マンションデベロッパーの種類や特徴、メジャーセブンとは何か紹介します

マンション経営
土地活用を考えている方へ
  • 5月は土地活用を考え始めるのにおすすめの月!
    夏場は晴れた日が続くため工事がしやすい環境となります。
    梅雨明けにすぐ着工できるよう設計を固めておきましょう!
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

マンション投資を検討しているなら、投資用に見合った物件を取得することが大切です。物件を取得する際には物件の間取りや周辺エリアの確認はもちろん、マンションデベロッパーについての理解も深めておきましょう。

マンションデベロッパーはマンション投資をするにあたって、重要な存在となります。マンション投資にマンションデベロッパーがどのようにかかわるのか、事業者の種類や特徴なども含めて確認していきましょう。

土地活用でマンション経営を考えている方は、以下の記事も参考になります。

マンションデベロッパーとは

そもそもマンションデベロッパーとは、どのような存在なのでしょうか。不動産に関係する事業者はさまざまあり、マンションデベロッパーはその1つです。

マンションデベロッパー以外では待ちの不動産屋やハウスメーカー、ゼネコンなどの事業者があげられます。それぞれで特徴が異なるため、事業者ごとの違いも含めて、マンションデベロッパーについての理解を深めていきましょう。

マンション開発を主とする不動産会社

そもそもデベロッパーはマンションだけを扱うわけではなく、戸建ての住宅や街づくり全体を担う事業者もあります。デベロッパーは地域開発事業を進める不動産会社であり、都市開発や地方部の再開発など、規模の大きい開発事業を行うものと考えましょう。

企業によってどのような内容で事業を展開しているかは異なり、デベロッパーの中でもマンションデベロッパーは新築マンションの建築を基本として、街づくりを進めていきます

例えばタワーマンションの建築計画を立てたり、住宅地拡大のためにマンション群の建築計画を練ったりすることがマンションデベロッパーの仕事です。マンションデベロッパーはマンションづくりを通じて、土地の開発を行う不動産会社です。

不動産屋やゼネコンとの違い

マンションデベロッパー以外の不動産関係事業者としては、街の不動産屋やハウスメーカー、ゼネコンなどがあげられます。街の不動産屋はマンションや戸建て住宅の開発事業ではなく、既存の宅地や建物を活用して事業を展開しています。

不動産賃貸や売買の仲介役を担う業務がメインとなることも多く、不動産の賃貸借をしたい人や、売買をしたい人を対象に事業を展開することが特徴です。ハウスメーカーは主に戸建ての家の設計や建築、建売りなどを行います。メーカーという言葉の通り、家を作り、それを販売することが主な業務です。マンションデベロッパーとは規模が異なり、ハウスメーカーは大規模な開発ではなく、1軒単位の小規模な家づくりをし、販売している業者といえるでしょう。

マンションデベロッパーとゼネコンは混同されやすいですが、それぞれで役割が異なります。マンションデベロッパーはマンション開発を通じて、エリアの再開発プランを考えることが主な仕事です。

一方でゼネコンはデベロッパーが考えた計画に沿って、実際に建築物の建設を行います。デベロッパーは都市開発のための土地の取得や企画、完成した街の管理などを行い、デベロッパーの考えたプランを実行する事業者が、建築会社であるゼネコンの役割と考えましょう。

マンション経営を考えて、どこに相談したらいいのかお悩みの方におすすめしたいのは、複数の企業からプランを取り寄せて比較する方法です。複数の企業からプランを取り寄せる際には、かんたんな情報の入力だけで企業から一括でプランを取り寄せられる土地活用サイトの利用をおすすめします。
契約するまでは無料で利用できますし、企業によっては実地調査をした上でより良いプランを提案してくれます。まずは、複数の企業から無料でプランを取り寄せてみましょう。

