得られる

一度入居者を獲得すると、毎月安定して収入が得られることも、マンション経営のメリットです。
家賃は毎月支払われるため、月々に決まった額の収入が安定して入ってきます。

入居者の都合によっていつまで住むかは異なりますが、年単位で暮らす人も多いです。
そのため、入居者を確保できれば、その後長期にわたって安定した収入が得られるでしょう。

副収入としては高額

マンション経営は副業としても行いやすく、他の副業と比較すると収入は高額になりやすいです。
しかし、マンションの場合は家賃額に応じた収入が得られるため、毎月数十万円程度の収入が得られます。

特に都市部や立地のよい場所なら家賃も高値にしやすく、月々100万円を超える収入を得ることも可能です。
実際の利益は、各種コストを差し引いたものになりますが、コスト分を考慮しても、マンション経営は副収入としては優れているといえます。

インフレから資産を守れる

物価が上昇し、お金の価値が下がるインフレが起きた場合でも、不動産価値は変動しない場合が多いです。
不動産はインフレに強いため、資産を守りたい場合にもおすすめです。

また、物価が上がることで不動産価値が上昇することもあり、資産の向上が目指せる場合もあります。
経済変動に対抗する方法として不動産は優れており、マンション経営をしていることで、景気に左右されにくい資産形成ができるでしょう。

税金を経費として計上できる

マンション経営をしていると、マンションの維持や管理にかかる税金を経費計上できるため、節税効果もあります。
経費に計上できる税金としては、次のものがあげられます。

  • 固定資産税や都市計画税
  • 登録免許税
  • 印紙税

居住用のマンションの場合は単なる出費として支払いますが、マンション経営の場合は経費になるため、帳簿上の利益を縮小でき、結果的に節税が可能です。

将来いずれ住むこともできる

マンション経営をしている過程で空室が増えた場合、自分が住むことがも可能です。
将来的に居住できる不動産があることは大きな魅力で、売却とは異なるマンション経営ならではのメリットといえるでしょう。

新築の段階では入居者が多く集まっても、築古になるにつれて空室率が徐々に増えてきます。
その場合でも、マンション経営だと、今住んでいる家を売却して経営しているマンションに住むことができます。
売却して得た収益を借入金の返済に充てることもでき、かなり余裕のあるマンション経営をできるかもしれません。

景気のよいときに高く売却できる

不動産の価値は流動的であり、景気がよくなると不動産価値が向上することも多いです。
売却を視野に入れている場合でも、そのときの景気が悪く不動産価格が下がっているなら、一度マンション経営にして、売却に適したタイミングを待つこともおすすめです。

賃貸経営中は家賃収入が得られ、景気が回復するまでの間も利益が獲得できるため、メリットは大きいです。
不動産価値が向上したタイミングで、マンション経営をやめて売却することで、さらに大きな利益が得られるでしょう。

再開発エリアなら資産価値が上がる

所有しているマンションが再開発エリアにある場合は、持っているだけで資産価値が上がることも少なくありません。
売却すると手放した時点の価値でしか売れませんが、マンション経営をしていれば、資産価値の向上を待つことができ、資産形成にも役立ちます。

また、資産価値が向上したタイミングで売却するだけでなく、周辺の地価も上がっているなら、これを根拠に家賃の値上げができる場合もあります。
再開発エリアは、マンション経営の収入も売却価格も高めやすいため、価値が上がりきるまでは賃貸経営をして、安定した収入を得ることもおすすめです。

マンション経営をすべきケース

経営より売却を考えるマンションの特徴

上で紹介したメリットがあるとはいえ、全員がマンション経営に向いているわけではありません。

ここでは、マンション経営に向いているケースを紹介するので参考にしてみてください。

節税目的で土地活用を考えている

「土地にかかる固定資産税が高い」「相続する際の相続税がもったいない」と感じており、節税目的で土地活用を考えている人は、マンション経営が向いています。

マンションを経営をすることで、固定資産税の評価額を最大1/6に、相続税の評価額を半分ほどに軽減することができ、これはさまざまな土地活用方法の中で、トップレベルに節税効果が高いです

