住宅ローンは頭金なしでも組める?頭金のメリット・デメリットを解説

家を購入する際、住宅ローンを組む人が多いでしょう。また、ローンを組む際には、全額融資を受けるだけではなく、頭金を一部用意して、最初にまとまった金額を支払うことが一般的です。

ローンを組む際に頭金を用意することは、メリットとデメリットの両方があります。そのため、頭金を用意することにどのような意味があるのか、詳しく知っておくことが大切です。頭金の概要や、頭金なしに住宅ローンが組めるのかどうかなど、基本的な部分への理解を深めていきましょう。

\マンションを買いたい人必見!!/

匿名で「未公開物件」が届く!?完全会員制の家探しサイト

「まずは家を売る基礎知識を知りたい」という方は、家を売る記事をご覧ください。

住宅ローンの頭金に関する基礎知識

まずは、住宅ローンにおける頭金とはどのようなものなのか、基礎的な知識から身につけておくことが大切です。頭金の定義や相場などを知っておき、スムーズに住宅ローンを組めるようにしておきましょう。

住宅ローンの頭金とは

頭金は、住宅ローンを借りる際に代金の一部を現金で支払うものです。頭金は住宅ローンを組む際に必ずしも必要なものではありません。しかし、頭金があった方がローンは組みやすく、より融資を受けやすくなることは理解しておきましょう。

住宅ローンの頭金の目安

実際に用意する頭金の金額についてですが、これは購入する家の価格によって異なります。基本的には購入価格の1~2割程度が目安となるため、これを基準として考えましょう。

住宅ローンで1,000万円の借り入れをする場合は、100~200万円程度が頭金の目安となります。頭金は自由に設定できるため、さらに多く支払っても構いません。

また、頭金なしでもローンは組めるため、住宅購入費用の全額をローンでまかなうことも可能です。

住宅ローンの頭金の平均額

より詳細に必要な頭金を知るためにも、平均額を把握しておきましょう。頭金をいくらにするかは個人の自由ですが、平均額を知っておくことでどれくらい用意するとよいのかがわかります。

頭金の平均額は、購入する住宅の種類によって異なるため、この違いも含めて理解を深めておきましょう。

注文住宅の場合

工務店などに依頼して注文住宅を建てる場合、約2割程度の頭金を用意している人が多いです。住宅の購入額は約4,000万円が平均であり、約900万円程度が注文住宅を購入する場合の頭金の目安となります。

分譲住宅の場合

分譲の住宅を購入する場合も、平均としては住宅購入額の2割程度を頭金とする人が多いです。分譲住宅の平均価格は約3,700万円であり、頭金は約800万円程度が平均です。

また、新築で購入する場合は、購入額の2~3割を頭金としている人も多く、場合によってはさらに多くの頭金を支払うという人もいます。

中古住宅の場合

新築ではなく、中古住宅を購入する際にも住宅ローンを組むことは可能です。中古住宅は平均の購入額が約2,700万円程度と、ほかの種類の住宅よりも安いです。

頭金も多めに支払う人が多く、購入金額の4割程度の頭金を支払う人も少なくありません。もちろん、中古住宅でも1~2割程度に頭金を抑えることも可能であり、この場合は比較的少ない金額で住宅ローンを組むことができます。

一戸建ての相場はどれくらい?頭金や必要な諸費用まで徹底解説


 

 

家の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の家がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の家に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

住宅ローンの頭金を支払うメリット

住宅ローンの頭金を支払うメリット-タイトル画像

ローンを組む際に支払う頭金は、必ずしも用意しなければならないわけではありません。そのため、なぜ最初にまとまった金額を支払うのか、疑問に思う人もいるでしょう。

住宅ローンを組む際に頭金を用意するのは、これを支払うメリットが様々あるからです。

  • 毎月の返済額と総支払額を減らせる
  • 住宅ローンの審査に通りやすくなる

これら2点のメリットから、頭金を支払うことの重要性について理解を深めていきましょう。

毎月の返済額と総支払額が減らせる

頭金を多く支払うことで借り入れ額を抑えることができ、毎月の返済額が減らせる点は大きなメリットです。例えば1,000万円の資金が必要な場合に、頭金で500万円を用意できるのであれば、借り入れ額は500万円です。

仮に1,000万円全額融資を受けた場合と比較すると、返済期間を10年とするなら、1,000万円の場合は毎月約8万3,000円程度の支払いが必要です。対して500万円で10年返済の場合は、毎月支払う金額は約4万1,000円であり、月々の負担額は借り入れ額が少ないほど軽減されます。

また、住宅ローンは利息が発生しますが、借り入れ額が少ないほど利息分の支払いも減らすことができます。これは利息の対象となる元本が小さくなることが理由であり、月々の返済が楽になるだけではなく、総支払額も少なく済む点は、頭金を用意するメリットです。

