老後の住み替えはマンションと戸建てどっちがいい?選ぶポイントを解説

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果が比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

老後に向けて生活環境を整えようとする人は多く、高齢者でも住みやすい家や環境に住み替える人は少なくありません。老後を見据えた住み替えを成功させるには、どのような住居を選ぶとよいのか、戸建てやマンションに引っ越した場合の違いなども含めて知っておくことが大切です。

戸建てとマンションへの住み替えは、それぞれにメリットとデメリットがあります。住み替え先ごとの特徴の違いを把握して、自分の場合はどのような家を選ぶと豊かな老後が過ごせそうなのかを考えていきましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

老後の住み替えの仕方

老後の住み替えの仕方

老後に向けた住み替えの選択肢は、大きく次の3つがあげられます。

  • 戸建てからマンションへ住み替え
  • マンションから戸建てへ住み替え
  • 今住んでいる家より小さな物件へ住み替え

老後に住む家を選ぶ際には、今住んでいる家を基準にして、どのような家に住み替えるのかを考えることが基本です。

戸建てからマンションへ住み替え

現在戸建て住宅に住んでいる人は、老後に向けてマンションに住み替えるという選択肢があげられます。戸建て住宅は築20年程度でリフォームが必要となることが多く、さらに年数が経過すると大規模な修繕をしなければなりません。

このときリフォームだけでは済まず、建て替えが必要となることもあり、自宅の維持には手間とコストがかかってしまいます。老後は退職して収入が少ないことから資金の捻出が難しかったり、リフォームなど手間のかかることは体力的に厳しかったりすることも多いです。

頑丈な構造のものが多いマンションなら、より長期間リフォームや修繕なしで暮らせます。住んでいる途中で自宅のメンテナンスに手間がかかりづらい点から、戸建てからマンションへの住み替えるケースがあります。

マンションから戸建てへ住み替え

現在マンションに住んでいる場合は、戸建て住宅に住み替えることも選択肢の1つです。マンションは利便性が高く人気がありますが、一方で広い一軒家に住みたいと考える人もいます。

特に退職した後なら住むエリアを自由に選ぶことができ、郊外に引越して広々とした一軒家を安く購入することも可能です。都会を離れて静かな老後を過ごしたい人に人気であり、マンションから戸建てへの住み替えには、広い家で穏やかに暮らしやすいという魅力があります。

今住んでいる家より小さな物件へ住み替え

老後に向けた住み替えをするからといって、必ずしも今の住宅タイプを変更する必要はありません。戸建てから戸建て、マンションからマンションのように同じ住宅タイプを選んで住み替えることも可能であり、この際にはより小さな物件を選ぶ人が多いです。

結婚して子どもができると広い生活スペースが必要となり、大きな家に引越す人は多いです。しかし、子どもが独立して家を出たなら、その後は広いスペースは必要ありません。

そのため、戸建てやマンションなどの住宅タイプは同じままで、夫婦ふたりで持て余さない小さい家に住み替えることも選択肢として考えられます。

これまでよりもコンパクトな物件に住み替えることで、家賃が安くなったり、掃除がしやすくなったりするなどのメリットがあります。

戸建てからマンションへ住み替えるメリットデメリット

戸建てからマンションへ住み替えるメリットデメリット

老後の生活に向けて戸建てからマンションに住み替えた場合、どのようなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。

マンションでの生活ならではの魅力や不満を感じやすいポイントを把握しておくことで、自分に合っているかどうかが判断しやすくなります。

利便性のよいところに住める

マンションは都心部や郊外でもエリアの中心部に建っていることが多く、利便性のよいところに住める点が魅力です。駅からのアクセスがよかったり、近くに病院やスーパーなどの生活施設があったりすることが多いです。

周辺へのアクセスがよく、生活施設も豊富で暮らしやすいため、加齢によりで体力が低下したとしても住みやすい環境といえます。

段差がないので生活しやすい

マンションは1戸がワンフロアに設計されているものが多く、段差がないため高齢になっても生活しやすい点がメリットです。戸建ての場合は2階にも部屋があるケースが多く、自宅内での移動だけでも苦労することは多いです。

マンションの場合は階段を使わず、ワンフロアで室内の移動ができるため、体への負担は減らしやすいでしょう。また、高い階層に住むとしても、部屋までの行き帰りではエレベーターを使用できます。

