100坪はどのくらいの広さ?何平米?家を建てたい方向けの間取り解説

100坪はどのくらいの広さ?何平米?家を建てたい方向けの間取り解説
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

この記事では、100坪の土地の広さと、100坪の土地に家を建てる場合の間取りや制限について解説していきます。

家を建てるにあたって知っておきたい「建ぺい率」「容積率」といった用語の解説や、家を建てられるかどうかを把握するための用途地域についても解説しているので、参考にしてみてください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

また、100坪の広さがあれば土地活用を検討してみることもおすすめです。
十分収益ができる広さであり、固定資産税や都市計画税分を補いつつ利益を出すことも十分可能です。

この記事では土地活用についても解説していますが、そもそも土地活用にはどんな方法があるのか知らない方は、まず活用方法を知ることから始めるのもおすすめです。

100坪の土地はどのくらいの広さ?

100坪の土地はどのくらいの広さなのでしょうか?
ここでは、平米(㎡)に置き換えて、100坪の広さを計算してみます。
1坪はおおよそ3.3㎡であるため、100坪は約330㎡ほどになります。

イメージしづらい場合は、以下の例と同じくらいの広さだと思っておいて良いでしょう。


  • 畳200枚分
  • 25mプール約1個分(6レーン)
  • バレーボールのコート2面分
  • ミニバスケットコート

なお、住宅金融支援機構の調査によると、日本の注文住宅の床面積の平均は126㎡です。
坪数に置き換えるとおおよそ38坪ほどです。

例えば、100坪の土地で容積率が80%であれば80坪の広さまで建てられる計算となります。

100坪の土地に家を建てる場合、平均と比較するとかなり広い家を建てることが可能だといえるでしょう。

平均:2018年度 フラット35利用者調査

100坪の土地の価格相場

100坪の土地を購入し、家を建てたり土地活用をしたりしたいと考えている人も中にはいらっしゃるでしょう。
ここでは、イエウール内の売却事例をもとに、地域別の100坪の土地の価格相場平均を紹介します。

地域 価格
東京 16,104万円
大阪 5,676万円
愛知 3,267万円
福岡 2,277万円
北海道 1,551万円
宮城 1,815万円
石川 1,683万円

イエウールでは、ここで上げた地域だけでなく全47都道府県の売却価格事例を掲載しています。
詳しくは下のページから確認してみてください。

参考:イエウール土地売却ガイド

実際に100坪の土地を活用したい方におすすめしたいのは、企業から100坪で収益を高められるプランを取り寄せることです。
土地活用のプランに見積もってもらったプランを元に活用することで、より100坪で得られる収益を高められるでしょう。企業からプランを取り寄せる際には、土地活用サイトの利用をおすすめします。

かんたんな情報の入力をするだけで、複数の企業から無料でプランを取り寄せられます。取り寄せたプランを比較することで、より最適な活用方法が見つかるでしょう。

建ぺい率や建ぺい率などの制限に気を付けよう

冒頭で少し触れましたが、土地の上に建物を建てる際には、エリアごとに定められた建ぺい率や容積率の制限を守った上で建てなければなりません。

土地ごとに「建ぺい率」や「容積率」「用途地域」といった制限があるので、ここではそれぞれについて詳しく解説していきます。

建ぺい率とは

建ぺい率とは、土地の敷地面積に対する建物の建築面積の割合のことを指します。
つまり、建物を真上から見た時に、土地の面積における建物面積の割合のことです。

100坪の土地に100坪の建築面積(=1階部分の面積)の家を建て、その家が並んでいるような状況を想像してください。

家同士がブロックのように詰まって建ち、家と家の間のすきまはなく、日当たりや風通しが悪化し、さらに景観も損なってしまうでしょう。
そうならないように、多少の余裕をもって建築する決まりとして建ぺい率が定められています。

建ぺい率は、都市計画で地域や土地ごとに定められています。自分の土地はどのくらいの建ぺい率なのか自治体の都市計画マップなどで確認しておきましょう。
仮に建ぺい率が60%の場合、100坪の土地上では60坪までの建築面積がある家しか建てることができません。

容積率とは

容積率とは、土地の敷地面積に対する建物の延床面積の割合のことです。
延床面積とは、床の面積を全て足した広さのことを指します。つまり、2階建ての家を建てた場合は、1階部分の面積と2階部分の面積を両方足した値が延床面積になります。

