賃貸併用住宅で後悔する人の理由とは?|成功させる秘訣を解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

賃貸併用住宅は、貸主が自宅の数割を賃貸物件として貸し出すことです主に住宅ローンを軽減したい若い世代や、高齢世帯で敷地に余裕ができた人が土地活用のひとつとして利用するケースが多いです。

物件に住み続けながら家賃収入を得られるというメリットがある一方、賃貸併用住宅ではオーナーと借主の距離が近いことによるトラブルや、買い手がつきにくいなどの課題も多くあります。

この記事では、賃貸併用住宅で土地活用を行う際に事前に把握しておきたいポイントについて解説します。失敗例や注意点についても紹介しますので参考にしてください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

賃貸併用住宅についてより詳しく知りたいという方には、こちらの記事がおすすめです。

賃貸併用住宅で後悔する理由

賃貸併用住宅のメリットは、家賃収入でローンの支払いを行うことができる点です。ただし、メリットと同時にリスクやデメリットもあることは理解しておきましょう。

入居希望者を見つけにくい

賃貸併用住宅の場合、生活環境の近距離にオーナーがいる状態になります。こうした環境を好まない人にとっては、賃貸の選択肢の中に入りません。また、家賃や立地が同条件であれば、オーナーが近くにいない環境を選ぶ人も多くいます。そのため、入居者を募集してもなかなか集まらないというリスクが高いです。

クレームが直接入りやすい

賃貸併用住宅の場合、賃貸管理は管理会社に委託することもあります。しかい、いくら管理を委託していても同じ敷地内に居住していることに変わりはありません、。そのため、入居者から管理会社を通さず直接クレームが入る可能性もあります。

マナーの悪い入居者者クレーマーだった場合は、オーナーとしても日常的にストレスがたまる可能性が出てきます。クレーム対応は管理会社の仕事ではありますが、直接言われた場合には何かしらの対応は求められるでしょう。

賃貸経営前に思っていたよりも出入りの際や生活音などに気を遣う必要があった、という点はオーナーとして後悔になりやすいポイントです。

ローンの返済額が大きい

住宅ローンは自分が住む家に対して借りられるものなので、賃貸経営では住宅ローン以外のローンを利用する必要があります。ただし、賃貸併用住宅は金融機関の融資条件をクリアすれば住宅ローンが利用できます。

住宅ローンのメリットは、アパートローンと比較して金利が安い点にあります。アパートローンの金利相場は2〜5%の一方で住宅ローンの適用金利は、本人属性にもよりますがおおよそ1%前後となっています。賃貸併用住宅は、他人と近距離で暮らすとはいえ二世帯住宅に近い要素があります。建物も大きくなるため、それなりの額のローンの借入が必要になります。

ローンの返済については、家賃収入をベースに返済計画を立てるでしょう。入居者がいる場合は賃料をローン返済に当てられますが、入居者が入らない期間は自分で負担する必要があります。賃貸併用住宅の経営を検討している場合には、ローン金利のメリットも大切ですが、収益性についてもしっかりと計画に組み込んでプランニングする必要があります。

賃貸を辞めたあとの住みにくさ

賃貸併用物件を建築して経営を行なっている時期は問題ありませんが、いざ経営を辞めて自分だけで生活するようになったときのことも考えておく必要があります。家が大きすぎると掃除も大変になり、水道光熱費も高額になります。

特に1人暮らしになった場合などはムダが多く出ることになるでしょう。また、手放すにしても買い手が付きにくいのが賃貸併用住宅のデメリットです。

入居者を確保するための賃貸併用住宅の建て方


賃貸併用住宅のリスクとして入居者の確保が難しいことがある点が挙げられます。入居者を集めるためにはどのような建て方をすればよいのか解説します。

間取りは入居者のニーズに合うようにする

賃貸住宅の建設時には間取りをどのようにするかが大きな検討事項になるでしょう。入居者を増やしたいのであれば建築の時点で間取りをどのようにするかをしっかり考えることが大切です。

地域の特性からどのようなニーズが多いかを把握して、1LDK、2LDK、3LDKなど間取りを考えましょう。ファミリー層が多いのか、若い世代が多いのかなど周辺近隣ニーズを理解することがポイントとなります。