階段を利用せずに部屋の出入りも可能であり、段差の少ない生活がしやすい点は、老後の暮らしでは大きなメリットとなります。

近隣住民の物音が気になる

近隣住民との部屋の距離が近いことから、周囲の物音が気になりやすい点はマンションに住み替えるデメリットです。左右両隣から物音が聞こえてきて、騒音に悩まされることがあります。

また、上階の足音が気になったり、下の階からうるさいと苦情が入ったりするなど、騒音に関するトラブルが起きやすい点もデメリットです。マンション暮らしに慣れているならそれほど気にならない場合もありますが、戸建てからマンションに住み替える場合は、音が気になりやすく苦痛に感じやすいかもしれません。

マンション暮らしは利便性は高いものの、周囲の人との生活距離が近く、騒音問題などが起きやすいデメリットがあることは覚えておきましょう。

老後に戸建てに住むメリットとデメリット

老後に戸建てに住むメリットとデメリット

マンションと同じで、老後に戸建て住宅に住む場合にもメリットとデメリットがあります。戸建てとマンションではメリット、デメリットの内容が異なります。住宅タイプによってどのような違いがあるのかを知り、自分に合った住居を選ぶ際の参考にしましょう。

静かな環境で生活できる

隣家との距離が離れており、静かな環境で生活しやすい点は戸建てに住み替えるメリットです。特に郊外の広い戸建てを選ぶ場合は、家同士の距離が広く離れていることも多いです。パーソナルなスペースを確保して、他人の目を気にせずに暮らせる点は大きなメリットといえます。

戸建ては田舎にも多いため、都会を離れて郊外で暮らすこともできます。都会での暮らしに疲れて閑静なところに住みたいと考える人は多く、静かな老後を過ごすという希望を叶えやすい点は戸建てに住み替えるメリットです。

理想のライフスタイルが手に入る

戸建ての住宅を購入によって、自分の理想とするライフスタイルが手に入ることもメリットの1つです。マンションの場合は、分譲で購入したとしてもマンション全体の管理規則に従わなければなりません。

そのため、ペットを買いたい、リフォームをしたいなど考えたときに管理規則によって制限が出てしまう場合があります。一方で戸建ての住宅なら管理規則のような規定がなく、周囲に気兼ねなく老後の生活を楽しむことができます。

ペットを買いたい人や趣味を謳歌したい人は、他の家との距離が離れており、庭付きの広い戸建てを購入するとより理想を実現しやすいです。

維持費がかかる

住居の維持費が高くなってしまうことは、戸建てに住み替えるデメリットです。庭付きの戸建ての場合は庭のメンテナンスが必要であり、コストがかかります。

また、内装だけではなく外壁や門といったエクステリアのメンテナンスも必要です。修繕やリフォームが必要になる範囲が広く、良好な生活環境を保つにはコストがかかりやすいです。

老後の生活では収入は年金だけとなったり、リタイア後に再雇用で働くとしても収入はそれほど多くなかったりします。現役時代の貯蓄で生活をやりくりしなければならず、維持費の高さが生活を圧迫する可能性もあることは理解しておきましょう。

老後の住み替えを考えるタイミング

老後の住み替えを考えるタイミング

老後に向けて住み替えを考えるタイミングは、人によって異なります。いつ住み替えをしても構いませんが、おすすめのタイミングは次の3つです。

  • 子どもが家を出たとき
  • 仕事を退職したとき
  • 建て替えやリフォームが必要となったとき

それぞれおすすめの理由を知り、自分の場合はどのタイミングでの住み替えが適切なのかを考えておきましょう。

子どもが家を出たとき

子どもが独立して家を出たときは、住み替えに適したタイミングです。子どもが家を出て夫婦ふたり暮らしに戻るなら、今の家よりもコンパクトな住居で十分になります。

より小さな家に住み替えることで費用を抑えられます。また、身の回りのものに手が届きやすかったり、使わない部屋の掃除が不要になったりするメリットもあります。

仕事を退職したとき

仕事を退職して、通勤を考えなくてよくなったタイミングで住み替えをすることもおすすめです。退職すると会社へのアクセスを考える必要がなくなり、自分の好きな場所に住むことができます。

退職をきっかけに住み慣れた地元に戻ったり、広々とした家を購入しやすい田舎に引越したりと選択肢は豊富です。今住んでいるエリア以外にも住み替え先の選択肢は増えるため、別のエリアに住むことも考慮したいなら、退職のタイミングがおすすめです。