容積率は日照の確保や地域ごとの交通量などをコントロールする目的で定められます。

仮に容積率が80%の場合、100坪の土地では、延床面積が80坪になるように調整して家を建築する必要があります。
そのため、建ぺい率だけでなく容積率もチェックし、どのくらいの高さの家を建てられるのかをチェックしておきましょう。

用途地域の制限にも注意しよう

土地の用途地域によって立てられる家の形も異なります。
所有している土地がどの用途地域に分類されるのか、その種類を確認しておきましょう。用途地域は大別すると次の3つがあげられます。

  • 住居系
  • 商業系

  • 工業系

この中でも、住宅を建築する際には住宅系の用途地域をチェックしておきましょう。
住宅系の用途地域には次の8つがあります。

  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域

  • 第一種中高層住居専用地域

  • 第二種中高層住居専用地域

  • 第一種住居地域

  • 第二種住居地域

  • 準住居地域

  • 田園住居地域

基本的に、住居系用途地域の場合は住宅を建築することが可能です。

商業系用途地域は以下の2種類があります。

  • 近隣商業地域
  • 商業地域

商業系用途地域の場合も、基本的に住宅を建築することができます
店舗を併設した店舗兼住宅スタイルで建築することも可能であり、少し建築の幅が広がるのがこの商業系用途地域です。

ただし、繁華街やオフィス街といったエリアで指定されている用途地域なので、住宅街に比べて住みやすさは劣ってしまう可能性があります。

工業系用途地域は以下の3種類があります。

  • 準工業地域
  • 工業地域

  • 工業専用地域

工業系用途地域の場合は、工業専用地域の場合のみ住宅の建築ができません。
ただ、そもそも工業系用途地域は、工場や製作所などが集まっているエリアで指定されている用途地域なので、住宅を建築して住むには住みづらい場合が多いでしょう。

100坪の家はどんな間取りで建てられる?

100坪の土地に家を建てる場合、どのような間取りでどのような規模の家を建てられるのでしょうか。
そもそも、100坪の土地があるからと言って100坪の家を建てられるわけではありません。建ぺい率や容積率といった制限があることは上で述べた通りです。

ここでは、建ぺい率が50%の土地に2階建て住宅を建てた場合を例にします。
建ぺい率が50%の場合、建築する家の1階の建築面積上限は50坪ほどになります。


用語解説

  • K:キッチン
  • D:ダイニング
  • L:リビング
  • DK:ダイニングキッチン
  • LDK:リビングダイニングキッチン

2階建て住宅

建築面積が50坪で、1階部分が50坪、2階部分が30坪の2階建て住宅を例にとってみましょう。

部屋ごとの平均的な広さを参考にすると、6~7LDKほどの広さの家を建築することが可能です。
1階にはリビング、ダイニング、キッチン、そしてトイレや玄関などの必須エリアに合わせて、さらに2部屋を作ることができ、2階にはおおよそ2~4部屋ほど作ることができます。

それほど部屋を作る必要がない場合は、1部屋当たりの広さを広くすることで、余裕のある間取りにすることも可能です。

なお、100坪の土地があるからといって、めいっぱい建物を建てる必要はありません。例えば、延床面積40坪程度の2階建ての建物を建てて、比較的広いお庭を楽しむことも考えられるでしょう。
建物にかける費用を節約して、お庭にプールを設置するといったことも考えられます。

3階建て住宅

建築面積が50坪、2階部分が35坪、3階部分が30坪の3階建て住宅を例にとってみましょう。
2階建ての住宅に合わせて2部屋ほど作ることができるため、8~9LDKの家を建築することが可能です。

なお、容積率次第で建てられる家の延床面積は異なります。
建築会社に相談する際に一度容積率については確認してもらうようにしましょう。

また、アパートを建てる場合でも3階建て全9戸ほどの物件を建てることができます。

平屋

平屋の場合、50坪の建築面積を活用して建てることになります。
4LDK~6LDKほどの家を建てることができるため、大人数な家族でない場合は問題なく住める広さです。

100坪の土地にかかる固定資産税の計算方法

土地を持ち続けていると、毎年固定資産税を支払う必要があります。
固定資産税は、毎年1月1日地点で土地を保有している人にかかってくる税金であり、年4回に分けて支払うことになります。
固定資産税納付書を参考に、自分の土地の固定資産税を確認するとよいでしょう。