3,500万円の物件を購入する場合

実際に頭金の金額の違いによって、支払いの条件がどのように異なるのかを考えていきましょう。

条件 頭金 借り入れ期間 借り入れ額 毎月の返済額 総支払額
年利1% 100万円 35年 3,400万円 95,977円 約4,031万円
年利1% 700万円 35年 2,800万円 79,039円 約3,319万円

借り入れ期間や年利が同じだとしても、頭金によって毎月の返済額や総支払額は異なります。上記のケースで見ると、毎月の返済額は約1万7,000円程度の違いがあり、最終的な支払額は700万円以上の差となっています。

このことから、頭金が多いほうが月々の返済額は少なく、総支払額も減ることがわかるでしょう。

住宅ローンの審査に通りやすくなる

頭金を増やすことで借り入れ額が減ることから、住宅ローンの審査に通りやすいこともメリットの1つです。住宅ローンを組むには審査があり、借り入れ額が大きくなるほど審査の基準が厳しくなります。

頭金が多いほど借り入れ額は少なく済むため、審査の基準も下がりやすいと考えましょう。また、まとまった金額を用意することで金銭的な余裕があるとアピールできることも、審査の際のプラスの判断材料となる場合があります。


\マンションを買いたい人必見!!/

匿名で「未公開物件」が届く!?完全会員制の家探しサイト

住宅ローンの頭金を支払うデメリット

住宅ローンの頭金を支払うデメリット-タイトル画像

住宅ローンを組む際には、頭金を用意することでさまざまなメリットが得られます。ただし、一部デメリットもあるため、この点には注意しなければなりません。

  • 貯蓄が一気になくなってしまう
  • 頭金を貯めるまでの間に金利が上がる可能性がある

これら2つのデメリットも把握して、ローンを組む際に頭金が必要なのかどうかを、正しく判断しましょう。

貯蓄が一気になくなってしまう

頭金を支払うということは、一度にまとまった金額を捻出しなければならないということです。そのため、頭金を多く支払うと貯蓄が一気になくなってしまい、経済的な不安を抱えやすいことがデメリットです。

支払う金額や貯蓄額次第では、その後の住宅ローンやその他生活に関する支払いが苦しくなってしまうこともあるため、注意しなければなりません。

頭金を用意している方がより好条件で住宅ローンを組みやすいものの、その負担が大きすぎると、その後の生活で困ってしまう場合もある点には気をつけましょう。

頭金を貯めるまでの間に金利が上がる可能性がある

頭金を貯めてから家を買おうと考えていると、貯金をしている間に金利が上がってしまう場合があります。資金的に余裕がある人は問題ありませんが、そうではない人は頭金の用意に時間がかかり、支払いの条件が悪くなってしまうこともある点はデメリットです。

また、金利が上がるだけではなく、頭金を貯めるまでの間に購入予定の家の価格自体が上がってしまったり、場合によっては他の人に購入されてしまったりする可能性もあります。

貯蓄の必要がある場合は、欲しい家が確実に買えない、あるいは購入時の住宅ローンの条件が悪くなるリスクがあることは理解しておきましょう。


\マンションを買いたい人必見!!/

匿名で「未公開物件」が届く!?完全会員制の家探しサイト

住宅ローンの頭金で後悔しないための注意点

住宅ローンの頭金で後悔しないための注意点-タイトル画像

ローンを組む際に頭金を用意することには、メリットとデメリットの両方があります。そのため、一概に頭金があったほうがよいとはいえないため、この点は理解しておかなければなりません。

頭金の問題で後悔しないためには、次の注意点を頭に入れておくことが大切です。

  • 住宅購入の際には頭金だけでなく諸費用もかかる
  • 頭金なしだとローンの支払いが厳しくなる可能性がある
  • 預金を全部頭金に使わない

これらのポイントを理解して、頭金で後悔しないようにしましょう。

住宅購入の際には頭金だけでなく諸費用もかかる

家を買う際にかかる費用は、住宅ローンの頭金だけではなく、ほかにもさまざまな費用がかかります。例えば不動産会社に支払う仲介手数料や売買契約書に貼り付ける収入印紙の費用、登記手続きの際の登録免許税など、支払う費用は多数あります。

これらは合計すると数十万円から、場合によっては100万円以上かかることも少なくありません。頭金以外の費用も支払えるように資金の余裕を持っておくことが大切であるため、住宅購入にかかる費用は事前に計算して、総額を正しく把握しておきましょう。