建て替えやリフォームが必要となったとき

家の建て替えや大規模なリフォームが必要になったときも、住み替えにおすすめのタイミングの1つです。建て替えやリフォームでは多額の資金が必要となり、建て替えなら数千万円、リフォームなら高いと100万円以上かかることもあります。

建て替えやリフォームをせずに住み替えを選ぶことで、これらにかかる費用を新居の購入に充てることができます。住み替えにも費用はかかりますが、建て替えやリフォーム費用が不要になることでコストを浮かせやすく、結果的にお得に住み替えできるケースもあります。

老後のために住み替えをするときのポイント

老後のために住み替えをするときのポイント

老後に向けた住み替えを成功させるには、次のポイントを頭に入れておきましょう。

  • 賃貸するより購入したほうがお得
  • 無理のないローンを組む
  • 利便性と周辺の環境を重視
  • 節税のためにバリアフリーの工事も検討

各ポイントを考慮して住み替え先を選ぶことで、資金計画が立てやすくなったり、より暮らしやすい生活環境を得られたりします。

賃貸するより購入したほうがお得

資金に余裕があり、長期間暮らすことを考えるなら賃貸で住むよりも購入したほうがお得になりやすいです。

賃貸で長く住むと、毎月家賃の支払いだけでも大きな金額になることは多いです。また、賃貸だと何年、何十年と長く住んでも自分の所有物にはなりません。一方、戸建でもマンションでも購入しているなら所有物となり、資産として残ります。

住宅ローンを利用して購入した場合は、ローンの支払いが完了すると毎月のコストは格段に下がり、出費も減らせます。購入した不動産は自分で利用するだけではなく、子どもや孫への相続も可能です。将来的に残る資産を取得する意味でも、賃貸よりも購入のほうがお得といえます。

無理のないローンを組む

住み替えで新居を購入する際には、無理のないローンを組むことが大切です。住宅ローンには年齢制限がありますが、70歳までは組むことができます。しかし、高齢で長期間の返済契約を結ぶと審査が厳しくなったり、年金では支払いが難しくなったりすることが多いです。

老後に向けた住居の購入でローンを組むなら、頭金をできるだけ多くしてローンの支払い額を減らしたり、できるだけ現役時代のうちに完済できる期間で組んだりすることが大切です。

ローンをスムーズに支払うには資金の余裕を持つ必要があります。住み替え時に資金の余裕を持つには、今住んでいる家をできるだけ高く売ることが重要です。

住んでいる家がいくらで売れるのかを知るには、無料一括査定のイエウールを利用してみましょう。イエウールなら一度の情報登録で最大6社から査定を受けられます。

各社が提示する条件を比較することで、いくらで売れるのか相場がわかり、資金計画を立てやすくなります。また、好条件で売却できる不動産会社も見つけやすいため、住み替えを考えているならイエウールで無料査定を受け、念入りな資金計画を立てておきましょう。

利便性と周辺の環境を重視

安心して老後の生活を送るには、利便性や周辺環境を重視して住み替え先を選ぶことが大切です。田舎で静かな場所は住み替え先として人気ですが、駅へのアクセスが悪かったり、家族が暮らす場所との距離が遠かったりすると、いざというときに不便を感じやすいです。

また、スーパーや病院などの施設が周辺にあるかも確認が必要であり、近くに生活施設がないと暮らしづらいかもせしれません。高齢になると体が動きづらくなったり、病気になって通院が必要となったりすることも多いため、周辺環境が充実していてアクセスしやすいかは確認しておきましょう。

節税のためにバリアフリーの工事も検討

資金に余裕を持つためには、節税のためのバリアフリー工事も検討しておきましょう。バリアフリー工事をすることで固定資産税が減税されたり、補助金がもらえたりして節税ができます。

また、高齢になると通常の住宅では住みづらいこともあります。節税対策としてだけではなく、高齢でも暮らしやすい生活環境を作るためにも、バリアフリー工事をしておくことがおすすめです。

老後の住まいを選ぶときは慎重に

老後の住まいを選ぶときは慎重に

老後に住む家は、高齢でも暮らしやすい環境か、資金計画に無理がないかを慎重に考えて選ぶ必要があります。利便性や周辺環境のよさを確認し、退職して収入が減っても問題なく生活できるかは考えておかなければなりません。

慎重に計画を立てて住み替えをすることで、豊かな老後生活を実現しやすくなります。資金面や健康面を考慮して住み替え先を選び、安心して老後を迎えられるように早めから準備を進めておきましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?