系統別マンションデベロッパーの種類

ひとくちにデベロッパーといってもさまざまな系統があり、どの系統に属するかによって特徴は異なります。デベロッパーの系統は、大きく次の4つにわけられます。

  • 財閥系のデベロッパー

  • 電鉄系のデベロッパー

  • 独立専業系のデベロッパー

  • 金融系やその他のデベロッパー

系統ごとの違いを知り、マンションデベロッパーについての理解をさらに深めていきましょう。

財閥系のデベロッパー

三井住友や三菱など、旧財閥系統のデベロッパーが財閥系と呼ばれるものです。知名度の高さや事業規模の大きさを活かして開発事業に取り組んでおり、大規模な都市開発を行っています。

マンションに限らず、都市の開発・再開発を総合的に行うことも多く、信頼度の高さを武器に開発事業に着手していることが特徴です。財閥系のデベロッパーに該当する企業は、次の通りです。

  • 三井不動産(三井不動産レジデンシャル)

  • 住友不動産

  • 三菱地所

老舗企業が多い財閥系のデベロッパーでは、信頼度の高い物件の開発に強みがあります。そのため、奇抜な計画で都市開発を進めるのではなく、オーソドックスな物件の建築を中心に、手堅く都市開発を行うことも特徴の1つです。

電鉄系のデベロッパー

自社が保有している鉄道沿線を中心に、都市開発を行うことが電鉄系デベロッパーの特徴です。各社鉄道沿線において高い信頼力と揺るがない地盤を持っており、開発に必要な土地を多数取得していることも多いです。

地元の人から信頼されているからこそ、スムーズに都市開発を進めることができます。沿線価値向上のためにマンション開発を行っており、その地域の人々が住みやすいように、オーソドックスな物件建築を目指すことも特徴です。
インフラ面での強みは大きく、交通アクセスのよいエリアで開発事業を進められることから、土地開発の能力は高く評価されています。電鉄系のマンションデベロッパーとしては、次のものがあげられます。

  • 東急不動産

  • 小田急不動産

  • 近鉄不動産

それぞれ不動産会社ですが、各社とも鉄道沿線エリアの土地取得や活用に強みを持っており、地域ごとの特性を活かした都市開発を行います。

独立専業系のデベロッパー

主に分譲マンションの開発事業を展開している事業者が、独立専業系のデベロッパーです。代表的な独立専業系のデベロッパーは、次のものがあげられます。

  • タカラレーベン

  • コスモスイニシア

  • 大和地所レジデンス

  • 穴吹工務店

財閥系や電鉄系と比較すると、規模はやや小さいものが多いです。そのため、他の企業に吸収合併されたり、開発事業から撤退したりする企業もあります。
マンションの開発事業に着手しているものの、基本的には分譲マンションの開発であり、大規模な都市開発までは手掛けていないこともあります。

逆に言うと、個人でマンションを建てて経営したいと考えている場合は、これら独立専業系のデベロッパーに相談することが多いと考えておきましょう。

金融系やその他のデベロッパー

野村不動産のように、親会社が金融系の企業であり、その子会社がデベロッパー事業を展開していることもあります。金融系で考えると、証券会社や銀行、信販会社などがあげられ、さまざまな業界や領域からもデベロッパー事業への参入はあります。

その他の分野だと電力や鉄鋼など、インフラや製造業に関する企業が、デベロッパー事業を展開する子会社を持っていることも多いです。それぞれ親会社の性質を強く受け継いでいることが特徴であり、企業ごとに特徴は異なります。親会社の意向に従って開発事業を展開しているため、金融系やその他の系統に属するからといって、すべて似たような特徴を持っているわけではありません。

親会社の考えや性質次第で、どのように開発事業を展開するか、いかなる物件の開発に強みを持つかは異なります。

マンション経営に直接相談してプランを確認しよう

マンションを建築するにあたって必要な費用や、マンション経営を通じて得られる収益について知りたい方、一度マンション経営プランを取り寄せることが大切です。
土地活用無料プラン請求サービスを利用すると、複数のマンションデベロッパーに相談することができ、収益や費用などを確認することができます。

