住宅ローンの借り換え条件や人気ランキングを知りたい

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

住宅ローンを借り入れた場合、その後、20年から30年に渡ってローンを返済していくことになります。返済の際、しっかり見極めなければならないのが住宅ローンの金利です。金融機関によって金利や返済方法は異なるので自分に合ったローンを組める金融機関を選びましょう。ここでは基本的な借り換え条件から住宅ローンの借り換え人気ランキングを紹介します。

先読み!この記事の結論
  • 住宅ローン乗り換えの条件は年齢と安定収入
  • 収入が減少した時や金利が低いときは乗り換えを検討するのが吉

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

 class=
「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

住宅ローンの借り換えの条件

借り換え時の際も新規借り入れと同様、条件や審査があります。新規借り入れの時は審査が通った場合でも借り換え時は通らない場合があります。借り換えの条件を理解し計画的に進めていきましょう。

借り換え時の年齢

借り換えには年齢制限を設けている金融機関は少なくありません。金融機関は完済時の年齢を考慮しながら審査基準を設定することから、借り換え時の年齢は20代から40代後半が有利です。一般的な社会人の場合、50代で年収のピークを迎え、その後60代からだんだん減少する傾向です。60代以降は現時点以上の年収増加が望めない為、審査が通らない可能性が高くなります。

担保が必要

金融機関は住宅ローンを返済できない時に備えて、土地や建物の担保を必要とします。借り換え時には担保にする土地や建物の評価が審査に関係しています。また、土地や建物などの物的担保に加え、債務者が完全に返済不能になった場合の為に、人的担保が基本的に必要です。

年収よりも安定性

借り換え時には安定性が重視されます。年収が高いことに越したことはありませんが、職業や勤続年数が審査に関係します。有利な職業としては公務員や一部上場企業、設立年数が長い企業です。また、会社員と比べると自営業やフリーランスの方は不利になりやすい傾向です。勤続年数は最低でも2年以上で、社会人年数ではなく企業に所属した年数になります。

固定電話と携帯電話を所有する

現代では固定電話は持たずに携帯電話のみ所有しているという方が多いと思います。しかし、住宅ローンの申し込み際は固定電話と携帯電話の両方を所有しておきましょう。住宅ローンの申し込み書類に記入する際、携帯電話のみだと連絡が取れなくなる可能性があると危惧されることがありますのでしっかり準備しましょう。
  • 年齢制限がある
  • 担保が必要
  • 固定電話を所有する
 class=

住宅ローンを選ぶ基準

住宅ローンを選択する際にまず確認したいのは金利です。しかし、金利以外にも契約時の費用や手数料も確認することは長期的に支払っていく中で大切です。

事務手数料、保証料を調べよう

事務手数料は住宅ローンを契約する際の手数料です。手数料の中でも種類があり、定率型と定額型があります。定率型は借入額に対して一定の割合を支払う方法で、借入額が多いほど支払う金額は多くなります。一方、定額型は借入額に関係なく、金融機関が定めている一定に金額を支払う方法です。定額型は定率型と比べると金利が少し高い傾向です。
保証料は借入者が住宅ローンを返済できなくなった場合、借入者に変わってローンの支払いしてくれる保証会社への費用です。また、保証料の支払い方法は種類があり、一括払いと分割払いです。借入額によって最適な支払い方法を選びましょう。
 class=

住宅ローンの借り換えのタイミング

借り換えの目的として毎月の返済額を抑えたい、金利が上がることを避けたい、というのが最も多いと思いますがタイミングを誤ってしまうと返済が増えるどころか借り換え自体難しくなってしまうことがあります。借り換えのタイミングをしっかり理解して有効な借り換えを行いましょう。

収入の減少、転職する可能性がある時

収入の減少や転職をする可能性がある場合、早めの借り換えが必要です。収入の減少や転職をした後に借り換えの審査が通らない場合があります。また、たとえ年収が上がる転職でも

金利に変動がある時

金利が変動している時は借り換えすることによって返済額を減らすことが可能です。まずは、金利の変動によってどのくらいメリットがあるのかを計算して、借り換えするのかを決定しましょう。

健康状態が良好に保てているうちに

健康状態が良好でないと金融機関は住宅ローンを完済できるのかを危惧します。健康状態が悪い場合、他の条件を満たしていたとしても審査が通らないということがあるので注意が必要です。健康状態が良好なうちに借り換えすることをおすすめします。

  • 収入の減少する時
  • 金利の変動をチェック
  • 健康状態が良好な時
 class=

金利プランは固定と変動どちらを選ぶべき?

金融機関には固定金利か変動金利を選べるプランがあります。それぞれの特徴を把握して自分に最適な金利プランを選びましょう。

固定金利型

固定型金利は金融機関が定めた一定の金利で返済していくので、返済額が確定していることが特徴です。金融情勢の変化によって金利が変動しても、返済額が変わることがないので堅実的なプランです。また、返済額が確定していることから返済計画が立てやすいです。

変動金利型

変動金利型は金融情勢の変化によって金利の割合が変動します。借入後に金利が下がった場合は返済額を減らすことができますが、金利が上がった場合は返済額が増えるので注意が必要です。また、返済額が変化し続けるので返済の計画が立てにくいこともあります。
 class=

住宅ローンの借り換え人気ランキング

住宅ローンの人気ランキングは月ごとに変化します。なぜなら、金融情勢の変化や金融機関の新たな施策によって影響を受けているからです。その中でも常に人気がある金融機関を紹介しますので参考にしてください。

住信SBIネット銀行

固定金利や変動金利が圧倒的な低金利で有名です。最大の特徴は、団体信用生命保険に加え、全疾病保障が無料なことです。万が一、病気で就業不可になった場合は、その期間のみ返済を保証してくれるサービスです。また、「月々のローンに対する保障」と「ローン残高に対する保障」があるので最適なプランを選びましょう。

りそな銀行

りそな銀行は変動金利が低金利です。Webでの申込み限定で借換えプランが低金利になるオプションもあります。また、審査基準として最低年収が100万以上という低い設定になっていることや保険内容も充実しています。また、りそな銀行は金利プランも充実しているのでローンを組む際にさまざまなパターンからお選びいただけます。

イオン銀行

大抵の金融機関は低金利であると保証料が高いものですが、イオン銀行は低金利で保証料が無料です。また、繰り上げ返済のサービスの充実や団体信用生命保険が無料などメリットが多い金融機関です。イオンの住宅ローンを利用すれば、他での生命保険の加入は不要なので便利です。
 class=

後悔しない住宅ローンの借り換えをしよう

住宅ローンの借り換えはさまざまな金融機関や返済プランがあるので決めることが難しく感じますが、時間をかけて精査することで自分にあった金融機関が必ず見つかります。また、住宅ローン選びの相談ができるイエウールという不動産会社を利用することもおすすめです。

住宅ローン選びの相談はイエウールが厳選した不動産会社へ

イエウールでは、住宅ローンの相談ができます。イエウールが厳選した不動産会社を紹介してくれるので優良的で自分に合ったローン計画を見つけることができます。また、不動産査定や不動産売却に定評があります。今後、借り換えではなく不動産売却の手段を視野にいれている方は、まず相談してみることをおすすめします。
  • 不動産業者の充実
  • ネットで一括査定
  • 全国各地に対応

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?