そのため、節税対策が目的の場合は、マンション経営以外だと効果を得られにくく、おすすめできません。ぜひ一度、マンション経営の相談をして、実際に節税できる金額を算出してみることをお勧めします。

3.1.1. 部屋数の少ないアパート経営もおすすめ

節税目的の場合は、アパート経営もおすすめです。アパート経営とマンション経営に厳密な違いはありませんが、一般的に高層階で大規模な建物の場合はマンション、数階建てで1階あたりの部屋数もそれほど多くない場合はアパートと捉えてよいでしょう。

アパート経営はマンション経営と同じ仕組みで節税効果が働くため、節税目的としては最適です。
マンションほど代替的な投資をしたくないという場合は、アパート経営も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

手元資金に余裕がある

マンション経営は初期費用がかなり掛かる土地活用です。
高層階の建物を建てる建築費用が掛かるため、数千万円~数億円ほどの費用が必要になります。

そのため、多くの場合はローンを借り入れてマンション経営を始めるになります。
ただ、全額をローンで借り入れてマンション経営を始めると、月々の返済額が多くなり、かつ返済期間も長くなるため、資金繰りに苦しくなってしまいます。

したがって、ある程度の資金をねん出できる余裕のある場合だと、マンション経営に向いているといえます。
1つの例として、20%~30%ほどの自己資本比率を目指せるとよいでしょう。

3.2.1. 費用をかけない土地活用なら

できるだけ初期費用を抑えたい、管理費用を抑えたいという場合は、マンション経営は向いていません。

その場合は、駐車場経営がおすすめです。駐車場経営は初期費用が少なく、更地で始める場合だと0円で始めることも可能です。
また、特に大きな建物や施設を建てる必要もないため、やめたいときも撤退しやすく、初めて土地活用をする人が感覚をつかむには最適の土地活用です。

適度に手間をかけられる余裕がある

マンション経営をしてオーナーになると、資金の確認や収益のチェック、細かな住民対応など、さまざまな管理業務が発生します。
これらの業務は管理会社に委託することができますが、そうはいっても、適度に自分の目でマンションの状態を把握しておかないと、うまく経営を進められません。

そのため、週に1回でもいいので、マンションを見回ったり収益の計算をしたり、マンション経営に関する時間を作れる余裕がある人でないとマンション経営は難しいでしょう。

3.3.1. 手間をかけたくないなら

持っている土地が遠くにあったり、手間をかける時間をとれないといった人は戸建て賃貸経営がおすすめです。

一軒家を賃貸として貸し出すため、清掃や管理は入居者に任せることができ、お金周りの確認をしておけば問題ないため、手間がかかりません。

戸建て賃貸経営について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

マンション経営のデメリットとリスク

ここまでマンション経営が人気の理由を解説してきましたが、一方でマンション経営にはデメリットもあります。

マンション経営に潜むデメリットとリスクを紹介するので参考にしてみてください。

初期投資額が大きい

マンション経営は、マンションを建てて経営することになるため、初期投資額が大きくなります。

立地や構造にもよりますが、数千万~数億円になる場合がほとんどです。
そのため、資金に余裕のない場合は、ローンを借り入れる必要があり、常に資金繰りに注意しておく必要があります。

空室リスクがある

マンション経営は常に空室との戦いです。
家賃収入が収益になるため、いくら部屋数が多くても入居者がいなければ収益が入りません。

新築は人気なこともあり、あっという間に満室になってしまうこともありますが、築年数がたつにつれて空室が増えるようになります。
そのため、空室を減らさず収益を担保できるよう、こまめに管理をしたり、リノベーションをしたりする必要があります。

家賃滞納リスクがある

マンションに住んでいる人全員がきちんと納期までに家賃を支払ってくれるかといわれるとそうではありません。

家賃滞納者数は一定数います。支払い忘れや収入低下などさまざまな要因がありますが、家賃が入らないことには収益が入らず、場合によってはローンを支払えなくなるなんてこともあります。