また、担当者に直接相談することもできるため、自分に合ったマンション経営を始められる企業と出会うことも可能です。
土地活用無料プラン請求サービスは下のバナーから無料で利用できます。もちろん、相談したからといって必ずマンション経営を始めなければならないというわけではないので、安心して相談してみましょう。

おさえておきたいメジャーセブン

マンションデベロッパーについての理解を深める上では、「メジャーセブン」とは何かを知っておくことが大切です。

メジャーセブンの特徴を知ることで、どのようなマンションデベロッパーがあるのか、さらに深堀りして把握できます。また、デベロッパーごとの違いもわかりやすくなるため、該当する企業やそれぞれの特徴の違いなどもチェックしておきましょう。

メジャーセブンとは

デベロッパーの中で特に有名で規模の大きい7社の総称が、メジャーセブンです。メジャーセブンは新築の分譲マンション流通において高いシェア率を誇っており、7社で国内の全戸供給数の約半数を占めています。

つまり、デベロッパーの中でも特に有名で規模の大きい企業がメジャーセブンであり、マンションデベロッパーとは何かを知る上では、必ずチェックしておきたい事業者といえます。

メジャーセブン各社の特徴

規模が大きく、住宅シェア率の高さを誇るメジャーセブンですが、詳細な特徴は企業ごとに異なります。各社の違いを把握するためにも、メジャーセブンに該当する企業や主力となる分譲マンションを知っていきましょう。

  • 住友不動産のシティハウス

  • 大京のライオンズマンション

  • 東急不動産のブランズ

  • 東京建物のブリリア

  • 野村不動産のプラウド

  • 三井不動産レジデンシャルのパークホームズ

  • 三菱地所レジデンスのザ・パークハウス

これら7社と主力の分譲マンションの特徴は、マンション投資をする上では押さえておきたいポイントです。

住友不動産のシティハウス

財閥系の住友不動産が展開するシティハウスは、都市型のマンションです。都市部に集中して建築されていることが特徴であり、マンションの竣工中だけではなく、完成してからも継続して売り出されています。

住友不動産では都市型のシティハウスだけではなく、ハイグレードの「グランドヒルズ」や「シティタワー」といったタワーマンションなど、さまざまなブランド展開を行っています。

大京のライオンズマンション

国内で初めてオートロックマンションを採用したり、グッドデザイン賞を過去に取得したりするなど、さまざまな歴史を持っていることが大京のライオンズマンションの特徴です。
ライオンズマンションのエントランスには、ライオンのオブジェが設置されており、特徴的な目印となっています。

独立専業系の「穴吹工務店」を子会社にして事業規模を拡大しているほか、「オリックス株式会社」の完全子会社となるなど、事業展開に注目が集まっている企業ともいえます。

東急不動産のブランズ

電鉄系のデベロッパーである東急不動産は、「ブランズ」という分譲マンションを開発しています。東急沿線で好立地であることが大きな強みであり、立地のよさから販売実績も高いです。
電鉄系デベロッパーは駅近の土地を取得しやすく、他のデベロッパーでは取得しづらい土地で開発事業を展開しています。

もちろん、駅近くの土地だけではなく、都市部の幅広いエリアの土地も取得しており、駅近から都市の中心部まで、幅広い場所でマンション開発事業を展開しています。

東京建物のブリリア

企業の創立は明治29年と古く、長い歴史を持つことが東京建物の特徴です。東京建物は「ブリリア」シリーズの分譲マンションを数多く展開しており、複数のブランドを持っています。
都市型のマンションである「ブリリア」に始まり、ハイグレードな高層マンションの「ブリリアタワー」、大規模なものでは「ブリリアシティ」といったブランド展開もあります。

大規模な再開発事業にも着手しており、財閥系のマンションデベロッパーならではの事業規模の大きさや信頼度の高さを武器に、事業を進めていることも特徴です。

野村不動産のプラウド

金融系のマンションデベロッパーである野村不動産は、「プラウド」シリーズのブランドを展開しています。高い販売実績を誇るほか、知名度の高さや事業規模の大きさも特徴です。