具体的な税額は、

課税標準額(=固定資産税評価額) × 税率(1.4%)

で求められます。

計算式内にある固定資産税評価額は、毎年1月1日に発表される公示地価価格の約70%を目安として定められています。
なお、固定資産税の評価額について知りたい方はこちらを、固定資産税を詳細に計算したい方はこちらをご覧ください。

この固定資産税は、土地や建物を持ち続けている限りずっとかかってくるものです。

ただ、空き地として土地を保有するよりも、建物を建てることで住宅用地の特例といって、以下のような軽減を受けることができます。

敷地面積 軽減割合
小規模住宅用地 200㎡超 1/3
一般住宅用地 200㎡以下 1/6

100坪(約330㎡)の土地であれば、200㎡分を1/6に、残りの130㎡分を1/3に軽減できる計算です。

100坪の土地なら土地活用もおすすめ!

ここまでで100坪の土地に家を建てるイメージがある程度ついたのではないでしょうか。
100坪の土地に家を建てるのもよいですが、せっかく広大な土地でもあるので、土地活用を検討してみてもよいでしょう。

土地活用とは、土地の上に賃貸住宅を建築して経営したり、事業を営んだりして収益を得ることを指します。
100坪あればさまざまな選択肢が可能なので、ここでおすすめの土地活用方法を9種類紹介します。

なお、土地の立地やかけられる予算に合わせて、最適な土地活用は異なります。
あらかじめプロに相談しておくことで、土地活用の成功率を上げることが可能です。
土地活用の相談先や相談方法について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アパート経営

賃貸アパートを建築し、賃料収入を得るというのがアパート経営です。
100坪の土地ならかなりの部屋数を確保することができ、多くの賃料収入が見込めるでしょう。

100坪で建てられるアパートの間取り例


  • 1フロア当たり7部屋の1人暮らし向けアパート
  • 1フロア当たり3~4部屋の2人暮らし向けアパート
  • 1フロア当たり2部屋の4人ファミリー向けアパート

100坪の土地だと構造にもよりますが、ある程度多くの部屋数を確保することができます。
仮に全戸数が20部屋で家賃を5万円に設定した場合は、部屋がすべて埋まると月額最大100万円の収益となります。

一戸建てで賃貸経営をするという方法もありますが、同じ広さの土地の場合は戸数が多いアパートやマンションのほうが、最大利益は大きくできるでしょう

アパート経営のメリット

アパート経営は収益性の高い土地活用である点が人気です。
そのため、老後の資産や副業の収入として考えている場合には、かなり強力な収入源になるでしょう。

また、土地にかかる相続税や固定資産税を節税できるというメリットもあります。
詳しくは下の記事を参考にしてみてください。

アパート経営のデメリット

一方で、アパート経営は建築費や管理費、維持費が高くつくというデメリットがあります。
ローンを借り入れつつ、家賃収入でローンを返済していく返済計画をたてておくことが大切です。

また、空室が発生するとその分収益が低下してしまいます。
そのため、ある程度立地条件が良い土地でないとおすすめできません

マンション経営

賃貸マンションを建築する

という方法もあります。
ただマンションの場合、ファミリー向けというよりはワンルームマンションもしくは2人暮らし向けマンションが、規模的に考えて妥当でしょう。

100坪で建てられるマンションの間取り例


  • 1フロア当たり7部屋の1人暮らし向けマンション
  • 1フロア当たり3~4部屋の2人暮らし向けマンション

収益性の高さを考えるなら、マンションを建築し、経営することがおすすめです。
アパートに比べて高さが高い分規模が大きくなり、作れる部屋数も多くなります。
そのため、入居可能人数も多くなり、家賃収入も増加します。

8階建て、各フロア7部屋のワンルームマンションを建築する場合、合計で56部屋ほど作ることができます。
家賃が50,000円で80%が埋まっている場合、

  • 50,000円 × 56部屋 × 0.8 = 224万円

となり、224万円の家賃収入を得ることが可能です。

複数の戸数が利用できるアパートやマンションなら、入居者の数に応じて利益が得られます。
100坪の土地だとある程度多くの部屋数を確保することができ、仮に全戸数が20部屋で家賃を5万円に設定した場合は、部屋がすべて埋まると月額最大100万円の収益となります。