そのため、入居者が住んでいたとしてもその人がきちんと家賃を支払ってくれるかどうかを確認するとともに、あらかじめ入居審査の段階で、家賃滞納リスクを下げるような審査を心掛けるようにしましょう。

 

マンション経営をするときの注意点

マンション経営の注意点

マンションの経営には、メリットだけではなくリスクもあるため、次のポイントは把握しておきましょう。

  • 経営を始めるまでに費用がかかる
  • 空室になると収入が得られない
  • マンション経営はミドルリスクミドルリターン
  • マンション経営の前にまずは賃貸査定を依頼したほうがよい

これらの注意点を知っておくことで、マンション経営をすべきかどうか、行う場合にはどのような点に気をつけるとよいのかが理解できます。

経営を始めるまでに費用がかかる

マンション経営は、安定した収入が得やすい点が魅力ですが、経営を始めるまでの初期費用が高くなることが多いです。さらに、マンションを持っていない場合は物件の購入が必要で、中古でも数千万円程度の費用がかかることも多いでしょう。
また、すでにマンションを持っている場合でも、賃貸物件にする際には、細かな補修やリフォームが必要な場合もあります。物件の状態によって、どれくらいのメンテナンスが必要かは異なりますが、修繕や補修、ハウスクリーニングなども含めると、数十万円から数百万円ほどの費用がかかることもあります。
マンション経営を始める際にはある程度の資金が必要で、ローンを組む場合は後々の支払いが苦しくなることもあるため、資金計画は念入りに立てておく必要があります。

空室になると収入が得られない

安定した収入を得るためには常に入居者を確保する必要があり、空室ができると収入は得られません。また、空室状態が長く続くと、その間の管理費や税金などは、すべて自分の資産から支払う必要があります。
これらの費用によって赤字になるだけでなく、次に入居者が入った場合に、費用を回収するまでの期間が長くなってしまう点には注意しましょう。
さらに、マンション経営をするためには入居者の確保は必須であるため、どのような層をターゲットにするのか、また家賃設定がいくらなら入居希望者が出やすいかを、念入りに考えておくことが大切です。

マンション経営はミドルリスクミドルリターン

投資において、マンション経営はミドルリスクミドルリターンであり、少なからずリスクがあることは理解しておきましょう。
他の投資方法よりはリスクが低い場合もありますが、多少なりとも失敗して損失を出してしまう可能性はあります。

ある程度リターンはありますが、経営が失敗すると大きな赤字を抱えてしまうことも少なくありません。
そのため、経営を始める際には念入りに資金計画を立て、無理のない範囲で運営することが大切です。
また、マンション経営によって利益獲得が難しいと判断した場合は、早めに売却して損失を回避したほうがよいでしょう。

マンション経営の前にまずは賃貸査定を依頼した方がよい

所有するマンションの活用方法を考えるためには、いきなり経営を始めずに、まずはマンション経営のプラン確認をしたほうがよいでしょう。土地活用プラン比較サイトを使用すると、無料でマンション経営プランの取り寄せができます。

また、一度の登録で複数社からプランを取り寄せられるため、家賃の設定金額を考える際の判断材料にもなり、効率的に準備が進められるでしょう。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

売却を前提とした不動産査定で価格を知っておくと、活用するか賃貸にするか検討も行えるため、同時に利用することもおすすめです。査定の結果次第で売るか賃貸経営するかを決め、物件に合ったやり方で活用しましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

リスクもあるがマンション経営にはさまざまなメリットがある

マンション経営はメリットもある

マンション経営は不動産投資の一種であるため、当然リスクはあります。しかし、メリットも豊富で、成功すると長期間安定した収入が得られることは大きな魅力
です。
マンション経営を検討しているなら、リスクを考慮して計画を立てることが大切です。物件の情報をチェックしたり不動産会社に相談したりして、マンションの適切な活用方法を見つけましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?