頭金なしだとローンの支払いが厳しくなる可能性がある

頭金なしでも住宅ローンは組めますが、借り入れ額が大きくなることで、ローンの返済が苦しくなることも少なくありません。もし金利変動性のローンを組んでいる場合だと、借り入れ額が多い場合は金利が上昇した際に、総支払額が大幅に増えてしまう可能性があります。

また、借り入れ額が大きいと毎月の返済額は多く、これが負担になってしまうこともあるでしょう。住宅購入後は生活費としてさまざまなコストがかかります。

そのため、日々のコストに上乗せして高額なローン返済があると、経済的なデメリットを受けてしまう場合があるため注意が必要です。

預金を全部頭金に使わない

頭金が多いほどローンは借りやすくなり、かつ借り入れ額を減らせることから毎月の返済額や総支払額なども少なくできます。しかし、頭金を多く用意したいからといって、預金を全額頭金に使ってしまうことは禁物です。

預金をすべて頭金にしてしまうと、その後の生活費や将来のための貯蓄がなくなってしまい、その後の生活に困窮する可能性があります。頭金は必須ではないからこそ、無理のない範囲で用意することが大切です。

生活費や将来の貯蓄を削って資金を捻出するのは得策ではないため、頭金は余剰資金を用意するものと考えておきましょう。


\マンションを買いたい人必見!!/

匿名で「未公開物件」が届く!?完全会員制の家探しサイト

住宅ローンの頭金に関するQ&A

住宅ローンの頭金に関するQ&A-タイトル画像

ローンについての理解を深めるには、よくある質問とその答えを把握しておくことがおすすめです。よくある質問としては、どのような人が頭金を支払うとよいのか、またいかなる人が頭金の支払いが不要なのかというものがあげられます。

それぞれの回答を知り、自分の場合はどちらに該当するかを考えてみましょう。

住宅ローン契約で頭金を支払った方がいい人は?

次の条件に当てはまる人は、ローン契約時に頭金を支払うことがおすすめです。

  • 毎月の返済額を少なくしたい人
  • 最終的な支払い金額を減らしたい人
  • 年収が低い人

月々の返済額や最終的な支払額を減らしたい場合は、頭金を支払い、借り入れ額を少しでも減らすことがおすすめです。また、毎年受けられる住宅ローン控除は節税対策に役立ちますが、これは年収が低いとそれほど大きな節税効果はありません。

住宅ローン控除は、住宅ローンの残高の1%を所得から控除するものであり、所得が多い人ほど節税効果が高くなります。つまり、高額なローン残高があっても、所得によっては控除額が少なくなる可能性があるため、頭金を支払って総支払額を減らしたほうがメリットになるといえます。

住宅ローン契約で頭金を支払わない方がいい人は?

ローン契約時に頭金の支払いをしない方がよいのは、次の条件に当てはまる人です。

  • 手元に資金を残したい人
  • 自己資金が少ない人
  • 年収が高い人

少しでも手元に現金を残したい人は、頭金を支払わずにローンを返済することがおすすめです。また、自己資金が少なく頭金を用意する余裕がない人も、無理に頭金を支払う必要はありません。

年収が高い人は、住宅ローン残高が高いほど控除による節税効果があります。そのため、あえて頭金を支払わずに借り入れ額を大きくし、高い節税効果を狙ったほうがお得になる場合があるでしょう。


\マンションを買いたい人必見!!/

匿名で「未公開物件」が届く!?完全会員制の家探しサイト

今住んでいる家がいくらで売却できるかをイエウールで相談

家の住み替えを検討しているなら、まずは今住んでいる家がどれくらいで売れるのかを知っておきましょう。住んでいる家の価値を知っておくことで、もし売却して住み替えた場合に、どれくらいの頭金が用意できるのかがわかります。

つまり、資金計画が立てやすくなるため、まずは査定を受けておくことがおすすめです。査定額を知るには、完全無料の一括査定サービスの「イエウール」を利用するとよいでしょう。

イエウールは一度に最大6社から査定を受けることができ、各社が提示する条件を比較しやすい点が魅力です。不動産会社ごとの条件を比較し、より信頼できる業者を見つけて、ローン返済中の家を少しでも高値で売却しましょう。


\マンションを買いたい人必見!!/

匿名で「未公開物件」が届く!?完全会員制の家探しサイト

頭金で住宅ローンの負担を軽くしよう

頭金で住宅ローンの負担を軽くしよう-タイトル画像

住宅ローンを組む際には、頭金を用意しておくことがおすすめです。頭金は必須ではありませんが、少しでも用意していたほうがローンは借りやすくなります。

また、頭金を多く用意することで借り入れ額を少なくし、毎月の返済額や総支払額を減らせる点も大きなメリットです。少しでも住宅ローンの負担を軽減させたいのであれば、頭金をできるだけ多く用意しておき、好条件でローンを組みましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で「未公開物件」が届く!