もしも地域ニーズとして1人世帯希望者が多い場合には、部屋を小分けにして複数人に賃貸することも可能です。

お互いのプライベートを守る動線を作る

貸併用住宅は、入居者とオーナーの関係性が近くなりがちです。良好な関係性の維持のためには、プライバシーの維持が重要です。そのため間取りを考える際は、部屋数だけでなく生活の動線も考えることが大切です。間取りは、プライバシー保護や生活空間の快適さに配慮してしっかり計画しましょう。

特に玄関からの出入りの際に顔をあわせわないようにする点が大きなポイントです。玄関を別々にすることができればベストです。もしも玄関が同じになる場合は、そこからの動線は離れたものにするようにしましょう。プライベートの保護に努めることが大切です。

遮音対策をする

アパートなどでもトラブルの原因となりやすいのが騒音です。賃貸併用住宅でも騒音問題が起こる可能性はあります。子どもが遊ぶ音などが気になる、生活音が気になるなどのクレームが入ることも想定しておきましょう。遮音対策をしてくことで、騒音トラブルのリスクを下げられます

外観やデザインを入居者も好むようなものにする

賃貸併用住宅は、自分の自宅でもあるため外観やデザインに自分の好みを取り入れがちです。ただ、賃貸という側面を考えると入居者が気にいるような外観やデザインを選択することもひとつです。

最近では、高級感や上質感のあるデザインが求められる傾向にあります。デザイン性を重視するあまり個性的すぎる外観にすると入居者が集まらない可能性もあります。また、見た目には賃貸併用だとわかりにく外観も好まれています。

このように間取りだけでなく、外観やデザイン面でもしっかり計画を建てておくことで入居者を見つけやすくなります

賃貸併用住宅を成功させるための秘訣

賃貸併用住宅の経営を成功させるためには、いくつかの秘訣があります。建築前からしっかりとポイントをおさえて、後悔のない賃貸経営を行うようにしましょう。

賃貸部分の収益性を軽視しない

賃貸経営であるという点では、収益性は必ず重要視しておきたいポイントです。長期的に安定した収益を得られるようなプランニングを行うことが成功の秘訣です。

「家賃が入ればローンの返済が多少楽になるかな」程度の考えでは、経営はうまくいきません。賃貸部分でしっかりと高収益をあげることを考えたプランニングが必要です。

地域の賃貸市場のニーズを把握する

経営をスタートする前には、地域の賃貸ニーズについてしっかり調査することが大切です。どのような人が賃貸物件を求めているのかを中心に調査を進めましょう。賃貸物件を求めている人の属性によって、間取りも異なってきます。賃貸ニーズを満たした競争力の高い物件を用意することで入居率アップにも繋がります。

競争力の高い物件とは、間取りがよく、遮音性に優れ、プライバシーが保護され、設備やデザイン性の高い物件です。全てを満たすことは難しいかもしれませんが、できるだけ居住者が快適に暮らせる環境を提供することを考えましょう。

賃貸部分の管理は管理会社に委託する

賃貸併用住宅では、オーナーと入居者が同じ敷地で近距離に住むことになるため、管理は間に管理会社を入れることをおすすめします。距離が近いのだからお互いに直接やりとりすればよいのではと考える人もいるでしょう。

ただ、設備トラブルなど管理に関する要望は365日24時間いつ入るかわかりません 。万が一を想定して管理はプロに任せたほうが、入居者もオーナーもお互いに安心して生活することができ、よい距離感を保つことができるでしょう。

管理手数料を節約するためオーナーが自分で対応するというケースもありますが、慣れない対応をすることで、入居者との関係を悪化させてしまう可能性もあります。これにより、悪いイメージがついてしまうと次の入居者がつきにくくなってしまうということも考えられます。

入居者からの要望、オーナーからの要望は、プロである管理会社に窓口になってもらうことでスムーズに進められます。また、賃貸の管理業務は意外と幅広いため、手間を減らすという意味でも管理会社への委託がおすすめです。