一戸建てで賃貸経営をするという方法もありますが、同じ広さの土地の場合は戸数が多いアパートやマンションのほうが、最大利益は大きくなると考えましょう。
ただし、入居者が得られないと空室によって収入が少なくなったり、場合によっては0になったりするというリスクはあります。

加えて、一戸建てよりも集合住宅のほうが入れ替わりが多い傾向にあり、常に満室になるとは限らないことは理解しておきましょう。
収益性は高いものの、建物の建築にコストがかかるため、高額な初期費用を捻出できる人におすすめの土地活用方法です。

マンション経営のメリット

マンション経営は、アパート経営以上に多くの収益に期待ができます。
また、アパート経営と同じく、相続税や固定資産税の節税に期待ができます。

さらに、RC造の建物を建てるのが一般的ということもあり、アパートと比べて耐用年数が長い点もポイントです。
耐用年数が長いため、減価償却を長期間受けられるのに加え、売却時に購入者がローンを組みやすいという点から売却しやすいといった点もメリットだといえます。

マンション経営のデメリット

マンション経営のデメリットはやはりその建築価格の高さです。
多くの場合、高額のローンを組むことになるため、しっかりとした経営計画を立てておくことが大切だといえます。

また、部屋数も多いため、アパート経営以上に立地が大切になってきます。
駅近であったり人通りが多かったりなど、空室がほとんど発生しないような条件でないとおすすめできません。

賃貸併用住宅

アパートやマンションを建築し、その1部屋に自分も住む賃貸併用住宅スタイルの土地活用も近年人気を集めています。
家の住み替えを検討している場合や引っ越しを検討している場合は、一度賃貸併用住宅も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

賃貸併用住宅のメリット

賃貸併用住宅だと、自分が住む家を確保しつつ賃貸収入も得ることができ、ローンを返済していくことが可能です。
場合によっては賃貸収入だけで建築費用を返済することができ、実質負担なしで新居を手に入れることができます。

また、建築にあたってローンを借りる際は、アパート経営をする際の事業用ローンではなく、住宅ローンを借り入れることが可能です。
そのため、金利の低いローンを借り入れることができ、少し経営に余裕が出るといえるでしょう。

ただし、住宅ローンで借りる場合には全体の50%以上が自己居住用であるなどの条件を満たさなければならないことが多いです。
その他、条件を満たせば住宅ローン控除を受けられる点も大きなメリットです。

賃貸併用住宅のデメリット

賃貸併用住宅は、オーナーと借主が同じ建物に住むことになります。そのため、日々のささいなトラブルやクレームが直接オーナーのもとに届いたり、トラブル対応に迫られたりなど、住みづらくなる可能性もあります。

また、自分が住む分こだわって作ることも多いですが、その反面、入居者が集まりづらくなる傾向にあり、空室リスクが高くなることもあります。

加えて、賃貸住宅住宅は建物の特徴から賃貸部分の戸数が限られることから、利回りがアパート経営などと比べ低くなるといったデメリットがあります。

戸建賃貸経営

戸建賃貸経営を複数棟建築し、賃貸として貸し出して家賃収入を得るという方法もあります。
100坪もある土地なら複数棟建築することが可能です。詳しく見ていきましょう。

100坪で建てられる戸建賃貸の間取り例


  • 1軒20坪、4LDKの建物を3軒
  • 1軒30坪、5LDKの建物を2軒

戸建賃貸物件を複数軒建築する場合、連続で数軒連なって立てるパターンが多いです。
3軒建てる場合、1軒の家賃が12万円だとすると、月々36万円の収入を得ることができます。

戸建賃貸経営のメリット

戸建賃貸はアパートやマンションと異なり、ファミリー世帯が入居することが多いです。
そのため、長い間住んでくれることが多く、引っ越しによる空室リスクが低い点がメリットとして挙げられます。

また、アパートやマンションと同じく、相続税や固定資産税の節税を見込める点も魅力的です。

戸建賃貸経営のデメリット

戸建てはアパートやマンションに比べると戸数が少なくなりがちなため、1戸あたりの重要性が高くなります。

20戸あるうちの1戸であれば影響は小さいですが、3戸あるうちの1戸だと収益性が大きく落ちることになります。

高齢者施設や介護施設

少子高齢化が進行している日本では、高齢者向けの施設や介護施設などの需要が増加しています。
そのため、100坪の広い土地があるなら、大型の高齢者向け施設を建設し、土地を活用することも方法の1つです。