都市型の「プラウド」に加えて、大規模マンションである「プラウドシティ」から、高層マンションの「プラウドタワー」、さらには郊外型マンションの「オハナ」などの数多くのブランド展開があります。

三井不動産レジデンシャルのパークホームズ

財閥系マンションデベロッパーの三井不動産レジデンシャルは、「パークホームズ」を始めとして、さまざまなブランド展開を行っております。グレードによってブランドが異なり、スタンダードなマンションブランドがパークホームズです。

もっともハイグレードなものは「パークマンション」、高級路線のマンションは「パークコート」、大規模マンションは「パークシティ」という名称です。
さらに高層マンションは「パークタワー」、小世帯向けのマンションは「パークリュクス」という名称であり、ブランドが細分化されている点が大きな特徴です。

三菱地所レジデンスのザ・パークハウス

三井地所レジデンスも、財閥系のマンションデベロッパーです。ブランドの展開は多数あり、スタンダードなグレードが「ザ・パークハウス」、上位ブランドが「ザ・パークハウス グラン」となっています。

さらに「ザ・パークハウス アーバンス」といったコンパクトマンションや「ザ・パークハウス オイコス」と呼ばれる郊外型のマンションなど、多数のブランド展開をしている点も特徴です。

マンションを投資活用するなら専門家へ相談しよう

ただ住むだけではなく、マンションの投資活用も考えているなら、専門家に相談することがおすすめです。不動産の投資活用は素人の判断では難しいことも多く、知識がないままに行ってしまうと失敗することもあります。

リスクを回避して上手にマンションを活用するためにも、専門家に相談し、アドバイスを受けた上で投資活用の方法を考えることが大切です。

複数社に資料請求して比較検討しよう

マンション経営の方法はさまざまあるため、複数の専門家から資料請求をして自分に合ったやり方を見つけることが大切です。1社だけにしか相談していない場合だと、どのプランが適正値なのかを把握できず、最悪の場合損していることにも気づかず契約してしまう可能性もあります。

土地の広さや収益性、ご自身の資産状況など、状況に応じて向いているマンションの形状や建築費は異なります。そのため、本当に自分に合ったやり方を見つけるためにも、複数社からの資料請求と、方法ごとの比較が重要であることは覚えておきましょう。

土地活用比較サイトを活用しよう

スムーズに資料請求をして複数社からの提案を比較検討するには、土地活用比較サイトの活用がおすすめです。土地活用比較サイトなら、土地の情報を入力するだけで一度に複数社から資料を一括で請求できます。

もちろん、ここで紹介しているデベロッパーにもプラン請求ができるため、まずプランを確認してみたいと考えている方は土地活用比較サイトでプラン請求をしてみるとよいでしょう。

デベロッパーの特徴を理解して、適切な相談先へ相談しよう


土地活用でマンション経営を考えている方は、その土地の立地や広さ、建てたいマンションの規模に応じて相談すべきデベロッパーが異なります。

目当てのデベロッパーがある場合は、そのデベロッパーに直接相談することがおすすめですが、そうでない場合は土地活用比較サイトで複数社に相談しておくことがおすすめです。

自分の土地に合ったマンション経営をして成功するためにも、複数社に相談して自分に合ったマンション経営プランを探してみてください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

マンションデベロッパーとは何ですか?
マンションの開発をメインとしている不動産会社です。不動産会社やゼネコンとどのように違うのか、こちらで詳しくご説明していますのでご確認ください。

マンションデベロッパーにはどんな種類がある?
デベロッパーには、財閥系や電鉄系、金融系など種類があります。複数の企業からプランを取り寄せる方法がおすすめです。詳しくは、こちらでご説明していますのでご覧ください。

マンションデベロッパーでよく言われるメジャーセブンとは?
メジャーセブンとは、規模の大きい有名な7社の総称です。大京のライオンズマンションや東京建物のブリリアなどがあります。詳しくは、こちらにまとめてご紹介していますのでご覧ください。
マンション経営したら、収益いくら?