信頼できるプロを探す

管理会社によって、何をどこまで管理してくれるのか異なります。想定していた管理と、実際の管理に相違がでないよう、委託する管理会社は慎重に選びたいところです。
管理会社を探す際には、地域の賃貸市場に強い会社、賃貸併用住宅の実績を持つ会社などをポイントにしましょう。

プロを探す際は複数の会社から選択する

賃貸経営を委託できる会社は複数あります。委託したいけれどどのような会社を選んだらよいかわからないという人もいるでしょう。

賃貸併用住宅を建設する場合、不動産会社や管理会社を利用することは必須条件になります。プランニングの段階からしっかりと相談でき、何か問題が起きた場合でも適切な対処をしてくれる会社とつながっておくことが大切です。

管理会社や不動産会社を見つけるには、1社だけでなく複数社にさまざまな提案をもらうことが重要なポイントです。それぞれの会社がどのような分野に強く、どんな地域に強いかをよく比較しましょう。比較するなかで、悪徳な業者を見分けることができる可能性もあります

あまりに条件のよすぎる業者は、気をつけたほうがよい場合もあります。見分けるためにも必ず複数社に提案を依頼してから絞り込むようにしましょう。

土地活用サイトを利用する

複数社に依頼をしたいけれど、自分でいくつもの会社を回ることは難しい人もいるでしょう。地元にどれだけの会社があるか把握するだけでもかなりの手間がかかる作業です。

自分だけでは探しきることができない場合には、土地活用サイトの利用がおすすめです。土地活用サイトでは、インターネット上で一度情報を入力することで複数社を紹介してもらうことが可能です。

全国にある会社の中から自分の条件にあった会社を複数社提案してもらえるだけでなく、経営に関する提案もしてもらえます。具体的な提案内容を比較検討して気になる会社と連絡を取り合うことでかなりの手間を省くことができるでしょう。

料金だけでなく、管理内容の範囲やサポート体制についてもしっかり確認しておきましょう。料金が格安だからという点だけで決めてしまうと、サポート範囲が狭かったり対応が悪かったりして後から後悔することになりかねません。比較の際には、細部までしっかりとチェックしてから決断するようにしましょう

おすすめはイエウール土地活用

土地活用サイトのイエウール土地活用は、日本でも有数の土地活用比較サイトです。不動産の幅広い活用方法についても調べることが可能です。独自の基準で悪徳業者を排除しているため優良な会社のみと出会うことができる点が魅力です。

インターネット上で情報を入力するだけで複数社からプランなどを取り寄せることが可能です。プランの取り寄せ申し込みは24時間可能なので、忙しく不動産会社に足を運ぶ時間の無い方にもおすすめです。

賃貸併用住宅を成功に導く努力をしよう

賃貸併用住宅の経営を成功させるには、経営を開始する前の準備段階が非常に重要となります。長期的に安定した収益をあげるためにはいくつものポイントがあります。

入居者のニーズをしっかりと把握しており、地域のニーズにも詳しい不動産会社が味方になってくれれば経営もスムーズに進むでしょう。自分だけの力では専門的な部分で見落としが起こる可能性もあります。

管理会社に支払う利用料金がかかるとしても、重要なのは、長期的にみて空室リスクを減らすことです。管理業務は多岐にわたるため自分の負担も減らしながら、リスクも軽減できると考えれば利用料も必要経費と考えられるでしょう。賃貸併用住宅を成功に導くには信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

賃貸併用住宅を建てるとどうして後悔する?
入居者が集まりづらかったり、クレームが直接自分に入ってきたりしてストレスが溜まってしまう点が挙げられます。賃貸併用住宅で後悔する理由では、賃貸併用住宅を建てた方が後悔している理由を紹介します。

賃貸併用住宅は入居者が集まりづらい?
賃貸併用住宅は、オーナーと同じ建物に住むことになるため、入居者が集まりづらいとよく言われます。そこで記事内では、入居者を確保するための賃貸併用住宅の建て方を紹介しているので、参考にしてみてください。

賃貸併用住宅を成功させたい!
賃貸併用住宅を成功させるには、建築前の計画段階で押さえておきたいポイントがあります。記事内では、賃貸併用住宅を成功させるための秘訣を紹介しているので、参考にしてみてください。
【完全無料】建築費用はいくらかかる?