高齢者施設や介護施設のメリット

高齢者施設や介護施設の運営は事業者に任せられるため、土地の所有者はそれほど手間をかける必要がありません。
賃貸住宅や駐車場経営といった活用方法だと、多少の管理の手間が発生します。
その点事業者に貸し出す高齢者施設や介護施設だと、自分で手間をかけることなく収入を得ることができます。

その他、高齢者施設や介護施設では国や自治体から補助金を受けられることが多い点もメリットだといえます。

高齢者施設や介護施設のデメリット

高齢者施設や介護施設は、特殊な構造で建築することが多いです。
そのため、建築費用が多くかさむ傾向にあります。

また、立地次第では全く利用・入居が見込めないこともあるため、事前の調査が必要になります。
その他、業界的に慢性的に人手不足であるという点も問題となりやすいです。

太陽光発電

田舎に土地を持っていて、賃貸経営や他の土地活用がしづらいという場合は太陽光発電で電気を発電し、売却することで収益化を図るのもおすすめです。
開けた土地で日当たりのよい場所なら、太陽光発電にはおすすめす。広い土地に何台もパネルを設置することで、効率的に発電ができます。

太陽光発電のメリット

太陽光発電は、一度設置するだけで良いため、管理の手間がほとんどかかりません。
そもそも管理業務がほとんど発生しないため管理を委託する必要性が少なく、管理費が少ない点が魅力的です。

また、集客を一切気にしなくてよいという点もメリットだといえます。

太陽光発電のデメリット

自然の影響を受けやすい点がデメリットとして上げられます。
地震や台風などで設備が故障するといったリスクは避けられないでしょう。

駐車場経営

駐車場経営には契約者のみ利用できる月極の駐車場か、時間貸しで利用できるコインパーキングの2種類の方法があります。

住宅地などで駐車場の固定利用が多い地域なら月極が、観光客などが多い流動性の高いエリアはコインパーキングが向いています。

100坪の土地で作れる駐車場の例

車1台を止めるのに必要なスペースは、おおよそ15㎡(=4.5坪)です。
そのため、100坪の土地だと最大で20台分ほどの駐車スペースを作ることができます。
月極駐車場で月額1万円で貸し出している場合、月額20万円ほどの収益が見込めるでしょう。

コインパーキングの場合、天気などに左右されるというデメリットはありますが稼働率が高くなれば月極駐車場より多くの利益を期待できます

駐車場経営のメリット

駐車場経営は初期費用がほとんどかからない土地活用です。月極駐車場なら青空駐車場として0円で始めることもできます。
コインパーキングの場合は設備費用がかかりますが、それでも200~300万円程度から始められます。できるだけ費用をかけずに土地活用をしたいと考えている人におすすめです。

また、建ぺい率を意識する必要がないため、100坪の土地をフルに活用できる点も魅力的です。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営は、ほかの土地活用に比べて収益性は少なくなってしまいます。
また、賃貸住宅を建てる際のような節税効果はありません。土地にかかる固定資産税はそのままかかってきます。

コインランドリー経営

住宅街の近くやマンションの近くにある土地を持っている場合は、コインランドリー経営もおすすめです。洗濯機や乾燥機の利用料金が収入になり、近くに住民が多ければ多いほどチャンスが広がっている土地活用方法です。

コインランドリー経営のメリット

コインランドリー経営は、近隣住民からの固定客がつけば安定した収入が見込めます。
また、管理の手間もそれほどかからず、ほとんど放置したままで収益を得ることができます。

コインランドリー経営のデメリット

一方で、コインランドリー経営は初期費用が多くかかってしまいます。
洗濯機や乾燥機は高機能化が進み、一般的な規模であれば設備を揃えるのに1,000~2,000万円の初期費用が必要になるでしょう。

売却する

使う予定がなく、持っていても仕方ないと考えている場合は売却してしまうというのも1つの手です。

立地や土地の形状によって金額が変わるため、一度査定をして土地の価格を把握してみるとよいでしょう。

賃貸住宅の建築や不動産投資を検討している場合は、一度費用や収益を確認しておく必要があります。
その際、土地活用比較サイトを活用すれば、手軽に複数社に土地活用・不動産投資プランを確認することが可能です。
特に、1社からでなく複数社からプランを取り寄せられる点は魅力的です。自分に合ったものを見つけることができるだけでなく、ほかのプランを確認しつつ交渉の場に持ち込むこともできるためです。
プランの取り寄せは下記のチャットから5分ほどで無料でできます。

100坪の土地を活用する際に注意すること

まずは100坪の土地を活用するにあたって、どのようなことに注意しなければならないのかを知っておきましょう。
土地活用の際の注意点はさまざまありますが、100坪の土地の場合は、特に次の2点に注意しておく必要があります。

何でもできるわけではない

まずは所有している土地をどのような方法で活用するのか、このやり方を考えておく必要があります。土地の活用方法はさまざまな選択肢があり、一概にどれが正解と決まっているわけではありません。

つまり、土地の大きさはもちろん、形状や所在地、周辺の需要など、さまざまな要素によって適した活用方法は異なります。

そのため、所有している土地においてはどの方法で活用することがもっとも適しているのかを考え、土地ごとに合わせた使い方を心がけましょう。仮に同じ面積や形状の土地でも、都心と地方や郊外では、最適な活用方法は異なります。

都心部での土地活用方法

都心は坪単価が高く、細かく区分けされた土地が多いため、100坪の土地は比較的大きな部類に分類されます。建ぺい率や容積率の制限は高く設定されていることが多く、土地活用の選択肢は幅広いといえるでしょう。

たとえばマンションを建設したり、戸建てなら複数軒建てたりすることも可能です。
住宅以外の設備でも都心で100坪以上なら十分に広いため、施設運営も検討できます。

地方や郊外での土地活用方法

都心では100坪は巨大な土地と認識されることが多いですが、地方や郊外においてはそれほど広いという認識は持たれないことが多いです。

そのため、広さだけで大きな武器になるわけではなく、その土地の需要に合った方法での活用を考えることが大切です。
都心なら複数軒の戸建てが建てられる100坪の土地ですが、地方や郊外ならゆったりとスペースを取って1軒だけで利用することも1つの方法です。

信頼できる業者を探す

土地活用を成功させるには、いかに信頼できる業者を見つけられるかが重要です。信頼できるかどうかは、業者の過去の実績や担当者の誠実さを見るとわかります。

業者側が一方的に提案をするばかりで、こちらの要望を聞いてくれない場合は、売り込み営業目的で信頼度が低い可能性があるため、注意しなければなりません。

業者の実績と担当者の人柄、相性を確認しておき、信頼できる業者を探すことが大切です。土地活用の相談は長期化することもあるため、実際に話してみて、相性が悪いと感じるなら、別の担当者に替えてもらうか、業者自体を変更するようにしましょう。

土地活用ならプランを取り寄せて検討できる

100坪もの広い土地を所有しているなら、空き地にしていると維持費や固定資産税などの支出が決して安くはないでしょう。
目的なく保有するのであれば、広さを活かした方法で土地活用し、収益源にすることがおすすめです。広い土地なら活用方法はさまざまありますが、どのやり方が合っているかは土地の形状やエリアなど、細かい条件によって異なります。

土地活用を検討したい場合は、イエウールのパートナーである土地活用プラン請求サイトイエウール土地活用を利用するのがおすすめです。

アパート経営やマンション経営、駐車場経営、戸建賃貸経営など、さまざまな活用方法に強い専門業者と提携を結んでおり、専門業者から土地活用の資金、収益、間取りなどのプランを取り寄せることが可能です。

下のバナーをクリックするとチャットページに飛び、そのチャットで聞かれる質問を順に答えていくだけで相談可能です。もちろん無料で利用できるので、安心してください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
100坪の土地はどのぐらいの広さ?
100坪の土地はおよそ330平米ほどで、6レーンの25メートルプール約一個と同じ大きさです。詳しくは、100坪の土地はどのぐらいの広さ?をご覧ください
100坪の土地の価格はどのぐらい?
土地の価格の大きさは、エリアによって大きく変わります。例えば東京であれば約1億6000万円ですが、石川県では1,600万円ほどです。詳しくは、100坪の土地の価格相場をご覧ください。
100坪の土地を使う際の注意点は?
土地には、建ぺい率や容積率など様々な制限があります。詳しくは、建ぺい率や容積率などの制限に気をつけようをご覧ください。
100坪の土地にはどんな家が建てられる?
100坪の土地であれば、6~7LDKほどの広さの家を建てることができます。詳しくは、100坪の家はどんな間取りで建てられる?をご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?